ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 



今日の気になる情報をお届けします。


地球の生命
権威ある学術誌で衝撃発表





地球上のあらゆる生命の起源はどこにあるのか――?

最新の研究では、どうやら私たちは宇宙からやって来た
可能性が濃厚になっているという。


■大気圏上層部では宇宙空間との活発な“交流”がある

太古の昔、地球上で分子レベルの何らかの化学的変化が起き
最初の生命が誕生したとする考えは至極まっとうに思えるが
生命は宇宙から地球に運ばれたという「パンスペルミア説」も
有力な仮説として科学界で真剣に検討されてきた経緯がある。

そして今回、このパンスペルミア説をさらに強力にサポートする
研究成果が発表された。

ご存知の通り、地球は大気圏によって宇宙空間から
頑丈に守られている。

時折、隕石などが燃え尽きずに地表まで落ちてくることもあるが
分厚い大気圏は、基本的には極めて強固に、宇宙から飛来する
さまざまな脅威から我々を保護してくれていると考えられている。

しかし先日、権威ある学術ジャーナル『Astrobiology』で発表された
エディンバラ大学アルジュン・ベレラ教授の研究論文では
大気圏上層部では宇宙空間との“交流”がこれまで考えられてきた
以上に活発に行なわれていることが指摘されている。

我々が想像していた以上に、宇宙空間を飛び交う物質は大気圏を
通り抜けて地上へと降り注ぎ、また地球上の物質も宇宙空間へと
放出されているというのである。

そしてその中には“生物”も含まれるというのだ――。

この研究の前提になっているのは、宇宙空間をきわめて高速で飛び交う
“宇宙ダスト”の存在である。

なんと1日あたり105kgもの宇宙の“塵”が、秒速10~70kmもの
速度で地球に降り注いでいるということだ。

そして成層圏の上層部(熱圏)には宇宙ダストの急流が形成されており
もしもここに地球由来の物質などが届けば、ダストの急流に後ろから
衝突されるとともにすさまじい推進力を得て、宇宙空間へと放たれる
メカニズムがあるというのだ。

これはつまり、もしもこの地上から舞い上がった物質が
ウイルスや微生物、クマムシのような緩歩動物(tardigrade)
だった場合には、地球由来の“生物”が宇宙空間へと
放たれていくことを意味する。

こうして宇宙空間に放たれた“生物”は、ベレラ教授の試算によれば
数十億年の間に、なんと3万光年ほど移動する可能性があるということだ。

つまり、数十億年で地球由来の“生物”が銀河系の
大部分に行き渡る計算になる。

何も高性能な宇宙船を建造しなくても、ある意味で我々の生命は
すでに“宇宙進出”していたことになる。


■惑星間の“流通網”が広がっている

そして“逆もまた真なり”である。

一般的なパンスペルミア説では、隕石などに付着した“生物”が
地球に運ばれたと考えられているが、大気圏上層部に
こうしたメカニズムがあるとすれば、宇宙船ばかりでなく
隕石も必要ないのである。

地球に似た惑星からの“生物”が超高速で地球に運ばれてきた
可能性もでてくるのだ。

「超高速の宇宙ダストは、太陽系をはじめとする惑星系における
 独特な存在であり、各惑星のサンプルを大気圏を通過して
 収集・貯蔵することができます。惑星系を飛び交う超高速の
 宇宙ダストには、あらゆる惑星からの原子、分子、場合によっては
 微生物の生命体まで含まれており、それらを異なる惑星へと運ぶ
 手段になっています」

(研究論文より)

つまり、惑星とはそれぞれが孤立した存在ではなく、相互に
物質や生物をやりとりできる“流通網”をすでに持っているということだ。

そして、この“流通網”は銀河全体に及ぶ
ことさえ考えられるのである。

「宇宙ダストの衝突によって、惑星間の遠大な距離を隔てて生物が
 運ばれる可能性があるという仮説は、惑星の生命と大気の起源に関する
 興味深い研究の糸口を開くものになります。惑星系に存在する
 宇宙ダストの流れは、生命拡散の共通要因となる可能性があります」

