ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 




今日の気になる情報をお届けします。


おにぎり
現代のおにぎりは江戸時代にさかのぼる





普段何気なく選び、食べているおにぎり。

コンビニなどでよく選ぶお気に入りの具がある
という人も多いのでは?

いくつかのアンケート調査では、好まれるおにぎりの具が
はっきり現れている。

その日本人が好む定番の具と、それぞれの人気の理由や
おいしさの魅力を専門家に伺った。


■日本人はどんなおにぎりがお好き?

2014年度に一般社団法人おにぎり協会が行った「おにぎり調査」で
主要コンビニエンスストア3社で人気のおにぎりが判明している。

セブン-イレブンでは、ツナマヨや紅鮭、赤飯がベスト3に入った。

一方、ファミリーマートは焼き鮭、ツナマヨ、昆布がランクイン。

ローソンもツナマヨ、昆布、焼鮭ハラミが人気だという。

また、マイボイスコムが2015年7月に行ったおにぎりに関する
自主調査では、好きなおにぎりの具のランキング結果が分かる。

1位は鮭で67.8%、2位はたらこで47.8%、3位は辛子明太子で45.5%
4位はツナマヨネーズで43.0%、5位は昆布で42.3%となった。

おにぎりの具で最も素朴といえる梅は6位の40.0%となった。

ちなみに、地域別では、北海道はいくら、東北は焼きおにぎり
中部は天むす、九州は高菜などが目立っていたという。


■そもそもおにぎりっていつからあるの?

ところでこの日常的に食べているおにぎりは
いつから日本で食べられているのだろうか?

おにぎりの日本における発祥は、平安時代に食されていた
「頓食(とんじき)」だったという。

頓食とは、玄米を「強飯(こわめし)」と呼ばれる
蒸し上げてつくるものを、卵形に握り固めたものだ。

もちろん、今のおにぎりのように
海苔は巻かれることはなかった。

その後、戦国時代には携帯食として使われていたそうだ。

海苔が巻かれるようになったのは、江戸時代の元禄時代
だといわれている。

これが、現在のおにぎりの形の発祥のようだ。

そんな日本に古くから根づくおにぎりは、腹持ちもよく
中に具を入れられることから栄養面も補てんでき
携帯食としても便利で手軽に食べられるところも魅力だ。


■お米の専門家に聞く!鮭・ツナマヨ・昆布が人気の理由

では、数々のアンケート結果で分かった、日本人に特に人気の
「鮭・ツナマヨ・昆布」の具材は、それぞれ、なぜそこまで
人気があるのだろうか?


●鮭が人気の理由


「鮭はご飯との相性が抜群に良いからだと考えます。
 日本人の朝食というと鮭が思い出されるくらい、大人から
 子供まで幅広い層に人気があり、甘鮭から塩鮭など味わいも
 豊かで、季節によって旬が味わえるからこそ、変わらぬ人気を
 誇っているのだと思います。また、日本人のソウルフィッシュ
 でもある鮭は、リーズナブルで安定して購入できることからも
 安定して愛される理由であると思います。」


おすすめの食べ方は、鮭のほぐし身、キュウリ、お酢、ゴマ、お塩
少量のお砂糖を混ぜて握った鮭のさっぱりおにぎり。

野菜もお酢の栄養価もさらにはゴマの栄養価も摂ることができ
お酢の作用で劣化しにくいので、遠足などにもおすすめ。


●ツナマヨが人気の理由

「ツナマヨが愛される理由は、こってりとしたパンチの効いた
 味わいにあると思います。若い方には特に人気のツナマヨは
 どんな食材とも割と相性が良いのですが、最も合うのは
 ツナマヨの“こってり”とご飯の“あっさり”の味わいが
 上手に調和するおにぎりではないかと思います。
 人気の理由は、この優れた調和にあるのではないかと思います。
 また、マヨネーズを和えるという現代風の味わいが
 昔ながらのおにぎりの枠を超えて、より幅広い層への人気を
 広げているのだと思います。」


