ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 





今日の気になる情報をお届けします。


ホピ族の予言
ムーSPECIAL「世界の大予言FILE」より




「灰のつまったひょうたんが、世界を滅ぼす」

アメリカ・アリゾナの過酷な大地で、白人渡来のはるか以前より
独自の文化を築いてきた民族こそ、「平和の民」と呼ばれるホピ族である。

彼らの伝承は語る。

「これまでの世界は、3度の滅亡を繰り返してきた。最初の世界は
 人間の俗悪で混乱し、地底に逃れた敬虔な者以外は神の怒りの火で
 滅ぼされた。2番目の世界もやはり奸悪がはびこったため
 地底に逃れた者以外は氷結して滅亡した。第3の世界もやはり堕落
 したため、葦の茎の中に逃れた者以外は大洪水で滅んだ。
 大洪水を逃れた者が蜘蛛に導かれてたどり着いたのが
 現在のアメリカ大陸である」


中米のマヤと同じく、世界が滅亡と創造を何度も繰り返しているという
思想が興味深い。

彼らはいずれ来る「4番目の滅亡」を念頭に置き、天地とともに
清らかな暮らしを送る。

辺鄙ともいえる地の少数民族の予言が俄然注目されることになったのは
第2次世界大戦終結時である。

「灰のつまったひょうたんが天から落ちるとき、海は沸騰し
 大地は焼けただれ、長年不毛となる。まぶしい灰のひょうたんが
 世界を終わらせる」


ひょうたん形をした爆弾が天空で炸裂し、太陽よりもまぶしい光を
放って街を焼き滅ぼす。

大地は放射能で汚染される。

1000年前から伝わりつつも意味不明とされた予言の文言
そのままに破壊された広島と長崎。

世界滅亡の危惧を抱いた長老たちは会議の末、民族の予言を
世界に広める行動に出た。

時に1948年のことである。

予言はさらに続く。

「灰のひょうたんが落ちたならば、東の果てにある雲母の家に
 行って何度も戸を叩け」


と。

長老らは北米東海岸、ニューヨークにガラス張りのビルを構える
国連本部に何度も陳情したものの、はなから相手にされない。

ようやく国連総会での演説にこぎつけたのは
1976年であった。


青い星の輝くとき、世界は滅亡する

一方、「ロードプラン」という有名な岩絵がある。

現在の世相を現しているようなそれには、ホピの険しく狭い道は下に
世界の大部分が進むという広い道が上に描かれている。


ホピ族のロードプラン。

下の道の最後は豊作だが、上の道は波線に示された
混乱で終わっている。

予言によれば、第4の滅亡の先触れとして青い星が姿を現すという。

「あなた方は天の住まいを聞くことになるだろう。それは大音響とともに
 落ちてくるだろう。青い星のようなものが見えるとき、私たちの民の儀式は
 終わりを告げるのだ」



【関連情報】

テキサス親父の大予言 日本は、世界の悪を撃退できる
ヒトラーの終末予言 側近に語った2039年
99%の日本人が知らない 日本が分割統治される人類最終戦争が始まりました
2100年へのパラダイム・シフト


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、ムーPLUSに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 
スポンサーサイト



今日の気になる情報をお届けします。


首吊りの電話ボックス
某大学にある、いわくつきの電話ボックス




K大学の、大抵の学棟の前や敷地内には
電話ボックスが設置されている。

だが、唯一商学部A棟前の道にある電話ボックスのみ
背の低い電話スタンド(小さな屋根あり)になっている。

大学の敷地の中で、屋外にある公衆電話で電話ボックスではないのは
ここに設置してある電話スタンドのみ。

なぜここの電話ボックスが電話スタンドになったかというと
その後ろにある大きな木に由来がある。

一人の学生が、何らかの原因で心を病み、商学部A棟前の大木に
ロープを垂らして首を吊ったのだ。

首を吊るのに丁度良い枝が、電話ボックスの上に突き出ていたため
電話ボックスによじ登ってロープをかけ、そこから飛び降りて自殺したのだ。

それ以降、この電話ボックスで電話をかけていると
電話ボックスのアクリルの壁を、誰かが外からドンドン!
と激しく叩くようになった。

勿論姿は見えない。

が、叩かれるのは学生の頭より少し上ぐらい。

つまり天井付近なのだ。

首を吊った学生が、死にきれずにもがいた足が
今も電話ボックスの壁を蹴り続けているのだ。

そんなことがあってから、電話ボックスは撤去されて
代わりにずっと背の低い電話スタンドが建つようになった。

また、大学の大きな木は全て、下の方の枝は根本から
切り払われるようになった。

枝があるのは余程細い枝や、低い木のものばかりである。

勿論、もう2度と誰も首を吊るような事が
無いように、である。

だが、たまにこの学校で写真を撮ると、枝からロープを垂らして
ブラリと下がった影が写る、と言う。

ついでに、霊感のある友人が

「ここの木は怖いよ、だって全部の木から
 誰かがぶら下がってるし」


と言っていた事も、付け加えておこう。


【関連情報】

投稿心霊映像弐~身近にある心霊現象~
死ぬ前に知っておきたいあの世の話 ─ 死への不安を軽くする60のQ&A
NHKスペシャル 超常現象 科学者たちの挑戦
自分を愛せなくなってしまった人へ―自らに光をともす29の方法


