ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 



********************************

多くの方にご訪問いただきまして、まことに感謝です。

最新記事は、この記事の下にあります。


尚、このブログは、相互リンク & ブロとも大歓迎!
ですので、よろしくお願いしますね。


☆☆ コメントを頂ける方にお願い ☆☆

コメントをして頂ける方へ

誠に勝手ながら、ブログ名 もしくはブログURLを記載して
いただけないでしょうか。


返信・ご期待・ご要望にお答えさせて頂きますので
ご面倒を承知でお願いいたします。




↑ ポチっと押してネ! 


********************************




Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 

 
スポンサーサイト



今日の気になる情報をお届けします。


出世
パワーバランス、収入が変わって友情に亀裂





昇進することで変化する関係性

昇進には代償が伴うことがあります。

それまで親しくしていた職場仲間が急によそよそしくなる
あるいは足を引っ張ろうとしているのではないかと
お互い疑心暗鬼になる、というのは日本でも欧州でも変わりません。

ではそもそも友情とは何か、どのように友人ができるか
という点を考えてみましょう。

多くの場合、私たちは何か似たところがある人を
選んで友人となります。

価値観や道徳観念が似ている、あるいは年齢が近い、同じ性別だとか
共通の趣味がある、といったことですね。

しかし、一方が昇進すると以前ほどの共通点が
見られなくなります。

友情は本来対等で、パワーバランスが変われば
変化が起きます。

価値観が変わるし、収入が違ってくることで
生活が変わることもあるでしょう。

友情を維持しようとしたら、そういった変化を
乗り越えねばなりません。

しかし、仕事だけが友情にヒビを入れる原因となるわけではありません。

友人の結婚、あるいは子供ができて疎遠になったという
経験は誰しもがあるのではないでしょうか。

もう一つ忘れてならないのは昇進によって、それまでとは違う
責任が発生することです。

それまで友人だった部下の提案やプランを上司として
却下することもあれば、配置転換、あるいはリストラで
解雇することすらあるかもしれません。

かつてとは違う権力がともなったことで
関係性に変化が生まれ、それまでと同じ友情を
維持することが難しくなることもあります。

さらに片方が先に階段を上ったことにより競争意識が
煽られることもあるでしょうし、取り残された側に嫉妬心が
芽生えることも少なくありません。

妬まれて嬉しい人はいませんから、上司になった側も
それまで友人だった部下に対して警戒心や不信感を抱くようになります。


職場の外で友人をつくるメリット


こうして上司としての役割と、友人としての役割の間に
摩擦が生じることになります。

残念ながら、常に上司と友人の役割を
両立させられるとは限りません。

それぞれの役割において求められる振る舞いや言動は違うのです。

こうして、お互いに新しい関係性の中で適応することができず
今までの友情にヒビが入って関係が疎遠となっていく例は珍しくありません。

友情と職場の人間関係を切り離すことは可能なのか
という問いがあります。

もちろん不可能ではありませんが、職場で上司と部下という
関係になった2人が職場の外で全く別の関係を築くことは
困難といわざるをえません。

幸いにして私自身は、昇進のために友人を失ったという
経験はありません。

というのも、私の友人の大部分は全く違う分野にいる
人たちばかりだったからです。

友情と職場の人間関係が衝突する事態そのものがないわけです。

職場の外で友人をつくることには数多くの
メリットがあります。

いつも職場の人たちと一緒にいると、結局一日中いつまでも
仕事を引きずることになりますのでストレスが増え
燃え尽き症候群につながることも多いのです。

体にもよくありませんし、精神衛生上もいいはずがありません。

いつも似た地位や職業の人たちとばかり付き合っていたら
発展も成長もありません。

全く違うライフスタイル、考え方、職業を持つ人たちと
付き合うことにより、ものの見方が大きく広がり
お互いに助け合い、ネットワークを広げることが可能になります。

結局、女性が男性より昇進において後れをとるのは
この「顔の広さ」で差をつけられているという側面が
大きいのではないでしょうか。


心理学博士 浦上ヤクリン

ドイツ出身。
米国へ交換留学、英国でインターンを経験2002年シェムニッツ工業大学で
博士号取得、同大学で准教授。
03年来日し、慶應義塾大学および多摩大学で非常勤講師を務める。
専攻は心理学・人間工学。


【関連情報】

逆転出世する人の意外な法則 ―エリート人事は見た!
元・外資系人事部長が見た 要領よく出世する人
超一流の処世術 余計な敵をつくらずに圧倒的な成果を生み出す方法
出世する人、しない人の1ミリの差


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、PRESIDENT Onlineに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。



篠原冴美10
「Secret Lover 2」 をリリースした篠原冴美






グラビアアイドルの篠原冴美さんがDVD 「Secret Lover 2」 の発売記念
イベントを、ソフマップアミューズメント館8Fイベントスペースで開催した。

5月に宮古島で撮影した本作は

「前作 「Secret Lover」 とは設定が違い、前作では社長秘書でしたが
今作では登場する人物は同じですが続編ではありません」


と説明した。

DVDの内容について

「ジャケットになった白い変形水着は外で撮る予定が天候が悪く
室内で撮りました。それが薄暗くていい感じになっています。
お風呂のシーンでのベージュの眼帯水着は光の加減が良くておすすめです。
ブルーの水着では海に行きました。前回はこういうシーンがなかったので
今回はアイドル王道のシーンが撮れてよかったです。
でも、走ったところはカットされていました(笑)」