おすすめの食べ方は、ツナマヨに大葉とみじん切りにした
梅干しを少量混ぜるおにぎり。

ツナマヨのこってり感が和らいで、老若男女問わずに
愛される味になります。


●昆布が人気の理由


「昆布が愛される理由は、ごはんの旨みをより引き立てる
 濃い味付けであるからだと思います。海藻の旨みがたっぷりと
 含んだ昆布は、ごはんの旨みの正体であるグルタミン酸を
 多く含んでいるため、おにぎりで一緒に食べるとより一層
 旨みが感じられます。ご飯と昆布は旨み成分を引き出し合うので
 とても相性が良く、愛される具材になっているのだと思います。」


おすすめの食べ方は、昆布とスライスチーズを
一緒に入れて握るおにぎり。

チーズのコクが昆布の濃い味を和らげて
優しくてとってもおいしいです。

おにぎりそのものの魅力と共に、それぞれの具材で
さらに楽しめる、実に奥が深いおにぎり。

最近食べていない、という人は、ぜひその伝統の味わいを
再度確かめてみてもいいのではないだろうか?


【関連情報】

米、麺、魚の国から アメリカ人が食べ歩いて見つけた偉大な和食文化と職人たち
世界の食べもの――食の文化地理
米からみる東アジア―豊かな水が支えた暮らし 日本・中国南部・朝鮮半島など
特別栽培米 大潟村あきたこまち 発芽玄米鉄分 1kg


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、@DIMEに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 
スポンサーサイト



今日の気になる情報をお届けします。


パナソニック
大型投資につきまとう懸念 巨額赤字に陥った過去





パナソニックが米電気自動車(EV)メーカーのテスラとの
蜜月関係を深めている。

今年1月から共同運営する米ネバダ州の工場「ギガファクトリー」で
車載用リチウムイオン電池の量産を開始し、夏には住宅用太陽光パネルでの
協業を本格化させる。

テスラとともに一段の成長を目指す姿勢だ。

ただ、相互依存が過ぎれば経営上の選択肢は狭められ
積極投資は過剰設備に化けるリスクがつきまとう。

パナソニックは大きな賭けに出た。


2兆円計画の鍵握る大型投資

ギガファクトリーで1月4日、記者会見に臨んだテスラの
イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、パナソニックとの
蜜月ぶりをアピールした。

「(工場は)テスラとパナソニックの関係の
 重要性を象徴するものだ」


同席したパナソニックの津賀一宏社長は、工場の土地や建物は
テスラが所有し、パナソニックは設備に順次投資していると説明。

「投資の回収は(生産)ラインごとになる」


と述べ、ラインの稼働開始から5年で投資額を順次回収できるとの
見方を示した。

テスラによると、ギガファクトリーでの電池の生産量(容量換算)は
2018年までに年間35ギガ(ギガ=10億)ワット時に達する。

生産ラインは今後拡大し、パナソニックの投資総額は
1500億~2千億円とされる。

パナソニックは、車載用電池など自動車関連事業の売上高を
19年3月期に16年3月期の1・5倍となる2兆円に引き上げる
計画を掲げており、ギガファクトリーはその成否の鍵を握る。

津賀社長は、テスラとの提携に関し

「さまざまな領域で深掘りできる技術がないかを
 検討している」


と明かした。

意欲をみせるのは自動運転だ。

「センサーなどの装置を提供できる可能性がある」


住宅分野でも

パナソニックとテスラの協業は
自動車分野にとどまらない。

昨年末には米ニューヨーク州バファローに住宅向けの
太陽光パネルを生産する工場を共同で建設することを発表した。

17年夏に生産を開始。

太陽光パネルの生産はパナソニックが担う。

生産能力を順次引き上げ、19年までにフル稼働させる計画で
パナソニックは生産設備の整備に計300億円超を投資する。

テスラは米太陽光発電ベンチャーのソーラーシティを買収し
住宅向けの太陽光パネル事業に本格的に乗り出す方針だ。

米国市場が今後も伸びると期待しており、パナソニックも

「コスト競争力が必要になる中、(新工場は)
 大きなスケールメリットがある」

(岡山秀次エナジーシステム事業部長)

とみている。

テスラとソーラーシティは屋根のタイルに見えるような
デザイン性の高い太陽光パネルを開発。

パナソニックは高いエネルギー効率や耐久性など技術的な優位性を
付け加えることにより、米国でのシェア拡大に貢献する考えだ。


「いつか来た道」の懸念


太陽光パネルで高度な技術を持つパナソニックだが
日本市場では伸び悩んでいる。

太陽光発電設備でつくった電気を電力会社に引き取らせる
「固定価格買い取り制度」の価格引き下げなどの影響で
低迷が続いており、パナソニックの国内工場の稼働率も落ち込んでいる。

