ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 




今日の気になる情報をお届けします。


大航海時代2
未踏の地を追い求めた男





壊血病は、体だけでなく精神にもダメージを与えるそうですね。


脳の神経構造が破壊されるので、精神に障害をきたします。

ビタミンC不足が脳の酸化ストレスを引き起こし
神経伝達物質の働きを阻害して、幻覚を見たり
現実と区別がつかないほど鮮明な夢を見るようになったりします。

幻覚や夢に現れるのは、体が必要としているもの
主に食べ物です。

そのため、目が覚めたり、幻覚が消えたりした後
実際には食べ物がないとわかると非常なショックを受け
打ちのめされてしまうのです。

18世紀の人々は、壊血病には陸地を思い出させてくれる
土のにおいをかぐことが効果的だと考えていました。

そこで、故郷の土を船に積み込み、誰かが航海中に
壊血病にかかると、病人を箱に入れて上から土を振りかける
「土浴」を実践していました。

これで病気が治ると信じていたのです。


クック船長はレモン汁や新鮮な野菜と果物でビタミンCを補給し
船乗りたちの壊血病を予防したと言われていますが
あなたは本の中で異論を唱えていますね。


クック船長は、壊血病を克服した英雄とされていますが
厳密に言えば正しくはありません。

彼は、航海の間、できる限りのことをして壊血病の予防に
努めたことは確かです。

機会があるごとに陸に立ち寄って新鮮な野菜を調達したり
住民から新鮮な肉や魚を手に入れたりしました。

船の中は暖かく、清潔で乾燥した状態を保っていました。

壊血病を引き起こす要因とされる劣悪な環境を最小限に
抑える努力をしたのです。

けれども、実際には彼が指揮した航海のすべてで
壊血病患者が出ているのです。

特に第二次航海はひどいものでした。

また、航海から帰還したクック船長は、壊血病予防には
濃縮した麦汁が大変効果的だという誤った情報を流してしまいます。

壊血病を治すかは不明であるとした点では正直だったと思いますが

「壊血病の予防と治療には、柑橘類ではなく濃縮麦汁」

という医師の言葉を信じて、クック船長は実際には
全く効果のないものを推奨してしまったのです。

航海での医学に詳しい偉大な歴史家ジャック・コルター氏と
クリストファー・ロイド氏は、クックのやったことは偉業でも
何でもないと語っています。

壊血病の予防にようやく成功したのは、1795年のことでした。

ナポレオン戦争を戦っていた英海軍のギルバート・ブレイン卿が
乗組員たちにかんきつ類を配ります。

クックは、多くの偉業を成し遂げた人物ではありますが
壊血病に関してはかえって医学の進歩を妨げてしまったと言えるでしょう。


壊血病は文学作品のテーマにもなってきました。
最も有名なのは、英国のロマン派詩人サミュエル・テイラー・コールリッジの
「老水夫行」という詩でしょう。
ほかにも『白鯨』などにも登場します。
印象的な作品について教えてください。



「老水夫行」の一節が私にとっては最も印象的です。

老水夫が船縁から海を見渡していて、水へビを目にします。

彼の目には、その姿は信じられないほど
不快なものに映りました。

水夫は恐ろしさで身動きが取れなくなります。

しかし、そのすぐ後で、同じ水へビを素晴らしい生き物だと
考えるようになります。

妖精のように感じられたのです。

そして、ヘビに愛情を抱くようになります。

恐怖から歓喜への感情の変化こそが壊血病患者の特徴で
この病を扱った文学作品の根幹をなすものだと思います。

窮乏や無知、悪臭という悲惨な状況にいるとき、突如として
自分を救い出してくれることが起きます。

たとえば、食べ物や飲み物が手に入る。

その途端に、抑えきれないほどの喜びが
湧いてくるということです。

これは壊血病患者の体験の一面でしかありません。

日誌や文学作品に記されている別の面は、自分の体験を
伝えきれないという問題です。

いくら話しても理解してもらえない。孤独感は
並大抵のものではなかったでしょう。

船には何百人もの船乗りがいます。

でも、患者たちは一人ぼっちだと感じていました。

誰にも理解してもらえず
孤独を抱えていたのです。


【関連情報】

壊血病とビタミンCの歴史―「権威主義」と「思いこみ」の科学史
地図で見るイギリスの歴史―大航海時代から産業革命まで
壊血病 医学の謎に挑んだ男たち
キャプテン・クック―世紀の大航海者