と紹介。

「撮影中は目をギラッとしないように気をつけていました」


という篠原さんは

「胸が大きいこととお尻が大きいことがコンプレックスでしたが
5年振りにグラビアを始めてちょっとでも自分を出していこうかなと思いました」


と心境の変化を語っていた。


<プロフィール>

篠原冴美(しのはら さえみ)
生年月日:1992年8月29日
サイズ:T165 B85 W57 H89
血液型:A型
出身地:京都府
趣味:料理、お買い物、バドミントン、長距離走
特技:テニス、カロリー計算、オセロ


【関連情報】

篠原冴美 Gカップのマシュマロバストとボディラインが魅力的なグラドル!
バストサイズアップ★グラビアモデルも愛用している乳腺脂肪量を短期間で増やす方法
グラビアや着エロで活躍中!人気アイドルの動画が見放題!
人気グラビアアイドルの作品が、DMMに大集結!


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 


Secret Lover 2
          「Secret Lover 2」


この記事の著作権は、Girls newsに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 







「見放題chライト」
月額500円で、ドラマ・映画・バラエティー動画が見放題「見放題chライト」



 



今日の気になる情報をお届けします。


おばさん
アラサーが実感する瞬間





アラサーです。

いや、まだ自分ではおばさんじゃないと思ってるんですよ。

全然若いと思ってます。

でも、なんていうんでしょうね、10代や20代前半のときには
しなかったはずの行動を、いつのまにか無意識にするように
なっているんです。

それってつまり、無意識のおばさん化行動なのではないでしょうか……。

イヤだ!

そんな「あれ、私おばさんになった?」と思う瞬間を
Woman Insight編集部が20~30代のアラサー女性に調査しました。

その結果を発表します。


【アラサーが思う、私おばさんになったなと思う瞬間】


◆「若い子」発言

「いつのまにか年下の子を“若い子”と呼ぶようになってしまった」

「自分もまだ20代だし若いほうだとは思っているけど、無意識に
 10代の子たちを“今の若い子はさぁ”と言うようになっていた」



「若い子」発言、あるあるです。

なぜなら以前は「若い子」なんて言いませんでした。

だって自分が、誰が見ても若かったから。

けれどどんどんそうではなくなってきていると心のどこかで
認めてからでしょうか、いつのまにか「若い子」という言葉を
使うようになっていた、という方が多いはず。

特に「今の若い子」と、「今の」がつくと
さらにおばさんっぽさが増します。


◆年齢確認に喜ぶ


「お酒を買うときに身分証の提示を求められると
 もしかして10代に見えた…!? と儚い期待を抱く」


「居酒屋に行ったら、アラサー軍団なのに年齢確認をされた。
 嬉しかった。そしてさらに身分証を探しつつ、“え~いくつに見えます~?”
 と明らかに年下の店員に絡んでしまったとき」



特に3~4月頃になると、なんとなーく居酒屋の年齢チェックが
厳しくなり、来る人ほぼ全員に身分証を確認しているような……。

そんなときに「えっ身分証確認された!」とキャッキャしてしまい
「若く見られる」ことに喜ぶ自分に気づく……。

ありがちです。


◆筋肉痛が早く来ると喜ぶ

「10代の頃は筋肉痛がすぐ来て、20代になったらちょっと遅れて
 来るようになった。そして最近たまにその晩に来ると
 私もまだまだ若いじゃん……と思ってしまった」


「ちょっと運動して翌朝筋肉痛になると、運動不足を嘆くより
 筋肉痛が翌日来たことに喜んでしまう」


アラサー、なんでも喜ぶ。


◆肉より魚、量より質。さよなら、脂身。

「前は焼肉屋に行ったらひたすらカルビカルビカルビ、だったけれど
 最近は牛タンやハラミなど、脂身が少ないものばかり頼むように
 なってしまった」


「友達と、寿司食べたい、が合言葉になった」

「食べ放題が前ほど嬉しくない」

「あんなに大好物だった背脂入りラーメンがある日を境に
 食べられなくなった……」



基本的に「脂身」と「量」が敵となる人が多いようです。

味覚が変わって大人になった、ということだと思いますが
若かりし頃の「揚げ物大好き! アイラブ焼肉! ウェルカム食べ放題!」
時代を覚えていると、あれ、こんなはずでは……と年を感じる
アラサーが多いのではないでしょうか。


