ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 




今日の気になる情報をお届けします。

モラハラ夫
こんなモラハラ夫が実在する!?






モラハラを長期間受け続けていると、感覚がマヒし
客観的にみたら異常な命令や言動でも、承服してしまう
ことが多いという。

ヒトは人格を否定され続けると、正常な判断が
できなくなってくるということだろうか。

パートナーからのモラハラを受け流し続けるのは
非常に困難であるということだ。

かなり強烈なモラハラを受けていた人も
きっといるだろう。

そこで今回、行政書士であり、離婚カウンセラーとして
モラハラ問題にも詳しい阿部貴子さんに
信じられないモラハラ夫エピソードについてお話を伺った。


■高熱があっても家事を要求する夫

最初は、どんなときでも家事は妻がやるのが当たり前と
思っている夫のエピソードだ。

「40度の高熱で寝込んでいても、『それが妻の仕事だろ』と
 いつも通りの家事を求めてくるというケースがありました。
 妻に対する思いやりや、いたわりが全くない状態でした。
 また、妻が食事の準備をすることができないので
 しぶしぶ弁当を買ってくるのですが、妻の分は
 買ってこないという夫もいました」

(阿部さん)

妻に対する愛情よりも、仕事の責任や、役割分担の方が
大事だということだろうか。

夫が家事を手伝うのは、当たり前だと思うのだが……。

あまりにも幼稚で、言葉も出ない。


■妻に課題の提出を求める夫

次も、とんでもない勘違い夫のエピソードである。

「妻にいちいち課題を出してくる夫がいました。
 『何の権限があるのか?』と思いつつも
 妻は従っていたようです。例えば、家計管理の課題です。
 家計シェイプアップの見直し案を夫に求められたそうです。
 夫に提出すると、『あと2割カットできるだろう。今週の
 土曜日にまた再提出しろ』などと、根拠もなく追加で
 課題を求めてきたそうです」

(阿部さん)

仕事のストレスを家庭で発散しているのだろうか。

理解不能である。

家庭の課題を解決したいなら、夫婦で
一緒に考えるべきだろう。


■出産や手術時にもサポートしない夫

最後のエピソードも、信じられないような内容である。

「出産の際、妻のサポートをしぶる夫がいました。
 『みんな普通に出産しているだろう?』といった具合に
 妻の緊急事態においても非常に行動が重たかったそうです。
 妻が訴えても、すぐに病院に連れていくなどの行動をとらず
 何度も言われ、しぶしぶ動くといった様子だったそうです。
 また、出産に限らず手術などでも、夫がまったく共感せず
 手術の立ち合いなどでやってくる妻の親を自宅に入れない
 などということがありました。深刻な手術の前日であっても
 心無い言動を平気でしていたようです」

(阿部さん)

出産に対する知識のなさもさることながら、妻への愛情が
大きく欠如しているようだ。

離婚が頭をよぎっても、おかしくないレベルであろう。

今回のエピソードに登場する夫に共通するのは
妻へのいたわりや愛情がないという部分だ。

「自分の妻に対しては何を言っても構わない」といった
ある種の甘えや優越感のような感覚が、このような異常な
行動をとらせるのかもしれない。

本当に大切なものは何なのかを考え
生活してもらいたいところである。


●専門家プロフィール:阿部 貴子

行政書士、離婚カウンセラー。一橋大学経済学部卒。
「女性をしっかり支える阿部貴子の離婚相談」代表。
夫の浮気、性格の不一致やモラハラなどによる離婚相談
また離婚後の財産分与など、さまざまな離婚カウンセリングに対し
豊富な経験を生かして自ら対応している。
「モラハラ夫と離婚する方法」では、基礎知識や対策を紹介している。
またシングルマザーやその予備軍によるい助け合いコミュニティ
「シングルマ」などを運営する。


【関連情報】

夫が怖くてたまらない
みんな「夫婦」で病んでいる
モラルハラスメント あなたを縛る見えない鎖
おさえておきたい パワハラ裁判例85


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、教えて!gooウォッチに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 
スポンサーサイト



今日の気になる情報をお届けします。


お父さんのお風呂事情
お父さんのお風呂事情





LIXILは8月1日、平成のお父さんのお風呂事情を明らかに
するため実施した「我が家のお風呂事情」調査の結果を公表した。

この調査は、世のお父さん416人を対象に行われたもの。

まず、「お風呂でお父さんが勝手に使ってはいけないもの」に
ついてたずねると、全体の半数以上(56.0%)のお父さんが
“勝手に使用してはいけないアイテム”があり、その中で
最も多いのは「バスタオル」(45.1%)で、次いで
「シャンプー・コンディショナー」(41.2%)
「ボディタオル・スポンジ」(36.1%)、「ボディソープ・石鹸」
(27.9%)の順となった。

