ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 




今日の気になる情報をお届けします。


三沢光晴
早すぎる死が悔やまれる三沢光晴





三沢光晴にはプロレスの巧さへの称賛とともに、リング禍による
不慮の死を惜しむ声も多々寄せられた。

「エルボーを主体とした試合の組み立てや必殺のエメラルド・フロウジョンなど
 独創性が高くプロレスセンスの塊だった」

 (46・男)

「自ら旗揚げしたノアを背負う責任感が
 死につながったのかもしれません」

 (44・女)


“ノアの絶対王者”小橋建太には、40代前半からの票が集まった。

「プロレスラーという以前に、小橋建太という人間の努力と根性
 生き様が好きです」

 (41・女)


“破壊王”橋本真也にも根強いファンは多い。

「強いときはべらぼうに強いくせに、トニー・ホームや小川直也など
 特定の選手にはもろさもあって“応援しなきゃ!”という気持ちにさせられた」

 (46・男)
 
まだまだ選手としては盛りだっただけに
脳幹出血による早世が悔やまれる。


幅広い年代からの支持を集めたのはザ・デストロイヤーだ。

「4の字固めはプロレスごっこの定番。私も小学生の
 息子たちに伝授しました」

 (45・男)


近年はテレビタレントとしても活躍する蝶野正洋。

「STFやショルダーアタックなど、意外と使う技が
 クラシカルなところが好きだった」

 (45・男)


続いても“闘魂三銃士”で、近年は“プロレスリング・マスター”とも
称される武藤敬司。

「高田延彦に勝った世紀の一戦。プロレスで泣いたのは後にも先にも
 あのときだけです」

 (45・男)


タッグチームとして一番の票を集めたのはロード・ウォリアーズ。

「ビルドアップされた体に圧倒的なスピードとパワー。
 最初に見たときは衝撃的だった」

 (48・男)


ドラゴン・フィーバーを巻き起こした藤波辰爾には、50歳代を
中心とした支持が目立った。

「ドラゴン・ロケットにドラゴン・スープレックス。どれも目新しく
 プロレス新時代を感じた」

 (56・男)

「藤波がいたから大量離脱後も新日は存続できた。長州や前田らに
 目がいきがちですが、藤波こそが真の功労者ですよ」

 (53・男)


一芸で票を集めたのはフリッツ・フォン・エリック。

「アイアンクローで相手の頭をつかんだまま引きずり回す姿には
 エリックがヒールであることを忘れて見ほれました」

 (60・男)

ボボ・ブラジルのココバットやワフー・マクダニエルの
トマホークチョップなど、レジェンドレスラーたちには
それぞれ代名詞となる必殺技があったものだ。


“仮面貴族”ミル・マスカラスのフライング・ボディーアタックも
そんな必殺技の一つ。

「軽快に飛び回るのを見て、こんなレスラーがいるんだと感動した」

 (67・男)


【関連情報】

三沢光晴DVD-BOX~緑の方舟~(6枚組)
闘魂三銃士結成25周年記念DVD-BOX
俺たちの新日本プロレス 未知なる強豪来襲!驚愕の外国人レスラー100撰
抱腹絶倒!! プロレス取調室 ~昭和レスラー夢のオールスター編~


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、週刊実話に帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 
スポンサーサイト



今日の気になる情報をお届けします。


ブッチャー シン
最凶悪役レスラー「シン&ブッチャー」





続いて“黒い呪術師”アブドーラ・ザ・ブッチャーが7位。


「テリー・ファンクの胸に割れたビール瓶を突き刺し、テレビ中継では
 ストップモーションの放送になった試合が衝撃的で
 幼い頃は本当に怖かった」

 (44・男)

その一方で、ブッチャーをモチーフにした漫画『愛しのボッチャー』
の影響からか、親しみを感じていたというファンも少なくない。

「試合会場で流血したブッチャーの額に色紙を押し当て、“血拓”を
 取るのが流行ったことがあった。今から思えば何であんなことをしたんだろう」

 (48・男)


天龍源一郎の“レボリューション”に胸を熱くした
ファンも多い。

「全日時代は上にジャンボ鶴田がいて、SWSでは不当なバッシングにあった。
 常に判官びいきの気持ちで応援していた」

 (50・男)

「WWFのハルク・ホーガンから女子の神取忍まで、誰とでも好勝負を
 見せてくれた。まさに“ミスター・プロレス”と呼ぶにふさわしい」

 (49・男)


その天龍とも多くの名勝負を繰り広げた長州力が
続いてのランクイン。

「藤波辰爾との名勝負数え歌に燃えました。入場曲の『パワーホール』が
 鳴り響くだけで、今でも胸が躍りますよ!」

 (48・男)