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、ナショナルジオグラフィックに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 
スポンサーサイト



今日の気になる情報をお届けします。


大航海時代
ビタミンC不足が引き起こす病気で200万人が命を落とす





マゼランやクックといった航海者たちが
世界の海を制した大航海時代。

ヨーロッパに巨万の富と英知をもたらした一方で
多大な犠牲を強いられることにもなった。

この時代、壊血病によって命を落とした船乗りの数は
米国の南北戦争で死んだ兵士の3倍以上に及んだという。

体と精神の両方をむしばむこの恐ろしい病は、新鮮な果物や
野菜不足による恒常的なビタミンCの欠乏によって引き起こされる
ことが今ではわかっている。

しかしジョナサン・ラム氏は、最新の著書
『Scurvy: The Disease of Discovery(壊血病:大航海の病)』
の中で、数百年もの間、誰ひとりとして、病気の原因に
たどり着くことができなかったと述べている。


ニュージーランド在住のラム氏に、大航海時代と
壊血病について尋ねた。


本の中で、壊血病を「大航海の病」と呼んでいますが
その理由は何ですか。


また、15~18世紀の大航海時代に、この病気はどれほどの
破壊力があったのでしょうか。

当時、200万人の船乗りが壊血病で命を落としたと
推定されています。

人類が初めて大西洋、インド洋、太平洋を横断した時代
これらの航海のすべてに共通していた問題は長い期間
海の上で過ごさなければならないということでした。

3カ月を超えることもあったでしょう。

その間、乗組員たちは保存食だけを食べ
壊血病を発症したのです。

保存食にはビタミンが含まれていなかったため
あらゆる栄養障害が起こりました。

ビタミンB1の不足は脚気を、ビタミンB3不足はペラグラ
(ナイアシン欠乏症)を、そしてビタミンC不足は壊血病を引き起こします。

最もひどい症状が現れたのが、壊血病でした。

記録によると、脚気など他の病気を併発する
こともあったようです。

脚に大量の水が溜まったという乗組員たちもいましたが
これは脚気の症状です。

また脚気やペラグラは、どちらも精神的不安や
性格の変化を引き起こします。

当時の航海日誌を読むと、人々がおかしな行動を取っていた
様子が記録されています。

特に驚くべき例は、ジェームズ・クック船長でした。

誰もが、彼は死の数日前から精神状態が不安定になっていたと
思っていたようです。

元海軍外科医の故ジェームス・ワット卿は、クックが
ペラグラにかかっていたのではないかとの見解を示しています。

壊血病は不潔で不快な病とされ、人々から
ひどく敬遠されていました。

実際、患者の体は強い異臭を放っていましたが
それを自ら認めようという人はいないでしょう。

長編小説『白鯨』の著者ハーマン・メルビルは、捕鯨船時代の
回顧録の中で壊血病という言葉を使わず、単に「病気」と呼んでいます。


壊血病の恐ろしい症状とはどんなものですか。
心臓の弱い人は読み飛ばしたほうがいいですかね。


主な症状は、体の“崩壊”です。

最初のうちは小さな血豆が現れ、やがて大きな潰瘍へと
広がっていきます。

歯茎は黒くなり、骨折したことのある部分が
再び折れ、古傷が開きます。

これらは、細胞をつなぎとめる役割を担うコラーゲンを
体が作り出せなくなるためです。

主に胸部の辺りの軟骨が失われます。

患者の体はきしんだり、カタカタという音を
立てたりするようになります。

これらは、体の外側の症状です。

体内でも、動脈や毛細血管が壊疽しはじめ、血液が筋肉へ漏出し
動脈内で凝固し、心臓血管にひどい損傷をきたします。

これが脳に障害を引き起こし、発作や動脈瘤を
引き起こす原因にもなります。

次回に続きます。


【関連情報】

壊血病とビタミンCの歴史―「権威主義」と「思いこみ」の科学史
地図で見るイギリスの歴史―大航海時代から産業革命まで
壊血病 医学の謎に挑んだ男たち
キャプテン・クック―世紀の大航海者


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、ナショナルジオグラフィックに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


上杉謙信
高血圧で冬場のトイレは危険




― まり先生の歴史診察室 ―

忍者とメガネをこよなく愛する歴女内科医・馬渕まりが
偉人たちを歴史的状況から診察し医学に基づいてまじめに論じる!