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、リアルライブに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


「フリーザ船」
本当に宇宙船なのかも?






地球は孤独でしょうか?

いいえそうではありません。

現在太陽系周辺には沢山の地球型惑星が発見されており
地球のように水を蓄えている可能性のある星も発見されております。

ということはそのような星に知的な生命体がおり
もしかしたら地球より高度な文明を持っている
可能性もあります。

そんな危険性がついに現実化したようです。


火星に着陸船!

そんな中NASAが公開している写真の中にとんでもないが映っている!
これは宇宙人の着陸船だ!

と騒がれております。

そんなバカな、どうせ石とか影があたかも宇宙船にみえるような
光彩現象によるものなんじゃないの?

と思うのかもしれませんが、実際に見てみると・・・

なるほど、確かに何か物体らしきものが映っております。

なるほど宇宙船ですね。

この写真は海外の掲示板「Reddit」に投稿され
「ワオ!これは火星探索機に捕まった宇宙船ではないか?」
などとコメントが書き込まれているようです。

ビデオを見たファンいわく

「NASAはフォトショップをするという大事な作業を
 忘れてしまったようだ。」


とコメントしております。

とはいえ、宇宙船を信じていた方には申し訳ないのですが
可能性としては火星探索機の破片か何かの可能性もあります。

もちろんそうでなければ間違いなく
フリーザのような宇宙船でしょう。

宇宙人の襲来にワクワクと注意したいところです。


【掲載元】

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-4647244/Is-proof-aliens-Mars.html


【関連情報】

宇宙48の謎 地球外生命体を探せ! (ナショナル ジオグラフィック 別冊)
地球外生命は存在する! 宇宙と生命誕生の謎
私たちは宇宙から見られている? 「地球外生命」探求の最前線
ETコンタクト─ 宇宙人/UFOとの遭遇は始まっている


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、秒刊SUNDAYに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


ピラミッドの予言
「ピラミッドの予言」





入り口をゼロポイントとした予言


ギザの大ピラミッド(クフ王のピラミッド)は、超人的建築技術と
天文学・数学的知識で建造されているが、それ以上に注目すべきは
その構造自体が、歴史的大事件の年数と合致しているという事実である。

北壁の入り口が予言の「ゼロポイント」。

ここをピラミッドの建造がはじまった紀元前2623年とする。

入口を通過し、廊下を下ると、上昇と下降の分岐点となる。

ここまでの距離を1ピラミッド・インチ(通路の継ぎ目と継ぎ目の距離)
を1年として計算すると、この地点は紀元前1453年を示していることになる。

そしてこの年こそ、『旧約聖書』に書かれているモーセの
「出エジプト」に相当すると推測されるのだ。

これが「ピラミッドの予言年表」の恐るべきポイントである。

人類にとっての大事件がピラミッドに正確に刻まれていると仮定すると
この「予言年表」から、考古学では特定できない歴史年代が
わかってしまうことになる。

そして、その年代を当てはめたうえで歴史を俯瞰すると
合理的にそれら事件が並んでいることが理解できると
研究者は主張する。

それによると、ソロモン王国の建国や、仏教、儒教、老荘など
東洋の思想家・宗教家の誕生が判明する。

女王の間と、小部屋との交差点に至るポイントに
床面が落ち込んでいる場所がある。

この地点は、紀元前4年4月14日を指すことになるが
ここが、イエス・キリストの生誕に当たるとされる(諸説あり)。

このように、あらゆる過去の歴史年代が
ピラミッドの解析からわかるという。


2034年に何かが起こる!?