また、「家族のお風呂の時間にお父さんがいる状況で
 お父さんがお風呂に入る順番」についてたずねると

「一番風呂ではないお父さん」が全体の6割(61.5%)を超え
さらにその中の「最後風呂お父さん」は約7割(68.0%)
という結果になっている。

「お風呂は最後に入る」と答えたお父さんの理由の中には

「お風呂を洗うのが自分だから」

という理由も少なくなく、また

「汚いと思われているから」
「オヤジ臭いので」


という理由も見られた。

かつての日本には、家の大黒柱であるお父さんは一番風呂
といったルールがある家も珍しくなかったが
昨今は家族に気を遣う、ちょっと肩身の狭い思いをしている
お父さん像が垣間見える。


【関連情報】

親父の小言漆芸マウスパッド
おふろシール 日本地図おぼえちゃおう!
父親が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。
わが子に会えない 離婚後に漂流する父親たち


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、ナリナリドットコムに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


デヴィ夫人
コレは意外!





おつまみの定番といえば、亀田製菓の「柿の種」。

晩酌によくつまむなんていう人も多いのでは?

そんな柿の種、実は美女たちが好む上質なお菓子だったのです。

例えば、柿の種をこよなく愛する芸能人の一人がデヴィ夫人。

「わさび味の柿の種」をシャンパンのお供に
よくいただくんだそうです。

また、女優の麻生久美子さんは、妊娠中に柿の種にハマってしまい
延々と食べ続けていたというエピソードも。

とはいえ、彼女の場合は、期間限定。

なんでも、妊娠前まで酵素玄米などの健康にいいものを食べていたにも
関わらず、妊娠中、急にジャンクなものが食べたくなって
インスタントフードや柿の種などを食べ続けたんだそう。

ちなみに出産後は、元の正常な嗜好に戻ったそうなので
真の“柿の種ラバー”ではなさそうですが、美女に
愛されたのは確かなようです。

そんな柿の種、2016年には明治のチョコとコラボして
柿の種にチョコをコーティングしたものが登場したのも
記憶に新しいところ。

今後もこうした意外なコラボ柿の種を期待したいですね。


【関連情報】

デヴィ・スカルノ回想記 栄光、無念、悔恨
亀田製菓 亀田の柿の種 6袋詰
クックパッドの居酒屋つまみ
人気の21店が教える 酒の肴240


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、アサジョに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


夫婦ゲンカ
主婦たちが告白!





夫婦ゲンカの原因はいろいろありますが
ほとんどが些細なものではないでしょうか。

あとで振り返ってみると

「なぜあんなにモメたんだろう?」

と恥ずかしくなってしまいますよね。

今回は主婦のみなさんに
「今思い出せばクスっと笑ってしまう夫婦喧嘩の理由」
を聞いてみました。


今となってはどうでもいいあのこと…

・「娘2人に対して『可愛いー、愛してるよー!』と連日連発してる夫に
 『私は!­』とキレたこと。恥ずかしいー!」(36歳・専業主婦)

・「夫が私より先に寝入ってしまうと怒っていたこと。今では子どももおり
  余裕がなくなってそんな可愛い理由ではケンカできない。
  当時の私は本当に可愛いかったんだなと思う」(29歳・専業主婦)

・「まだ結婚前の交際中に、彼(旦那)が飲み屋の女の子と話して
  楽しかった話をされて怒って電話を切った。自分もまだ焼きもちを
  やくほど一途だったな、と思う」(30歳・派遣社員)


焼きもちを焼いたり、かまってくれないことを怒ったり。

今では懐かしい思い出です。

「亭主元気で留守がいい」状態になってしまうと
「あの頃の自分は可愛かった!」と
しみじみ振り返ってしまいますね。


仲がよすぎてプチバトルに発展


・「主人はなぜか就寝時に私の下着のゴムを引っ張って寝ます。
  だからどの下着もゆるんできたので注意したらケンカになりました。
  犬も喰わんとはこのことかしら」(45歳・専業主婦)

・「どっちが相手のことを思っているかでケンカしたことがあります。
  相手の好きなところを言い合ったり、相手のためにしている行動や
  気遣いを主張したりしました。今考えると、好きすぎてケンカ
  したことは恥ずかしさがありますが、改めて愛されている実感が
  湧いてきて嬉しくもあります」(30歳・公務員)

・「家でテレビを見ながらゴロゴロしていた時に私がじゃれて夫が払って
  を繰り返して遊んでいたら、夫に払われた拍子に勢いが強すぎて
  壁で頭を強打した。涙目で抗議したけど、元はいちゃついていただけなので
  泣いてるのもあほらしくなりました」(44歳・専業主婦)

仲良しだからこそのケンカ。

アツアツぶりが微笑ましいですね。

おじいちゃん、おばあちゃんになってもラブラブでいられそう!


