ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 



今日の気になる情報をお届けします。


給与3
「しわ寄せ」に喘ぐミドル男性の悲哀





これでようやく正社員も含めて賃金が上昇に転じる素地が
整ったかと言えば、現実はそう単純ではない。

確かに、有効求人倍率が調査の対象としている「現在職探しをしている」
学生や失業者の待遇は、過去よりも改善しているであろうことは
疑いの余地は少ない。

また、非正規から正規雇用へ職制が変更された労働者の多くが
処遇の改善を受けているとみられる。

しかし労働者の給与改善は、企業側からみれば
収益圧迫要因でもある。

このコスト増加を相殺するために企業が何を考えるか。

それは残念ながら、従来以上の「昇給速度の鈍化」と
「働き方改革の美名を借りて行われる残業代削減」だ。

この目論見が実現すれば、新規に正規社員となる層
(新卒や非正規雇用からの正規化層)における所得の上昇と
セットで、既存の正規社員の給与総額の抑制が当面続く
可能性も高いということになる。

そしてこのような企業行動は、何ら目新しいものではない。

例えば、日本の労働者の年収カーブを生まれ年別に
確認したものであるが、「初任給が引き上げられる」一方で
「40代~50代の給与は押し下げられる」ことに伴う
年収カーブのフラット化傾向が続いていることが確認できる。

とりわけ2000年代後半から顕著な動きとなっているが
40代労働者のうち「部長」「課長」の割合の低下が続いている。

50代労働者でも同様の傾向が確認できる。

すなわち、企業は40代・50代雇用者の昇進を遅らせる
昇進できる人数を減らす、といった取り組みを
行っている可能性がある。

なお、40代には団塊ジュニア世代が、50代には
バブル入社世代が含まれるため、人件費全体に占める割合も大きい。

企業は、ボリュームゾーンを形成する雇用者の昇進を遅らせることで
人件費の削減を図っていると言えそうだ。

そして同様の現象が今後も発生する蓋然性は
無視できないだろう。


「男はつらいよ」では何も解決しない

だからと言って「企業=悪」「40代~50代社員=被害者」という
単純な構図で企業を糾弾することが正しいとは限らない。

賃金は労働者の限界的な生産性で規定されるという恒等式が
標準的な経済学の基本命題である。

つまり、企業の売上や収益に貢献した度合いで
賃金は決定されるということだ。

(もちろんブラック企業のような「市場の失敗」が発生する
 ケースではこの限りではないが)

「終身雇用」や「年功序列・年功賃金」を盾にしてスキルを
磨いてこなかったツケが回ってきているのだとすれば
それは自業自得でしかない。

「男はつらいよ」「昔は良かった」と嘆くのは簡単だが
今までが甘すぎただけだと言われればそれまでだ。

自助努力でスキルを磨いて収益貢献するしか解決法はない。

他方で、日本固有の要因として
「労働市場の流動性が低い(転職市場が小さい)」が故に
収益貢献度に見合わない不条理な賃金抑制を強いられても
労働者は会社に従わざるを得ないという側面も無視できない。

結局のところ、持続的に賃金が上昇し続けるために必要なことは

「自助努力による生産性向上が賃金上昇という形で実を結ぶ
 (=同一労働同一賃金)」


環境を整備することだ。

そのためには生産性が低いにもかかわらず、高い賃金を
受け取ってきた労働者には退出してもらう必要があり
この意味で解雇規制の緩和は急務であろう。

同時に、高い生産性を持つ労働者が正当な賃金を受け取れるよう
企業の労務管理への監視を徹底するとともに
転職市場の流動性を高める、あるいは副業を推奨する
といった政労使の包括的な取り組みが求められる。


小林俊介(こばやし・しゅんすけ)


大和総研 エコノミスト。
2007年東京大学経済学部卒業、大和総研入社。
11年より海外大学院派遣留学。
米コロンビア大学・英ロンドンスクールオブエコノミクスより修士号取得。
日本経済・世界経済担当。
各誌のエコノミストランキングにて17年第4位。


【関連情報】

給与明細は謎だらけ~サラリーマンのための所得税入門~
同一労働同一賃金の衝撃 「働き方改革」のカギを握る新ルール
大不平等――エレファントカーブが予測する未来
全国民が豊かになる 最強の地方創生


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、PRESIDENT Onlineに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 
スポンサーサイト



今日の気になる情報をお届けします。


給与2
「人手不足」の恩恵がついに正社員にも波及?





