ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 




今日の気になる情報をお届けします。


元横綱・曙
レスラー生命に赤信号





15年に「全日本プロレス」を退団後、「王道」を設立した曙(47)は
いまだプロレスのリングで活動を続けている。

だが、欠場を繰り返し、ファンを心配させているのも事実。

表向きには「右足蜂窩織炎」の症状が公表されているが
実際はもっと重症を負っていると言われるのだ。

リングに仁王立ちする曙は、今も鬼気迫る迫力がある。

格闘技・プロレスの世界に転向して13年──。

かつてのライバル貴乃花が相撲協会の役員だというのに
満身創痍の体にムチ打ってリングに立つ執念はすさまじいばかりである。

だが、いつの日からか、両脚の膝から下は黒いサポーターで
全面を覆うようになった。

そのサポーターを外した、生身の両脚を目撃したことのある
関係者らは口々に言うのだ。

「両脚ともにドス黒く変色していて、まるで腐っているバナナの
 ような色味なんです。実際、本当の症状は糖尿病の悪化だと
 聞きましたが、あの様子を見ると、両脚を失ってしまうのではと
 あらぬ事態まで想像してしまいます」


曙は2月3日に「ゼロワン」のリングでタッグチャンピオンを
奪取するなど、活躍は見せている。

ところが最近は、試合にこそ出ても、タッグマッチで
顔見せ程度にリングに上がるや、タックルやヒップアタックなど
少ない動きを見せると、タッチ。

ふんばらなければ仕掛けられない大技などを繰り出すことは
避けているようなのだ。

糖尿病の悪化は、つい最近に始まったことではないという。

相撲関係者が言う。

「曙は大相撲時代から、体がボロボロでしたよ。貴乃花に対する
 対抗心から、無理して取っていたんでしょうね。
 膝にメスを入れたものの、あの体でよく総合格闘技に
 転向したと思いましたよ。でも、師匠・東関さんとの確執から
 相撲界にはいたくなかった。それと健康問題です。
 北の湖理事長もそうでしたが、糖尿病を抱えながら
 食事療法をせず、普通の生活をしている人が大相撲の世界には多い。
 曙もその一人でした」


格闘技の世界で生きていくには、資本となる体をケアし
維持し続けなければならない。

「曙といえば、12年に開店した自身のステーキハウスに顔を出しては
 無料でステーキとビールを大量に平らげることが有名でしたが
 そんな生活もアダとなっているのでしょう」

(スポーツ紙記者)

12年8月に大仁田厚と電流爆破戦を戦ったあと
緊急入院したこともあった。

「当初は急性肺炎と発表し、検査した結果、心不全とのことでした。
 一般的には爆破や火炎攻撃によるダメージでの入院と
 思われていましたが、実際のところは糖尿病の悪化だったようです」

(プロレス興行関係者)

15年の大みそかには、ボブ・サップと12年ぶりの格闘技再戦を
果たしたが、ふがいない結果に終わっている。

「消化不良の試合内容で、後頭部から大流血して途中でストップが
 かけられての判定負けでした。満足なファイトのできない曙にとって
 サップへの勝利よりも出場して高額なギャラを手にすることが
 目的だったとも言われました」

(格闘技関係者)

大相撲時代から曙は誇り高き男と呼ばれていた。

初土俵から一度も負け越しと休場を経験せずに関脇まで
昇進するという偉業を成し遂げ、横綱としても責任を全うした。

ところが、今の曙の周囲からは不安材料ばかりが聞こえてくる。

ファンとしては、プロレスなどできない体で
リングに立ってほしくはないのだ。

ここは、本人に会って、確かめてみなければなるまい。

「王道」に取材を申し込んだが
曙の側近からメールが返ってきた。

〈膝が壊死寸前ということはないです。現在も普通に
 プロレスの試合を行ってます〉


心配ないというのだが、無理はしてほしくない。

「稀勢の里フィーバー」で大相撲界が沸く中、元横綱の
体調が気がかりなのである。


【関連情報】

ほうっておくと本当に怖い 糖尿病と合併症はこれを知っているだけでどんどん治る!
ヘモグロビンA1cがぐんぐん下がる〈糖尿病〉かんたん自力療法77
糖尿病・七つの合併症と闘った十二年間
糖尿病と合併症は自宅養生で癒える―慢性病にブラックシリカが凄いチカラ


