ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 





今日の気になる情報をお届けします。



牛レバー
生食提供が禁じられた牛レバー




内部に強い毒性を持つ腸管出血性大腸菌がいるため
平成24年に生食での提供が禁止された牛のレバー(肝臓)。

牛レバー内部の殺菌方法を検証している厚生労働省の
研究班の報告書が来春にもまとまる。

最も有力視されているのは、放射線照射による殺菌。

業界関係者らは

「安全にレバーを生食できる方法になれば」

と期待を寄せる。


塩素、高圧はNG


牛レバーの生食提供は、5人が死亡した23年の焼き肉店の
食中毒事件を契機に、24年7月に食品衛生法の規格基準で禁止された。

厚労省は中心部まで十分、火を通すことを義務づけたが
生食の安全性が確保できる殺菌方法が見つかれば
禁止解除を検討するとしていた。

牛レバーの生食禁止による食肉関連業界への経済的影響は
百数十億円とも試算され、業界関係者は一日も早い
殺菌方法の確立を求めている。

こうした声を受け、厚労省は24年、国立医薬品食品衛生研究所などの
研究者らで構成する研究班を設置。

・塩素系消毒薬(次亜塩素酸ソーダ)
・高圧処理
・放射線(ガンマ線)照射


-の3つの方法による殺菌効果を検証してきた。

このうち、塩素系消毒薬は殺菌効果にばらつきがあり
レバー内部をしっかり殺菌できないことが判明。

また、高圧処理は殺菌効果は十分あるが、処理後に
レバーの色が抜けたり硬くなったりする変化が見られ
生食のための殺菌方法とするのは厳しそうだ。


においが違う


残る放射線照射はどうか。

海外ではすでに、食肉や香辛料などの殺菌に使われている技術で
日本でもジャガイモの発芽防止用としてのみ認められており
研究班の検証では、牛レバーについても一定の殺菌効果が確認されている。

現状ではもっとも有力な方法だが、問題もある。

その一つは照射線量だ。

実験前は3~5キログレイの線量で十分と考えられていたが
内部まで殺菌するには7キログレイが必要だった。

食品の規格を決める国際機関「コーデックス委員会」が定める
線量の上限10キログレイを下回っており、実用化に
問題のある線量というわけではない。

しかし、食品は加熱したときに温度が高いほど
硬くなるなど変化が大きい。

それと同じように放射線照射も線量が多ければ食品に変化がみられ
レバーの場合は、独特のにおいが発生するという。

研究班の25年度の報告書では

「硫黄系の甘い臭気」

と表現している。


選択肢の一つに

研究の進展により、においをクリアしても、放射線照射のための
施設がほとんどない、という問題もある。

国内には北海道の士幌町農協にあるだけ。

それもジャガイモの発芽防止目的のため線量が
最大0・15キログレイで、レバー内部の殺菌には
大幅に足りない。

放射線照射のための施設は、放射線の漏洩防止などに
多額の費用がかかる。

施設を急激に増やすのは簡単ではない。

照射後の食品を消費者が受け入れるかどうかも課題の一つだ。

消費者グループ「食のコミュニケーション円卓会議」の
市川まりこ代表は

「放射線照射は食品の安全を守る技術として世界で認められているが
日本では知らない人も多い」


と指摘。

そのうえで

「安全性を十分に確認してから使うのなら問題はない。
牛のレバーの殺菌技術が確立されれば、消費者の選択肢の
一つになるのでは」


と話す。

牛や豚のレバーなど内臓の加工会社などが加盟する
「日本畜産副産物協会」(東京都港区)は

「今は殺菌のための技術が何もない状態。どんな方法でも
殺菌法が開発されるのはありがたい」


と期待を寄せる。


【関連情報】

毒になる生食、薬になる生食
人体に危ない細菌・ウイルス 食中毒・院内感染・感染症の話
事例でみる食中毒の現場―その原因と教訓
ガンは治って当たり前―癌は寄生虫が原因だった!?


