ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 



今日の気になる情報をお届けします。

腸内環境
腸内環境を改善して!





腸内環境を正常に改善する方法

内側からも美しく、その美しさをいつまでも
キープしておきたいですよね。

インナービューティーのためには、腸に負担をかけない
食べ方をする必要があります。

暴飲暴食を避けたり、お酒を控えたり、というシンプルでも
健康的な意識が大切です。

焼肉や飲み会で暴飲暴食をした次の日は、胃もたれや腹痛に
悩まされたりしますよね。

これはまさに腸内環境が乱れてしまっているサインといえます。

必要な食事とはいえ、メニューと量によっては、カラダに
負担がかかってしまいます。

自分自身の健康のためにコントロールが必要なんです。

美と健康を追求する上で、とっても大切な腸内環境ですが
どうすれば上手く腸内環境を整えることができるのでしょうか?

そもそも、腸内環境の乱れは私たちの日頃の
生活習慣の乱れから起こります。

例えば、早寝早起きやバランスのよい食事、ストレスはためていないか
定期的に運動をしているか、など心がけられることはたくさんあります。

これらはどれも当たり前のことではありますが
とても重要です。

また、規則正しい生活は、美肌を作る上でも重要になってきます。

しかし、規則正しい生活を送るために、すべての項目を
クリアするのはなかなか難しいとおもうこともありますよね。

食事も忙しければコンビニ弁当になってしまう時がありますし
睡眠も、帰りが夜中になってしまい、思うようにとれないことも。

それは仕方がないことかもしれませんが、少し意識を変えるだけで
腸内環境は十分変えることが出来ます。

それで、腸内環境を整える方法をまとめました。


■食事法

食事をする際には、食物繊維・発酵食品・乳酸菌が含まれているものを
意識して摂取することです。

例えば、食物繊維が多い食材としては、ごぼう、ゆず、にんにく、押し麦
アボカド、コンニャクなどがおすすめです。

これらを上手に食べることで、排便を促進して便秘解消にもつながり
善玉菌・悪玉菌のバランスを整えてくれます。

腸の中には、乳酸菌、ビフィズス菌など様々な菌が存在しますが
その数を増やすためには食物繊維を含んだ食材を摂ることが大切です。

特に植物性食品を中心に、大豆、季節の野菜、海藻類などが
腸内細菌を活性化させてくれるんです。


■便通をスムーズにする食べ物

まず、朝起きたら、すぐにコップ一杯の水か白湯を飲みましょう。

また、朝の散歩や軽い運動は血液循環を良くし
大腸の働きを良くします。

便秘を防ぎ、便通をスムーズにするには食物繊維を
十分に摂ることが大切です。


■植物性食品


腸内環境を整え健康的な体作りを支えてくれる 野菜、大豆製品
海藻類などの植物性食品は、腸内環境を整える食事です。

野菜には、抗酸化作用があると同時に、腸内環境を
整える効果が期待できます。

大豆製品には、イソフラボンの他にも、植物性たんぱく質、食物繊維
ビタミンE、カルシウム、マグネシウムなど豊富な栄養素を含んでいます。

肉などの動物性たんぱく質だけだと脂質やコレステロールの摂取も
問題になってきますが、その点、植物性たんぱく質には
これらのマイナス面がありません。

海藻類は、昆布、わかめ、海苔、ひじきなどがありますが
ビタミンやミネラルが豊富なうえ、食物繊維が豊富に含まれているので
腸内細菌を増やしてくれます。


■断食


食べ過ぎで、疲れた腸を休ませるためには
断食するのも良いといわれています。

1〜3日間断食することにより、腸も休まり、その後の腸の働きや
吸収率もとてもよくなりますが、3日間以上の断食をする際は注意が必要です。

カラダに負担がかかり、体内での栄養素のバランスも
偏ってしまいがち。

もし3日間以上する場合は、専門家に相談の上で行います。

1日からでも効果が出るのでおすすめです。


次回に続きます。


【関連情報】

「腸の力」であなたは変わる: 一生病気にならない、脳と体が強くなる食事法
あなたの「腸」はキレイですか?善玉菌を配合したすっきり【ラブレクリン】

乳酸醗酵米糠・活酵素と生きた菌でちょう健康・ちょう美人!【醗酵5】

1日7分ポッコリお腹解消を完全オーダーメイド - EasyBodyMake


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、美beauteに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 
スポンサーサイト



今日の気になる情報をお届けします。


ナッツ
ナッツの魅力のおさらい





女子の強い味方!ナッツの魅力とは?