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、アサ芸プラスに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 
スポンサーサイト




今日の気になる情報をお届けします。



登坂栄児
四ツ葉工芸・登坂栄児社長 プロレスファンとの近さが強み




プロレス人気が復活の兆しを見せている。

団体の乱立やレスラーの高齢化などで観客数は減少。

数年前には閑古鳥が鳴いていた試合会場も、今や若い女性や
家族連れの姿も珍しくない。

過激なプロレスで知られる大日本プロレスを運営する
四ツ葉工芸の登坂栄児社長に、プロレス界の現状や
今後の事業展開などを聞いた。


--プロレス人気をどうみる


「メジャー団体である新日本プロレスは、若い女性などこれまでの
プロレスファンとは異なる新たな層をうまく取り込んでいるようだ。
しかし、われわれのような小規模なインディー団体では客層の変化は
さほど感じられないのが実情だ。ただ、女性ファンが友人を連れてくる
ケースもみられ、観客数はここにきて増加傾向にある」



--どのくらい増えている

「2014年の興行数は138。5年前と比べて約4割増加した。
観客数は公表できないが、これも5年前と比べて約4割増といったところだ。
15年も昨年と同等の140前後の興行数を予定している。
旗揚げ20周年を迎える7月20日には東京・両国国技館で試合を行う。
われわれにとって国技館での試合は初めて。
多くのファンに楽しんでもらいたい」



--大日本プロレスのモットーは


「選手は常に全力で試合し、ファンにチケット分以上の楽しさを提供するよう
心がけている。プロレスは『地方巡業は都市部での試合と比べて手を抜いている』
との声がある。ファンの期待を裏切らないのが、われわれのプロレスだ」



--飲食店も経営している

横浜市内で居酒屋『YAMARYU(ヤマリュー)』を経営している。

当然、選手も店を手伝っている。

そもそも居酒屋の経営は選手の現役引退後の
就職の受け皿として始めた。

選手は日々の練習や全国巡業の移動、試合などに多くの時間が割かれ
一般社会と接点を持つことができない特殊な世界だ。

「しかし、店に立つことで、さまざまな職業に就くお客さんと
コミュニケーションがとれる。居酒屋は選手の人間形成の場として
大きな役割を果たしている」



--今後の目標は

「良い試合を見せることが一番だが、グッズなどの物品販売も強化したい。
大日本プロレスは、試合を終えた選手が売り子として手伝う。
ファンからは『選手との距離が近い』と好評だ。全売上高に占める
物品販売の比率は約20%だが、この比率は今後、高めていく」

(松元洋平)


【会社概要】 四ツ葉工芸

▽本社=横浜市都筑区池辺町4364 アムフルス302
▽設立=2013年5月
▽資本金=300万円
▽従業員=9人
▽売上高=2億円(15年3月期見込み)
▽事業内容=大日本プロレスの運営、関連グッズの販売、飲食店の経営など


【プロフィール】

登坂栄児 とさか・えいじ 都立京橋高(現都立晴海総合高)卒。
1991年メガネスーパーワールドスポーツ入社。
95年大日本プロレスの設立・運営に携わる。
2013年5月から現職。
43歳。東京都出身。


【関連情報】

大日本プロレス 「BLOOD & DEATH HISTORY」
俺たちの新日本プロレス 未知なる強豪来襲!驚愕の外国人レスラー100撰
大槻 ケンヂ 「人生で大切なことはオカルトとプロレスが教えてくれた」
プロ格ヒーローズF(Figure) 新日本プロレス オカダ・カズチカ (1/11スケール フィギュア)


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、サンケイビズに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