テリー・ファンクは70年代にファンクラブまで結成され
当時はチアガールに扮した女子の応援も試合会場で見かけられた。

「凶器攻撃に屈することなく、何度も立ち上がる姿は
 今思い返しても感涙ものです」

 (55・女)


今なお“歴代日本人で最強”といわれるジャンボ鶴田は11位。

「天龍や長州の人気がいくら高くても、あの当時に大型外国人レスラーと
 真っ向勝負できるのは鶴田しかいなかった」

 (56・男)

「最初は何か本気が感じられず、むしろ嫌っていたが、天龍との抗争や
 三沢たち若手との対戦を通じて、やっぱりバケモノだと思うようになった」

 (49・男)


そんな鶴田とも数多の好勝負を繰り広げたブルーザー・ブロディ。

「入場時からチェーンを振り回しての雄叫び、フィニッシュの
 キングコング・ニードロップまで、まさに完璧なレスラー」

 (52・女)

「ハンセンとの超獣コンビに勝るタッグは見たことがない」

 (60・男)
 
キャリアの途中で凶刃に倒れたことは、実に残念。


生涯ヒールで通したタイガー・ジェット・シンを推す声も多い。

「凶器攻撃以外でもコブラクローとか首4の字固めとか、ねちっこかった。
 シンが相手でないと猪木の試合もどこか物足りないんですよね」

 (66・男)


ハルク・ホーガンについては

「一番Tシャツを持ってました」

 (50・男)

と新日本参戦時のファンもいるが、それ以上に
WWFトップとしての評価が高い。

「最初はどこかドタドタしていたが、『レッスルマニア』で見たときは
 トップレスラーのオーラが出まくりだった」

 (48・男)


“大巨人”アンドレ・ザ・ジャイアントは
存在感からして圧倒的。

「地方会場のロビーにアンドレがいて、天井に頭が
 届きそうなぐらいデカくて驚いた」

(50・男)

次回に続きます。


【関連情報】

悪逆無道!極悪ヒールレスラー烈伝 DVD-BOX
天龍源一郎引退記念 全日本プロレス&新日本プロレス激闘の軌跡
プロレス語辞典: プロレスにまつわる言葉をイラストと豆知識で元気に読み解く
証言UWF 最後の真実


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、週刊実話に帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


アントニオ猪木
好きなプロレスラー第1位のアントニオ猪木






今回は実話版プロレス総選挙を開催すべく本誌読者を対象とした
緊急アンケートを実施。

1000人の回答から「好きなプロレスラー100人」を選定した。

なお、当アンケートは20人まで回答可で、名前の挙がった
すべての選手を1票として集計している。


さて、堂々の第1位に輝いたのは、やはりというべきか
“燃える闘魂”アントニオ猪木。

ファイトスタイルだけでなく、その生き様にも称賛の声が集まった。

「闘う男の象徴。タイガー・ジェット・シン戦での腕折りなど
 時に狂気を見せるところも含め、すべてがカッコよかった」

 (55・男)

「格闘技世界一決定戦やIWGPの世界戦略、北朝鮮での平和の祭典などは
 従来のプロレスの範疇を大きく広げてファンに夢を抱かせてくれた」

 (48・男)


第2位は80年代初頭に一大ブームを巻き起こした
初代タイガーマスクだ。

「プロレスにハマったきっかけ。単なる飛んだり跳ねたりというだけでなく
 技の一つ一つにまで凄味が感じられた」

 (49・男)


外国人でトップの票を集めたのは、新日、全日の両メジャー団体で
長く活躍を続けたスタン・ハンセン。

「まさしくブレーキの壊れたダンプカーで、ストンピングの1発すら
 迫力満点。『馬場が殺される!』と本気で心配した」

 (48・男)

「ハンセンのラリアットこそ真の必殺技。テキサスロングホーンのポーズも
 子供の頃によく真似しました」

 (45・男)


日本プロレス界の父である力道山も当然の上位入り。

中でも60歳代以上ファンからの支持は圧倒的だった。

「外国人をカラテチョップでぶちのめす姿は
 爽快の一言でした」

 (66・男)

「祖母がファンだったようで、遺品に力道山の
 ブロマイドがあった」

 (39・男)


“東洋の巨人”ジャイアント馬場は第5位。

永遠のライバルとされた猪木にやや水を開けられたが
ベテランファンはそうした評価に反発を見せる。

「日本プロレスでインター王者だった頃は、完全に猪木より上。
 晩年はスローな動きをバカにされて本当に悔しかった」

 (67・男)

とはいえ、全盛時を知らない層からの支持もある。

「試合会場の物販で馬場さんに握手してもらったのはいい思い出です。
 大きなゴツい手で、温厚そうに見えてもやっぱりプロレスラーなんだなあって」

 (46・男)