ナッツが美容に良いと言われているのには
主に以下のような理由があるからです。

・ビタミン、ミネラル、タンパク質、食物繊維が豊富
・良質な脂を含んでいる
・強い抗酸化作用がある
・安眠効果が高い
・血行促進
・シミ、肌荒れの予防、改善
・ホルモンバランスを整える
・血行促進


ビタミンの中でも特にビタミンEが豊富に含まれているナッツ。

ビタミンEは、実は不妊症の研究を進めていく中で
発見されたビタミンらしいのです。

ビタミンには水溶性のものと、水に溶けない脂溶性の
ビタミンがあります。

水溶性の代表はビタミンCと言われていますが、脂溶性の代表と
されているのが、アンチエイジングにも効果が期待されている
美容に良いと言われているビタミンEです。

脂溶性のため、活性酸素が攻撃してきたときに、細胞膜を守る
役割をしてくれる事が、美容に良いと言われている理由です。

ナッツに含まれている良質な脂は、細胞膜を作る材料となり
女性ホルモンを作り出すもとでもあります。

以前は、ダイエット時には油を抜く事を徹底して行われた時期が
ありましたが、近年では、油が不足する事は美容に悪い影響を
与えてしまうという事がわかってきたそうで、良質な油を適度に
摂取することは重要と言われています。

それでは次に、数あるナッツの種類の中でも美容効果の高い
ナッツを見ていきましょう。


美容にオススメのナッツの種類は?


【アーモンド】

1日20粒程度

・食物繊維が豊富

ゴボウやレタスよりも多いと言われており
デトックス効果が期待されます。

・ビタミンE


他のナッツに比べて、アンチエイジングに効果的とされている
ビタミンEが特に豊富だそうです。

・オレイン酸


角質を柔らかくして、シワを改善すると言われているオレイン酸が
豊富に含まれています。


【ピスタチオ】

1日40粒程度

・ビタミンB6

ビタミンB6は肌の調子や女性ホルモンの働きを整える
作用があるそうです。

PMSや肌荒れに効果が期待されます。

・ゼアキサンチン、ルテイン

眼病予防に効果が期待されている成分です。

・カリウム

高血圧やむくみの予防に効果が高いと言われています。


【くるみ】

・ポリフェノール

抗酸化物質であるポリフェノールが多く含まれています。

加熱するとポリフェノールの量が2倍になると言われているので
より効果的に摂取したい人は加熱して食べるようにしましょう。

・メラトニン

抗酸化物質の中でも睡眠を促す効果が高いと
されているのがメラトニン。

安眠により、肌や体の不調の改善が期待されます。

・オメガ3脂肪酸

悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やしてくれる
とされる必須脂肪酸。

美容や健康に嬉しい効果が豊富に含まれていることがわかりましたね!

ナッツは身近なようで、意外と口にする機会は少ないと思うので
積極的に取り入れるように意識してみてください。


【関連情報】

素焼き アーモンド 無塩 無植物油 1kg
スーパーフードの教科書 からだのなかから、きれいに、輝く
若いと言われる人があたりまえにやっている16の老けない習慣
若返りの科学―医学が実証した本当のアンチエイジング


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、美beauteに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


紫外線対策3
秋冬も油断しないで!




