ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 




今日の気になる情報をお届けします。


日本海(東海)
提供元の米グーグルに外務省が削除要請






旅行予約サイト「楽天トラベル」で使われている地図で
日本海の表記が「日本海(東海)」と併記されていることが分かった。

同社によると、米ネット検索大手「グーグル」が提供する地図を
利用しているといい

「意図して使っているわけではない」

と説明。

韓国側が主張する呼称「東海」の併記について、外務省は

「日本政府の方針に反している」

とグーグル側に削除を求めている。

問題をめぐっては、ネット上で話題になり、20日には自民党の
山田宏参院議員がツイッターで、グーグルマップの不使用要請とあわせ

「(グーグルに対し)外務省に再度抗議させる」

と言及するなど波紋が広がっている。

外務省はこれまでも東海表記の削除を複数回求めてきたが
グーグル側は応じておらず、同省は

「『日本海』は国連機関で唯一使われている呼称。『東海』の併記は
 中立性を欠き、間違っている」


と話している。

一方、楽天トラベルは指摘を受け

「今後、対応を検討する」

としている。


【関連情報】

日本海 その深層で起こっていること
欧米の侵略を日本だけが撃破した
地政学で読み解く 没落の国・中国と韓国 繁栄の国・日本
日本人はなぜこんなにも韓国人に甘いのか 日本は韓国にふりまわされてばかり


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、サンケイビズに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 
スポンサーサイト


今日の気になる情報をお届けします。


麻生太郎財務相
「TPPないから発動」





麻生太郎財務相は1日の閣議後の記者会見で、同日発動された
冷凍牛肉の緊急輸入制限に対し米国が懸念を表明していることに関し

「TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)が発動されていれば
 この措置はなくなっていたはずだった。TPPを(米国が)
 やらないというから措置が残っている」


と話した。

パーデュー米農務長官は7月28日

「日本との農産物に関する重要な貿易関係を損なう」

などとする声明を出していた。

麻生氏は

「(10月にも予定されるペンス副大統領との)経済対話で
 (協議を)やっていくことになるだろう」


と述べた。

その上で、セーフガード発動を3カ月の輸入実績で判断する
仕組みについて

「6カ月にするとか、いろんな話はある。今後検討する
 余地があることは確か」


との認識を示した。


【関連情報】

経済統合の新世紀―元通商交渉トップの回想と提言
亡国の密約 TPPはなぜ歪められたのか
アメリカも批准できないTPP協定の内容は、こうだった!
悪夢の食卓 TPP批准・農協解体がもたらす未来


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、サンケイビズに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


麻生財務相
経産省の施錠対応に理解





麻生太郎財務相は2月28日の閣議後会見で、経済産業省が
情報管理強化のため、庁舎内の全執務室の扉を日中の勤務時間中も
施錠する措置を始めたことに関し

「新聞記者なんて最も信用してはいかんだろ」

と指摘した上で

「だから経産省として情報管理をしっかりしよう
 ということになった」


と持論を展開した。

麻生氏は、会見場の報道陣に対し

「あなたたちは書かないと言って
 書くのが平気な人たちだから」


などと記者への恨み節を連発。

外相当時は、記者が大臣室に入る際に携帯電話を置いてくる
決まりとしていたにもかかわらず

「ある新聞社(の記者)は2台持っていて、(1台は置いてきたが)
 もう1台ありましたなんて奴もいる。信用はない」


と切り捨てた。

さらには

「米国に比べて、(日本の方が執務室に入るのは)
 はるかに楽だ」


と述べ、日本の省庁の情報管理体制が
米国よりも緩いことを指摘。

その上で

「情報管理は、ものすごくきちんとした方が
 よいのは確かだ」


と述べ、経産省の対応に理解を示した。


【関連情報】

誤解されない話し方、炎上しない答え方
文書管理物語―ストーリーと解説で学ぶ電子的情報管理の実現
新聞記者は何を見たのか 検察・国税担当
政治家失言・放言大全 問題発言の戦後史


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、サンケイビズに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


歳出改革
国債増発の恐れも





25日に示された2017年度予算編成の基本方針は
経済成長と財政健全化を両立する姿勢を示した。

ただ安倍晋三政権が掲げる「1億総活躍社会」の実現に向けた
施策など歳出圧力は強い。

企業業績の悪化で税収が減る恐れがある中、政権発足以降
4年連続で減らしてきた国債を増発して財源を賄う可能性も出ている。

17年度予算の概算要求では、一般会計総額が101兆4707億円に上り
3年連続で100兆円の大台を突破。

財務省は年末にかけた各省との折衝を通じ
5兆円前後の圧縮を目指す。

だが高齢化で社会保障費の伸びは続き、1億総活躍関連では
保育・介護の受け皿整備や返済不要の給付型奨学金の創設など
歳出項目が並ぶ。

成長戦略を支える人工知能(AI)などの
研究開発費も求められる。

一方、アベノミクスを背景に順調に増えていた税収には
変調の兆しがみえる。

年初からの円高や新興国経済の減速で、輸出企業を中心に
業績が悪化し16年4~9月期の税収は7年ぶりに前年を割り込んだ。

元では円安が進んでいるものの

「17年度に税収が伸びるかは見通せない」
(財務省幹部)