40代後半のファンから、猪木や初代タイガーにも匹敵する人気を
集めたのが前田日明だ。

「ドン・中矢・ニールセンとの異種格闘技戦は、私にとっての生涯ベストバウト。
 メインの猪木vsレオン・スピンクスがグダグダに終わったのと比べ
 緊張感あふれる闘いぶりで完全勝利し、前田時代の到来を確信しました」

 (49・男)

第2次UWFやリングスの旗揚げが、日本の総合格闘技の礎になったことを
評価する意見も多い。

次回に続きます。


【関連情報】

アントニオ猪木名勝負十番!
ジャイアント馬場―王道十六文 (人間の記録)
初代タイガーマスク大全集2 佐山サトルが激白!厳選十番勝負
不沈艦伝説 スタン・ハンセン DVD-BOX


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、週刊実話に帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


元横綱・曙
レスラー生命に赤信号





15年に「全日本プロレス」を退団後、「王道」を設立した曙(47)は
いまだプロレスのリングで活動を続けている。

だが、欠場を繰り返し、ファンを心配させているのも事実。

表向きには「右足蜂窩織炎」の症状が公表されているが
実際はもっと重症を負っていると言われるのだ。

リングに仁王立ちする曙は、今も鬼気迫る迫力がある。

格闘技・プロレスの世界に転向して13年──。

かつてのライバル貴乃花が相撲協会の役員だというのに
満身創痍の体にムチ打ってリングに立つ執念はすさまじいばかりである。

だが、いつの日からか、両脚の膝から下は黒いサポーターで
全面を覆うようになった。

そのサポーターを外した、生身の両脚を目撃したことのある
関係者らは口々に言うのだ。

「両脚ともにドス黒く変色していて、まるで腐っているバナナの
 ような色味なんです。実際、本当の症状は糖尿病の悪化だと
 聞きましたが、あの様子を見ると、両脚を失ってしまうのではと
 あらぬ事態まで想像してしまいます」


曙は2月3日に「ゼロワン」のリングでタッグチャンピオンを
奪取するなど、活躍は見せている。

ところが最近は、試合にこそ出ても、タッグマッチで
顔見せ程度にリングに上がるや、タックルやヒップアタックなど
少ない動きを見せると、タッチ。

ふんばらなければ仕掛けられない大技などを繰り出すことは
避けているようなのだ。

糖尿病の悪化は、つい最近に始まったことではないという。

相撲関係者が言う。

「曙は大相撲時代から、体がボロボロでしたよ。貴乃花に対する
 対抗心から、無理して取っていたんでしょうね。
 膝にメスを入れたものの、あの体でよく総合格闘技に
 転向したと思いましたよ。でも、師匠・東関さんとの確執から
 相撲界にはいたくなかった。それと健康問題です。
 北の湖理事長もそうでしたが、糖尿病を抱えながら
 食事療法をせず、普通の生活をしている人が大相撲の世界には多い。
 曙もその一人でした」


格闘技の世界で生きていくには、資本となる体をケアし
維持し続けなければならない。

「曙といえば、12年に開店した自身のステーキハウスに顔を出しては
 無料でステーキとビールを大量に平らげることが有名でしたが
 そんな生活もアダとなっているのでしょう」

(スポーツ紙記者)

12年8月に大仁田厚と電流爆破戦を戦ったあと
緊急入院したこともあった。

「当初は急性肺炎と発表し、検査した結果、心不全とのことでした。
 一般的には爆破や火炎攻撃によるダメージでの入院と
 思われていましたが、実際のところは糖尿病の悪化だったようです」

(プロレス興行関係者)

15年の大みそかには、ボブ・サップと12年ぶりの格闘技再戦を
果たしたが、ふがいない結果に終わっている。

「消化不良の試合内容で、後頭部から大流血して途中でストップが
 かけられての判定負けでした。満足なファイトのできない曙にとって
 サップへの勝利よりも出場して高額なギャラを手にすることが
 目的だったとも言われました」

(格闘技関係者)

大相撲時代から曙は誇り高き男と呼ばれていた。

初土俵から一度も負け越しと休場を経験せずに関脇まで
昇進するという偉業を成し遂げ、横綱としても責任を全うした。

ところが、今の曙の周囲からは不安材料ばかりが聞こえてくる。

ファンとしては、プロレスなどできない体で
リングに立ってほしくはないのだ。

ここは、本人に会って、確かめてみなければなるまい。

「王道」に取材を申し込んだが
曙の側近からメールが返ってきた。

〈膝が壊死寸前ということはないです。現在も普通に
 プロレスの試合を行ってます〉


心配ないというのだが、無理はしてほしくない。

「稀勢の里フィーバー」で大相撲界が沸く中、元横綱の
体調が気がかりなのである。


【関連情報】

ほうっておくと本当に怖い 糖尿病と合併症はこれを知っているだけでどんどん治る!
ヘモグロビンA1cがぐんぐん下がる〈糖尿病〉かんたん自力療法77
糖尿病・七つの合併症と闘った十二年間
糖尿病と合併症は自宅養生で癒える―慢性病にブラックシリカが凄いチカラ