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、サンケイビズに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 
スポンサーサイト




今日の気になる情報をお届けします。


食中毒の原因になるクドアの胞子
食中毒の原因になるクドアの胞子
(国立感染症研究所寄生動物部=写真提供)




ところでなぜ、ヒラメの産地偽装が問題なのか。

食中毒の原因になるヒラメに寄生するクドアと呼ばれる粘液胞子虫
(クドア・セプテンプンクタータ)が、養殖ヒラメに多く寄生するからだ。

それも流通調査の結果、輸入の養殖ヒラメが原因となる
事例が多くなっている。

ヒラメの消費量は約1万2000トン(12年)で、そのうち漁獲による
ヒラメは6057トン。

国内養殖ヒラメは3125トン、輸入ヒラメは2953トンで
そのほとんどが養殖の韓国産。

実に国内で流通するヒラメの4分の1が韓国の養殖モノになる。


それではクドアとはどういうものか。

「以前からクドアは魚の寄生虫として知られていましたが、人体に
害を生じることはありませんでした。毒性のある新種がヒラメの
養殖場を中心に広まり、食中毒の原因となったと考えられています。
国産の養殖ヒラメでは対策が進み、ほとんど出なくなっています」


と、国立感染症研究所寄生動物部主任研究官の八木田健司氏は説明する。

厚労省は11年6月にクドアを食中毒の原因物質と認定している。

その年の10月、輸入ヒラメの検疫内容を強化したが

「出荷する際にクドア検査を義務づけるよう韓国と交渉していますが
まだ実現にいたっていません」

(厚労省食品安全部監視安全課)

日本の輸入業者が韓国の輸出業者に、クドアの衛生証明書を
添付してもらうケースも増えたが、全品検査ではなく
あくまでもモニタリング検査だ。

実際に食中毒は全国で起きている。

クドア食中毒は生食した数時間後に発症し
激しい嘔吐と下痢の症状が出る。

しかし症状は

「一過性で、数時間程度で改善します。食中毒を防ぐには
75度で5分以上加熱するか、零下15~20度以下で
4時間以上冷凍するといい。ただ、ヒラメは冷凍すると
身がスポンジのようになり、刺し身で食べても美味しくありません」

(国立感染症研究所寄生動物部・野崎智義部長)

クドアは100分の2ミリほどの大きさで、肉眼で見つけるのは困難。

調理するときに発見することはできない。

そのうえ卸売市場で産地偽装がまかり通るとなると
消費者は食の安全をどう守ればいいのか不安である。


【関連情報】

市場と安全―水産物流通、卸売市場の再編及び食の安全
スーパーの裏側―安全でおいしい食品を選ぶために
踊る「食の安全」―農薬から見える日本の食卓
食の安全を求めて ―食の安全と科学―


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、PRESIDENT Onlineに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 







 




今日の気になる情報をお届けします。



韓国産ヒラメ
「韓国産ヒラメ」…産地偽装・食中毒も業者にお咎めなし

 


宴会シーズンたけなわだが、高級魚のヒラメの刺し身や
寿司で食中毒が起きていることはあまり知られていない。

厚生労働省の速報(2014年12月2日)によれば、今年のヒラメによる
食中毒は10月1日の事例までで30件、患者数は316人。

すでに昨年の21件、244人を超えている。

速報の事例以外に11月には新潟県柏崎市、山口県下関市など
各地で被害があり、東京都内でも10月に2件発生している。

10月中旬に東京・中央区で起きたヒラメの食中毒では、飲食店関係者が

「食の安全が脅かされている」

と憤る産地偽装事件が起きている。

この事件は、銀座の和風料理店のヒラメの造りを食べた客が
食中毒にかかり、調査の結果、産地偽装が発覚したもの。

築地卸売市場の仲卸が国内産養殖として料理店に販売したヒラメが
実は韓国・済州島の養殖モノだったのだ。

営業停止命令は料理店だけで、仲卸に営業停止などの処分はなかった。


目に見えない寄生虫に汚染されている!