(研究論文より)

そして、スピッツアー宇宙望遠鏡をはじめとする高性能望遠鏡
による今後数十年の宇宙探査で、超高速宇宙ダストが微生物を
はじめとする生命の“輸送システム”として宇宙にあまねく広がっている
ことが明らかになるということだ。

生身の人間が気軽に宇宙へと旅立つ時代はまだまだ先の話になるが
この宇宙にすでに惑星間の“流通網”が広がっているとすれば
地球もまたほかの惑星からさまざまな影響を受け続けていることになる。

超高速宇宙ダストのメカニズムについて
今後の研究の進展を大いに期待したい。


【関連情報】

生命進化の偉大なる奇跡
知られざる地球動物大図鑑:驚くべき生物の多様性
生物はなぜ誕生したのか:生命の起源と進化の最新科学
ディスカバリーチャンネル DEEP SEA-生命誕生の真実-


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、TOCANAに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 
スポンサーサイト



今日の気になる情報をお届けします。


スタッフが写り込んでいると話題に






アポロは月に行っていないという「アポロ計画陰謀論」
というものが有りますが、現時点ではあの当時たしかに月に
人間は降り立ったというのが一般的な考え方で、陰謀論に
関してはただの面白話として捉えるべきなのかもしれません。

さてそんな中、今回話題となっているのがこちらの写真です。

その陰謀論の一環ではありますが。


問題の写真

1969年7月20日、アメリカのアポロ11号計画で人類は
初めて月に降り立ちました。

あまりにも衝撃的でセンセーショナルなこの取組は人類の歴史の
まさしく1ページを飾る画期的な出来事です。

しかしそれから40年以上たった今、はたして本当に当時の技術で
月面に降り立つことなどできたのでしょうか。

というのが陰謀論で、様々な「捏造疑惑」が
持ち上がっております。

もちろんいずれも根拠のない理由で問題をでっち上げているだけ
なのかもしれませんが、そのような議論がされていることは
承知頂ければと思います。

ということで今回話題となっている「陰謀論」はこちら。

月面にスタッフが写り込んじゃっているというものです。

宇宙服のヘルメットをよく見ると・・・

確かに人のようなものが歩いております。

しかも影もあります。

投稿者「Streetcap1」によると、これは宇宙服も着ていない
生身の人間で、この月面写真を撮影するために居た
スタッフではないかということです。

確かに宇宙服に比べ、かなり軽装備ではありますが
はたしてこの人間は誰なのでしょうか。


【掲載元】

http://www.dailymail.co.uk/news/article-5095949/Apollo-moon-landing-fake-photo-excites-conspiracy-fans.html


【関連情報】

アポロ11号 月面着陸の疑惑~本当に人類は月に降りたのか?~
月をマーケティングする アポロ計画と史上最大の広報作戦
ドリーム NASAを支えた名もなき計算手たち
飛鳥昭雄の飛鳥塾 「裏NASAの宇宙論2」 アポロ計画と惑星探査


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、秒刊SUNDAYに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


ラマ僧の即身仏
監視カメラに捉えられた人影はダシ=ドルジョなのか?





カメラが捉えた即身仏の怪


ロシアの「ザ・シベリアン・タイムズ」紙(10月11日付)が
驚愕のニュースを報じた。

寺院に安置されているはずの即身仏が、夜な夜な寺院内を
徘徊している様子が、監視カメラに捉えられたというのだ。

その寺院とは、ロシア連邦ブリヤート共和国にある
チベット仏教僧院イヴォルギンスキー・ダツァン。

歩き回る即身仏とは、19世紀に活動したチベット仏教のラマ僧
ダシ=ドルジョ・イチゲロフだという。

公開された動画には、確かにヒトが
移動する様子が映っている。

しかし、奇妙なことに、着衣がラマ僧の袈裟ではなく
迷彩柄のジャケットのようで、さらには両手にビニール袋を
抱えているのだ。

これは本当に安置されている即身仏なのだろうか?