かつての勢いを取り戻すためテスラとの提携に活路を求めた格好だが
太陽光パネルは世界的に価格競争が激化している。

収益を確保しながら売り上げを伸ばすのは容易ではない。

これから両社が事業を本格化させる米国では、地球温暖化対策に
後ろ向きな発言を繰り返してきたトランプ大統領が就任。

EV向けの電池や太陽光パネル事業で大型投資に踏み切り
大きな工場設備を抱え込むリスクは軽視できない。

パナソニックには、プラズマテレビへの過剰投資から
巨額赤字に陥った過去があるだけに“いつか来た道”を
たどる懸念はぬぐいきれない。


【関連情報】

すごい家電 いちばん身近な最先端技術
サムスンに学ぶな! ―日本の家電メーカーは、なぜ、凋落したのか?―
日本のイノベーションのジレンマ
パナソニック・キヤノンに学ぶ経営改革のための会計戦略


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、サンケイビズに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


「ダイソン」
ヒット商品作れない日本企業の落とし穴





ダイソンの掃除機がヒットするわけ

「イノベーション」と聞くと、米ハーバード大学の
クレイトン・クリステンセンによる「イノベーションのジレンマ」
を思い浮かべる方も多いでしょう。

しかし、経営学者たちが取り扱うのは「イノベーションのジレンマ」
ではありません。

近年、最も研究されているイノベーションの理論は
「両利きの経営(ambidexterity)」です。

両利きとは、「知の探索」と「知の深化」を高次元に
バランスよく取る経営という意味です。

「知の探索」とは、知の範囲を広げるということです。


イノベーションの父と呼ばれるジョセフ・シュンペーターの
有名な考え方に

「イノベーションの源泉の一つは、既存の知と、別の既存の知の
 新たな組み合わせである」


というものがあります。

企業やビジネスパーソンは、様々な知を組み合わせることで
新たなアイデアを生むため、知の範囲を広げる必要があるのです。

たとえばトヨタの大野耐一氏が、アメリカのスーパーマーケットの
仕組みと自動車生産を組み合わせ、「カンバン方式」を
生んだことは有名です。

そして収益を上げるような知が生み出されたら、それを継続して
深めていくことも求められます。

それが「知の深化」です。

したがって重要なのは両者のバランスですが、企業は
「知の深化」に偏り「知の探索」を怠りがちな傾向があります。

知の探索はコストがかかるうえ、組み合わせても収益に
結びつかないことも多いからです。

日本の現状を見てみましょう。

昔の日本企業は、部品ごとの技術を「知の深化」で磨き上げれば
競争力のある製品が生み出せた。

しかし現在では、アップル社の製品に象徴的なように
日々変化する顧客のライフスタイルを読み取って製品全体の
デザインを提示しなくてはいけない。

例えば、ダイソンの掃除機やバルミューダのトースターは
それぞれ5万円超、2万円超と高価なのに大ヒットしています。

このように、既存の技術や発想だけにとらわれない
「知の探索」が必要なのです。

日本の場合、それを担う技術者・開発者・デザイナーが忙しすぎたり
あるいは職人気質になって社内の殻にこもっていることも多いようです。

しかし、それは「知の探索」を怠ることであり、結果として
中長期的なイノベーションが停滞してしまうのです。

「両利きの経営」を機能させるためには何が必要か。

もちろん、経営者自らが「知の探索」に
挑み続けることが重要です。

たとえば予算面で「知の探索」と「知の深化」のバランスを取り
両者の間で異なるルールや評価基準をとることを厭わない
ことが求められます。


最強の相棒を見つける方法

さらに組織で重要なのが、「チャラ男」と「根回しオヤジ」が
コンビを組むことだと私は考えています。

どういうことでしょうか。

人のつながりには、強弱があります。

たとえば親友同士は「強いつながり」ですし、ただの知り合いは
「弱いつながり」です。

私たちは「強いつながり」を重視しがちですが、実は新しい知を
生み出すには、弱いつながりのほうが適している、ということが
経営学の研究で示されています。

人間のつながりをネットワークとして見ると、弱いつながりのほうが
