ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 




今日の気になる情報をお届けします。


歳出改革
国債増発の恐れも





25日に示された2017年度予算編成の基本方針は
経済成長と財政健全化を両立する姿勢を示した。

ただ安倍晋三政権が掲げる「1億総活躍社会」の実現に向けた
施策など歳出圧力は強い。

企業業績の悪化で税収が減る恐れがある中、政権発足以降
4年連続で減らしてきた国債を増発して財源を賄う可能性も出ている。

17年度予算の概算要求では、一般会計総額が101兆4707億円に上り
3年連続で100兆円の大台を突破。

財務省は年末にかけた各省との折衝を通じ
5兆円前後の圧縮を目指す。

だが高齢化で社会保障費の伸びは続き、1億総活躍関連では
保育・介護の受け皿整備や返済不要の給付型奨学金の創設など
歳出項目が並ぶ。

成長戦略を支える人工知能(AI)などの
研究開発費も求められる。

一方、アベノミクスを背景に順調に増えていた税収には
変調の兆しがみえる。

年初からの円高や新興国経済の減速で、輸出企業を中心に
業績が悪化し16年4~9月期の税収は7年ぶりに前年を割り込んだ。

元では円安が進んでいるものの

「17年度に税収が伸びるかは見通せない」
(財務省幹部)

状況だ。

安倍政権は新規国債発行額を4年連続で減らし、16年度当初予算では
34兆4320億円にとどめた。

だが、17年度に税収が見込めなければ、それをカバーするための
国債を増発、政権で初めて当初予算ベースで前年度の発行額を
上回る恐れがある。

国債発行が増えると、財政再建の取り組みが遅れかねない。

財政の持続可能性を確保することは、社会保障などの制度を安定させ
国民や企業の消費や投資を活性化させることにつながる。

それだけに歳出は必要なものに絞り込み、財政規律との
両立を図ることが欠かせない。


【関連情報】

「歳出の無駄」の研究
国債を刷れ! 新装版-これがアベノミクスの核心だ-
消費増税では財政再建できない-「国債破綻」回避へのシナリオ
財政規律と予算制度改革  なぜ日本は財政再建に失敗しているか


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、サンケイビズに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 
スポンサーサイト



今日の気になる情報をお届けします。


国会のおみやげ2
国会おみやげ第1位は、国会Tシャツ!?




第5位:歴代首相クリアファイル


歴代首相のイラストが描かれたおみやげといえば
定番商品である「湯呑み」を思い浮かべる人も多いのでは。

もちろん国会売店でも首相湯呑みは買えるが、今回はより使い勝手の
よさそうな「クリアファイル」をご紹介。

デフォルメ化された歴代首相のイラストがずらり。

安倍晋三首相は2度政権に就いたということで
2バージョン描かれている。

「日本の首相」という表記は、往年のやくざ映画「日本の首領」に
引っ掛けているのだろうか。

政治的に意識の高い勉強会なんかでぜひ使ってみよう。


第4位:首相&国会ハンカチ

こちらも首相グッズ。

安倍首相の似顔絵と、国会議事堂が
それぞれ刺繍されたハンカチだ。

ミニサイズで、ポケットにも入りやすい。

ただ、写実的なタッチのせいか、安倍首相の方はこのサイズだと
パッと見誰だかわかりにくいのが難。

そのせいか、やたら主張するように「安倍晋三」と書いてあるのが
妙にシュールな味を出してます。


第3位:とから生肝油

とから生肝油は、鹿児島県のトカラ列島で採れたサメの肝油から
作ったサプリメント。

その「国会限定」バージョンが、なぜか売っている。

なんで国会で肝油――謎ばかりが深まるが、店頭のPOPでは
「もう二日酔いしない!?」のフレーズが。

おみやげというより、連日の飲み会に追われる、議員先生方からの
リクエストで入荷したのかも。


第2位:議員バッジそっくりな飴

食べ物部門の最上位として今回推したいのは
この「国会議事堂飴」。

饅頭、せんべいなどと同じく、飴もおみやげ界の定番中の定番。

なんでいまさら――と思われるかもしれないが
秀逸なのはこのデザイン。

菊の御紋と、議事堂を象ったものの2種類があるのだが
「菊」の方はそのサイズ、色使いなど、「議員バッジ」を
イメージして作られているのだ。

議員の先生方が死ぬ気でつかみとったありがたいバッジも
売店では(飴玉だけど)簡単に買える。

あまたの議員たちを見送ってきた国会売店の
アイロニカルなメッセージが込められている気がする(気のせい)。


第1位:国会Tシャツ

さて、こうしたユニークなおみやげたちの中で
筆者がNo.1と言い張りたいのは、こちらのTシャツである。

結構気を遣っておしゃれなデザインにしようとしていることは
わかるのだが、どう「国会議事堂」の文字とそのシルエットが
もはやどうしようもなく「国会おみやげ」なのである。

