ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 





今日の気になる情報をお届けします。


中国のネット検閲2
3割がVPNで回避、政府黙認?




実は政府があえて黙認している?


このVPNによる防火長城の回避法は
常に使えるものではないらしい。

先月北京で行われた全国人民代表大会のような
非常にデリケートな時期には、VPNはたいてい機能を停止する
とTIME誌は伝える。

デリケートな時期には当局がVPNアクセスをブロックできる
ということは、ではなぜ常にブロックしていないのか
という疑問を当然生じさせると同誌は指摘する。

これについて、北京のIT調査会社マーブリッジ・コンサルティングの
設立者マーク・ナトキン氏は

「政府は、企業、大学、研究者には中国国外の情報に
アクセスする必要があり、もしそれ(VPN)をブロックすれば
発展を妨害し、強い反感を生むだけだと承知している」


と語っている。

必要性が分かっているから、あえて目こぼししている
という見解だ。

そもそもVPNを使用しなければならないという状況に
憤っている人もいる。

中国のあるインターネット企業の設立者は

「個人にとっては、防火長城を迂回するためにVPNを使用することは
ネットワーク税を払うようなものだ」


「企業にとっては、防火長城を迂回しなければならないことが
競争力に悪影響を与えており、リソースを空費している」


とウォール・ストリート・ジャーナル紙(WSJ)に語っている。

だがそれでも、現状、VPNは中国のネットユーザーが
世界を知る窓になっていると言えるだろう。

中国国民が、国際社会の見方や自国の実情について
知ることができるよう、この窓が開き続けていることが期待される。


習政権はネットの統制をさらに強めようとしている

気がかりなのは、習近平国家主席の下、中国政府が
ネットの統制を強化していることである。

3年前の習主席の就任以来、政府はますます規制を強めている
とブルームバーグは語る。

例えば、目下、中国当局は、自国内でアクセス可能な
ドメインについては、政府認可のドメイン名登録機関が
管理するものでなければならない、という趣旨の条項を含む
規制法案の検討を進めている。

FTの他記事によると、GreatFire.orgのチャーリー・スミス氏は
規制案の文言は意図的に曖昧にされているように見える、と語っている。

専門家らはこの条項に危機感を抱いている。

条文の取り方によっては、海外サイトへのアクセスに
一律に制限をかけることが可能になるとも取れるからだ。

当局はそのような意図を否定しているが、WSJによると
2012年の習主席の就任以来、インターネットの統制が
ますますきつくなってきた状況を考えると、これは信じがたい
と多くの人が感じているという。

香港中文大学ジャーナリズム・コミュニケーション学院の
Lokman Tsui助教授は、この規制がもし採用されれば
特定のサイトをブラックリストに入れるかわりに
政府がホワイトリストに載せたウェブサイトへのアクセスだけを
容認するということになる、とブルームバーグに語っている。


【関連情報】

GHQ焚書図書開封7 ~戦前の日本人が見抜いた中国の本質~
突然死の危機に陥る中国と韓国: 悪あがきを繰り返し
中国ネット最前線―「情報統制」と「民主化」
「網民」の反乱 ネットは中国を変えるか?


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、まぐまぐニュース!に帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 
スポンサーサイト




今日の気になる情報をお届けします。


中国のネット検閲
VPNによる防火長城の回避法が中国国内で普及?





中国のインターネットには大きな壁が立ちはだかっている。

その壁のために、中国のネットユーザーはGoogle、Facebook
Twitterなどの海外サイトを利用することができない。

自国の歴史や、現在の出来事について、正しい情報を
得ることができない。

政治的な発言も制限される。

そして習政権は、ネットをますます厳しい統制下に
置こうとしている。

それでも中国のネットユーザーは、世界につながるルートを
どうにか持っているようだ。


中国共産党に都合の悪い情報はシャットアウト

中国のネット検閲は悪名が高い。

ブルームバーグは、中国は、中国共産党の方針への異議と
党が危険とみなす情報を抑圧するために、世界で最も徹底的な
インターネット検閲制度の1つを用いていると語る。

海外サイトへのアクセスが遮断されるほか

・ソーシャルメディアの投稿が削除される
・検索語句がブロックされることがある

としている。

最近では「パナマ文書」に関する情報が検閲対象となった。

このネット検閲システムは通称
「防火長城(グレート・ファイアウオール)」

ファイアウオール(防火壁)と万里の長城(グレート・ウオール)を
掛け合わせている。

フィナンシャル・タイムズ紙(FT)によると
2003年から運用されているという。

ソウルデジタル大学中国学科のイ・ミンジャ教授は中央日報で
ネット検閲に携わっている人員について、サイバー警察だけで3万人
インターネット管理人員が30万人に達するという噂があると述べている。

この防火長城は中国のネットユーザーには大変評判が悪い。

それもそのはず、これのせいで、Google、Facebook、Twitter
YouTube、一部ニュースサイトなど、さまざまなウェブサイトや
サービスが利用できないからだ
(どのサイトがブロックされているかは「GreatFire.org」という
 サイトで確認できる)