簡単につくれるので、遠くに伸びやすい。

遠くに伸びたら、多様な情報が効率的に届くのです。

この弱いつながりをつくるのは、好奇心旺盛で行動力がある
「チャラ男」タイプの人材です。

しかし、それだけでは組織は成り立ちません。

生み出されたクリエーティブな萌芽を
実現しなければいけない。

新規性がある企画でも、上長に上がるほど稟議書が
通らないことはよくあります。

そこで組織内で深い人間関係を築いて、橋渡しができる
「根回しオヤジ」が存在感を示すのです。

「チャラ男」と「根回しオヤジ」をうまくペアリングして
イノベーションを起こす。

最新の経営学から見ると、このベストカップルこそ
日本企業に求められているといえるでしょう。


入山章栄


1996年慶應義塾大学卒業、98年同大学院修士課程修了。
2008年米ピッツバーグ大学経営大学院博士号取得。
13年より早稲田大学ビジネススクール准教授。


【関連情報】

100円のコーラを1000円で売る方法
イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき
はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術
日本流イノベーション―――日本企業の特性を活かす成功方程式


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、PRESIDENT Onlineに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


日本の海運会社
日本の海運会社がなくなる日





崩壊危機の韓国海運、日本は?

日本、韓国の海運、造船業界が世界海運不況の
荒波にのまれている。

とりわけ、韓国勢は世界第7位のコンテナ船会社で
経営破綻に陥った韓進海運の清算手続きが昨年12月に
事実上決まり、建造量でかつて世界一を誇った造船業界も
昨年末の受注残が17年ぶりに日本に抜かれ、“轟沈”寸前だ。

日本勢の厳しさも変わらない。

日本郵船、商船三井、川崎汽船の海運大手3社が
不振のコンテナ船事業の統合で合意したのがそれを物語る。

しかし、前途は多難で、日韓の両業界とも
「出口」を探るのは容易でない。

年明け早々、韓国造船業界にショッキングな
ニュースが駆け巡った。

英国の造船・海運調査会社クラークソンの調査で、昨年末時点での
韓国造船業の受注残(速報値)が日本に逆転され、世界第3位に
転落したことが判明したからだ。

韓国の造船業界は1999年に新造船受注量で日本を抜き
世界のトップに躍り出た。

2009年以降は11年を除き中国にトップの座を
明け渡したものの、日本の後塵を拝するのは
沈む「造船王国・韓国」の姿を鮮明にした。

韓国造船業界の凋落ぶりは、かつて世界最大の建造量を誇った
現代重工業に大宇造船海洋、サムスン重工業を加えた
「ビッグ3」が深刻な業績悪化に陥り、大規模な人員削減を
迫られたことでも明らかだ。

韓国最大手の韓進海運の破綻も国内での造船受注確保が
困難になり追い討ちをかける。

韓国政府は基幹産業だった造船・海運業界の窮状に
昨年10月31日、構造調整案を発表し、造船大手3社は
生産能力の23%削減など一段のリストラを迫られた。


日本の海運・造船業界が沈没危機!

日本勢も世界海運不況にさいなまれている。

海運大手3社はコンテナ船事業で17年3月期に合計で
1000億円程度の経常赤字に陥る見通しにある。

この打開策として3社は17年7月に共同出資会社を設立し
コンテナ船事業を統合することで合意した。

沈没寸前だった3社が生き残りをかけた選択であり
ドイツや台湾の企業と合意していた共同運行から破綻した
韓進海運が外れたことも統合への背中を押したともみられる。

新会社の売上高は単純合計で約2兆円、世界シェアで
6.5%と世界6位のコンテナ船会社に浮上する。

しかし、先行きは多難だ。

「スケールメリットを追求したい」

(川崎汽船の村上英三社長)

との目論みも、世界トップの背中は視界にも入らない。

それどころか、最大手のA・P・モラー・マークス(デンマーク)は
昨年12月、世界7位のハンブルク・スード(ドイツ)の買収を決め
シェアは18.6%に跳ね上がり、背中は一段と遠退く。

