ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 




今日の気になる情報をお届けします。


飲み会
あるある~。





人と会う、話す、食べる、飲む……。

飲み会で行われるあらゆる言動に、ふと「年とったな」
と思う瞬間、ありませんか?

なんとなく25歳を過ぎたくらいから「あれ?」と、前はしなかった
行動を選ぶようになったり、体が逆らえなくなり始めたりするものです。

そしてどんどん「いやいやまだいけるだろう」の範囲が
小さくなっていって……

あれ、こんなはずじゃなかったのに、と思うこと、多々。

みんなが「飲み会で年とったな」と思う瞬間を調査。

「あるある……」なエピソード、ご紹介します。


【1】気づくと健康の話になっている

20代前半はあれだけ恋の話をしていたのに、いつからこんなに
健康の話をするようになったのでしょうか。

頭痛が治らないとか、腰痛が悪化したとか、保険には入ったほうが
いいんだろうかとか、永遠に話題は尽きません。

そして最終的に「体は大事だよね……」という結論にたどりつく。

「共通の話題」が「健康」に変わったとき
私たちはちょっとした「年」を感じるのかもしれません。


【2】野菜と魚って、いいよね

「とりあえず」頼むものが年とともに大変化。

お酒を飲み始めたばかりの頃は、とにかく唐揚げとポテトがあれば
永遠にお酒を飲めた。

でも、気付けば「お新香」「お刺身」「えいひれ」「ホタルイカの沖漬」
「しらすおろし」なんて、頼むものは野菜orお魚のオンパレード。

味の好みって、こんなに変わるものですね。

もちろんお肉を頼むときもあるけど、できれば
脂身は控えめがいいな……。

焼肉も、量より質がいいな……なんて、そう思うときに
体が欲しがるものの変化を感じるものです。


【3】なんだっけ、ほら、あれ

共通の友人知人の話、今見てるドラマの話、職場関連の話……と
さまざまな話題がありますが、どこでもふっと出てくる

「なんだっけ、ほら、あれ」
「あのテレビの……〇〇ちゃんじゃないほうの……」

など、固有名詞思い出せない問題。

子どもの頃に親戚や両親が言っていたりして、なんで
思い出せないんだろう、と思っていましたが
いつのまにか自分が言うほうに。


【4】シメにラーメンより蕎麦を食べたい


シメの定番と言えばラーメン……ですが、もちろんラーメンも
無性に食べたいときもあるけれど、たっぷり食べて飲んだあとだと
なんだかこってりしすぎている。

食べるならさらっとお茶漬けか、のど越しのいいお蕎麦がいい。

子どもの頃はそこまでお蕎麦の美味しさって気づけなかったのに
もはや蕎麦屋でお酒を飲む「蕎麦屋飲み、最高」と思ったりして
行く店の変化も感じます。


【5】翌日、酒が抜けない

最も多いのはこれではないでしょうか。

若い頃はわりとどれだけ飲んでも次の日に響く、なんてこと
なかったのに、いつのまにか

「あれ、昨日あれしか飲んでないのに
 なんでこんなに頭が痛いの……」

ということが起きていたり、日が変わるくらいまで飲んでいると
なかなかお酒が抜けず、なんとなくクラクラしたり……。

一度そうなると「もうこんなに飲まないぞ」と決意するはずなのに
すぐに忘れてまた飲んで、同じことの繰り返し……。

それって物忘れも、あるのかしら。

何歳になっても楽しいお酒の席。

年を感じることもありつつも、無理せずに美味しいものを
好きな人たちといただく……って、格別な時間。無理をして
具合悪くなってしまっては元も子もないので、自分なりの
「楽しむペース」を掴むのが重要です。

特に「これくらいの酒量なら大丈夫だったはずなのに」と
昔に固執せず、自分の「楽しく飲める量」を知っておくのは重要です。

さあ、今日も楽しい飲み会を♪


【関連情報】

崖っぷち女子が年収1000万円超の男性と結婚する方法
なぜ幸せな恋愛・結婚につながらないのか 18の妖怪女子ウォッチ
やめるときも、すこやかなるときも
ズボラ大人女子の週末セルフケア大全