通常、即身仏はガラスケースに収められて鎮座しているはずだが
仮にそれが徘徊するとなると世にも怪奇な現象が
起きていることになるのだが……。

同寺院のダンバ・アユシェフ師は、被写体がダシ=ドルジョに
違いないと信じているようで、次のように語る。

「すぐには受け入れがたいが、その可能性は
 あると考えています」

警備員がたまたま映りこんだだけだという指摘もあるが
同寺院の広報ツゥブデン・バルダノフもまた、監視カメラが
捉えた映像に映っているのはダシ=ドルジョだと信じている。

この現象の真偽はひとまず措くとして、実はダシ=ドルジョに関しては
さらなる驚愕の現象が起きているのである。


腐敗せず生命反応まで示した遺体


1927年6月15日。75歳のダシ=ドルジョ・イチゲロフは
不死が嘘ではないことを実証すべく、ヒマラヤスギの棺に自ら入り

「30年後に掘り出してくれ」


といって弟子たちに別れを告げた。

そして1955年、その遺体が掘り起こされた。

棺の中を見た弟子たちは思わず息を飲んだ。

なんと、ダシ=ドルジョの遺体が30年前に蓮華座を組んだ
そのままの姿で鎮座していたからだ。

それだけではない。

防腐処理の類はいっさい施していないのに、腐敗の跡は
ほとんど見られなかったのだ。

当時の関係者の証言では、死臭さえもしなかったという。

発掘当時、ロシアが厳しい宗教上の規制をかけていたため
弟子たちは遺体をその場で再び埋葬せざるを得なかった。

その後、1973年にも発掘されたが、やはり腐敗
しておらず再度埋葬されている。

2002年、ロシアの規制がなくなり、ダシ=ドルジョの
遺体が改めて発掘された。

まるで背筋をピンと伸ばし姿勢を正した遺体には
やはり腐敗の兆候は見られなかった。

それどころか皮膚も柔軟で、関節も容易に
動かすことができたという。

顔もまた腐食しておらず、生前のままだった。

まさしくとうてい科学的に説明ができそうにない
奇怪な現象が起きたのだ。

ダシ=ドルジョの遺体はその後、密封されたガラスケースに収められ
イヴォルギンスキー・ダツァン寺院に運ばれて安置された。

この時も遺体には防腐処理など施されず、2003年に
ロシアの仏教全体会議によって、「即身仏」と認定されている。

その後、数年にわたり医師たちをはじめ
専門家が遺体を検視した。

そして皮膚や髪の毛、爪などを採取して調べたところ
驚くべき事実が発見された。

信じがたいことに、それらの細胞が
いまだに分裂し続けていたのである。

体重の増減さえ認められ、さらには体温も、常に18~34度に
保たれているというのだ。

当然ながら、この現象を説明できる科学者はだれひとりいない。

それから15年後経った現在でも、遺体は綺麗なままだ。

遺体が安置されたイヴォルギンスキー・ダツァン寺院は
大勢の仏教徒が訪れる有名な巡礼地となっているが
噂ではダシ=ドルジョが時折、目を開けるという。

しかし、いくら高徳の僧侶とはいえ、ミイラになってからも
生命反応があり、しかも動き出すことなどありえるのだろうか?

これが事実とすれば、現在の科学では計り知れない
“奇跡が起きている”と考えるしかなさそうだ。


【関連情報】

増補 日本のミイラ仏
朝の信仰読本――こころ澄ます教話集
ハイデルベルク信仰問答を読む キリストのものとされて生きる
ビジュアル 王家のミイラ 古代エジプトの死後の世界


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、ムーPLUSに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


フライドチキン
現代のミステリー??