一般的に産地偽装に適用される法律はJAS法や景品表示法だが

「これらの法律は消費者保護を目的にしたもので
業者間の取引には適用しづらい」

(消費者庁食品表示企画課)

このため産地を偽った仲卸業者に対しては

「JAS法などで処分するには制約があるため、今後、産地取り違えが
ないよう口頭で注意した」

(東京都中央卸売市場事業部業務課)

という、処分ともいえないもの。

都民の食生活を守るべき東京都福祉保健局はどうか。

「飲食店は所管の保健所が処分を行いますが、都内の卸売市場の
衛生監視指導は市場衛生検査所が行っています」

(食品監視課)

と話す。

その結果、ヒラメの食中毒に留意するよう卸売市場の業者に対し
メールやペーパーで注意喚起し、講習会等も開いているという。

「卸から仲卸への取引で、産地記載の伝票が
後で届き、仲卸が勘違いした」

(業務課)

過失であったとしても、産地偽装した業者に
お咎めなしですむものだろうか。

再発防止はもちろん、食の安全の意味でも明確な法の整備は必要だろう。

次回に続きます。


【関連情報】

市場と安全―水産物流通、卸売市場の再編及び食の安全
スーパーの裏側―安全でおいしい食品を選ぶために
踊る「食の安全」―農薬から見える日本の食卓
食の安全を求めて ―食の安全と科学―


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、PRESIDENT Onlineに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 




今日の気になる情報をお届けします。


冷凍野菜
生より冷凍したほうが栄養価が高い?



■美肌のために生野菜の栄養は必須!けれど

美容のためには規則正しい生活を送り、バランスのよい
食事を摂ることが必要不可欠。

そのために、生野菜や果物でスムージーを作ったり、メニューにも
野菜をたっぷりと使ったりしている方も多いことでしょう。

野菜には、ビタミン類、ミネラル、食物繊維などが含まれているので
体の中を整えて内臓の働きを高めてくれるため、美肌につながります。

溜め込みにくい体になるので、ダイエット中の方にも
ぜひたくさん取り入れてほしい野菜や果物。

ですが、せっせと摂っている生の野菜や果物に含まれる栄養価が
冷凍されたものよりも低いとしたら驚きですよね。


■冷凍野菜は生野菜よりも栄養価が高い!?

冷凍の野菜って、栄養価はあるの?むしろ失われているのでは!?
と思っている方も多いことでしょう。

しかし、イギリスのチェスター大学、およびレザーヘッド・フード・リサーチ
による調査ではそうでもないことが明らかになりました!

冷凍野菜と果物の栄養価を、生のものと比較してみたところ
3分の2は冷凍の方がビタミンCや抗酸化物質の量が多いことが分かったのです。

例えばニンジンであれば、美肌に欠かせないビタミンCやアンチエイジングの
助っ人であるポリフェノール、カロテン、ルテインが生のものよりも
冷凍したもの方が多く含まれていたという結果が出ています。

他にも

「ブロッコリーやブルーベリーをはじめとする野菜や果物でも実証されている」

というのが、興味深いですよね。

「せっかく美容のために」と食べている生の野菜に
栄養があまり含まれていないのは残念!


■スムージーに冷凍ものをひとつ入れるとおいしい!

現在は昔と比べて冷凍の技術が上がっているため、鮮度を保ったまま
加工することが可能です。

メーカーによって条件が違うため、必ずしも上記の研究結果が
いつもでるわけではありません。

しかし

「冷凍=新鮮でない、栄養価が高くない」
「生=新鮮、栄養価が高い」

という今までの先入観が絶対ではないのです。

冷凍だと保存も便利で使い勝手がいいので上手に利用してみてください。

暖かい季節のスムージーは、一品冷凍ものが入ると冷たくておいしいですよ。


【関連情報】

ワインの力― ポリフェノール・延命力の秘密
健康食品のリフレ『ブルーベリー&ルテイン』
多数のメディアで大注目!ミドリムシサプリメント 「ミドリムシマート 」
アトピー、アレルギー対策SHOPのもぐもぐ共和国


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、Yahoo japanに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の最新情報をお届けします。

ビグザム 
「連邦なぞ、あっという間に叩いてみせるわ!」
相模屋新商品第3弾は 「ビグ・ザムとうふ 」



相模屋食料は、人気アニメ『機動戦士ガンダム』とのコラボレーション商品
第三弾として、劇中に登場するジオン公国軍専用モビルアーマー
「ビグ・ザム」をモチーフとした新商品「ビグ・ザムとうふ」を6月7日より発売する。