きっとどこに着て行っても、違和感しかないだろう。

部屋着にするのにもちょっと抵抗がある。

日常生活でも使えそうな爪切りやボールペン、食べれば腹が膨れる
饅頭やせんべいと違い、「おみやげ」以上の使い道が思い浮かばない。

まさに純度100%の「国会おみやげ」なのだ。


というわけで、誰かこのおみやげもらってください

ただいま、Jタウンネット編集部のT編集長のデスクには
Tシャツをはじめ使い道の思いつかない国会グッズが
転がっております。

「ほしい!」という方おられたら、食べ物以外でしたら
差し上げますので、ツイッターやFacebookなどでご一報ください。

麹町の編集部まで来られる方に
先着順で差し上げます。

Tシャツはちゃんと洗濯しますので。


【関連情報】

詳録・皇室をめぐる国会論議
東京限定!進撃の巨人 ご当地キーホルダー(国会議事堂)
ニッポンを解剖する! 東京図鑑
永田町大好き! 春香クリスティーンのおもしろい政治ジャパン


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、Jタウンネットに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


国会のおみやげ
国会のおみやげには何がある?





日本唯一の立法機関・国会。

僕たち庶民はなかなか立ち入る機会さえないこの場所で
さまざまな「おみやげ」が売られていることをご存じだろうか。

今回は、Jタウンネット編集部が(別件の取材で訪れた)
衆院議員会館の地下売店で入手した、ユニークな国会
おみやげ10種を紹介したい。

まんじゅうから爪切り、Tシャツも...

こうした国会おみやげが売っているのは、国会議事堂や
その関係施設にある売店だ。

ほとんどのお店は普段は入れないが、国会見学のときなどには
一般人でも買い物ができる。

また、団体バス用の駐車場にある売店「新美堂」なら
手続きなしでも入れるので、おみやげだけが
目当てならここに行くのもあり。


第10位:国会議事堂限定焼


というわけで、まず第10位は「国会議事堂限定焼」。

パッケージからして、「国会限定」を高らかにうたう
(というか、それ以外の情報が一切ない)その姿勢がすがすがしい。

中身は、国会議事堂を象った焼印が押されたお饅頭だ。

食べてみると――うん、普通のこしあんのお饅頭です。

昔の地方のおみやげでよくあった
ちょっと甘すぎるくらいに甘いお饅頭。

特に国会感はありません。

なお、ここから紹介するお菓子類の大半は
東京・荒川区の大藤が手掛けている。


第9位:国会議事堂限定せんべい

いかにもなみやげものといえば、饅頭とせんべい。

国会にももちろんあります、「国会議事堂限定せんべい」。

名前もそのまんまだ。

国会議事堂が描かれたものと、議員バッジにも使われている
菊花紋章が描かれたものの2パターンが入っている。

味は......やっぱり、普通の醤油せんべいだ。


第8位:衆議院爪切り


続いては実用品を。

こちらの爪切りは、「衆議院」の文字が
赤地に金文字で記されている。

落ち着いた上品なデザインが個人的には好印象だが
なぜ国会で爪切りを買わねばならんのだ......という
根源的なツッコミを入れざるを得ない。

あと、この通り普通に使おうとすると、肝心の「衆議院」の文字が
まったく見えなくなってしまうのが難点。


第7位:国会ボールペン

続いても実用品で、「国会ボールペン」。

いくつか種類があるが、今回購入したのは議事堂のイラスト付きの
タイプと、爪切りと同じく赤金の「衆議院」バージョンだ。

それぞれ6色、4色対応と機能性もなかなか。

「衆議院」の方は短い割にずんぐりしたフォルムなので
手が大きい人にはちょっと使いにくい。

カジュアルに普段使いできる(?)ので
人にあげるにはいいかも。


第6位:蒸しきんつば

こちらも、一昔前のおみやげの定番「きんつば」。

国会限定バージョンは、せんべいなどと同じく
菊の御紋が描かれている。

お味の方は意外とあっさり。

限定焼よりも甘さ控えめ(それでも甘いけど)なので
記者としてはこちらに軍配を上げたい。

菊の御紋がちょっと不鮮明なので、説明しないと
国会おみやげだとわかってもらいにくいのはちょっと難だけど。


番外:晋ちゃんまんじゅう2016

今回は、できるだけ「国会限定」を明確にうたっている商品を
対象にベスト10を組んだ。

そんな中、こちらの「晋ちゃんまんじゅう」は、国会以外でも
結構買えるのでランキングから外したが、でもやっぱり紹介しておきたい。

小泉ブームの際に「純ちゃんまんじゅう」を発売して
評判になって以来、たびたび政治家を題材に(ネタに)
したお菓子を作っていることでおなじみの大藤。

最近は安倍政権が安定していることもあって
「晋ちゃんまんじゅう」をこまめにリニューアル
しながら展開を続けている。

2016年版は――イメージとしては宇宙戦艦ヤマト?