C子さんは町のフライドチキン屋さんでバイトをしていた。

その店のチキンは町でも美味しいと評判で、いつも売り切れ
になる程の人気店であった。

開店前からお客が並び、午後5時にはほとんどのメニューが
無くなってしまうのだ。

「なんでもう無いの?楽しみにしてたのに」

買えなかったお客は嘆く事しきりであった。

C子さんは、元々そのお店のフライドチキンの熱狂的ファンで
通い詰めた後にバイトを始めたのである。

「流石うちの店は、いつもながら大人気だわ〜」
「まあね、これだけおいしいと当たり前よね」
「それもそうね」


C子さんは繁盛店のスタッフである事に
誇りを感じていた。

しかし、奇妙な事があった。

この店はニワトリをまるごと仕入れ、お店で調理するのが
味の秘訣だったのだが、仕入れのニワトリの数と
チキンレッグ(ももの部位)の数が一致しないのである。

普通100羽仕入れたら、ももは200ピースあるはずである。

だが何故かいつも2倍の400ピースあるのだ。
(何故かしら?何かからくりがあるのでは?)

C子さんの不信感は日増しに大きくなってきた。

そしてある日、ついにバイトは立ち入り禁止になっている
ニワトリの加工室に足を踏み入れたのである。

「ようし、ここで謎を暴いてやるぞ」

そこでC子さんは信じられないものを見たのだ。

「ひいいっ」

なんと4本足のニワトリが無数に並んでいたのだ。

店長が言うには、バイオテクノロジーでももが4ピースとれる
4本足のニワトリが開発され、それを仕入れているらしいのである。

C子さんは、その日以来その店を辞めた。


【関連情報】

フライドチキンの恐竜学 食卓の骨には進化のナゾがつまっている
生命科学のテクノロジーによって生まれうる未来
こわ~いウワサ話と都市伝説
島田秀平のスピリチュアル都市伝説


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、リアルライブに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


足長小人
投稿者:蜘蛛・kumo さん/ムーっぽい写真・風景






窓辺に奇妙な人型の物体が……

上の写真_この写真は昨年末に私が
初めて撮影した[怪異](仮)です。

撮影場所は自宅アパートの窓辺で、撮影時間は夜中の25時過ぎで
実はこの頃に自室で頻繁に起こっていたポルターガイスト現象&ラップ音の
直後に撮影した一枚です。

私の仲間内では通称[足長おじさん]と呼ばれています(笑)。

中央の窓の白いカーテン横に写っています。

この写真をきっかけに、不思議な体験が続き、その頃に
転職したばかりの職場でもそれキッカケに交友の輪が
広がったので私には正に[足長おじさん]ですね(*´∀`)♪

こちらに歩いてくるようなシルエットが浮かんでいますね。

心霊現象とか小人出現とかの判定はともかく
ご自身にプチ幸せが舞い込んだとは、よかったです!


【関連情報】

超常現象の科学 なぜ人は幽霊が見えるのか
科学で解き明かす超常現象 ナショジオが挑む55の謎
NHKスペシャル 超常現象 科学者たちの挑戦
超常現象・心霊写真―迷宮招待!異世界への入り口


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、ムーPLUSに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!







[ジャンルランキング]
ニュース
276位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
20位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (635)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (839)
食品・飲料 (132)
プレスリリース (45)
情報端末 (14)
ゲーム (82)
健康 (1259)
IT (53)
経済 (122)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (304)
その他 (28)
海外情報 (1260)
アニメ (443)
セクシーネタ (2222)
グルメ (46)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (24)
ペット (35)
コスプレ (6)
いきもの (19)
テクノロジー (121)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (122)
ガンダム (11)
ニュース (250)
人間心理 (51)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (41)
漫画 (12)
生活 (55)
育児 (24)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (12)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (11)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (224)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (38)
キャラクター (28)
ホビー (136)
歴史 (14)
宇宙 (18)
就職 (2)
ミステリー (58)
雑学 (20)









この人とブロともになる







 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2018 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。