ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 




今日の気になる情報をお届けします。


20代後半社員2
自分が優位的立場にいると勘違い






■ 自分の優位を確かめようとする

22~23歳から2~3年の経験を積むと、会社や部署のことが
わずかにだが、見えてくる。

わかったかのような錯覚に陥る。

すると、おぼろげな自信のようなものを形にしたい
と思い始める。

その1つが、20代前半の人にできない仕事を与えたり、滅茶苦茶な
指示をして、抑えつけたりすることだ。

自分の優位を確かめようとする。

この繰り返しで、おぼろげな自信を確かなものにしようとする。

特に20代後半くらいに、このタイプが集中する。

この人たちの多くは管理職になっていないから
権限や権力をもっていない。

自分よりも経験が浅く、立場も弱い20代前半の人を狙い
滅茶苦茶な指示をすることで、権威をつかもうとする。


■ 教育する人がいない

本来は、こういう人たちを教育し、管理する人が必要だ。

そうでないと、20代前半の社員が、いじめやパワハラの
被害を受ける可能性がある。

そこから、精神疾患やうつ病になることもありうる。

ところが、30代の社員が少ない中小企業やベンチャー企業などでは
勘違いをした20代後半の社員たちを抑えつける人がいない。

結果として、20代後半の社員が20代前半の人の
「大先輩」になってしまう。

数年の経験を積んだだけなのだが
大きな勘違いをしまうのだ。


■ 競争がない

数年の経験をして、20代後半になると、自分には相当な力が
ついたと思い込むのは、社員間の競争が浸透していないからだ。

多少の競争があったとしても、激しいものではない。

競争がないと、自分の力は正確にはわからない。

「勝つ、負ける」ことを経験しないままに数年が経ってしまう。

自分を「そこそこにデキル人」と受けとめてしまうのも無理はない。

大企業や外資系企業では、20代の間でも激しい競争がある場合があるが
こういう職場では20代後半の社員は謙虚な人が多い。

20代前半の社員の前で威張ることは少ない。

20代後半は、キャリアをつくるうえで1つの曲がり角にある。

後輩を抑えつけたい、威張りたいという人と、仕事をがむしゃらに
謙虚に覚えようとする人にわかれていく。

いつの時代も、前者のほうが多いように感じる。

本来は、後者のほうが多くならないと
その人は成長しない。

20代前半の社員も浮かばれないだろう。

明るい未来がない20代後半よりも、前途が輝かしい20代前半の
社員を大切にする仕組みを会社はつくるべきではないだろうか。


吉田典史

ジャーナリスト。主に経営・社会分野で記事や本を書く。
近著に「会社で落ちこぼれる人の口ぐせ 抜群に出世する人の口ぐせ」
(KADOKAWA/中経出版)


【関連情報】

牙を研げ 会社を生き抜くための教養
さすが!と思わせる出来る人の話し方
稼いでいる人が20代からしてきたこと
仕事ができる人は実践している 結果を出す為のビジネス書大全


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、@DIMEに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 
スポンサーサイト