安倍首相と麻生太郎財務相、石破茂元幹事長を中心に
空飛ぶ船には小泉進次郎衆院議員ら自民党の面々
そしてスターシャよろしくアッキー夫人が宙に浮いている。

中身は「黒ごまきな粉」味のミニサイズ饅頭。

つまみやすいし、味もひねりがあっていい感じ。

次回に続きます。


【関連情報】

詳録・皇室をめぐる国会論議
東京限定!進撃の巨人 ご当地キーホルダー(国会議事堂)
ニッポンを解剖する! 東京図鑑
永田町大好き! 春香クリスティーンのおもしろい政治ジャパン


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、Jタウンネットに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


慰安婦像
「お人よしの善意」ではなく、むしろ…





昨年12月の日韓合意に基づき、韓国政府が設立する
元慰安婦の支援財団に対し、日本政府が近く10億円を
拠出する運びとなっていることに、主に保守派から異論や
批判が噴出している。

いわく

「お人よしすぎる」
「また韓国にただ取りされる」
「善意は通用しない」


…などの意見である。

そうした懸念が表明されるのも当然だろう。

自民党側からも、6月1日の外交・経済連携本部などの会合では
ソウルの日本大使館前に不法に建てられた慰安婦像の撤去前に
10億円を出すことへの疑問や不満の声が相次いだ。

日韓合意履行に向けて、韓国側にさしたる動きが見えないのに
日本側ばかりがことを進めることに不安を覚えるのも
これまたごく自然なことである。

ただ、その気持ちはよく分かるものの、筆者の見解は異なる。

安倍晋三内閣はお人よしの善意に基づいて10億円を拠出
しようとしているのではなく、むしろ、冷静に韓国を突き放そう
という狙いがあるからこそ、さっさと10億円を韓国側に
渡してしまおうとしているのではないか。

筆者は月刊「正論」3月号での現代史家の秦郁彦氏との対談で
日韓合意の意義について

「日韓間の政治問題だった慰安婦問題が、日韓合意によって
韓国の国内問題になったことだ」


と述べ、こう続けた。

「合意によってこれで例えば韓国が国内の(韓国挺身隊問題対策協議会などの)
反対勢力の説得に失敗しようが、新しく立ち上がるはずの基金(財団)が
頓挫しようが、もうそれは全て韓国の問題なのです」


この見方は現在も変わらない。

一方、インターネット上などでは韓国政府が設立する財団が
かつてのアジア女性基金の二の舞になり、カネを食うだけで
問題解決にはつながらず、失敗に終わるのではないかという
危惧も示されている。

だが、今回の財団は以前の基金とはまるで性質が違う。

アジア女性基金は日本側が日本国内でつくったものだが
今度は韓国側が韓国内に設置するのであり、その成否や運営に
責任を持たざるを得ないのは、あくまで韓国政府なのである。

それでは、日本大使館前の目障りな慰安婦像はどうなのか。

確かに日韓合意ではこの点に関して

「関係団体(挺対協など)との協議を行う等を通じ
適切に解決されるよう努力する」


と明示されている。

とはいえ、政権基盤が弱体化している朴槿恵政権が韓国政府の政策に

「拒否権を持つ」
(元韓国外務省幹部)

とまでいわれた圧力団体、挺対協をそう簡単に説得できるとは
日本側もはなから思ってはいまい。

本当に慰安婦像の撤去・移転が実現すれば歓迎するが
現状の韓国政府の不作為にしても、日本側にとっては
当初から半ば織り込み済みのことだろう。

それならばこっちは素早く10億円を拠出してしまい
あとは韓国側の合意不履行を責めて、道徳的優位に立った
外交を行えばよかろう。

日韓合意があるにもかかわらず、公館の威厳の侵害を禁止した
国際法(ウィーン条約)に抵触する慰安婦像を放置し続ける
韓国のありようを、国際会議などの場で取り上げるのもいい。

特定非営利活動法人「言論NPO」などの発表によると
日韓合意を「評価する」人は日本では47.9%なのに対し
韓国では28.1%にとどまっている。

韓国側がより多く不満に感じてることが
この合意の持つ意味を表していよう。


【関連情報】

国連が世界に広めた「慰安婦=性奴隷」の嘘―ジュネーブ国連派遣団報告
帝国の慰安婦 植民地支配と記憶の闘い
ひと目でわかる「慰安婦問題」の真実
慰安婦問題は こうして動いた ―「日本の名誉」と政治―


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、サンケイビズに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 




今日の気になる情報をお届けします。


SEALDs2
若者を党利党略に利用しようと画策?