さまざまな技術革新、革命、戦争など、人類にとって重要と思われる
年代が刻まれている「予言年表」だが、それはピラミッド建造の時から
見れば、どれもが未来予言ということになる。

そこには、第1次世界大戦、第2次世界大戦はもちろんのこと
原爆投下のその日までが示されているというから驚かされる。

より精密な測量を行えば、さらに正確な日付で
確認できるのだろう。

さて、そこで気になるのが未来についてだが、直近で
大きなポイントは、「王の間」への通路で、2034年に
何らかの出来事があることが示されている。

また、どの通路を選んでも、それぞれ3989年、3279年
2569年で行き止まりとなるが、その先に人類の未来があるのかどうか。

まだ未確認の通路や部屋もあると推測される大ピラミッド。

そこに隠された歴史予言は、何を語るのであろうか。


【関連情報】

古代エジプト美術の世界 魔術と神秘
巨大高層建築の謎 古代から現代まで技術の粋を集めた建造物のおもしろさ
イスラム教徒の頭の中 アラブ人と日本人、何が違って何が同じ?
覚醒への旅路―人はどこから来てどこへ向かうのか


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、ムーPLUSに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


マチュピチュ
インカ帝国の遺跡、マチュピチュ




処刑されたインカ王アタワルパ

白人による「新大陸発見」まで、中米メキシコと南米アンデスの
地において独自に繁栄してきたアステカ帝国とインカ帝国。

8000キロの距離に隔てられたこの2国には共通点がある。

白人の侵入により滅び去ったこと、そして、はじめて目にした白人を
「神」と誤解したことである。

アステカにおいては髭を生やした姿とも、翼を持つ蛇とも
伝えられるケツァルコアトル神と見なされたスペイン人だが
一方でインカではいかなる神の降臨とされたのか?

それが、白い顔立ちに髭を生やした姿と伝えられる
創造神ビラコチャである。

伝説が伝えるところによれば、ビラコチャは原初の混沌の中に
最初に立ち現れた神であり、世界の創造主である。

しかし彼が作り出した世界は一片の光もない暗黒に包まれ
人間は闇を這いずり回っていた。

何があったか神は「パチャクティ(世界の刷新)」を行い、それまでの人間は
石に変えられ滅ぼされた。

第2の創造でビラコチャ神は太陽と月、人間、動物を作り
人間たちを特定の地域に配置してその地の民族の起源にした。

さらに自らのふたりの息子とともに創造の旅を続けた末に
インカ北端の地に至り、現在のエクアドルのあたりから洋上に
浮かび水平線のかなたに姿を消した。

その後、太平洋上から到来した「色白で髭を生やした男」が
何をしたかに関しては、いまさら触れない。

インカ王アタワルパは部屋を満たすばかりの黄金をスペイン人に
差し出して命乞いするも処刑され、民は強制労働や感染症の
蔓延で命を落とした。

以来500年、欧米諸国の植民地支配を脱して独立した南米諸国だが
いまだ白人系の勢力が大手を振るう構造は変わりがない。


ペルーを動揺させる、「インカリ」の伝説

現在において、ペルーで密かに語り伝えられるインカ復活の伝説
「インカリ」をご存じだろうか。

インカリは太陽神と処女の間に生まれた子どもであり
長じてインカ王となった。

神にも等しい彼は、風の神と父親である太陽を縛り上げて時を止めると
金の杖を投げおろし、刺さった場所に街を築いた。

それこそが現在のクスコである。

そんな偉大なインカリもスペイン人に捕らわれて斬首され
その首は土中に埋められた。

しかしインカリは死んでいない。

首から徐々に体が復活しつつある。

彼の五体が揃ったときにインカは復活し、世界は新たな
「パチャクティ」を迎える、と。

17世紀を生きたインディオの歴史家、ワマン・ポマは、白人侵入と
インカ滅亡を、最後のパチャクティ伝説、予言としてとらえたが
インカリが甦るとき、世界はいかなるものに遭遇するのだろうか。


【関連情報】

インカ帝国探検記 - ある文化の滅亡の歴史
NHKスペシャル 失われた文明 インカ・マヤ DVD BOX
世界遺産マチュピチュに村を創った日本人 「野内与吉」物語 - 古代アンデス文明の魅力 -
滅亡から読み解く世界史


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、ムーPLUSに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!







[ジャンルランキング]
ニュース
132位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
9位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (596)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (838)
食品・飲料 (132)
プレスリリース (44)
情報端末 (14)
ゲーム (81)
健康 (1189)
IT (53)
経済 (120)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (293)
その他 (28)
海外情報 (1128)
アニメ (441)
セクシーネタ (2089)
グルメ (44)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (24)
ペット (27)
コスプレ (6)
いきもの (18)
テクノロジー (118)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (104)
ガンダム (11)
ニュース (214)
人間心理 (47)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (39)
漫画 (12)
生活 (50)
育児 (21)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (10)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (11)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (196)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (38)
キャラクター (28)
ホビー (123)
歴史 (14)
宇宙 (18)
就職 (2)
ミステリー (44)
雑学 (19)









この人とブロともになる







 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.