ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 




今日の気になる情報をお届けします。


ゾゾタウン
未成年者ら延滞リスク




なぜ「2カ月以内の後払い」なのか

美女が雨に濡れながら、こちらをまっすぐに見つめて
「好きだもん、好きなんだもん。2カ月待つなんてできないよ」
と訴えてくる。

まるで映画のワンシーンのようにインパクトのある映像の次にうつるのは
画面いっぱいの「ツケ払い お支払いは2カ月後」の文字。

スタートトゥデイが運営する「ZOZOTOWN」(ゾゾタウン)が
昨年11月から始めた「ツケ払い」システムのCMである。

ゾゾタウンは、5000社以上のファッションブランドを扱う
ショッピングサイトだ。

豊富な品揃えと、サイトの使いやすさで
若者の間で人気がある。

支払い方法も多様で、現金、コンビニ払い、クレジットカード払いから
選ぶことができ、様々な事情でカードをもたないような人でも
使いやすい仕組みになっている。

そこへさらに、昨年11月から加わった「ツケ払い」が
いま波紋を広げている。

ゾゾタウンの「ツケ払い」とは、税込5万4000円を限度額として
商品注文日から最大2カ月間支払いを先送りにできる制度だ。

商品到着後、請求書(振込用紙付きハガキ)が郵送で届けられ
購入者はコンビニエンスストアまたは銀行で支払う仕組みになっている。

手数料は324円。

例えば2017年4月15日に注文した場合は2017年6月15日まで
支払いの“猶予期間”ができるのだ。

サービス開始直後、ゾゾタウンは冒頭のCMをはじめ
大々的に広告を売ってこれを宣伝した。

その前のめりの姿勢は、システム開始当日である2016年11月1日付の
リリースをみるとよくわかる。

「お財布事情を気にすることなく、お客様のご都合のよいタイミングで
 ZOZOTOWNでのお買い物をお楽しみいただくことができます」


「商品到着後に中身を確認してから代金のお支払いができるので
 ZOZOTOWNを初めてご利用いただくお客様にも
 安心してご注文いただけます」


「クレジットカードの利用に抵抗があるお客様やクレジットカードを
 保有していない若年層のお客様もZOZOTOWNをご利用
 いただきやすくなります」


リリースをみる限り、「ツケ払い」は良心的、かつ便利なサービス
という印象を受ける。

「試してみよう」という気にさせられた利用者も多いはずだ。

また、盛んなPRの結果、ゾゾタウンの利用者も、「ツケ払い」の
存在にはすぐ気付いたようだ。

「昨年12月頃に買い物をした時、ホームページの右上に動く
 アイコンで『ツケ払い』という文字が踊っていたのが印象的でした。
 どのページを開いても、ずっと画面の右上で『ツケ払い』の
 文字が踊っているんです。いやでも目に入りました。
 商品を購入する際にもしきりに『ツケ払い』をすすめる表示が
 出てきて、なんだろう、と思った」

(30歳女性)

ただし、4月13日現在、このアイコンは消えている。

なぜこのようなサービスを開始したのか。

その背景について、スタートトゥデイ広報部に問い合わせたところ

「現金での決済のニーズや商品到着後の後払いの
 ニーズにお応えするため」


との回答を得た。

だが、「後払い」を選ぶ理由とは
「いま払えないから」ではないのか。

サービス開始から約半年が経ち、延滞のリスクが指摘されている。


誰も法律上の責任を負わないシステム


特に心配されているのが、支払い能力の低い未成年者が
保護者に無断でこのサービスを利用してしまうことだ。

これについてスタートトゥデイは

「支払い方法の選択画面で、『未成年者の方は保護者の同意を得たうえで
 ご利用ください』の文言を表記しております」


と回答しているが、果たしてそれで十分なのだろうか。

消費者問題に詳しい池本誠司弁護士に話を聞いた。

「ポイントは『2カ月以内の後払い』という点です。2カ月を超える場合は
 割賦販売法により、利用者の信用調査が必要になります。
 しかし、『ツケ払い』は2カ月以内なので、割賦販売法の適用を受けない。
 そうすると、ゾゾタウン側は、消費者の支払い能力の有無を判定せずに
 商品を販売できるのです」


「『ツケ払い』はゾゾタウンが決済代行業者から立替え払いを受ける
 仕組みなので、実際には、クレジットカードと同じく信用販売を
 していることになります。また、現金を直接貸し付けるなら
 貸金業法にあたるので、決済代行業者はやはり信用調査が必要になり
 収入の3分の1を超える貸付は法律で禁じられています。
 しかし、『ツケ払い』はあくまでも立て替え払いですので
 こちらの法律にも触れません」