秋冬のおすすめ紫外線対策

秋冬のシーズンには、行楽やクリスマスも近づいてきて
外に出かける機会も多いと思います。

秋冬の紫外線対策はしているでしょうか。

実は9月と10月には、夏の4割から7割に相当する
紫外線が降り注いでいます。

11月からは紫外線の量はかなり減りますが、夏に浴びた紫外線のせいで
肌の奥にはメラニンが生成され、そのままにしておくとシミの原因に
なることもあります。

秋や冬は乾燥しやすい時期ということもあり、疲れた肌に
シミやシワができてしまうこともあるのです。

強い日焼け止めを使う必要はのない秋冬ですが、SPF20前後の
PA+以上の日焼け止めを使い、冬の紫外線を予防しましょう。

紫外線による肌のダメージは年々着々と蓄積されていきます。

日々の紫外線ケアによって、肌の美しさを
保つことができます。

日々の紫外線対策に加えて、肌の休息と保湿のための
ケアをする事が大切です。

具体的には秋冬の紫外線は
どのように予防すればいいのでしょう、

秋冬の紫外線対策のポイントをチェックしていきましょう。


【保湿力の高い日焼け止めがおすすめ】

冬は特に肌の乾燥が気になる季節です。

肌の乾燥は体のバリア機能の低下を招きます。

そのためにhだが紫外線の影響を受けやすくなってしまうそうです。

日焼け止めを塗る前に、肌の保湿ケアを
しっかり行いましょう。

肌に刺激の少ないものや、保湿効果もある
日焼け止めもあるのでおすすめです。


【日焼け止めは露出する部分に塗ろう】

冬場には紫外線の量が全体的に少なくなるため、日常的に強力な
日焼け止めを使用しなくてもそれほど心配はいりません。

ただし、顔などの露出する部分には常時日焼け止めを使いましょう。


【ウインタースポーツなどに行く時には真夏と同じ対策を】

雪が積もっているゲレンデなどだと、降り注ぐ日差しだけでなく
雪への反射による紫外線も多くなります。

スキーやスノーボードなどのアウトドアを楽しむ際には
真夏と同じつもりでPA値やSPF値が高い日焼け止めを使いましょう。

冬場は、夏に浴びた紫外線の影響を減少させることが
できる季節と言えます。

冬もしっかりと紫外線対策をするように心がけ、夏の日焼けを
なかったことにしましょう。

肌のターンオーバーが最も活発になる時間帯は
午後10時~午前2時だと言われています。

この時間にはスキンケアを終えてしまい
眠っているようにしましょう。

日焼けによるシミの原因になるものに「活性酸素」
というものがあります。

活性酵素はコラーゲンを破壊したり、ニキビの
原因にもなる厄介者です。

そんな肌への活性酵素の影響に抵抗出来るのが
「抗酸化物質」です。

「ビタミンC」は抗酸化物質の代表と言えます。

ビタミンCは皮膚にできた黒色メラニンを、無色化する
作用があるとも言われています。

ビタミンCのサプリメント、ビタミンCが多く含まれる野菜、果物などを
食べて、体の内側からの紫外線対策と外側からの保湿しましょう。

きれいな肌を手に入れることができます。


【関連情報】

UVカットしながらエイジングケア【ケレキュアネUVパウダー】

馬プラセンタ美容液【プラセンタファイン エクストレム】100%原液使用

50の恵 朝の紫外線対策クリーム (ロート製薬)
学んで実践! 太陽紫外線と上手につきあう方法


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、美beauteに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


紫外線対策2
季節ごとに異なるUVケア




春のUV対策



【日焼け止めの塗り方】

500円玉大にとった日焼け止めを、ムラなく顔に広げる


【朝だけではなく、こまめに塗り直しを】

メイクをしている人はメイク直し時に、スプレータイプや
パウダータイプの日焼け止めをプラスする


【春の日焼け止めSPF】

通勤や通学にはSPF30程度、長時間屋外にいる場合はSPF50の
日焼け止めを使用するのが望ましい

とても簡単なことばかりですが、500円玉大の日焼け止めを
毎日塗れている人は、意外と少ないとも考えられます。

春は日焼け止めの分量や、日中のUVケアを見直し、肌への
ダメージを最小限にするように頑張りましょう、


夏のおすすめ紫外線対策

紫外線を浴びることによって、紫外線から肌を守るために
メラニン色素が作られます。

メラニンの影響で肌の色が黒くなるのが日焼けです。

日数が経つとメラニン色素は、ターンオーバーによって抜け落ち
本来の肌の色に戻ります。

ですが、多くの紫外線を浴びた場合には、過剰に作られ
メラニン色素のために、真皮までダメージを受け、色素が
沈着してシミになります。

また、紫外線のために肌の弾力とハリに必要な、コラーゲンや
エラスチンの繊維が切断し、肌の弾力とハリが失われシワになります。

春先から紫外線は次第に強まり、5月から夏にかけて
更に強くなっていきます。

紫外線は太陽光線に含まれる光の成分のために、肉眼では
見えませんが、長時間浴び続けることによりシミやシワの原因となります。

曇りの日だと油断して紫外線対策をせずに、長時間屋外にいると
肌に多大な影響を与えてしまいます。

また、紫外線の影響は数年を経過してからも出てくると言われていて
子供の頃に浴びた紫外線の影響は20歳を過ぎたあたりから
シミやシワとしてお肌に表れてくるという説もあります。