今日の気になる情報をお届けします。

20代後半の社員
仕事もできないくせに…






大学を卒業し、会社に22~23歳で入社し、2~3年経ち
20代後半になると後輩ができる。

この頃から、先輩として後輩にあえて厳しく接したり
できないような仕事をさせようとする人が現れる。

中には、パワハラやいじめをする人もいる。

こういう20代後半の社員には、注意が必要だ。

特に中小企業などに目立つ。

しかも、仕事はあまりできない。

今回は、前途が明るいとは言い難い20代後半の社員が、20代前半の社員に
攻撃的になる理由を私の取材経験などをもとに考えたい。


■ 根拠なき自信をもっている

本人は、20代前半の社員に厳しく接したとしても
「厳しい」とは思っていない可能性がある。

そもそも、経験が圧倒的に浅い。

22~23歳で入社し、仕事を2~3年したところで、依然として
ビギナーの域を出ていない。

おそらく、給料分を稼ぐことができていない可能性が高い。

わずか2~3年で完ぺきにできる仕事ならば
難易度が低いはずだ。

それでも、本人は20代後半となり、2~3年の経験を積んでだけで
「そこそこデキル人」と信じ込む。

根拠なき自信をもっているからこそ
周りからすると手に負えない。

被害をもっともこうむるのが、20代前半の社員だ。

しかも、得てして事務処理能力などが高く、前途有望な人が
いじめなどを受けやすい。


■ 勘違いしている

本人は経験が浅いがゆえに、思考も浅いことに
気がついていない。

問題や課題も正確にはつかめない。

「なんとなく」というレベルでしかとらえることができない。

経験が浅くとも、潜在能力の高い人は20代後半の時期にあえて
謙虚になり、自分の仕事の問題や課題を見つけ出す。

つまり、「考える力」がある。

そんな人は、20代後半の中では相当に少数だろう。

多くは「自分はそこそこにデキル人」と勘違いしていく。

その勘違いにより、自らが成長する機会を失い、30~40代になった
ときにいかに損をするか、ということをわかっていない。

30代になり、頭角をあらわす人と、平々凡々とした人になる
人の差はこのあたりにある。


次回に続きます。


【関連情報】

牙を研げ 会社を生き抜くための教養
さすが!と思わせる出来る人の話し方
稼いでいる人が20代からしてきたこと
仕事ができる人は実践している 結果を出す為のビジネス書大全


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、@DIMEに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。

ピザポテト
断トツ人気「ピザポテト」は1箱5万円也





北海道産じゃがいもの不作のあおりを受け、一部のポテトチップスが
販売休止・終了に追い込まれた「ポテチ・ショック」。

手に入りにくいとなれば余計に欲しくなるのが人情なだけに
需要を当て込んで個人向けオークションサイトには
ポテチが大量出品されている。

価格も市価の数倍どころか、1箱(12袋入り)5万円
という法外な値付けも。

大フィーバーに沸き返る“ポテチ狂想曲”を追った。


「もう食べられない…」ネットで騒ぎに

ポテチ・ショックは、昨夏に北海道を襲った台風の影響で
ジャガイモの収穫量が激減したことが原因。

輸入品では十分な品質が確保できないなどとして、カルビーと湖池屋が
一部の商品の販売について終了や休止に踏み切った。

この件が4月10日にネットニュースなどで報じられると
ツイッターなどSNS上では「もう食べられないのか…」
などの悲鳴が噴出。

全くポテチがなくなるわけでもないのに
蜂の巣をつついたような騒ぎに。

そこで、好機とみた人たちがポテチを独自に入手し、オークションサイト
などに大量出品。

活発に取り引きされているのだ。


法外価格…12袋入り1箱が5万円

個人売買のフリマアプリ「メルカリ」や「ヤフーオークション」を
開いてみると、販売終了か休止のものを中心に数多く
出品されていることが分かる。

中でも断トツで目立つのがカルビーの「ピザポテト」だ。

ヤフオクでは価格が高騰し、ピザポテト12袋入り1箱が
5万円という値付け。

買い手が付く前とはいえ、1袋当り4100円以上で
メルカリでも「ピザポテト BIG」12袋の出品価格が
17000円という例があった。

一見、常識外れのようにもみえる値付けだが、「これでも売れる」と
出品者が強気の判断をしているとも解釈できる。

メルカリですでに取り引きが成立した例では

「ピザポテト 63グラム」(カルビー)が3袋入で999円
「ポテットチップス フレンチサラダ 60グラム」(同)が3袋で890円
(いずれも送料込み)