2012年3月の第一弾「ザクとうふ」に始まり、シリーズ発売一周年を
記念して制作され新商品「ビグ・ザムとうふ」は、その名のとおり
『機動戦士ガンダム』の一年戦争終盤に登場した「ビグ・ザム」がモデルとなる。


ドズル・ザビ中将が搭乗し、地球連邦軍に圧倒的な力を魅せつけた
モビルアーマーで、劇中では量産化の計画がありながらも
"試作"に終わっていた。

今回相模屋食品は、劇中でドズル中将が発した

「ビグ・ザムが量産の暁には連邦なぞ
 あっという間に叩いてみせるわ!」


という台詞から、「ビグ・ザム」の量産化という"if"を実現させるとともに
コラボ豆腐誕生の原点でもある"ガンプラが欲しかった"という想いから
企画をスタートさせた。


実際の商品は、豆腐とは到底思えない重厚なパッケージに
大容量サイズ(420g)の胴体部と脚部をモチーフとした容器に
充填した2種類の豆腐、取扱い説明書、ご飯カップを専用箱に
同梱した業界初の"組み立てるおとうふ"。


まるで「ビグ・ザム」を組み立てるような楽しみを体験できる。

気になる味の方は、まず、胴体部がアボカド風味で、近年の味の嗜好を
もとに相模屋が提案する新しい方向性"クリーミィで濃厚な味わい"を実現。

アボカド風味のクリーミィさは調味料とのなじみがよく
ご飯と一緒に食べることができる仕上がり。


冷奴やサラダなど、そのまま食べてもクリーミィな食感に
豆乳の甘みをより感じられるという。

一方で脚部は、基本を忘れないプレーンな豆腐で、そのまま冷奴で
食べることを推奨。

ちなみに、原料の大豆には、劇中で大規模な戦闘が展開された
「オデッサ」周辺の大豆をごく微量(0.1%以上)使用しており
ビグ・ザムを前線に押し出した地球進行作戦も想定しているという。


相模屋のコラボ豆腐シリーズは、これまで醤油などなにもかけずに
そのまま食べられる(ザクとうふ)、豆腐が鍋の真ん中(主役)を占める
(ズゴックとうふ)など、豆腐の新しい食シーンを提供してきた。

それに続く待望の第三弾「ビグ・ザムとうふ」は、"ご飯と食べる"という
役割でさらに戦場を拡大。


ご飯と共に豆腐が主役となる食シーンを提案していくという。

商品には、ジオンの紋章が刻印された「ご飯カップ」が同梱されている。

なお、「ビグ・ザムとうふ」の発売にあわせて、オリジナルジオラマ
レシピ写真コンテスト 「ビグ・ザム‐1グランプリ」の開催も決定。


大好評だった第二弾「鍋用! ズゴックとうふ」のズゴック鍋写真コンテスト同様
「ビグ・ザムとうふ」を使ったオリジナルジオラマレシピの写真を募集する。


コンテスト特設サイトもオープンしている。

商品は6月7日より、関東地区を中心としたスーパーマーケットや
ショッピングモールなどで、順次発売(価格はオープン価格)。

(C)創通・サンライズ

[マイナビニュース]


【関連情報】

UT 2012 機動戦士ガンダム ビグザム ダークグリーン ユニクロ (XL)
魅惑のガンダムワールドへ、ようこそ!
相模屋 ザクとうふ(200g×10機) 1セット
ガンダムヒロインヒストリー -戦士たちの休息編- BOX


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、yahoo! japanに帰属します!






 

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!







[ジャンルランキング]
ニュース
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
3位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (634)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (839)
食品・飲料 (132)
プレスリリース (45)
情報端末 (14)
ゲーム (82)
健康 (1249)
IT (53)
経済 (122)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (303)
その他 (28)
海外情報 (1247)
アニメ (443)
セクシーネタ (2208)
グルメ (46)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (24)
ペット (34)
コスプレ (6)
いきもの (19)
テクノロジー (121)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (120)
ガンダム (11)
ニュース (248)
人間心理 (51)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (41)
漫画 (12)
生活 (52)
育児 (22)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (12)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (11)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (222)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (38)
キャラクター (28)
ホビー (135)
歴史 (14)
宇宙 (18)
就職 (2)
ミステリー (56)
雑学 (20)









この人とブロともになる







 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.