「同じ釜の飯」だからこその壮絶な戦い!


・「ホントに些細なことなんですが、ホッケの開きを二人で一枚
  食べている時に私の箸が止まらず旦那エリアの部分に侵入してしまい
  そこから言い合いになりました。三日間ほど険悪になっていました」
 (45歳・専業主婦)

・「冷蔵庫にあるプリンを主人に勝手に食べられて激怒。
  一晩口をきかなかった」(25歳・パート)

・「ヤクルトが好きな夫は、私が飲むと怒ります。ある日、ヤクルト400の
  試供品を3本もらい、主人が帰る前に1本飲んだだけで1カ月
  口を聞いてもらえませんでした。いまだに、ヤクルト400を見ると
  笑ってしまいます。私の健康はどうでもいいみたい……」
 (35歳・専業主婦)


食べ物の恨みは恐ろしいといいますが、みなさん壮絶な戦いを
繰り広げているようで……。

男も女も、どうしても譲れない一線なのかも?


白黒つけたくて、ついケンカ

・「私は日本の東、旦那は西の出身なので、お餅の形が四角か丸かで
  モメたことがあります」(27歳・パート)

・「牛丼やお味噌汁の玉ねぎの切り方で大ゲンカしたこと。
  今思えば、そこまで怒ることでもなかった」(29歳・専業主婦)

・「だいぶ昔、山口もえはおっとりしているのか
  計算高いのかでもめました(笑)」(44歳・専業主婦)


目玉焼きにはソースか醤油か、芸能人が好きか嫌いか……
毎日一緒にいると、しょーもないことでケンカしてしまいますよね。

独身の人にはある意味羨ましいエピソードかもしれません。

今では笑い話の、夫婦ゲンカの理由。

つまらない理由でケンカができるのも、家族だからですよね。

小さいバトルと仲直りを繰り返して、夫婦の関係も
成長していくのかもしれません。


※暮らしニスタ編集部が既婚女性100人を対象に行ったアンケート調査より


【関連情報】

夫婦げんかと子どものこころ: 健康な家族とはなにか
夫婦という病 夫を愛せない妻たち
なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか
対人関係療法で改善する 夫婦・パートナー関係


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、暮らしニスタに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


「南極老人星」
見つけたら長生きできる?





しんと静まり返った冬の星空、とても幻想的で素敵ですよね。

この時期に見える星の中でもひときわ明るいのが
おおいぬ座の一等星・シリウス。

そして、二番目に明るいのが、「長寿の星」とも言われる
この恒星、目にすることができたらとても縁起が良いとのこと。

一体どんな場所でどの方角に見られるのでしょうか?


長寿を願ってみませんか?


寒い日が続きます。

夜空を見上げれば、ギラギラと冬の星々が輝いています。

冬は明るい星が多いので賑やかに感じますが、中でもひときわ
目を引くのが全天一明るいシリウス。

おおいぬ座の一等星です。

こいぬ座のプロキオン、オリオン座のベテルギウスとセットで
冬の大三角を構成しています。

さて、シリウスが全天一だとして、二番目の星は
ご存知ですか?

全天二番目に明るい星はりゅうこつ座の
カノープスという星です。

カノープスはかなり南に低いので、よほど南が開けていないと
なかなか見るのは難しい星です。

私も一度だけ地平線ぎりぎりに「あ、あれかな?」という
感じで見ただけです。

地平線近くなので、赤っぽく見えることから
中国では長寿の星、「南極老人星」と呼ばれています。

なかなか見られないので、見ることができたら長生きできる
縁起がいいとされています。

南が開けていて、暗いところに行く機会があれば
チャレンジしてみてください。

そして長寿を願ってみましょう。


【関連情報】

世界でいちばん素敵な夜空の教室
日めくりカレンダー 星空ごよみ365日 2017
世界中の長寿郷に学ぶ 健康寿命120歳説
常識が変わる 200歳長寿! 若返り食生活法


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、まぐまぐニュース!に帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!







[ジャンルランキング]
ニュース
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
3位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (634)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (839)
食品・飲料 (132)
プレスリリース (45)
情報端末 (14)
ゲーム (82)
健康 (1249)
IT (53)
経済 (122)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (303)
その他 (28)
海外情報 (1247)
アニメ (443)
セクシーネタ (2208)
グルメ (46)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (24)
ペット (34)
コスプレ (6)
いきもの (19)
テクノロジー (121)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (120)
ガンダム (11)
ニュース (248)
人間心理 (51)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (41)
漫画 (12)
生活 (52)
育児 (22)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (12)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (11)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (222)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (38)
キャラクター (28)
ホビー (135)
歴史 (14)
宇宙 (18)
就職 (2)
ミステリー (56)
雑学 (20)









この人とブロともになる







 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.