1袋はせいぜい百数十円という価格を考えれば
そのフィーバーぶりが分かるだろう。

なぜ、ピザポテトばかりが注目されるのか。

その理由はよくは分からないようだ。 

 カルビー広報部は

「人気を博していることは承知している」

とした上で

「もともとの人気トップは『うすしお味』なんです。どうやら最初の
 ニュースが出た際、ピザポテト5種類すべてが休売となり
 それが注目されたことが一因かもしれない」


と困惑気味に説明した。


「希少価値」とあおり、転売で利ざや

オークションサイトへの出品者の意図が
利ざや稼ぎにあることは明らかだ。

市価よりも高値で出品しながら、商品説明欄に「希少価値」「入手困難」
などと購入をあおるような文言も書き込まれており
狙いは転売利益にあるわけだ。

こうした“転売ビジネス”について、ツイッター上では批判的な声があり

「買い占めて高値で売りつけようとしてんの、絶対キモイ」


などの指摘が出されている。

「昔、オイルショックでトイレットペーパー騒動が起きた時も
 こんな感じだったんだろう」


などと揶揄する声も書き込まれ、個人売買は自由という面は
あるにせよ、好意的な受け止め方は少ない。

メーカー側は対応に苦慮しており、カルビーの広報担当者は

「市場を混乱させてしまったことをお詫びします。一日も早く従来の価格で
 提供していきたい」


湖池屋の広報担当者も

「(販売が)正常に戻るよう取り組んでいく」

と話すのみだ。

騒動の余波で、漁夫の利ともいうべき恩恵に浴しているのが
「チップスター」を販売するヤマザキビスケットだ。

「原料が異なるため、不作の影響は受けていない。むしろ、他社商品が
 消えたことで小売店の棚が空き、自社商品が置かれるようになった。
 通常よりもよく売れているほどですよ」


と同社担当者はいう。

いずれにせよ、ジャガイモの安定供給が待たれるところだ。


【関連情報】

在庫少!カルビー ピザポテト 63g × 12袋
海が運んだジャガイモの歴史
世界一やさしい メルカリ転売の教科書1年生
サザビーズで朝食を─競売人が明かす美とお金の物語


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、サンケイビズに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


管理職
あなたは大丈夫?





「ダメダメ君」。

大企業や中小企業、ベンチャー企業の管理職(30代半ば~50代前半)を
取材していると、こういう言葉をよく耳にする。

20代の社員で、仕事ができなかったり、上司である自分たちの
指示に従えなかったりする人のことを指すようだ。

要するに、「使えない部下」である。

だが、管理職の話を聞いていくと、実は「ダメダメ君」という
言葉が生まれる原因は、その管理職にあるのではないかと思うことがある。

今回は、「ダメダメ君」と揶揄される20代の社員について
取材で知り得たことをもとに紹介しよう。


■「その会議に出たら、その分の給料は出るのですか?」


2014年の夏、大手通信教育会社の50代前半の
本部長が私の取材でこう話した。

「20代社員に対して、勤務時間外に会議に参加するように
 と管理職が指示すると、会議に出るとその間の賃金をきちんと
 払ってもらえるのですか?と聞き返してきた。
 そんなことは当たり前なのに、なぜ、彼らはそう疑うのだろう。
 労組やメディアなどがブラック企業について報道する機会が
 増えたことで、影響を受けたのではないだろうか。まさに、ダメダメ君だ」