◆今までの服やメイクが一気に似合わなくなる瞬間


「ずっと濃いめのアイメイクをしていたんですが、ある日鏡を見たら
 あれ、濃すぎない? と変に思えたものの、今更メイクで冒険できない……」


「ほとんどファンデを塗らない薄メイクでやってきたけど
 急にシミが気になるようになって薄メイクでいられなくなった」


「パステルカラーが似合わなくなってきた」

「膝上のボトムが変。ミニスカなんてもってのほか」

「体型の変化か顔の変化か、突然今まで持っていた服のほとんどが
 似合わなくなった。いまだに何を着ていいかわからない」



「あれ、去年までこの服似合っていたはずなのに」
という服が似合わなくなる。

何年も変えていなかった、自分をキレイに見せてくれるはずの
メイクがなんだか変。

かといって、今更いろいろ冒険もできないし……と
「無難」に逃げてしまう。

かといって路線変更しなきゃしないで「若作り」
と言われる道が待っている。

大人のおしゃれって、難しいものです……。

えぇ、もちろん年を重ねていくのは悪いことだけでは
ないはずなのです。

大人になって熟していって、若い頃にはない味だって
出てくるはずです。

確かに若さは素晴らしくかけがえがないものですが
若いだけがすべてじゃないぞ!

……なんて、「若いだけがすべてじゃない」発言も
立派な「おばさん」かもしれません……。


【関連情報】

大人のおしゃれDo!&Don't ババア上等! 余計なルールの捨て方
疲れた日は頑張って生きた日 うつ姫のつぶやき日記
もし独身OLが「脱サラ不動産投資」に本気で取り組んだら
仕事ができて、小金もある。でも、恋愛だけは土俵にすら上がれてないんだ、私は。


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、Woman Insightに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


がん発症リスク
女性の減量は美しさのためだけではない?





太りすぎの女性は減量することで、がん発症リスクも
低下する可能性がある。

米フレッド・ハッチソンがん研究センターのキャサリン・ドゥガン博士
アン・マクティアナン博士らの研究チームによる研究発表でわかった。

ドゥガン、マクティアナン両博士らのチームは、がんなどの腫瘍が
成長する際に必要となる血管の新生を促進する3種類のたんぱく質
「VEGF」「PAI-1」「PEDF」の血中濃度が、体重増加に比例して
上昇することから、体重を減少させると、濃度が低下するかを検証した。

これらのたんぱく質ががんの発症原因となるかどうかは
わかっていないが、少なくとも血中濃度が上昇することで
体内が腫瘍の発生しやすい環境になってしまうことはわかっている。

研究では、健康診断などで「太りすぎ」「座りがち(運動不足)」と
判断された、50~75歳までのBMI(体重を身長の2乗で割って算出する肥満度)
25以上でがんの既往歴がない女性439人の血液を採取し
「VEGF」「PAI-1」「PEDF」の血中濃度を測定。

さらに

「カロリー・脂肪制限食(1日2000キロカロリー以下)を食べるグループ」
「週5日以上有酸素運動をするグループ」
「食事、運動療法を実施するグループ」
「特に何もしないグループ」


に無作為に分類し、2005~2008年の間、少なくとも1年以上
追跡調査をし、調査後に再度血液を採取、3種類のたんぱく質
血中濃度を測定した。

その結果、「特に何もしないグループ」に比べ
「カロリー・脂肪制限食を食べるグループ」と
「食事、運動療法を実施するグループ」は血中たんぱく質濃度が
有意に減少しており、特に「PEDF」の値はそれぞれ「マイナス9.2%」
「マイナス9.9%」と大きく低下していた。

しかし、「週5日以上有酸素運動をするグループ」では
たんぱく質濃度に変化はなかったという。

この結果は、年齢や体重などの条件を調整しても変わっていない。

研究者らは今回の研究結果からは、減量がどの程度がん発症リスクに
影響するか不明としつつ

「少なくとも過体重や肥満の人のがん発症リスクは高いことが
 わかっており、減量によってリスクを下げる効果が期待
 できるのではないか」


とコメントしている。

発表は、2016年7月14日、米国がん学会誌「Cancer Research」
オンライン版に掲載された。


【関連情報】

難しいことはわかりませんが、「がん」にならない方法を教えてください!
がんになる人 ならない人 科学的根拠に基づくがん予防
大切な人をがんから守るため 今できること 命の食事
がんにならないのはどっち?


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、エイジングスタイル に帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!








[ジャンルランキング]
ニュース
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
5位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (505)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (61)
スポーツ (29)
芸能 (833)
食品・飲料 (127)
プレスリリース (44)
情報端末 (14)
ゲーム (79)
健康 (987)
IT (53)
経済 (116)
コスメ (15)
便利グッズ (20)
地域情報 (258)
その他 (28)
海外情報 (832)
アニメ (430)
セクシーネタ (1754)
グルメ (39)
節電 (2)
プロレス (5)
テレビ (22)
ペット (19)
コスプレ (6)
いきもの (16)
テクノロジー (97)
競馬 (2)
コミック (20)
お笑い (12)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (75)
ガンダム (9)
ニュース (120)
人間心理 (37)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (6)
政治 (35)
漫画 (12)
生活 (44)
育児 (19)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (7)
雑誌 (3)
文化 (21)
インターネット (8)
クルマ (8)
環境 (9)
外交 (24)
ビジネス (128)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (32)
キャラクター (27)
ホビー (92)
歴史 (4)
宇宙 (15)
就職 (2)
ミステリー (20)
雑学 (12)









この人とブロともになる








 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2016 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.