もちろん、「バブル期越え」の数値は生半可なものではない。

少しずつだが潮目は変わり始めている。

労働力調査で確認すると、2016年頃から非正規雇用の
増加が止まり、代わりに正規雇用の増加が加速している。

これは先述した

「正社員ではなくパートタイム労働者だけを増やしたい」

という日本企業の思惑では説明できない動きだ。

この潮目の変化の背景の一つとして挙げられるのは
非正規雇用者の時給が、かつてほど安くなくなってきた
という事実である。

しかし、より重要なもう一つの背景が、本当の意味で日本が
人手不足の時代に入ったという事実である。

順を追って説明しよう。

まず過去4年間で、少子高齢化に伴って日本の生産年齢人口は
約400万人減少した。

にもかかわらず、この間の労働力人口
(生産年齢人口のうち、労働の意思と能力をもつ者の人口)は
むしろ増加している。

その理由は女性と高齢者を中心として労働参加率が
大きく上昇したことである。

しかし、今後、労働参加率の大幅な上昇を期待することは難しい。

女性労働参加率のM字カーブを確認すると、過去数年間の
上昇の結果として、米国並みの水準まで達している。

つまり、これ以上の女性労働参加率の上昇余地は、少なくとも
以前に比べれば限られてきている。

実際、先述したようにパートタイム労働者の有効求人倍率は
かつてない水準に達しており、日本企業にとってパートタイム労働者の
「人数」を増やすことが、非常に困難な状況に直面している。

「人数」を増やすことが出来なくなった企業が何を考えるか。

それは「一人当たりの労働時間」を伸ばすことだ。

しかしここで日本独自の問題が時間延長に立ちはだかっている
いわゆる「130万円の壁」である。

税制上の配偶者控除を受けられる年収水準、多くの企業において
配偶者手当を受けられる年収水準、そして社会保険の加入が
義務づけられる年収水準がそれぞれ103~150万円に
設定されていることを背景として、日本のパートタイム労働者は
年収を一定額に抑えるインセンティブを有している。

事実、過去20年間以上にわたってパートタイマーの年収は
上述した水準のままほぼ全く変化していない。

しかし同じ20年間でパートタイム労働者の時給は
約20%上昇している。

そしてミラーイメージのように、一人当たりの「労働時間」は
時給の上昇を相殺する形で減少を続けてきた。

このようにしてパートタイム労働者の「人数」を増やすことも
「一人当たりの労働時間」を伸ばすこともままならなくなった
日本企業は遂に、消極的ながら正規雇用を増やし始めたのである。

そして正規社員の有効求人倍率はじわじわと上昇を続け
遂に2017年6月に1倍を上回った。

次回に続きます。


【関連情報】

給与明細は謎だらけ~サラリーマンのための所得税入門~
同一労働同一賃金の衝撃 「働き方改革」のカギを握る新ルール
大不平等――エレファントカーブが予測する未来
全国民が豊かになる 最強の地方創生


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、PRESIDENT Onlineに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


給与
「しわ寄せ」に喘ぐミドル男性の悲哀






人手不足になれば、給与は上がるはずだ。

現在「有効求人倍率」はバブル期の水準を上回っている。

だが日本人の平均賃金は過去20年間
ほとんど上昇していない。

なぜなのか。

それは企業が40代と50代の給与を
おさえてきた結果のようだ。

しかもその傾向は今後も続きそうだ--。


労働市場を巡る各種統計の「虚実」

人手不足が叫ばれるようになって久しい。

事実、求職者1人に対して何件の求人があるかを示す「有効求人倍率」は
バブル期の水準を上回る1.52倍(2017年9月《季節調整値、以下同》)
となり、1974年2月以来の水準に達している。