●今回のテーマは「上杉謙信と高血圧」

越後の龍などの異名を持ち、戦国時代の
最強武士としても名高い「上杉謙信」。

戦での活躍は輝かしいものばかりで有名ですが、彼の死に場所に
ついては、意外と知らない方も多いのではないでしょうか?

ライバルの信玄みたいに遠征中に倒れて
そのまま亡くなって……ではありません。

なんと、謙信の死を誘発した場所はトイレでした。


◆お酒LOVEな上に、塩辛い肴が大好物!


謙信の食生活に関する記録を見てみると、必ず出てくるのが
『酒好き』という記述です。

そしてその肴は『干物、梅干し、塩や味噌』。

ここまで書いただけで、もう【高血圧】という
病名がちらつきますね。

当時は健康マニアと称される徳川家康でも塩分過多な食生活をしていて
死因は「鯛の天ぷらではなく胃がん」だったとも言われているようです。

ともかく高血圧が続くと動脈硬化がおこり
血管が破れやすくなります。

天正6年(1578年)のまだ春浅い4月15日、謙信は遠征の準備中に
春日山城内の厠(かわや)で倒れ、そのまま昏睡状態となりました。

その後、わずかに意識を取り戻して唇を動かすも
結局、19日に死亡。

享年49才で、その経過から脳出血が死因と考えられております。

にしても、死を誘発したのがトイレだったとは
現代人の我々から見れば実にバカバカしい最期だと
思われるでしょうか?

いえいえ、まだ寒い時期のトイレは
実は危険なスポットなのです!


◆夏場に少なく、冬多い脳出血

人は、寒くなると交感神経が緊張するため、健康な状態でも
血圧が少し高くなります。

そのため暖かい室内から寒い廊下やトイレに行くと血管が収縮し
急激な血圧上昇を起こす場合があります。

特に、トイレでは用をたす時に力みますよね?

この時、脳の血管が圧力に負けて出血する『脳出血』を
起こす場合があるのです。

実際、統計的に脳出血は夏場に少なく冬場多いという
データもありまして。

越後のような雪国でしたら、その傾向はなおさら顕著でしょう。

なにより高血圧が怖いのは、患者に警告を促すような症状に乏しく
気がついた時には血管を蝕んでいるところです。

このため『サイレントキラー(静かな殺し屋)』と呼ばれており
謙信は40歳のときに軽い脳出血を起こし左足に後遺症が
残っていたそうですが、その原因が高血圧と見抜き
対策するまでには至らなかったでしょう。

つまり謙信自身も自らが急死するとは思っていなかったハズで
結果、跡目相続に大きな問題を残してしまったのだと思われます。

死期を悟って遺言を残そうにも、サイレントキラーな病気が
相手では中々うまくいかないのです。


◆この世の栄華も一杯の酒のようなものだ

実子が居ない謙信には養子が数人おりました。

その中から謙信の姉の子・上杉景勝と、北条氏康からの
養子・上杉景虎の間で、壮絶な跡目争いが勃発(御館の乱)。

この内戦により上杉家はかなりのダメージをうけてしまいます。

かくして今では批判の対象となることもある謙信の遺言問題も
事前に死期を悟ることの難しい病気であれば、ある程度は
致し方なかったのでは?

逆に、ご自身の死期が見えたのでしたら、キッチリと後継者を
指名していたのではないでしょうか。

稀代の大名・謙信が後継者問題は疎かに
していたとは考えにくいです。

自身の子どもがいないため養子を迎え入れたのは
その対策を考えていた証左でもあるのでは…?

さて、最後に謙信が死の一月前に詠んだ詩をご紹介したいと思います。

四十九年 一睡夢 一期栄華 一盃酒

(49年の我が人生も一睡の夢のようなもので、この世の栄華も
 一杯の酒のようなものだ。)

酒を愛し、(酒と肴が一因の)高血圧性脳出血で早逝した
謙信らしい辞世の句ですね。


【関連情報】

上杉謙信―信長も畏怖した戦国最強の義将
最新研究が教えてくれる! あなたの知らない戦国史
上杉謙信―政虎一世中忘失すべからず候
お金の流れで見る戦国時代 歴戦の武将も、そろばんには勝てない


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、日刊SPA!に帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