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、Woman Insightに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 
スポンサーサイト



今日の気になる情報をお届けします。

新人教育
採用時に見抜けなかった…




新入社員 その驚くべきストレス耐性の低さ


新人が大量に入社してきた4月。

日本企業独特の風物詩であるが、各企業はこれから仕事の経験のない
“素人”にビジネスマナーをはじめとする基礎的スキルを教え込むことになる。

だが、生半可な教育ではなかなか身に付かない。

製薬会社の人事担当者は気を引き締める。

「最近の学生はマナーがまったくできていない。(入社後の)面接の受付で
 コートを脱いで鞄から必要書類を出して、よろしくお願いします、と
 挨拶するものだが、コートも脱がずにマフラーをしたまま受付のテーブルに
 鞄を置いて『どうも』と声をかけるだけ。あるいは書類の提出期限を守らない
 必要な物を忘れる。挨拶ができないなど最低限のマナーが身に付いていません。
 それでも採用時はニコニコえびす顔をして大目に見ているが、入社したら別。
 研修では鬼の顔をして徹底的に鍛えます」


企業によっては人事部主導の1カ月間の新入社員研修があるが
あまり厳しくやりすぎると弊害も出る。

研修中に叱られてへこんでしまい、研修に出てこなくなり
しばらくして精神科の医師が書いた「うつ」の診断書を持参し
休職を願い出た新人もいる。

あるいは、研修に嫌気がさしたのか人事部宛に「退職届」を
郵送してきたケースもある。

当然、採用時にストレス耐性があることをチェックしたはずなのだが
見抜けないまま入社してから本性を現す社員もいる。

大手外資系消費財メーカーでは研修後に営業部門に新人を
配属したところ、2週間後に営業担当課長から
人事部にクレームが飛んできた。

「何だよ、あの新人は全然使えないじゃないか。顧客先の納品に連れて行っても
 挨拶もまともにできないし、率先して物を運ぼうとしないで突っ立っているだけ。
 どんな教育をしていたんだ」


もちろん新人は一流大学出身の優秀と目される社員である。

そんなクレームが他の部署からもたびたび寄せられたため
次年度から新入社員研修をとくに強化することになったという。


日本企業の“お家芸” 新人研修の弱体化

ただし、新入社員研修といっても講義形式主体の研修が大半であり
本当に身に付いたかどうかわからないまま、現場に配属されることも多い。

配属後に行われるのがOJT(職場内教育訓練)だ。

一般的に入社後の1年間はOJTの期間とされ、即戦力として
活躍するための大事な育成期間に当たる。

新入社員の指導を担当するOJT指導役には入社4~5年目の
若手社員を起用し、それを課長がバックアップする仕組みだ。

新人の業務を見守り、日常の報告や相談を受けながら業務の手順や
結果をチェックし、問題があれば指導することが求められる。

だが、近年は人手不足や業務量の増大、ITの進化による年輩社員の
知識不足などの理由で新人をゼロから一人前に育てあげるOJTの
機能が低下しているとの指摘もある。

他国にない日本企業の“お家芸”の弱体化は人材競争力上においても
大きな問題だが、それは別にして職場には研修をスルーしてきた
新人を育成するのも大変だ。

いずれにしても職場の指導が重要になるが、最もやっかいなのが
以下のような新人だろう。

・終業後の新人歓迎会などに誘っても「出たくありません」と言いだし
 休日や終業後の職場の行事に参加することを嫌がる。

・指導された通りに素直にやるが、自分の意思でこうしたいという
 意欲が感じられない。

・叱られると急に元気をなくし、「自分には向いていません」と
 後ろ向きの発言を繰り返す

・遅刻しても悪びれず、常にマイペースで周囲と歩調が合わない。
 時折、周囲とはずれた言動をして驚かせる。



取引先社長の話を遮り「社長、マジすごいっすね」

仕事よりプライベートを重視するのは何も悪いことではない。

だが、終業後の飲み会などの誘いは新人に気を遣っての対応なのだが
その気持ちを汲み取ることなく「参加したくありません」と
突っぱねてしまうと職場の仲間も気分を概するだろう。