【夏の紫外線対策】

紫外線対策には日焼け止めだけではなく、紫外線防止効果のある
ファンデーションを使うことをオススメします。

ただ、朝出かける前に塗ったまま1日過ごすと段々効果が
薄れてしまうのでこまめに塗り直してください。

また、メイクの上から日焼け止めを塗り直すとメイクが
崩れてしまうので、スプレータイプやパウダー状の
日焼け止めを使うのもいいですよ。

他にも帽子や日傘なども紫外線対策に取り入れてください。


【夏でも乾燥対策】

朝にきちんとスキンケアを行なっても、エアコンなどで乾燥した
室内に長時間居続けると、お肌の水分はだんだん失われていきます。

乾燥したお肌をハリのある状態にするには水分をしっかり与え
その水分が逃げないようにフタをすることです。

シワの気になる部分には重ね塗りをし
念入りに保湿してください。

ゴシゴシと塗りこむのではなく、優しく塗りましょう。

乾燥やシワに効果のある化粧品もあります。

乾燥が気になる場合このような商品を選ぶのもおすすめです。


【お肌の栄養を摂取】


お肌を元気にするためには外側のケアだけでなく、栄養のあるものを
食べて内側からケアすることも大切です。

とくに、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEを
積極的に摂取するとよいでしょう。


◯肌に良いとされている食材


【ニンジン】

ニンジンには抗酸化作用で紫外線に対抗する力を強めてくれる
βカロチンが多く含まれています。

βカロチンはまた体内でビタミンAに変わり、皮膚や粘膜を
健康に保ってくれますので美肌にとても効果があります。


【トマト】


シミに効果的な食べ物はトマトだと言われています。

トマトに含まれるリコピンという抗酸化物質は、肌が紫外線に
対抗する力を強めてくれます。


【アーモンド】

アーモンドはシワの予防に効果的な食べ物と言われています。

アーモンドに含まれる油分は、血糖値を安定させて、肌の血行を
良くしてくれるので美肌効果が期待できます。


【アボカド】

良質な油に、豊富なビタミンを含むアボカドもシワを予防します。

また肌内部からお肌をしっとりさせるので
乾燥対策にもオススメです。


【ブロッコリー】

シミやシワを解消してくれるビタミンCの含有量がブロッコリーは
とても多く、レモンの2倍と言われています。


【うなぎ】

うなぎはビタミンE、コラーゲンを多く含んでいます。

ビタミンEはメラニン色素の排出を助けて、新陳代謝を促してくれる
という効果が期待できます。

紫外線をしっかり防止して、肌を乾燥させないスキンケアを
日々きちんと行うことが大切です。

しっかりケアして透き通った弾力のあるお肌をキープしてください。

次回に続きます。


【関連情報】

UVカットしながらエイジングケア【ケレキュアネUVパウダー】

馬プラセンタ美容液【プラセンタファイン エクストレム】100%原液使用

50の恵 朝の紫外線対策クリーム (ロート製薬)
学んで実践! 太陽紫外線と上手につきあう方法


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、美beauteに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


紫外線対策
紫外線対策は一年中?




夏だけではNG?紫外線ケアは一年中

冬の紫外線と、夏の紫外線とはどう違うのでしょうか。

紫外線には、波長が長いA波、波長が短いB波
この2種類があります。

2つのうち肌が赤くなるような、夏場によくある日焼けを
もたらすのはB波です。

B波の量は、冬場には真夏のピーク時と比較し
概ね1/4まで減ります。

このために、冬には夏のような急激な日焼けを
することが少なくなっています。

特に気をつけたいのが、A波です。

今まではA波はB波に比べて肌への影響が少ないと
考えられていました。

しかし近年の研究によって、A波が長期にわたって肌に影響を与え
しみやしわなどの原因となるということが分かってきました。

A波は波長が長く、窓やガラスなどを通りやすいという
特徴があります。

肌表面のメラニン色素を増やし、更に真皮層にまで届いて
弾力繊維にダメージを与えてしまうそうです。

冬になれば紫外線の量が減るとは言え、夏のピーク時の
1/3程度は降り注いでいます。

冬場でも30分日差しを浴びれば、夏場に10分日差しを浴びた事と
同じくらいのA波を浴びているということになります。

紫外線対策をしないとどうなるのでしょう?

日焼け止めを塗り、日傘を差すなど、日常生活で紫外線対策を
している人は多いでしょう。

日焼けをしてしまうと、シミやシワなどができてしまうことは
周知の事実ですが、顔や体にも変化をもたらしてしまう
恐ろしい作用があるのです。

一体どのようなことが起こるのでしょうか。


紫外線対策をしないとこうなる!


その1

紫外線により引き起こされる病気で有名なのが皮膚がんです。

皮膚がんはB波の紫外線によって、免疫力が弱くなる事が原因で
肌に発生すると言われているのです。


その2

紫外線を長時間浴びてからしばらく経つと、なんとなくほくろが
増えていたりしませんか?

皮膚の全ての部分にできる黒色の色素班(ほくろとは小さな点状のものを指し
黒あざとはやや面積のあるものを指します)は紫外線が原因になるのです。

こちらは良性のものもありますが、中には悪性のものもあるので
ほくろだと思って油断していると怖いことになりかねません!