この役員の言いこともわからないでもない。

だが、私が取材をしていると、勤務時間外に会議に参加しても
その間の賃金を支給していない会社があることも事実だ。

例えば、こんな金融機関がある。

「就業時間の前、各部署で午前8時15分から30分ほど
 会議を行なうように」


と、役員が管理職などに命じておきながら、その間の賃金は
社員に支給されていないという。

就業前であろうとも、管理職の指示で会議に参加するのであれば
その間の賃金を社員に支払う義務が会社にはある。

20代の社員は、当たり前のことを確認しているだけのこと。

このケースにおいては、その本部長は20代社員のことを
「ダメダメ君」と言うのはおかしいのではないか。


■「突然、休日出勤を命じられても…」


次は、社員数200人ほどの出版社であった出来事。

2012年の夏、会社の夏季休暇に入る数日前、とある編集部の
管理職が部員6人にこう言った。

「夏季休暇の1週間のうち、数日間は出社してほしい。
 休日返上で取り掛からないと、締め切りに間に合わない」


結局、部員のうち4人は夏季休暇5日のうち2日を
返上し出社した。

だが、20代の社員2人は出社せず、夏季休暇5日を
すべて消化した。

2人とも

「突然、休日出勤を命じられても…」

と反論し、管理職の言い分を受け入れなかったのだ。

管理職は、その2人のことを「ダメダメ君」とバカにした。

このうち1人を人事異動で他部署に追い出したという。

それを取材の時に私に話した。

話を聞いていると、実は本当の「ダメダメ君」は
この管理職なのではないか。

日頃から部署全体の仕事や、それぞれの部員の仕事の進捗を
きちんと管理していなかったのではないだろうか。

きちんと管理ができていれば、さすがに夏季休暇の数日前に

「間に合わないから、休日を返上せよ」

とは言わないだろう。

もともと、日本の企業では、こういった業務の管理の面で
ずさんなマネジメントやどんぶり勘定が目立つ。

本来ならこういった状況こそ、問題視されるべきところなのである。


■「権限がないのに『やれ!』と言われても…」

続いては、社員数250人ほどのIT企業の話。

管理職が20代後半の社員に対して

「20代前半の社員数名のリーダー役として
 リードしてほしい」


と言った。

20代後半の社員はこう答えたという。

「私は非管理職であり、そもそもそんな権限はありません。
 権限がある人が言わないと、20代前半の社員は
 素直に聞かないと思います」


管理職は、この20代後半の社員に対し

「キミはダメダメ君だな」

とからかったという。

「それは、20代前半の新人になめられているんだよ」

とも話したそうだ。

だが、そもそも、20代前半の社員の管理をするのは
当該部署の管理職の仕事であるはずだ。

ところが、自分のその仕事を放棄して20代後半の
社員にさせること自体、無理がある。

この場合もやはり「ダメダメ君」は
この管理職本人だと思われる。

今回、紹介したのは、ここ5年で私が取材の中で見聞きした言葉で
特に印象に残っているものだ。

20代の社員を「経験が浅い」「甘い」と否定するのは
はるか昔からある話だが、最近は特にひどくなっている印象がある。

20代を否定する管理職(30代半ば~50代前半)は、自らの
マネジメント力のレベルが低いことを棚上げし、20代社員を
「ダメダメ君」などとバカにする風潮がある。

まずは、自らの能力や力量などを
振り返るべきなのではないだろうか。


【関連情報】

管理職の心得―リーダーシップを立体的に鍛える
「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方
さすが!と思わせる出来る人の話し方
金融機関管理職のための イマドキ部下の育て方


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、@DIMEに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