つまり、「ツケ払い」は法の抜け穴をうまく利用したシステムであり
ゾゾタウンも決済代行業者も法律上の責任を負うことなく
支払い能力の不明な消費者に商品を信用販売できるのだ。

仮に、未成年者が親の承諾なしで「ツケ払い」を利用して
商品を購入した場合、どのように対応すればいいのだろうか。

「民法5条では、未成年者が親の承諾を得ないで単独で行った契約は
 後から取り消すことが可能とされています。どのような場合に
 取り消しが可能になるかというと、未成年者でもアルバイトや
 小遣いなどにより、月々になんらかの収入を得ている場合がありますが
 その収入を超える買い物をしてしまった場合です。たとえば月に
 1万円しかお小遣いをもらっていない未成年者が、3万円の買い物を
 してしまったときには取り消しが可能になります」

(池本弁護士)

未成年のみならず、支払い能力の低い者にもリスクはある。

「ツケ払い」を利用した結果、消費者が支払い不能に
陥ってしまった場合には

「債務整理法で対処するしかない」

(池本弁護士)

という。

若者に人気のゾゾタウン。

魅力的な商品を取り揃えているが、消費者への訴求は
それで十分ではないだろうか。

「2カ月待つなんてできないよ」という煽り文句で
宣伝すべきだったのか。

企業の姿勢が問われている。

次回に続きます。


【関連情報】

今、ZOZOTOWNは何を考えているのか?
3人子持ち 働く母の モノを減らして 家事や家計をラクにする方法
マンガでわかる! 法律の抜け穴 (2) 金銭トラブル編
難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、PRESIDENT Onlineに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 
スポンサーサイト



今日の気になる情報をお届けします。


西濃運輸
トラック運転手不足で輸送効率化





セイノーホールディングス傘下の西濃運輸(岐阜県大垣市)が
片道800キロ超の長距離トラック定期便の多くを鉄道輸送に
切り替えることが分かった。

人手不足が続く中、交代要員が必要な長距離便の運転手の数を
減らせるため、別の輸送に振り向けるなどして効率化を目指す。

西濃運輸は1日に約3700便を運行しており、片道800キロを
超えるのは145便。

このうち区間内に鉄道が走っており、切り替えても従来と
輸送時間が変わらない約80便を対象とする。

主要都市を結ぶ定期便で約2100人の運転手を抱えており
鉄道の利用により約150人を他の輸送などに充てることができるという。

5月に東京-福岡の便で始める。東京都内から大阪府茨木市の拠点まで
コンテナ対応のトラックで運び、近くのJR貨物のターミナル駅で
積み替えて福岡まで輸送する。

新たな鉄道コンテナなどの導入に約2億円を投資する。


【関連情報】

物流大激突 巨人アマゾンに挑む宅配ネット業者(仮)
どん底から生まれた宅急便
社長の決意で交通事故を半減! 社員を守るトラック運輸事業者の5つのノウハウ
プロジェクトX 腕と度胸のトラック便 ~翌日宅配・物流革命が始まった~


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、サンケイビズに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。

和製テスラ
ベンチャーのGLMがスーパーカー





創業7年目の電気自動車(EV)ベンチャーGLM(京都市左京区)は
スーパーカーEV「GLM G4」を平成31年に量産化し
EV市場に本格参入すると発表した。

同社は自社ブランドの開発・販売にとどまらず、EVの要となる
基幹部品の外販という大手では考えられない事業モデルも構築して
市場での存在感を高める考え。

拡大基調が続くEV市場に新たな伏兵の登場だ。


「全く新しいセグメントのスーパーカーだ」


東京都内で開いたG4のお披露目会でGLMの小間裕康社長は
新型車のでき映えに胸を張った。

G4は4人乗りのスーパーカー。

高出力のモーターを搭載し、最高出力540馬力
最高時速250キロメートルを実現した。

充電1回当たりの最大航続距離は400キロメートル。

想定価格は4千万円とイタリアの高級車フェラーリ並み。

日欧や香港、中国などで売り出し、累計1千台の販売を目指す。

生産は、自社工場を持たないため
日本と欧州メーカーに委託する。

GLMは、22年に京大の研究プロジェクトを母体に発足した。

出資者にはソニー元会長の出井伸之氏らが名を連ねる。

27年10月には国内のベンチャーで初めてEV量産化に成功しており
G4投入で市場の本格開拓に乗り出す。

GLM最大の特徴は、自社開発したEVの「心臓部」となる
フレームやシャシーなどの車台や開発ノウハウを惜しみなく
外販することだ。

先行した米EVメーカーのテスラのように新興メーカーのGLMが
世界市場で一目置かれる存在になるには

「大手とは違う独自の地位を築けるか」
(小間氏)