人類の足跡2
火山灰ではなく泥だった





しかしエンガレ・セロの謎――特に人類が泥の上を歩いた正確な時期――を
解き明かすのは、容易なことではなかった。

調査チームは、学術誌「Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology」
に発表した論文で、その経緯について明かしている。

彼らは最初、足跡の付いた泥の由来は、オル・ドイニョ・レンガイ山が
噴火した後に一帯に降り注いだ灰であろうと考えていた。

そうであれば、灰と足跡はほぼ同じ古さ
つまりは12万年前のものということになる。

しかしその後、灰がエンガレ・セロまで水によって
運ばれてきたものであることが判明すると、足跡の年代を
特定するためには、泥の中から最も新しい結晶体を見つけ出すという
恐ろしく手間のかかる作業が必要となった。

足跡の上にある泥から見つかったひとつの貝殻が
これ以上時代が新しいことはあり得ないという限界を
特定する決め手となり、足跡が付けられた年代は最終的に
1万9100年前から5000年前であるという結論が導かれた。

遺跡の年代を特定する作業の遅れによってチームは
大いに疲弊させられ、年代の範囲は絞られたものの
人類学的な分析作業は今も立ち往生を余儀なくされている。


3Dスキャン画像で保存も

エンガレ・セロ遺跡の難解な地質についての論文発表が
ようやく終わったことで、ポビナー氏とハーコート・スミス氏は
この先、古人類学的な分析が進むだろうと期待している。

その内容についてふたりは、2012年に結果が公表された
小走りをする人々や一斉に移動する12人超のグループなど
少なくとも24の足跡についてその特徴が解明された
初期調査と似たものになるだろうと述べている。

リウトカス=ピアース氏はまた、エンガレ・セロを長期間保存する
方法についても検討を進めている。

現在はタンザニア政府が仮の対策として、現場の周囲に
有刺鉄線を張って立ち入りを禁止している。

しかし万が一最悪の事態が起こったとしても
未来の研究者たちには8年前にリウトカス=ピアース氏が
目にしたのと同じ光景を見る手段が残されている。

調査チームがスミソニアン協会の協力の元に作成した
エンガレ・セロ遺跡全体の3Dスキャン画像があるからだ。

リウトカス=ピアース氏は言う。

「たとえ遺跡への立ち入りや調査が禁止されたとしても
 我々には3Dプリンターで遺跡の複製を作ることも可能です」



【関連情報】

化石とゲノムで探る 人類の起源と拡散
ここまでわかった人類の起源と進化
食糧と人類 ―飢餓を克服した大増産の文明史
人類発祥の地を求めて――最後のアフリカ行


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、ナショナルジオグラフィックに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


人類の足跡
状態のよい極めて貴重な遺跡、タンザニア





アフリカに暮らすマサイが「神の山」と呼ぶ火山から
15キロほど離れた地点に、人類の足跡が状態よく大量に残されている。

これまで謎とされてきたその年代が、1万9000年前から
5000年前のものであることが9月28日付けの学術誌
「Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology」に発表された。

400を超える足跡は、テニスコートよりも
若干広い程度の範囲に散らばっている。

場所はタンザニア、ナトロン湖南岸のエンガレ・セロにある泥地。

これほど多くのホモ・サピエンスの足跡が残っている遺跡は
アフリカには他にない。

なかには、時速8キロ以上という小走りほどの速さで泥の上を
複数の人間が駆け抜けたことを示唆する足跡があった。

また親指の形がやや変わったものもあり、これはおそらく指に
怪我をしていたのではないかと推測される。

その他、主に女性や子供からなる12人ほどのグループが
一斉に南西の方角に向かって歩いたような足跡も見られる。

エンガレ・セロの泥の上には、彼らが一歩踏み出すごとに
その足から落ちた泥のしずくの跡までがくっきりと残されている。

「初めて現地を訪れて車から降りたとき
 私は涙ぐんでしまいました」


と語るのは、調査チームのリーダーを務めた米アパラチアン州立大学の
地質学者、シンシア・リウトカス・ピアース氏だ。

「私は人類の起源、つまり我々はどこから来たのか、我々が現在の
 我々であるのはなぜなのかといった問題に強く惹かれます。
 足跡の遺跡に私たち人類の歴史を見るのはとても感動的でした」