このタイプは

「組織の一員であるという自覚を持たず、逆に外れたい
 という意識が強い」


と語るのは住宅設備メーカーの教育担当者だ。

「このタイプに決して無理強いしてはいけません。一度本人の仕事に対する
 価値観や周囲の人間に対する気持ちなどをじっくり聞いてやることも大事です。
 そしてそっとしておくに限ります。いずれ仕事に少しでもおもしろさを
 感じるようになれば、自然に仲間に対する態度も変化してくるものです」


とはいえ、マイペースタイプの新人は周囲とのペースのずれに
気づいていない場合が多い。

「取引先に連れていき、相手の社長の話を突然遮り
 『社長、マジすごいっすね』と発言し、驚いたことがあります。
 とにかくマイペース。仕事を始めると視野が狭くなり、全体の状況を
 把握できなくなるという特徴があります。このタイプに
 『空気を読め』とか『全体の状況をよく考えろ』と厳しく言っても
 効果はありません。強く指導するのではなく、どういう時に
 どういう対応をすべきなのか明確な基準をつくって、それを守るように
 地道に言い聞かせながら指導していくことが大事です。
 多少の変な言動は目をつむりながら、本人が主体的に行動できるように
 していくしかありません」

(前出・教育担当者)

このタイプに限らず、誰もがさじを投げたくなるような
新人も少なくないだろう。

怒りたくなるが、そこはぐっとこらえて忍耐強く
教えていかなければいけない。

骨の折れる新人教育がこれから続く。


【関連情報】

なぜ?どうすれば?新人育成のお悩み相談―発想・行動転換のヒント
困った新人を輝く新人に変える「意識カード」
OJT完全マニュアル---部下を成長させる指導術
一流のリーダーがやっている部下のやる気に火をつける33の方法


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、PRESIDENT Onlineに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。

ビジネスエリート
こだわるアイテムは財布よりも“アレ”





ファーストクラス--。そこは、搭乗者のうちたった3%の人間しか
立ち入ることのできない“知られざる世界”である。

そんな特別な空間で、真のビジネスエリートたちが見せる素顔とは。

元CAの美月あきこ氏が解説する。

よく、「お金持ちは、高級ブランドの長財布を使う」と言われているが
日系、外資系航空会社のCAとして、ファーストクラスで数多くの
VIP客へのサービスを担当してきた美月あきこ氏はこれには疑問を感じるという。

「ファーストクラスの常連であるビジネスエリートの方々が
 多く使っていたのは、二つ折りのシンプルな財布です。
 特定のブランドにこだわっている様子はなく、使いやすさ
 スーツの内ポケットにスマートに入る大きさを重視しているようでした。
 もちろん、財布がお札やカード類でパンパンになっていることは
 ありませんでした」


財布がスッキリ薄いのは、現金を必要以上に持ち歩かず、カードで
支払うスタイルが定着していることもあるだろうが、ちまたに広がる
「二つ折り財布(お金を折る)では、金持ちになれない」という
ジンクス(?)は、ファーストクラスに乗る超一流ビジネスエリート
たちには当てはまらないようである。

「ビジネスクラスやエコノミークラスほど、ブランドロゴが全面に刻まれた
 財布をお持ちの方が多いですね」


ビジネスクラスではとくに「頑張っている自分」を主張したがる
ビジネスマンが多いのだろうか。

使い切れないほどの機能がついたシステム手帳、分厚いブランド財布を
持ち歩き、つい「仕事ができるオレ」「経済的にも余裕があるオレ」を
アピールしてしまうように思える。