復讐に使われた紅衛兵

なるほど、と思う。

SEALDsやT-nsSOWLの「政治熱」が自発的なのか
たきつけられたものかはあずかり知らぬ。

ただ、共産党以外落ち目で、高齢化も痛々しい日本の左翼・リベラルが
起死回生に向け、情熱と真剣さにあふれる若者に飛び付いたのは確かだ。

野党が参院選で、SEALDsなどと提携する動きも戦術の一環。

選挙権年齢の18歳引き下げを前に、政党として
一見当然の戦略にも見える。

否。

安保関連法「賛成議員は落選させよう」と叫んでおり
「若者の政治参画」を表看板にできるほどの初々しさはみじんもない。

野党や学者がプロの活動家育成を謀っているのであれば
若者の人生に責任を持つべきだ。

一般的に経験・学識・自省が不足する大多数の若者は
デモに象徴されるが、行動に偏ると視野狭さくに陥る。

中国の初代国家主席・毛沢東(1893~1976年)が
既に体験している。

毛は農業・工業などの生産において、現実を無視して
極端な目標を課す急進的な《大躍進》運動を断行した。

失敗し、失脚した毛は復讐に燃え《文化大革命/1966~76年》を策謀。

革命を支援させるべく、ひそかに高校生を組織化した。

《紅衛兵》

富裕層や共産党内の改革派をつるし上げ、文化財や
老舗商店を徹底的に破壊した。

文化大革命の死者は数百万~数千万といわれるが、虐殺に加担した
紅衛兵は少なくない。

紅衛兵の狂気は、暴力という目に見える形で全土に広がった。

狂気の行き着く先は決まっている。

幾つもの派閥に分裂し→「革命過激度」を競い→昨日まで同志だった
若者同士が殺し合い→毛ですら統制不能になる。

結局、大人に使い棄てられるが、毛と同様に「手負いの左翼」は
手段を選ばず、日本の若者に知恵を授け最大限利用するのだろう。


笑える「反権力ごっこ」

ところで、SEALDsやT-nsSOWLのデモは文字通りの
「鳴り物入り」で、若者は楽しむ風であった。

警察官は行き交う車より参加者を守っていた。

官憲・権力の援助を受ける「官民協力デモ」には笑ったが
「民主主義を否定する暴挙!」などと、民主主義の象徴的風景の
中で非難しても響かない。

「戦争したがる総理はいらない!」
「安倍は辞めろっ!」


と、放言が許される日本社会に、参加者は感謝の念を抱かぬようだ。

中国の軍事膨張や北朝鮮の核開発に
目を閉ざしているのだからムベなるかな。

血の粛清を好む中国を敵に回す恐怖心と闘いながら決起した
台湾や香港の若者は「お気楽デモ」を見たら仰天するに違いない。

台湾の若者は2014年、貿易協定批准に反対し立法院を占拠した。

協定で台中間経済が緊密化すると、台湾が中国に呑み込まれるとの
危機感の発露だった。

この《ひまわり学生運動》に香港の若者は触発された。

行政長官選挙をめぐり、中国が民主派候補者が出馬できぬよう
規則を14年突如変更。

大学生を核に抗議運動《雨傘革命》が起きた。

台湾・香港の若者は中国に利用されるのを恐れ立ち上がった。

片や、SEALDsの構成員が

「野党や大人に利用されてはいない。自発的運動だ」

と信じているのなら、それこそが
「利用されている」証ではないか。

「反権力ごっこ」にうっとり、自己陶酔していると将来
ロクな大人にはなるまい。

デモの主力=中高年をじっくり観察・分析してみてはいかが…


【関連情報】

SEALDs 民主主義ってこれだ!
境界と暴力の政治学――安全保障国家の論理を超えて
日本人が知らない国際情勢の真実
安全保障のポイントがよくわかる―“安全”と“脅威”のメカニズム


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、SANKEI EXPRESSに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!








[ジャンルランキング]
ニュース
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
3位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (560)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (834)
食品・飲料 (128)
プレスリリース (44)
情報端末 (14)
ゲーム (80)
健康 (1102)
IT (53)
経済 (116)
コスメ (15)
便利グッズ (20)
地域情報 (275)
その他 (28)
海外情報 (1003)
アニメ (439)
セクシーネタ (1936)
グルメ (39)
節電 (2)
プロレス (5)
テレビ (23)
ペット (20)
コスプレ (6)
いきもの (18)
テクノロジー (107)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (13)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (81)
ガンダム (11)
ニュース (173)
人間心理 (40)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (6)
政治 (38)
漫画 (12)
生活 (48)
育児 (19)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (8)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (9)
環境 (9)
外交 (25)
ビジネス (165)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (36)
キャラクター (28)
ホビー (112)
歴史 (9)
宇宙 (17)
就職 (2)
ミステリー (32)
雑学 (15)









この人とブロともになる








 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.