エンガレ・セロの他にも、長い年月を越えて残ってきた
人類の足跡は存在する。

たとえばオーストラリアのウィランドラ湖遺跡には
およそ2万年前に付けられた700個の足跡化石がある。

また南アフリカの海岸沿いの2つの遺跡には、12万年前に生きていた
ホモ・サピエンスの足跡が残っている。

エンガレ・セロから南西へおよそ100キロの位置にある
タンザニアのラエトリ遺跡には、はるか360万年前の足跡があり
これは人類の祖先であるアウストラロピテクス・アファレンシス
のものではないかと考えられている。

エンガレ・セロの遺跡で特筆すべきは
足跡の数の多さと多様さだ。

こうした特徴が、アフリカにいた人類の祖先がどのような暮らしを
送っていたのか、その一端を非常に具体的に推測することを可能にしてくれる。

「この遺跡はきわめて複雑です」


と、米ニューヨーク市立大学の古人類学者で、今回の調査チームに
参加しているウィリアム・ハーコート・スミス氏は言う。

「特に多くの足跡が付いている場所が1カ所あり
 我々はそこを『ダンスホール』と名付けました。
 これほどたくさんの足跡が1カ所に固まって残っている例は
 見たことがありません」



足跡が発見されるまで

エンガレ・セロ遺跡は、ナトロン湖畔にそびえる
オル・ドイニョ・レンガイ火山と深い関わりがある。

標高およそ2300メートルのこの山は、薄く広がる銀色がかった
奇怪な溶岩が見られることで知られており、牧畜民のマサイは
この山に登り、神エンガイに雨や牛、子供を授けてもらうために祈りを捧げる。

調査チームは、足跡が残されていた火山灰をたっぷりと含んだ泥は
オル・ドイニョ・レンガイ山の斜面から流れてきたもので
それが麓に広がって泥地を形成したのだろうと推測している。

泥の表面は数時間から数日のうちに乾いて固くひび割れ
そこに付けられた足跡が消えずに残された。

その後、少なくとも1万年から1万2000年前にまた別の泥が流れてきて
一帯を覆い尽くし、それ以降、数千年間にわたって
足跡は地中に埋もれたままの状態で保たれることになった。

地元の村に住むコンゴ・サッカエ氏は、2006年には足跡の存在を
知っていたが、これが専門家の目に止まったのは2008年のことだ。

きっかけは、ペンシルベニア州の自然保護活動家である
ジム・ブレット氏が、現場から数百メートルの距離にある
ナトロン湖のキャンプ場に偶然滞在したことであった。

そこで見たものに衝撃を受けたブレット氏は、できる限り多くの写真を
撮影し、以前から知り合いだったリウトカス=ピアース氏に見せることにした。

ブレット氏の写真を見たリウトカス=ピアース氏は
足跡の保存状態のよさに驚き、すぐさまざまな分野の
専門家からなる調査チームを結成した。

そのひとりが、彼女の旧友で、米スミソニアン協会の
人類起源プログラムに所属する古人類学者、ブリアナ・ポビナー氏だ。

「すべてがほぼ同時期に付けられた足跡が数多く残っているおかげで
 古代人類の暮らしの社会的な側面を直接的に研究できます」


と彼女は述べている。

次回に続きます。


【関連情報】

化石とゲノムで探る 人類の起源と拡散
ここまでわかった人類の起源と進化
食糧と人類 ―飢餓を克服した大増産の文明史
人類発祥の地を求めて――最後のアフリカ行


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、ナショナルジオグラフィックに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!








[ジャンルランキング]
ニュース
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
3位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (560)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (834)
食品・飲料 (128)
プレスリリース (44)
情報端末 (14)
ゲーム (80)
健康 (1102)
IT (53)
経済 (116)
コスメ (15)
便利グッズ (20)
地域情報 (275)
その他 (28)
海外情報 (1003)
アニメ (439)
セクシーネタ (1936)
グルメ (39)
節電 (2)
プロレス (5)
テレビ (23)
ペット (20)
コスプレ (6)
いきもの (18)
テクノロジー (107)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (13)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (81)
ガンダム (11)
ニュース (173)
人間心理 (40)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (6)
政治 (38)
漫画 (12)
生活 (48)
育児 (19)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (8)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (9)
環境 (9)
外交 (25)
ビジネス (165)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (36)
キャラクター (28)
ホビー (112)
歴史 (9)
宇宙 (17)
就職 (2)
ミステリー (32)
雑学 (15)









この人とブロともになる








 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.