仕事における酸いも甘いも経験し、ファーストクラスを利用するに
至っている超一流のビジネスエリートたちにとっては
もはや「人からどう見られるか、どう見せるか」よりも
「自分がどうなのか」にこだわりがあるのである。

美月氏によると、ファーストクラスの顧客がこだわりを見せるのは
むしろ財布よりも“靴”だと語る。

「靴は、いつもピカピカに磨かれています。リペアされ大事に
 使用されているのもわかります。搭乗後、みなさんプリセット
 されているスリッパに履き替えられますが、脱いだ靴の置き方に
 見事に共通点がありました」


ビジネスエリートたちは、脱いだ靴をキレイに揃え、邪魔にならないよう
人目につかないよう通路から遠い位置に置くのだそうだ。

「揃えて置くのは、日本人として躾けられたなら当然だ」と
思う人もいるだろう。

しかし、このマナーができていないビジネスマンは
案外多いのも事実だ。

居酒屋の宴会場の上がり口に、くたびれたビジネスシューズが
散乱している光景に見覚えのある人もいるだろう。

現にエコノミークラスでは、脱いだ靴が通路に
転がっていることも多いという。

「ある高級旅館の女将にお聞きした話ですが、靴の脱ぎ方
 上がり方でその人の人となりがわかるのだそう。
 やはりビジネスでトップに上りつめた方々は、脱ぎ方も
 きちんとされているそうです。ファーストクラスの方々も
 例外なく、きちんと脱がれ、しかも靴の中が見えないように
 あらかじめスリッパと一緒にご用意しているミニ靴ベラや
 シューズクロスでわざわざ隠してから、奥に置かれます」


足の裏は汗腺が集中している部分でもある。

目に見えずとも汗や脂で汚れているのは当然だ。

その汚れを他人に晒すのは失礼と思う感覚さえも
ビジネスエリートたちに共通しているのだ。

「足元を見られる」とはよくいったもの。

靴の状態や扱いいかんでその人物の印象が左右されるのだ。

「コートや上着も座席の背もたれにはかけず、CAがハンガーに
 かけやすいようにと、わざわざ向きを変えて持っていてくださったり
 渡してくださいます。クルーへの気配り同様、ご自身の衣類を
 大事になさる姿勢にいつも感心させられました」


日頃使用するモノへの愛着とこだわり、そして丁寧な扱いは
ビジネスエリートの証しのようだ。


CA-STYLE主宰 美月あきこ(みづき・あきこ)

日系、外資系航空会社の国際線キャビンアテンダント(CA)として活躍後
女性の転職・就職を支援する会社CA-STYLEを立ち上げる。
人財育成コンサルタントとして、現在も全国各地で講演・研修を行う。
著書に、12万部のベストセラー「ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣」
などがある。


【関連情報】

世界の最も野心的なビジネスエリートがしている 一流の頭脳の磨き方
世界のエリートが実践している 目のつけどころ ものの考え方
稼いでいる人が20代からしてきたこと
筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、PRESIDENT Onlineに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。

ポインテッドトゥ
ホスト系だけじゃない!





先端が尖り、反っているビジネス靴をはく男性が増えている。

特に女性には不評だが、愛用するのはナイーブな
「意識高い系」のようだ--。


なぜ、先の尖った靴の男は嫌われるか?

女性の靴はいくらでも先が尖っていても良い風潮、でもなぜか男性の
先が尖った靴は評判が悪いです。

ナルシストっぽいとか、ダサいとかさんざんな言われよう。

一昔前は、ホスト系の男性がよくはいていることから
チャラい男性のイメージが強かった尖り系シューズ。
(ポインテッドトゥと呼ぶらしいです)