この数字を額面通り受け取れば、現在の日本では空前の
「売り手市場」が発生しており、われわれ労働者にとって
非常に良好な環境が生じていることになる。

しかし多くの労働者にとって「そんな印象はない」
というのが偽らざる実感だろう。

それもそのはずで、日本人の平均賃金は過去20年間以上一貫して
ほとんど上昇していない。

本稿では「深刻化する人手不足」と「伸び悩む賃金」という
相反する二つの現象を結びつける日本の労働市場の
深層について掘り下げる。

まず、上述した「有効求人倍率」、および「平均賃金」のいずれもが
非常にミスリーディングな統計であることを確認しておきたい。

まず前者は、大別して「正社員の」有効求人倍率と
「パートタイム労働者の」有効求人倍率に分けられる。

そして大雑把にまとめるとこれらの加重平均値が
「有効求人倍率」となる。

このうちパートタイム労働者の有効求人倍率は、2012年2月に
1倍を上回って(=職に就きたい人数よりも雇いたい会社が多い状態)
からさらに上昇を続け、2017年9月時点では
1.77倍にまで到達している。

一方で正社員の有効求人倍率は2017年5月まで
1倍を下回ったままであった。

日本固有の厳しい解雇規制の下で、企業が正規雇用の拡大に
慎重であることや、パートタイマーの時給が正規社員に比べて
低かったことが、正社員回避の背景として挙げられよう。

こうした状況下、企業はパートタイム労働者の
雇用だけを増やす。

そのために必要ならば、パートタイム労働者の
賃金を引き上げる。

一方で、余っている正社員の賃金は据え置く。

その結果が「パートタイム労働者の賃金上昇」および
「パートタイム労働者が全体に占める比率の上昇」だ。

正社員に比べて賃金の低いパートタイム労働者の比率が
上昇した結果として、賃金が上昇してきたと言っても
「平均賃金」は伸び悩み続けてきた。

次回に続きます。


【関連情報】

給与明細は謎だらけ~サラリーマンのための所得税入門~
同一労働同一賃金の衝撃 「働き方改革」のカギを握る新ルール
大不平等――エレファントカーブが予測する未来
全国民が豊かになる 最強の地方創生


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、PRESIDENT Onlineに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。

モラハラ夫
こんなモラハラ夫が実在する!?






モラハラを長期間受け続けていると、感覚がマヒし
客観的にみたら異常な命令や言動でも、承服してしまう
ことが多いという。

ヒトは人格を否定され続けると、正常な判断が
できなくなってくるということだろうか。

パートナーからのモラハラを受け流し続けるのは
非常に困難であるということだ。

かなり強烈なモラハラを受けていた人も
きっといるだろう。

そこで今回、行政書士であり、離婚カウンセラーとして
モラハラ問題にも詳しい阿部貴子さんに
信じられないモラハラ夫エピソードについてお話を伺った。


■高熱があっても家事を要求する夫

最初は、どんなときでも家事は妻がやるのが当たり前と
思っている夫のエピソードだ。

「40度の高熱で寝込んでいても、『それが妻の仕事だろ』と
 いつも通りの家事を求めてくるというケースがありました。
 妻に対する思いやりや、いたわりが全くない状態でした。
 また、妻が食事の準備をすることができないので
 しぶしぶ弁当を買ってくるのですが、妻の分は
 買ってこないという夫もいました」

(阿部さん)

妻に対する愛情よりも、仕事の責任や、役割分担の方が
大事だということだろうか。

夫が家事を手伝うのは、当たり前だと思うのだが……。

あまりにも幼稚で、言葉も出ない。


■妻に課題の提出を求める夫

次も、とんでもない勘違い夫のエピソードである。

「妻にいちいち課題を出してくる夫がいました。
 『何の権限があるのか?』と思いつつも
 妻は従っていたようです。例えば、家計管理の課題です。
 家計シェイプアップの見直し案を夫に求められたそうです。
 夫に提出すると、『あと2割カットできるだろう。今週の
 土曜日にまた再提出しろ』などと、根拠もなく追加で
 課題を求めてきたそうです」

(阿部さん)