状況だ。

安倍政権は新規国債発行額を4年連続で減らし、16年度当初予算では
34兆4320億円にとどめた。

だが、17年度に税収が見込めなければ、それをカバーするための
国債を増発、政権で初めて当初予算ベースで前年度の発行額を
上回る恐れがある。

国債発行が増えると、財政再建の取り組みが遅れかねない。

財政の持続可能性を確保することは、社会保障などの制度を安定させ
国民や企業の消費や投資を活性化させることにつながる。

それだけに歳出は必要なものに絞り込み、財政規律との
両立を図ることが欠かせない。


【関連情報】

「歳出の無駄」の研究
国債を刷れ! 新装版-これがアベノミクスの核心だ-
消費増税では財政再建できない-「国債破綻」回避へのシナリオ
財政規律と予算制度改革  なぜ日本は財政再建に失敗しているか


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、サンケイビズに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


国会のおみやげ2
国会おみやげ第1位は、国会Tシャツ!?




第5位:歴代首相クリアファイル


歴代首相のイラストが描かれたおみやげといえば
定番商品である「湯呑み」を思い浮かべる人も多いのでは。

もちろん国会売店でも首相湯呑みは買えるが、今回はより使い勝手の
よさそうな「クリアファイル」をご紹介。

デフォルメ化された歴代首相のイラストがずらり。

安倍晋三首相は2度政権に就いたということで
2バージョン描かれている。

「日本の首相」という表記は、往年のやくざ映画「日本の首領」に
引っ掛けているのだろうか。

政治的に意識の高い勉強会なんかでぜひ使ってみよう。


第4位:首相&国会ハンカチ

こちらも首相グッズ。

安倍首相の似顔絵と、国会議事堂が
それぞれ刺繍されたハンカチだ。

ミニサイズで、ポケットにも入りやすい。

ただ、写実的なタッチのせいか、安倍首相の方はこのサイズだと
パッと見誰だかわかりにくいのが難。

そのせいか、やたら主張するように「安倍晋三」と書いてあるのが
妙にシュールな味を出してます。


第3位:とから生肝油

とから生肝油は、鹿児島県のトカラ列島で採れたサメの肝油から
作ったサプリメント。

その「国会限定」バージョンが、なぜか売っている。

なんで国会で肝油――謎ばかりが深まるが、店頭のPOPでは
「もう二日酔いしない!?」のフレーズが。

おみやげというより、連日の飲み会に追われる、議員先生方からの
リクエストで入荷したのかも。


第2位:議員バッジそっくりな飴

食べ物部門の最上位として今回推したいのは
この「国会議事堂飴」。

饅頭、せんべいなどと同じく、飴もおみやげ界の定番中の定番。

なんでいまさら――と思われるかもしれないが
秀逸なのはこのデザイン。

菊の御紋と、議事堂を象ったものの2種類があるのだが
「菊」の方はそのサイズ、色使いなど、「議員バッジ」を
イメージして作られているのだ。

議員の先生方が死ぬ気でつかみとったありがたいバッジも
売店では(飴玉だけど)簡単に買える。

あまたの議員たちを見送ってきた国会売店の
アイロニカルなメッセージが込められている気がする(気のせい)。


第1位:国会Tシャツ

さて、こうしたユニークなおみやげたちの中で
筆者がNo.1と言い張りたいのは、こちらのTシャツである。

結構気を遣っておしゃれなデザインにしようとしていることは
わかるのだが、どう「国会議事堂」の文字とそのシルエットが
もはやどうしようもなく「国会おみやげ」なのである。

きっとどこに着て行っても、違和感しかないだろう。

部屋着にするのにもちょっと抵抗がある。

日常生活でも使えそうな爪切りやボールペン、食べれば腹が膨れる
饅頭やせんべいと違い、「おみやげ」以上の使い道が思い浮かばない。

まさに純度100%の「国会おみやげ」なのだ。


というわけで、誰かこのおみやげもらってください

ただいま、Jタウンネット編集部のT編集長のデスクには
Tシャツをはじめ使い道の思いつかない国会グッズが
転がっております。

「ほしい!」という方おられたら、食べ物以外でしたら
差し上げますので、ツイッターやFacebookなどでご一報ください。

麹町の編集部まで来られる方に
先着順で差し上げます。

Tシャツはちゃんと洗濯しますので。


【関連情報】

詳録・皇室をめぐる国会論議
東京限定!進撃の巨人 ご当地キーホルダー(国会議事堂)
ニッポンを解剖する! 東京図鑑
永田町大好き! 春香クリスティーンのおもしろい政治ジャパン


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、Jタウンネットに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!







[ジャンルランキング]
ニュース
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
3位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (634)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (839)
食品・飲料 (132)
プレスリリース (45)
情報端末 (14)
ゲーム (82)
健康 (1245)
IT (53)
経済 (122)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (302)
その他 (28)
海外情報 (1245)
アニメ (443)
セクシーネタ (2205)
グルメ (46)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (24)
ペット (34)
コスプレ (6)
いきもの (19)
テクノロジー (121)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (119)
ガンダム (11)
ニュース (247)
人間心理 (51)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (41)
漫画 (12)
生活 (52)
育児 (22)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (12)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (11)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (219)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (38)
キャラクター (28)
ホビー (135)
歴史 (14)
宇宙 (18)
就職 (2)
ミステリー (55)
雑学 (20)









この人とブロともになる







 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.