コンテナ船事業はコスト競争力強化に向けて世界規模の
再編が加速しており、日本勢の統合は出遅れ感が否めない。

輸送能力増に比べ貨物量の伸びは鈍く、市況回復も多くは望めず
石油輸出国機構(OPEC)による原油減産から燃料費が高騰し
コスト上昇圧力になりかねない。

3社は年間1100億円の相乗効果を見込むものの
こうした要因から

「18年3月期まで厳しい状況が続く」


との判断で3社は共通し、18年4月の新会社の事業開始まで
各社がコンテナ事業で体力を保てるかに不透明感は残る。

造船業界に目を転じても、川崎重工業が今年3月末までに
造船事業の事業存廃を含めた結論を迫られるなど
三菱重工業、三井造船など総合重機の造船事業は青息吐息だ。

韓国政府の構造調整策も昨年12月の経済協力開発機構(OECD)
造船部会で、公的支援が供給能力過剰な世界造船市場に
悪影響を及ぼすと批判の矢面に立たされ、日韓の海運造船業界が
前途多難なことは間違いない。


【関連情報】

ものづくり日本経営史 -江戸時代から現代まで-
海運・造船業と国際市場―世界市場への対応 (戦後日本海運造船経営史)
陸に上がった日立造船――復活にマジックはない あるのは技術力だ
船舶金融論―船舶に関する金融・経営・法の体系


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、PRESIDENT Onlineに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


ブラック企業
ブラック企業の業界イメージとは





昨今では自殺者や過労死などが報じられ、ブラック企業が
社会問題になっていますね。

筆者も某大手ブラック企業に勤めたことがありますが
幹部は全員定時に帰り、末端は日が変わるまでサービス残業
させられていたのを覚えています。

今回はそんな「ブラック企業が多そう…と思う業界」を
調査・ランキングにしてみました。

ブラックな体質が多いと思われているのは、果たして
どの業界だったのでしょうか?

1位 介護
2位 飲食
3位 学校



1位は「介護」!

人材不足、薄給、対人ケアととにかく大変そうな「介護」が
1位に君臨しました。

介護というのは思った以上にアクシデントが発生しやすく
また人的トラブルが絶えないために精神を病んでしまう
若い人も多いとの事。

日常生活を円滑に行えない人の手助けをする立派な仕事ですが
それとは裏腹に多くの問題を抱えた業界である事が伺えます。


2位は「飲食」!

某牛丼チェーンや某居酒屋チェーンで大問題となった
「飲食」が2位にランク・インしました。

基本的に薄利多売の商売で人員を最小限に押さえられる事から
一人当たりの仕事量が多く、またサービス向上のため
365日24時間営業している店舗も多い事から、ブラック企業の
代名詞とも呼ばれる存在となっています。


3位は「学校」!

基本的に長時間労働、有給取りづらい、給料もそんなによくないと
思われる「学校」が3位を獲得しました。

朝から晩まで長時間拘束、休日も部活その他で出勤
生徒やその父母とのやりとりなど、ブラックと感じさせる
要素はかなり多いイメージですね。


いかがでしたか?

筆者が勤めた飲食店の正社員がマジで本気のブラックだと感じ
IT企業に転身した過去があります。

今回は「ブラック企業が多そう…と思う業界ランキング」を
ご紹介させていただきました。


【調査方法】

gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの
投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。

【投票数合計】3,027票

【調査期間】2016年12月09日~2016年12月23日


【関連情報】

進め!! 東大ブラック企業探偵団
うちの会社ブラック企業ですかね?
ワタミの失敗 「善意の会社」がブラック企業と呼ばれた構造
ブラック企業は誰がつくる?: ―無知な経営者と狡猾なブラック社員―


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、gooランキングに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!








[ジャンルランキング]
ニュース
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
3位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (560)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (834)
食品・飲料 (128)
プレスリリース (44)
情報端末 (14)
ゲーム (80)
健康 (1102)
IT (53)
経済 (116)
コスメ (15)
便利グッズ (20)
地域情報 (275)
その他 (28)
海外情報 (1003)
アニメ (439)
セクシーネタ (1936)
グルメ (39)
節電 (2)
プロレス (5)
テレビ (23)
ペット (20)
コスプレ (6)
いきもの (18)
テクノロジー (107)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (13)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (81)
ガンダム (11)
ニュース (173)
人間心理 (40)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (6)
政治 (38)
漫画 (12)
生活 (48)
育児 (19)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (8)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (9)
環境 (9)
外交 (25)
ビジネス (165)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (36)
キャラクター (28)
ホビー (112)
歴史 (9)
宇宙 (17)
就職 (2)
ミステリー (32)
雑学 (15)









この人とブロともになる








 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.