がカギとなる。


【関連情報】

再起動 リブート―波瀾万丈のベンチャー経営を描き尽くした真実の物語
スタートアップ・バイブル シリコンバレー流・ベンチャー企業のつくりかた
一生を賭ける仕事の見つけ方
大学発ベンチャー起業家の「熟達」研究


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、サンケイビズに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


モレスキン
モレスキンが教えてくれること





日本の伝統工芸品の扱いをビジネスとしている人が

「日本の技術・品質・デザインのどれもが世界でトップだ。
 ブランドさえあれば、エルメスやヴィトンの次元で勝負できる」


といった趣旨のことを書いていて、ぼくは「ブランドさえ」の
「さえ」がとても気になった。

この人からだけでなく、「ブランドさえあれば」との
ニュアンスがにじみ出た言葉はよく聞く。

そこには

「ブランドなんて口先のことで、やろうと思えば
 どうにかなるさ」


という意識がどうも潜んでいる。

もちろん、やってもどうにかならないのが大半だ。

とくに世界のトップ市場に出るなら、なおさらだ。

どうして、こうもブランドを軽くみるのだろう。

さて先週、モレスキンの副社長
マリア・セブレゴンディさんに会った。

彼女がモレスキンのコンセプトをつくった。

モレスキンは角が丸くなった長方形にゴムのバンドがついた
ノートブックのブランドであり、2016年には世界100か国
以上で年間およそ1800万冊が販売されている。

会社も年商100億円を超え、13年に
ミラノで株式上場している。

ピカソ、ゴッホ、ヘミングウェイなどの文化人が使っていたと
言われるが、彼らはモレスキンという名のノートを使っていたのではなく
パリのお店で販売していた長方形にバンドがついたノートを愛用していた。

そのノートを(モグラ=英語でmole(モール)=の皮膚に似ていると)
モレスキンと呼んだのは英国人の作家、ブルース・チャトウインだった。

しかし1980年代、そのノートは生産中止になった。

他方、ミラノのデザイン雑貨などを扱う会社が自社製品を
独自に作ろうとした時、アドバイスをした人が
セブレゴンディさんである。

ノートの生産がスタートしたのは1997年のことだ。

セブレゴンディさんは、格安航空会社や携帯電話の普及などで
「新しいノマド時代の到来」の兆候を見ていた。

移動する人たちが持っていて心地よいモノを開発すると
良いのではないか、と考えているところで思い出したのが
パリの店で買っていたノートである。

それをチャトウィンが愛用し、生産中止になった時に
大量に在庫を買ったと書いた文章をセブレゴンディさんも読んでいた。

これが全てのスタートである。

そして今やデザイナーやアーティストなど狭い範囲の
クリエイティブな人たちだけでなく、広い範囲での
クリエイティブな人たち、例えばヒラリー・クリントンや
レディ・ガガがモレスキンを使っている。

そうしたなかで、モレスキンがイタリアのメーカーであると
知っている人は、そういない。

多くの人は

「ピカソなんかが使っていたノートはモレスキンと呼ばれ
 多分、長い間、歴史を絶やさずにフランスの会社が
 作り続けているのだろう」


と思うか

「知られたブランドであることは知っているが
 どこのメーカーかはまったく知らない」


と答えるだろう。

これはセグレゴンティさんの戦略がそのままあたっている
ことを意味する。

モレスキンと言う名前は、フランスのメーカーでも販売店でもなく
商品のユーザーがつけた名前だ。

そして、その時のビジネスと今のビジネスは
まるっきり縁がない。

チャトウィンは1989年に逝去しているので
セグレゴンティさんが作家に会ったことがあるわけでもない。

モレスキンというブランドが世界に知られたのは
ヨーロッパにあるコスモポリタン文化の正統的な継承者である
と多くの人に思われた結果なのである。

従来の広告手法をまったくとらず、この文化を愛した人たちの
ストーリーを伝え、最初は売り場も文房具店ではなく書店に拘った。

このノートは「あなたが作る真っ白な本」との
コンセプトだからだ。

「あなたが考えたユーザーは、リチャード・フロリダ
 『クリエイティブ資本論』に書かれたような、職業ではなく
 思想や行動のパターンでクリエイティブと位置付けられる
 人たちなのですね」