仕事のストレスを家庭で発散しているのだろうか。

理解不能である。

家庭の課題を解決したいなら、夫婦で
一緒に考えるべきだろう。


■出産や手術時にもサポートしない夫

最後のエピソードも、信じられないような内容である。

「出産の際、妻のサポートをしぶる夫がいました。
 『みんな普通に出産しているだろう?』といった具合に
 妻の緊急事態においても非常に行動が重たかったそうです。
 妻が訴えても、すぐに病院に連れていくなどの行動をとらず
 何度も言われ、しぶしぶ動くといった様子だったそうです。
 また、出産に限らず手術などでも、夫がまったく共感せず
 手術の立ち合いなどでやってくる妻の親を自宅に入れない
 などということがありました。深刻な手術の前日であっても
 心無い言動を平気でしていたようです」

(阿部さん)

出産に対する知識のなさもさることながら、妻への愛情が
大きく欠如しているようだ。

離婚が頭をよぎっても、おかしくないレベルであろう。

今回のエピソードに登場する夫に共通するのは
妻へのいたわりや愛情がないという部分だ。

「自分の妻に対しては何を言っても構わない」といった
ある種の甘えや優越感のような感覚が、このような異常な
行動をとらせるのかもしれない。

本当に大切なものは何なのかを考え
生活してもらいたいところである。


●専門家プロフィール:阿部 貴子

行政書士、離婚カウンセラー。一橋大学経済学部卒。
「女性をしっかり支える阿部貴子の離婚相談」代表。
夫の浮気、性格の不一致やモラハラなどによる離婚相談
また離婚後の財産分与など、さまざまな離婚カウンセリングに対し
豊富な経験を生かして自ら対応している。
「モラハラ夫と離婚する方法」では、基礎知識や対策を紹介している。
またシングルマザーやその予備軍によるい助け合いコミュニティ
「シングルマ」などを運営する。


【関連情報】

夫が怖くてたまらない
みんな「夫婦」で病んでいる
モラルハラスメント あなたを縛る見えない鎖
おさえておきたい パワハラ裁判例85


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、教えて!gooウォッチに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


お父さんのお風呂事情
お父さんのお風呂事情





LIXILは8月1日、平成のお父さんのお風呂事情を明らかに
するため実施した「我が家のお風呂事情」調査の結果を公表した。

この調査は、世のお父さん416人を対象に行われたもの。

まず、「お風呂でお父さんが勝手に使ってはいけないもの」に
ついてたずねると、全体の半数以上(56.0%)のお父さんが
“勝手に使用してはいけないアイテム”があり、その中で
最も多いのは「バスタオル」(45.1%)で、次いで
「シャンプー・コンディショナー」(41.2%)
「ボディタオル・スポンジ」(36.1%)、「ボディソープ・石鹸」
(27.9%)の順となった。

また、「家族のお風呂の時間にお父さんがいる状況で
 お父さんがお風呂に入る順番」についてたずねると

「一番風呂ではないお父さん」が全体の6割(61.5%)を超え
さらにその中の「最後風呂お父さん」は約7割(68.0%)
という結果になっている。

「お風呂は最後に入る」と答えたお父さんの理由の中には

「お風呂を洗うのが自分だから」

という理由も少なくなく、また

「汚いと思われているから」
「オヤジ臭いので」


という理由も見られた。

かつての日本には、家の大黒柱であるお父さんは一番風呂
といったルールがある家も珍しくなかったが
昨今は家族に気を遣う、ちょっと肩身の狭い思いをしている
お父さん像が垣間見える。


【関連情報】

親父の小言漆芸マウスパッド
おふろシール 日本地図おぼえちゃおう!
父親が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。
わが子に会えない 離婚後に漂流する父親たち


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、ナリナリドットコムに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!







[ジャンルランキング]
ニュース
254位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
19位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (635)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (839)
食品・飲料 (132)
プレスリリース (45)
情報端末 (14)
ゲーム (82)
健康 (1259)
IT (53)
経済 (122)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (304)
その他 (28)
海外情報 (1260)
アニメ (443)
セクシーネタ (2222)
グルメ (46)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (24)
ペット (35)
コスプレ (6)
いきもの (19)
テクノロジー (121)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (122)
ガンダム (11)
ニュース (250)
人間心理 (51)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (41)
漫画 (12)
生活 (55)
育児 (24)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (12)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (11)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (224)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (38)
キャラクター (28)
ホビー (136)
歴史 (14)
宇宙 (18)
就職 (2)
ミステリー (58)
雑学 (20)









この人とブロともになる







 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2018 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。