死にゆく人生で最も後悔
人生の最後に思うこと・・・






死を目前にしたとき、人はきっと、人生を振り返るだろう。

そして、「こうしてたらよかった」という後悔に想いを
馳せることがあるだろう。

緩和ケア病棟で働き、たくさんの患者と死を目の前にした時間を
共有してきた看護師が語る

「死を目の前にして、人が最も後悔すること5つ」


とは。

Bronnie Wareさんは、緩和ケア病棟で
働いていた看護師である。

緩和ケア病棟では、重病に侵された患者の痛みを和らげたり
精神的ケアをする。

彼女は職業柄、たくさんの死を目前にした人の世話をしてきた。

患者が語る話も、たくさん聞いてきたのだろう。

たいていの人は、最初死への恐怖からパニックに陥り
受け入れられずもがき苦しむ。

でも、ある時、死をすっと受け入れる瞬間がくる。

すると

「人は人生を振り返りだすのよ。」

と語るWareさん。

仕事を辞めた今、彼女は「患者が人生最も後悔している5つのこと」を
語ってくれた。


1:他の人に言われた人生ではなく、自分の生きたい
  人生を生きればよかった


彼女曰く、これが一番よく聞く後悔だそう。

人生が終わってしまったと悟り、ふとその人生を振り返ったとき
実現しようともしなかった夢があったことを、人は悔やむ。

社会や親、周りから望まれるような人生を忠実に生きてきた人にとって
自分の意志で自分の人生を生きてこなかったことこそが
最大の悔やみになるのだろう。


2:そんなにたくさん働かなければよかった


特に男性患者からよくあがるのがこの言葉。

がむしゃらに働いてきた自分は、他にたくさんの
ものを犠牲にしてきた。

それらが自分の人生にとっていかに大切なものだったか
もしくは大切にすべきものだったか。

家族との時間、自分の趣味に費やす時間
行きたいところに行く時間。

全ては仕事に消えてしまったと、後悔するのだそうだ。


3:自分の気持ちに正直に生きればよかった

言いたくても言えないこと、したくてもできないことは
たくさんある。

人は社会的動物だ。

人生を生きている真っ最中は、自分の気持ちを押し殺す
ことなんてたくさんある。

しかし、人生は一度きり。

それが終わろうとしているとき、もっと自分に素直であれば
よかったと後悔する人が多いのだ。


4:友達とコンタクトを取り続けるべきだった


小さい頃、若い頃は当たり前のように周りにいた友達も
歳を重ね、人生のステージをあがっていくごとに
どんどんと離れていってしまう友達。

自分から積極的に連絡をとらなければ、ずっと友達でいることも
難しくなってしまうのが現実だ。

生活に必死でコンタクトが減り、会うこともなくなってしまった
友達を、人生の終わりに惜しむなんて悲しい話だ。


5:自分が幸せでいることを
  もっと大切にすればよかった


人間はおかしな生き物だ。

自ら苦境を強いたり、本当はこちらの道を選びたいのに
なぜか自ら幸せからは程遠い道を選んでしまったりする。

どのみちを選べば自分が幸せなのか、ということに
忠実に生きるのがなぜそんなに難しいのか。

しかしそれが、とてつもなく難しい世の中なのである。

複雑な社会に生きる我々は、幸せになる道を選択する訓練を
しなければならないのかもしれない。

いかがだっただろうか。

せわしなく毎日をがむしゃらに生きているなら
一度立ち止まって、自分の人生を見直してみるのもいいかもしれない。

そんな時、我々の先を行った先輩たちが残した言葉を
参考にしてみてはいかがだろうか。

【掲載元」
http://www.huffingtonpost.de/bronnie-ware/sterbende-bereuen-vor-dem-tod_b_13583314.html?ncid=fcbklnkdehpmg00000002


【関連情報】

2800人を看取った医師が教える人生の意味が見つかるノート
あなたの人生の意味――先人に学ぶ「惜しまれる生き方」
今日が人生最後の日だと思って生きなさい
天命―自分の人生を生きるということ


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、秒刊SUNDAYに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!








[ジャンルランキング]
ニュース
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
2位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (583)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (836)
食品・飲料 (131)
プレスリリース (44)
情報端末 (14)
ゲーム (81)
健康 (1163)
IT (53)
経済 (119)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (280)
その他 (28)
海外情報 (1086)
アニメ (440)
セクシーネタ (2028)
グルメ (43)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (23)
ペット (22)
コスプレ (6)
いきもの (18)
テクノロジー (114)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (86)
ガンダム (11)
ニュース (200)
人間心理 (44)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (39)
漫画 (12)
生活 (50)
育児 (20)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (8)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (9)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (187)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (36)
キャラクター (28)
ホビー (118)
歴史 (10)
宇宙 (17)
就職 (2)
ミステリー (35)
雑学 (16)









この人とブロともになる








 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.