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、アサ芸プラスに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 




今日の気になる情報をお届けします。



登坂栄児
四ツ葉工芸・登坂栄児社長 プロレスファンとの近さが強み




プロレス人気が復活の兆しを見せている。

団体の乱立やレスラーの高齢化などで観客数は減少。

数年前には閑古鳥が鳴いていた試合会場も、今や若い女性や
家族連れの姿も珍しくない。

過激なプロレスで知られる大日本プロレスを運営する
四ツ葉工芸の登坂栄児社長に、プロレス界の現状や
今後の事業展開などを聞いた。


--プロレス人気をどうみる


「メジャー団体である新日本プロレスは、若い女性などこれまでの
プロレスファンとは異なる新たな層をうまく取り込んでいるようだ。
しかし、われわれのような小規模なインディー団体では客層の変化は
さほど感じられないのが実情だ。ただ、女性ファンが友人を連れてくる
ケースもみられ、観客数はここにきて増加傾向にある」



--どのくらい増えている

「2014年の興行数は138。5年前と比べて約4割増加した。
観客数は公表できないが、これも5年前と比べて約4割増といったところだ。
15年も昨年と同等の140前後の興行数を予定している。
旗揚げ20周年を迎える7月20日には東京・両国国技館で試合を行う。
われわれにとって国技館での試合は初めて。
多くのファンに楽しんでもらいたい」



--大日本プロレスのモットーは


「選手は常に全力で試合し、ファンにチケット分以上の楽しさを提供するよう
心がけている。プロレスは『地方巡業は都市部での試合と比べて手を抜いている』
との声がある。ファンの期待を裏切らないのが、われわれのプロレスだ」



--飲食店も経営している

横浜市内で居酒屋『YAMARYU(ヤマリュー)』を経営している。

当然、選手も店を手伝っている。

そもそも居酒屋の経営は選手の現役引退後の
就職の受け皿として始めた。

選手は日々の練習や全国巡業の移動、試合などに多くの時間が割かれ
一般社会と接点を持つことができない特殊な世界だ。

「しかし、店に立つことで、さまざまな職業に就くお客さんと
コミュニケーションがとれる。居酒屋は選手の人間形成の場として
大きな役割を果たしている」



--今後の目標は

「良い試合を見せることが一番だが、グッズなどの物品販売も強化したい。
大日本プロレスは、試合を終えた選手が売り子として手伝う。
ファンからは『選手との距離が近い』と好評だ。全売上高に占める
物品販売の比率は約20%だが、この比率は今後、高めていく」

(松元洋平)


【会社概要】 四ツ葉工芸

▽本社=横浜市都筑区池辺町4364 アムフルス302
▽設立=2013年5月
▽資本金=300万円
▽従業員=9人
▽売上高=2億円(15年3月期見込み)
▽事業内容=大日本プロレスの運営、関連グッズの販売、飲食店の経営など


【プロフィール】

登坂栄児 とさか・えいじ 都立京橋高(現都立晴海総合高)卒。
1991年メガネスーパーワールドスポーツ入社。
95年大日本プロレスの設立・運営に携わる。
2013年5月から現職。
43歳。東京都出身。


【関連情報】

大日本プロレス 「BLOOD & DEATH HISTORY」
俺たちの新日本プロレス 未知なる強豪来襲!驚愕の外国人レスラー100撰
大槻 ケンヂ 「人生で大切なことはオカルトとプロレスが教えてくれた」
プロ格ヒーローズF(Figure) 新日本プロレス オカダ・カズチカ (1/11スケール フィギュア)


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、サンケイビズに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!







[ジャンルランキング]
ニュース
71位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
4位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (617)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (838)
食品・飲料 (132)
プレスリリース (44)
情報端末 (14)
ゲーム (81)
健康 (1219)
IT (53)
経済 (122)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (297)
その他 (28)
海外情報 (1187)
アニメ (442)
セクシーネタ (2148)
グルメ (45)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (24)
ペット (31)
コスプレ (6)
いきもの (18)
テクノロジー (119)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (111)
ガンダム (11)
ニュース (226)
人間心理 (48)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (41)
漫画 (12)
生活 (51)
育児 (21)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (12)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (11)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (209)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (38)
キャラクター (28)
ホビー (130)
歴史 (14)
宇宙 (18)
就職 (2)
ミステリー (50)
雑学 (19)









この人とブロともになる







 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.