この防火長城の開発で中心的役割を果たし、「防火壁の父」と
呼ばれる方浜興氏が先日、中国の大学での特別講義中に
韓国のウェブサイトにアクセスしようとして、自ら防火長城に
ブロックされるという出来事があった。

この皮肉な事態に、中国のソーシャルメディアは
大いに沸いたようだ。

TIME誌によると、方氏は中国ではいささか嫌われ者になっており
2011年には、怒ったブロガーによって卵と靴を投げつけられた
ことさえあるという。


VPNを利用して海外サイトにアクセス

この話にはさらに落ちがあり、FTによると、方氏はその後
学生たちに仮想プライベートネットワーク(VPN)を使用して
防火長城を迂回する方法を平然と教えてみせたとのことである。

アクセス制限を迂回するためにVPNを経由するという方法は
TIME誌によれば、多くの中国人が使用しているものだ。

WIRED(UK版)が統計ポータルサイトStatistaのデータとして
伝えるところによると、昨年10~12月、中国のネットユーザーの
29%がVPNを使用したそうである。

なお、中国ネットワークインフォメーションセンターによると
中国のネットユーザー数は昨年末時点で6億8800万人だった。

TIME誌によると、個人ユーザーは政府機関に未登録の
商用VPNサービスを利用するが、これらのサービスは
公式には禁止されているという。

とはいえ、これまでに未登録VPNの利用で起訴された人はいないそうだ。

FTによると、中国の官僚の間でも、VPNを使用して海外サイトの
アクセス制限を迂回する方法は広く普及している。

世界全体で何が起こっているかを知る必要のある中国官僚にとって
ブロックされているサイトにアクセスするために、VPNサービスや
その他の回避法は非常に需要が高い、と大勢の元中国官僚が
内密に語っているとのことだ。
(ただし、そこで使用されているVPNサービスはおそらく公的なものだろう)

次回に続きます。


【関連情報】

GHQ焚書図書開封7 ~戦前の日本人が見抜いた中国の本質~
突然死の危機に陥る中国と韓国: 悪あがきを繰り返し
中国ネット最前線―「情報統制」と「民主化」
「網民」の反乱 ネットは中国を変えるか?


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、まぐまぐニュース!に帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 




今日の気になる情報をお届けします。


進撃の巨人
「もう二度とエキストラなんかに参加したくない」




8月1日に公開された映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』

人気マンガ『進撃の巨人』を原作にした実写映画作品で
前後編の2部構成になっており後編は9月19日に公開をひかえています。

その8月1日に公開された前編に関するYahoo!映画のユーザーレビューが
ネット上で注目されています。

投稿者は本作に「ボランティアエキストラ」で参加した人物と名乗り
巨人を演じたと説明。

その撮影の時、現場の制作スタッフの対応があまりに酷く
横柄な態度をとられたり

「「次テストだから喋らないでよ!!」とか明らかに上から目線」

の指示があったと状況を説明。

さらに帰りには、ねぎらいの言葉ではなく

「今日見聞きした内容は外では絶対に口外しないでください!!」


という守秘義務を再確認する一言のみで、投稿者は

「最後まで態度の悪い制作スタッフ。」


と感想を述べています。

これについてはボランティアエキストラを名乗る別の人物からも
似た意見がよせられ、現場ではスタッフの態度が悪く

「何かにつけてすぐに怒鳴る」

「スタッフはガラの悪い人ばっかりで、途中で帰ったエキストラの方も
いらっしゃいました」


と状況を説明。投稿の最後には

「もう二度とエキストラなんかに参加したくないです」

という、参加したことを後悔する意見も綴られていました。

この意見にネットでは

「ネガティブキャンペーンの一種?」
「守秘義務がある時点でネットに書いちゃだめだろう」
「目くそ鼻くそ」


と投稿者を批判する声から、他の作品でエキストラ経験のある人から

「○○のエキストラ行ったけどそんなことなかった」
「○○は和気藹々してよかった」
「制作会社によるのだろうか」
「○○に参加したけど好感もてた」

といった比較して困惑する意見があげられています。


参考・引用:
ボランティアエキストラで巨人をやりました エキストラで撮影に参加しました
【再投稿】


【関連情報】

劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~初回限定版
マスターショット100 低予算映画を大作に変える撮影術
映画術 その演出はなぜ心をつかむのか
東宝見聞録―1960年代の映画撮影現場


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、おたくま経済新聞に帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 




今日の気になる情報をお届けします。


巨人風似顔絵
「進撃の巨人」 巨人風似顔絵を生成できるアプリ




11月28日から上野の森美術館にて「進撃の巨人展」が開催されるが
顔のパーツを選んで巨人風似顔絵を生成できるユニークな
モンタージュアプリの配信が始まった。

「巨人モンタージュ」と名付けられたこのアプリは
目、鼻、口、輪郭など顔の各パーツを数多くのなかから選ぶと
オリジナルの"巨人"が生成されるというモンタージュアプリ。