赤井沙希 
赤井英和の娘・赤井沙希 (C)ORICON NewS inc



元プロボクサーで俳優の赤井英和(53)の娘でタレントの
赤井沙希(26)が、プロレスデビューすることがわかった。


所属事務所によると、8月18日に開催されるプロレス団体・DDTの
両国国技館大会でリングデビューを果たす。

浪速のロッキーとして人気を集め、WBC世界スーパーライト級王座に
挑戦した赤井の血を引く沙希。

2004年の写真集発売時に赤井の娘であることを公表して以降
タレントとして活動し、2009年にはK-1イメージガールに選出。

2011年には連続ドラマ『マッスルガール!』(MBS・TBS系)で
現役女子プロレスラーを演じていた。


【関連情報】

グラドルとして人気のある赤井沙希がプロレスデビュー!
女子プロレスラー栗原あゆみ はじまりのリング
女神列伝 女子プロレスパーフェクトガイド1950~
プロレス界最強仕掛人 永島オヤジの まぁだま~って読んでみてよ


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、オリコンスタイルに帰属します!






 




今日の最新情報をお届けします。


ゆずポン 
涙の引退、ゆずポン完全燃焼!「私はプロレスが大好きです!」



女子プロレス「スターダム」両国国技館大会が29日に開催され
グラレスラー・愛川ゆず季が引退試合で完全燃焼。


2年半におよぶプロレスラー生活に終止符を打った。

愛川は2010年10月31日に高橋奈苗戦でプロレスデビュー。

グラビアアイドルの転身に、当初は完全に色物扱いされての初戦だったが
ふたを開けてみればトップレスラーの奈苗が舌を巻くほどの才能を見せた
衝撃デビューだった。

その後も、アイドルの命とも言える顔がはれ上がるのもいとわない
全力ファイトでファンを魅了。


さらにスターダムの“白ベルト”ことワンダー・オブ・スターダムの
初代王座、タッグ初代王座などタイトルを次々と獲得。

ついには女子プロレス大賞にも輝き、2011年&12年と
史上初の2年連続受賞の快挙も成し遂げた。

 
全力で走り続けたプロレス人生最後の試合の相手に指名したのは
デビュー前から練習をともにしてきた“同期”のヤンキーレスラー・世IV虎。

ライバルとして、また団体を引っ張ってきた者同士の最後の対戦に
愛川はSTF、フィッシャーマンスープレックス、コーナーポストから
場外へのダイブ、シャイニングゆザード、タイガースープレックス
そして代名詞のゆずポンキックと、出し惜しみなく一撃必殺級の技を連発。

しかし、愛川が去った後のスターダムを引っ張るエース候補として
負けられない世IV虎がこれを根性で跳ね返すと、ネックハンギングボムから
最後はダイビングセントーンで愛川から3カウントを奪った。


完全燃焼した愛川は、団体の仲間たち、またタレント仲間から花束を
受け取るとたまらず号泣。

「正直、もう辞めたいと思うこともあったけど、つらいこと、楽しいことも
 含めて幸せな時間でした。プロレスは崖っぷちアイドルと言われた私を
 120パーセント生かしてくれた、救ってくれたと思っています。
 私はプロレスが大好きです、スターダムが大好きです」

と、涙をこらえながら挨拶をすると

「最後に一言。グラレスラーは強いのだー!」

と右手で大きくガッツポーズ。


最後はドレス姿に早変わりし、10カウントゴングと5500人の
ファンの大声援に送られリングを後にした。


バックステージでは

「10カウントゴングを聞いた瞬間、肩の荷が下りたような気がしました」

と安堵の表情を浮かべた愛川。

まずはゆっくり休みたいとのことだが、今後は芸能活動はもちろん
応援に駆け付けた両親から「早く孫の顔が見たい」とせがまれたように
婚活にもプロレス同様に全力疾走することを誓った。


【関連情報】

【予約】 グラレスラー愛川ゆず季引退記念DVD 「YUZUPON MANIA(仮) 」
吉田豪の喋る!!道場破り プロレスラーガチンコインタビュー集
女神列伝 女子プロレスパーフェクトガイド1950~2011
装鋼麗女・弐 女子プロレスラー ~超戦闘的写真集~


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、yahoo! japanに帰属します!