しかし最近は、ビジネスマンが尖った靴を好みがちです。

最初に違和感を覚えたのは、平日の夜、ラッシュの電車内。

仕事帰りの疲れた会社員男性の足元を見ると、異様に尖っていて
3、4人に囲まれると妙な圧力があります。

ホストや遊び人の男性の尖った靴とは違う、ビジネスシューズ仕様で
ただ先端が伸びている感じで、見ているとゾクゾクしてきます。

デザイン的にラインがパースのようについていて
鋭角を強調しているタイプも。

三角形の頂点が点ではなく線で、完全に尖っていない中途半端な
デザインが多いのもモヤモヤさせられます。

紳士服屋に行ってビジネスシューズをチェックすると
先が反って上向いている、というタイプも多く見られました。

10度位の結構な反り具合です。

そして伊勢丹メンズ館など、ハイセンスな店では、イタリア系など
若干尖っていますが、そこまで激しくない印象でした。

インポートの高級な靴をはけるくらいの人は、余裕があるので
そこまで靴で攻撃的になる必要がないのかもしれません。


尖った靴はどのような人がはいているのでしょう。

中世の絵画でタイツに先が尖った靴を合わせている貴族の男性を見た
記憶があるので、当時は身分が高い人の間で好まれていたのかもしれません。

近年ですと、映画『レニングラード・カウボーイズ』の尖りきった靴が
思い浮かびますが、派手な衣装と合わせるとそんなに違和感なく
中途半端な尖り方ではないのでむしろかっこいいです。


先の丸い靴をはいたら覇気がダウン


周りの人に、尖った靴の知り合いがいないか聞いてみました。

出版社の人によると

「編集部では見たことないですね。でも街で見かける人は
 小柄な男性が自分を大きく見せようとしてはいているイメージ。
 だいたい足の長さからして先の部分は無駄だと思うんですが……」


と、同性から見ても変なようです。

編集部やテレビ局、広告代理店などマスコミ系では
確かに尖っている人は見かけません。

テレビ局ではサンダルばきや雪駄などラフなスタイルがスノッブで
広告代理店の男性はハイブランドのスニーカーでこなれ感を出していたりします。

先日、トークイベントに出る機会があったので、客席に向かって
「尖った靴をはいている人はいませんか?」と質問してみたら
反応はゼロ。

ロフトプラスワンのお客さん、サブカル好き男子は
靴が尖っていないようです。

しかしその時のイベント主催者、AV監督村西とおる氏から
貴重な情報をいただきました。

「昔英会話教材のキャッチセールスをしていた時
 『英会話の必要性を感じますか?』と声をかけると
 ついてきた人はだいたい靴が尖ってました。
 なので靴が尖っている人を狙ってセールスしていました」


とのこと。

ということはつまり、靴が尖っている人は
意識高い系だと納得しました。

街で見かけるスーツ姿の集団の足元をチェックすると、靴の尖り具合は
だいたい共通していることにも気付きました。

同僚同士、競争心が拮抗しているのでしょう。

1人だけ尖ったり、丸くなったりして和を乱さない
という協調性も感じられました。

また、意識の高さを物語っていたのは、靴先が尖った男性が
ひとり軽いほほえみを浮かべながら歩いていた姿です。

先が反った靴をはいていた男性が、一歩ずつ確かな足取りで歩いているのも
見かけて、テコの原理のように靴の反りを利用することで、歩行に
勢いがつく効果があるように思いました。

先に沿ってエネルギーも上向きに流れそうです。

視界に入ってくる靴の先の、精神に及ぼす作用は無視できません。

不肖私もポインテッドトゥの尖ったパンプスばかりはいていたのが
久しぶりに先の丸い靴をはいたら、覇気がダウンしたというか
穏やかになってちょっと心もとない気分になりました。

尖った靴の時のほうがアドレナリンが分泌されていたような……。

尖って反っている靴は、ともすると自信を失いそうなナイーブな男性に
前に進む力を与え、やる気や元気を増幅させるアイテムなのです。

街で見かけても、(ダサっ)と斬り捨てず、(がんばってください)と
応援の念を送っていきたいです。


【関連情報】

ビジネスシューズ 春夏 メンズ 内羽根 ポインテッドトゥ ファッション
一流と言われる3%のビジネスマンがやっている 誰でもできる50のこと
稼いでいる人が20代からしてきたこと
さすが!と思わせる出来る人の話し方