巨人のポーズや背景はランダムで、調査兵団と戦っているシーンや
登場キャラクターを食べようと背後に迫るシーンなど、自分の顔で
作成すれば自分が作品のなかに入り込んでいるかのように楽しめる。

また、生成したオリジナル巨人は進撃の世界に放たれ
そこで生息している様子を動画として見ることも可能。

動画では、巨人になった自分が人類を捕食する演出もある。

利用は「進撃の巨人展」特設サイト(http://www.kyojinten.jp)より。


・「巨人モンタージュ」の遊び方


1.公式ホームページより「巨人モンタージュ」をクリック。
  利用規約に同意し進みます。
2. 「目」、「鼻」、「口」、「輪郭」などのパーツを選び、オリジナル巨人の
  顔を作成します。
3.名前を入力するとオリジナル巨人が生成されます。
4.完成したオリジナル巨人は、facebook/Twitter上にシェアすることができます。
5.作った巨人は動的な世界でビジュアライズされます。


【関連情報】

figma 進撃の巨人 リヴァイ (フィギュア)
Nintendo 3DS 進撃の巨人 ~人類最後の翼~
「進撃の巨人」と解剖学 その筋肉はいかに描かれたか
アニメ、アイドル、映画など多彩なジャンルの動画が楽しめる サイト情報!


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、アキバ総研に帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 




今日の気になる情報をお届けします。


マッキントッシュ2
アップル VS マイクロソフトの図式にグーグルも参入し、三つ巴の状態の今。



■スーパーボウルの「1984」CM

アップルはマックの登場をテレビCMで華々しく飾った。

作家ジョージ・オーウェルの小説「1984年(Nineteen Eighty-Four)」
の監視国家のようなコンピューター文化を打ち壊すという内容だった。

リドリー・スコット監督の「1984」コマーシャルは、米IBMを
標的にした内容で、米アメフトの決勝戦「スーパーボウル」中の
極めて高額なスポット枠で放送された。

「アップルの役員室では、不適切なCMではないだろうか
という雰囲気が強かった。(放送の是非をめぐり)激論があった」

と、オリジナルのマックの開発チームメンバーだった
ダニエル・カトキー氏は振り返る。

「幸いにも、スティーブ・ジョブズと彼の現実歪曲フィールドが
その日は勝利を収め、そのCMを見た全ての人に長く記憶されることになった」



■ウィンドウズとアップルのライバル関係

マックは発売当初から好調な売れ行きを見せた。

だがウィンドウズマシンがより低価格な値段設定で価格重視の
ユーザーたちへの優位性を確保した。

マイクロソフトは、最初のウィンドウズを1985年末に発売した。

マックとウィンドウズのライバル関係はシリコンバレーの伝説の一つ
であり、コーヒー店で一方に対する毒舌を聞くこともしばしばだ。

「ウィンドウズ対マックという感覚を作り上げたのは
スティーブ・ジョブズ氏だと思う」

と、カトキー氏は述べる。

「スティーブ・ジョブズはいつもマイクロソフトを批判していたが
マイクロソフトがウィンドウズをリリースしたときから
本当に激しくなった。彼は、コピーされたと言っていたよ」

マイクロソフトはソフトウエア開発に専念し、マイクロソフトの
パートナー企業にマックよりも低価格なウィンドウズ搭載マシンを
販売させる方法でPC市場の主導権を握った。

「実際、アップルは1990年代末に廃業していてもおかしくなかった。
人々も驚かなかっただろう」

と、カトキー氏は振り返った。

マイクロソフトとアップルのライバル関係は、モバイル端末時代の現在
グーグルのアンドロイド端末とのライバル関係に置き換わっている。

(c)AFP/Glenn CHAPMAN


【関連情報】

スティーブ・ジョブズの王国 ― アップルはいかにして世界を変えたか?
ぼくとビル・ゲイツとマイクロソフト アイデア・マンの軌跡と夢
ビル・ゲイツの面接試験―富士山をどう動かしますか?
グーグル ネット覇者の真実 追われる立場から追う立場へ


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、AFPBB Newsに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!







[ジャンルランキング]
ニュース
72位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
4位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (616)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (838)
食品・飲料 (132)
プレスリリース (44)
情報端末 (14)
ゲーム (81)
健康 (1218)
IT (53)
経済 (122)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (297)
その他 (28)
海外情報 (1181)
アニメ (442)
セクシーネタ (2143)
グルメ (44)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (24)
ペット (31)
コスプレ (6)
いきもの (18)
テクノロジー (119)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (109)
ガンダム (11)
ニュース (226)
人間心理 (48)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (41)
漫画 (12)
生活 (51)
育児 (21)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (12)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (11)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (206)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (38)
キャラクター (28)
ホビー (130)
歴史 (14)
宇宙 (18)
就職 (2)
ミステリー (49)
雑学 (19)









この人とブロともになる







 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.