その3

肌のケアは万全にしていても、ついケアを
怠りがちなのが目です。

目も紫外線の危機に晒されています。

中でも特に、紫外線によって引き起こされやすいと
言われているのが白内障です。

白内障は黒目が白く混濁し、目が見えにくくなる病気です。


その4

白内障の他にも注意を促されている病気があります。

それは翼状片と呼ばれる目の病気です。

角膜が増殖し黒目に覆いかぶさっていき、黒目の中に白い塊が
大きくなっていき、文字がぼやけるなどの視力低下が起こっていくのです。

翼状片も紫外線が影響して発症すると言われています。


春のおすすめ紫外線対策

紫外線は夏だけではありません。

春こそ紫外線対策を始めるましょう。

紫外線には2種類あり、A波とB波分けられることは
もうご存知ですね。

波長の長いA波はお肌の真皮中層までゆっくりと到達し
炎症を起こさない程度の軽い日焼けを起こし
しわやたるみなどを生み出します。

B波はレジャー紫外線とも言われ、おもに表皮が
黒くなって乾燥を起こします。

肌が赤くなったり、炎症を起こしてしまう日焼けのことです。

紫外線といえば夏に注意するイメージが強いですが、4月にも
紫外線が一番弱いときの3倍近い量の紫外線が降り注いでいると
言われています。

夏になってから日差しを気に始めたのでは遅いのです。

今のうちから紫外線を対策してお肌を守りましょう。

快晴日だけでなく曇り日の時にも、晴れた日の6割程度の
紫外線量が降り注いでいます。

紫外線は太陽から直接浴びる他、空気中に拡散し届く紫外線
地面に反射して届く紫外線、全部で3つの種類の紫外線があるのです。

しっかり日焼け止めを塗っていても、外に出ている時間が長いと
うっかり日焼けをしてしまうかも知れません。

そんな時にはこまめな保湿ケアと、ビタミンCを摂取しましょう!

乾燥に悩む人や、敏感肌の人はクリームタイプの
日焼け止めがおすすめです。

クリームタイプの日焼け止めには、保湿成分が配合されているものが多く
肌なじみが非常に良いのです。

ベースメイクにも使用することもできます。

脂性肌の人にはさらっとしたミルクタイプの
日焼け止めがおすすめです。

手の届きにくい背中や広い範囲には、スプレータイプの
日焼け止めをおすすめします。

3月頃から紫外線は強くなり始めています。

なおかつ、乾燥でダメージを受けた肌のコンディションの悪さ
それからUVケアの油断もあわさって、3月のお肌は随分と
ダメージを受けやすくなっているのです。

まだコートを手放せないこの季節にも、そろそろUVケアを始めて
お肌へのダメージを予防しましょう。

その時期に合ったケアを行うということを、UVケアを行う点で
気を付けておきたいものです。

紫外線の強い夏には、アフターケアと紫外線予防のそれぞれに
力を入れる必要があります。

対して、3月のUVケアは予防に重点を置くの必要があります。

肌のターンオーバーの周期は約28日です。

それを考えると紫外線が少ない2月にターンオーバーした肌が
3月の紫外線を受けることとなります。

抵抗力のない無防備な肌は、まず紫外線を極力
当てないように極力注意しましょう。

アフターケアはそのあとになります。

次回に続きます。


【関連情報】

UVカットしながらエイジングケア【ケレキュアネUVパウダー】

馬プラセンタ美容液【プラセンタファイン エクストレム】100%原液使用

50の恵 朝の紫外線対策クリーム (ロート製薬)
学んで実践! 太陽紫外線と上手につきあう方法


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、美beauteに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!








[ジャンルランキング]
ニュース
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
3位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (577)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (834)
食品・飲料 (129)
プレスリリース (44)
情報端末 (14)
ゲーム (81)
健康 (1143)
IT (53)
経済 (119)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (278)
その他 (28)
海外情報 (1061)
アニメ (440)
セクシーネタ (1997)
グルメ (42)
節電 (2)
プロレス (6)
テレビ (23)
ペット (21)
コスプレ (6)
いきもの (18)
テクノロジー (111)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (13)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (82)
ガンダム (11)
ニュース (191)
人間心理 (41)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (39)
漫画 (12)
生活 (50)
育児 (20)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (8)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (9)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (181)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (36)
キャラクター (28)
ホビー (115)
歴史 (10)
宇宙 (17)
就職 (2)
ミステリー (33)
雑学 (15)









この人とブロともになる








 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.