と質問すると、セグレゴンティさんは

「まったく、その通り」


と力を込めて答えた。

前回の記事で紹介したピアノメーカー、ファツィオリも
約30年で世界のトップのブランドに上り詰めた。

ファッションのブルネッロ・クチネッリも創業から30年ほどで
エルメスと同等と言われる位置に達した。

モレスキンは20年に満たない。

これらの3社に共通するのは、会社の歴史が長いわけではないが
ブランドの背景にある文化を伝達することにより短期間で
トップのレベルに到達したことだ。

冒頭のような発言をする人にとってエルメスやヴィトンもよいが
これらの3社の事例の方が戦略をたてるに役立つと思う。

ブランドがグローバルに広まるエッセンスが
より集約されている。


【関連情報】

モレスキンのある素敵な毎日
今、企業がブランド力を上げる理由
「誘う」ブランド - 脳が無意識に選択する。心に入り込むブランド構築法
ブランド力 ~今、企業や自治体に求められる大切な価値


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、サンケイビズに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


海外進出
足かせになる国内での成功体験





日本企業がグローバル展開をする際に陥りがちな
誤ったパターンが2つある。

1つは、自分たちのやり方を現地で押し付けること。

もう1つは、現地の人の言うことをうのみにして
言いなりになってしまうことだ。

グローバル展開に失敗した企業を分析すると、8割くらいは
どちらかのパターンに当てはまると言っても過言ではない。

実はこれら2つは、どちらも正しく
どちらも間違っているのだ。

自分たちのやり方を現地のパートナーなどに押し付ける企業は
自分たちの日本国内での成功体験を過信している。

日本国内市場で大きな成功を収め、高い技術力と良い製品を持ち
これから展開しようとしている国がインドネシアだろうが
フィリピンだろうが、ベトナムだろうが、多少の違いはあれど
基本的なことはこれまで通りにやっていけばいいに違いない
という考え方だ。

しかし現実には、日本での成功体験の多くを
現地で生かせるとはかぎらない。

そして、現地の人の言いなりになってしまう企業は

「現地のことは現地の人がいちばん
 良く分かっているに違いない」


と、自分たちのパートナーの言うことをうのみにして
彼らに全て委ねてしまう。

自分たちは良い製品を作ることに徹し、売ることに関しては
現地のパートナーに丸投げするというパターンだ。

しかし実際のところ、本当に現地の人が現地のことを
何でも知っているかといえば、そうともかぎらない。

日本人が日本のことを全て分かっている
わけではないのと同じことだ。

自分たちのやり方を押し付けるのも、現地の人の
言いなりになるのも失敗のもと。

では、どうするのが正しいかといえば、現地の状況を
しっかりと分析した上で、自分たちで判断し、ときには日本流
ときには現地流を選択しながら事業を進めていくことだ。

自分たちの成功体験から得てきたものをやり通すという側面も
重要だし、現地パートナーの意見に耳を傾けて学ぶ姿勢も重要だ。

昔から日本人は「中庸」を重んじ、臨機応変にバランスを取る
ということを得意としてきた。

その本領を海外でも発揮すればいいというわけだ。

多くの日本企業がグローバル展開で失敗した理由は
自己分析を怠ったことにある。

自分たちが日本国内で培ってきた成功体験が、現地の市場で
どれほど応用できるものかを徹底的に分析し、その結果
応用がきくと分かったならやり通す。

現地の人たちが言っていることを情報の一つとして認識し
分析した上で、正しい情報や必要な情報だけを取り入れていく。

分析をしっかり行って正しく判断できれば、2つのパターンの
バランスを取って正しい方向に進んでいくことができるのだ。


【関連情報】

世界が称賛する日本の経営
国内頭打ち商品で 利益を生み出す 海外進出戦略
日本式モノづくりの敗戦―なぜ米中企業に勝てなくなったのか
技術を武器にする経営--日本企業に必要なMOTとは何か


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、サンケイビズに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!








[ジャンルランキング]
ニュース
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
3位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (577)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (834)
食品・飲料 (129)
プレスリリース (44)
情報端末 (14)
ゲーム (81)
健康 (1143)
IT (53)
経済 (119)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (278)
その他 (28)
海外情報 (1061)
アニメ (440)
セクシーネタ (1997)
グルメ (42)
節電 (2)
プロレス (6)
テレビ (23)
ペット (21)
コスプレ (6)
いきもの (18)
テクノロジー (111)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (13)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (82)
ガンダム (11)
ニュース (191)
人間心理 (41)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (39)
漫画 (12)
生活 (50)
育児 (20)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (8)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (9)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (181)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (36)
キャラクター (28)
ホビー (115)
歴史 (10)
宇宙 (17)
就職 (2)
ミステリー (33)
雑学 (15)









この人とブロともになる








 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.