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、PRESIDENT Onlineに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


20代後半社員2
自分が優位的立場にいると勘違い






■ 自分の優位を確かめようとする

22~23歳から2~3年の経験を積むと、会社や部署のことが
わずかにだが、見えてくる。

わかったかのような錯覚に陥る。

すると、おぼろげな自信のようなものを形にしたい
と思い始める。

その1つが、20代前半の人にできない仕事を与えたり、滅茶苦茶な
指示をして、抑えつけたりすることだ。

自分の優位を確かめようとする。

この繰り返しで、おぼろげな自信を確かなものにしようとする。

特に20代後半くらいに、このタイプが集中する。

この人たちの多くは管理職になっていないから
権限や権力をもっていない。

自分よりも経験が浅く、立場も弱い20代前半の人を狙い
滅茶苦茶な指示をすることで、権威をつかもうとする。


■ 教育する人がいない

本来は、こういう人たちを教育し、管理する人が必要だ。

そうでないと、20代前半の社員が、いじめやパワハラの
被害を受ける可能性がある。

そこから、精神疾患やうつ病になることもありうる。

ところが、30代の社員が少ない中小企業やベンチャー企業などでは
勘違いをした20代後半の社員たちを抑えつける人がいない。

結果として、20代後半の社員が20代前半の人の
「大先輩」になってしまう。

数年の経験を積んだだけなのだが
大きな勘違いをしまうのだ。


■ 競争がない

数年の経験をして、20代後半になると、自分には相当な力が
ついたと思い込むのは、社員間の競争が浸透していないからだ。

多少の競争があったとしても、激しいものではない。

競争がないと、自分の力は正確にはわからない。

「勝つ、負ける」ことを経験しないままに数年が経ってしまう。

自分を「そこそこにデキル人」と受けとめてしまうのも無理はない。

大企業や外資系企業では、20代の間でも激しい競争がある場合があるが
こういう職場では20代後半の社員は謙虚な人が多い。

20代前半の社員の前で威張ることは少ない。

20代後半は、キャリアをつくるうえで1つの曲がり角にある。

後輩を抑えつけたい、威張りたいという人と、仕事をがむしゃらに
謙虚に覚えようとする人にわかれていく。

いつの時代も、前者のほうが多いように感じる。

本来は、後者のほうが多くならないと
その人は成長しない。

20代前半の社員も浮かばれないだろう。

明るい未来がない20代後半よりも、前途が輝かしい20代前半の
社員を大切にする仕組みを会社はつくるべきではないだろうか。


吉田典史

ジャーナリスト。主に経営・社会分野で記事や本を書く。
近著に「会社で落ちこぼれる人の口ぐせ 抜群に出世する人の口ぐせ」
(KADOKAWA/中経出版)


【関連情報】

牙を研げ 会社を生き抜くための教養
さすが!と思わせる出来る人の話し方
稼いでいる人が20代からしてきたこと
仕事ができる人は実践している 結果を出す為のビジネス書大全


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、@DIMEに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!







[ジャンルランキング]
ニュース
72位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
4位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (616)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (838)
食品・飲料 (132)
プレスリリース (44)
情報端末 (14)
ゲーム (81)
健康 (1218)
IT (53)
経済 (122)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (297)
その他 (28)
海外情報 (1181)
アニメ (442)
セクシーネタ (2143)
グルメ (44)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (24)
ペット (31)
コスプレ (6)
いきもの (18)
テクノロジー (119)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (109)
ガンダム (11)
ニュース (226)
人間心理 (48)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (41)
漫画 (12)
生活 (51)
育児 (21)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (12)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (11)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (206)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (38)
キャラクター (28)
ホビー (130)
歴史 (14)
宇宙 (18)
就職 (2)
ミステリー (49)
雑学 (19)









この人とブロともになる







 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.