 



今日の最新情報をお届けします。

猪木 年内にパキスタン大会ダー!
 恒例の123ダーで締めるアントニオ猪木(中央)
=愛知県体育館(撮影・石湯恒介

IGF総帥・アントニオ猪木(69)が表明した11月開催予定の
パキスタン興行に、外務省からストップがかかったことが分かった。

パキスタン政府の協力を得て11月下旬に北西部ペシャワールでの
大会を計画していたが、同時期の治安悪化を懸念した外務省が
開催に難色を示してきたという。

猪木は12月上旬に延期することも視野に入れる一方で、無謀過ぎる
強行開催の可能性も否定しておらず、波紋はさらに広がりそうだ。


猪木は9月29日の名古屋大会でパキスタン大会開催の意向を正式に表明。

現地はテロが相次ぎ治安が懸念されているが、パキスタン政府や軍
在日パキスタン大使館の協力を得られるという。


ただ、危険地帯でのプロレス興行開催はあまりにリスクが大きい。

さっそく日本の外務省から大会延期の要請を受けたという。

IGFは首都イスラマバードでのレセプションに参加し
ペシャワールで大会を開催。

最後に北部ラホールで、かつて猪木と戦った故アクラム・ペールワンの
墓参りをするという日程を立てた。


そのなかで外務省が懸念を示したのは、ペシャワールでの
興行と11月下旬の訪問だ。


「『この時期は危険だから外してほしい。行くと言っても
 後援もできない』ということだった」

(関係者)

 
猪木は1984年8月の新日本プロレス・パキスタン遠征でも
ペシャワールで興行を開催した。


ペシャワールスタジアムには4万人の大観衆が詰めかけ
今回も同会場で大会を計画している。


ところが、当時とは情勢が一変。

アフガニスタンとの国境に位置する同市は
もともと地理的に不安要素が多い。

加えて近年では過激派が横行。


9月3日には市中心部で米国総領事館関係者を狙った爆弾テロが
発生しパキスタン人2人が死亡、米国人職員ら19人が負傷した。

警察関連施設も容赦なく標的にされ、外務省は「退避勧告」を発令。


事実上、日本人の渡航を認めていないからだ。

 
さらに11月24~25日の2日間、パキスタンではイスラム教シーア派の
宗教行事「アシュラ」が行われる。

例年アシュラ期間中は全土でシーア派教徒による大規模な行進が行われ
テロや宗派間の衝突により多数の死傷者が出るという。


現日程では猪木一行はその真っただ中にパキスタンに滞在することになり
安全面で多くの不備が生じることは間違いない。


外務省はこうした点を考慮して「NO」の返事を下したのだ。


ただ、パキスタンのスポーツ大臣はペシャワール出身で地元開催を
強く主張しているという。


外務省の後援がつけばパキスタン政府による護衛の強化が想定され
イベントのイメージも向上する。

猪木は12月上旬や大会の前倒しも検討しており

「みんなが危険、危ないと言うけど、だからやるんだっていうのが猪木流の発想。
 平和を標榜するんであれば一歩踏み出さないといけない」


最悪、外務省の制止を振り切って無謀な強行開催ということも考えられ
今後の行方が注目される。



最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 



この記事の著作権は、yahoo! japanに帰属します!



「アントニオ猪木、壮絶なる戦いの記録」
燃える闘魂 アントニオ猪木の凄みを体感せよ!

オンラインレンタルなら、dmm.com
国内最大級の品揃え!レンタルならdmm.com !

月額動画を安く見るならココ!
アニメ、アイドル、映画など多彩なジャンルの動画が楽しめる!




 

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!








[ジャンルランキング]
ニュース
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
3位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (569)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (834)
食品・飲料 (128)
プレスリリース (44)
情報端末 (14)
ゲーム (81)
健康 (1119)
IT (53)
経済 (118)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (276)
その他 (28)
海外情報 (1030)
アニメ (439)
セクシーネタ (1963)
グルメ (41)
節電 (2)
プロレス (6)
テレビ (23)
ペット (21)
コスプレ (6)
いきもの (18)
テクノロジー (109)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (13)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (82)
ガンダム (11)
ニュース (179)
人間心理 (41)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (6)
政治 (39)
漫画 (12)
生活 (48)
育児 (19)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (8)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (9)
環境 (10)
外交 (25)
ビジネス (171)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (36)
キャラクター (28)
ホビー (113)
歴史 (9)
宇宙 (17)
就職 (2)
ミステリー (33)
雑学 (15)









この人とブロともになる








 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.