ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 




今日の気になる情報をお届けします。


地球製UFO
地球製UFOが開発されている!?





フィラデルフィア実験

「フィラデルフィア・エクスペリメント」

私がこの本に出会ったのは、ハワイの海軍基地の
図書室のことであった。

たまたま書棚で見つけた本の内容は、1943年10月28日に
アメリカ海軍の艦船「エルドリッジ号」で行われた
強力電磁場による透明化実験で起きた異常な事件を
レポートしたものであったが、その中に電界と重力場の関係に
関する「ビーフェルド・ブラウン効果」に関する説明が
述べられていたのである。

ウィリアム・ムーア、チャールズ・バーリッツ著
「フィアデルフィア・イクスペリメント」。

この本を読んで、エルドリッジ号のいわゆる「フィラデルフィア実験」
とは別に、ビーフェルド・ブラウン効果の内容に非常に興味を
そそられたことを記憶している。

“20世紀を代表する物理学者”といわれるアルベルト・アインシュタインが
電磁場と重力場の方程式の統一を「統一場理論」として
研究していたことは以前から知っていたが、ただ非常に難解な
理論分野であるのでそのままになっていた。

ところが、私同様、この本の同じ部分に、非常に興味を抱いた
日本人がほかにも存在した。

私の知人のM氏である。

M氏は工学博士で、某国立研究所の研究官であった。

M氏の専門分野は重力の研究とは無関係であるが、その昔
友人から贈ってもらったアインシュタイン選集を読み
「相対性理論」に興味を抱くようになったそうである。

この選集の中には、1925年と1927年に科学雑誌に掲載された
アインシュタインの統一場理論の論文も含まれていた。

アメリカの言語学者で超常現象研究家でもあるチャールズ・バーリッツ
らの著書によると、これらは不完全であるとして撤回されたそうだが
この本の中にある

「ラッセル卿はアインシュタインの統一場理論を完全なものと考えたが
 “人類はまだ準備ができておらず、第3次大戦後までは無理だろう”
 と感じた」


という記述は、M氏から見れば不正確なものであったようだ。

すなわち、アインシュタインは論文の中で

「線形領域では電磁場と重力場が独立に振る舞う」


ということを示しただけで、両者の具体的な関係式を示した
わけではなかったのである。

天才物理学者アインシュタインによっても、統一場理論は
未解決の状態だったのだ。


ビーフェルド・ブラウン効果

私とM氏を惹きつけた「ビーフェルド・ブラウン効果」
(以下「B-B効果」と呼ぶ)とは、コンデンサーの誘電体に
電圧を加えると、マイナスの極側からプラスの極側に
力が発生するというものである。

この現象の発見者はトーマス・タウンゼント・ブラウンという
オハイオ州出身のアメリカ人だ。

ブラウンはハイスクール時代に、X線用のクーリッジ管に
スイッチを入れるたびに、管に何らかの力が作用することに気がついた。

カルフォルニア工科大学(カルテック)進学した後もこの問題を
追及したが、ブラウンの発見した“電気重力現象”に興味を持つ
教授には出会えなかった。

次にデニソン大学に移った彼は、物理学部の研究生として
ポール・アルフレッド・ビーフェルド教授のもとで勉学を続けた。

カルテックとは違い、ビーフェルド教授はブラウンの
発見に興味を示した。

彼らは充電したコンデンサーで実験を重ね、B-B効果と仮称される
物理法則にまで発展させた。

そして、その結果を「私は重力をどのようにコントロールしたか」
というタイトルで専門雑誌に発表。

これにより、高電圧の電界が重力場に影響し、推進力を生みだす
ことが確認されたのである。

その後、ブラウンは数々の実験によってその効果を実証し
1953年には実験室内の台上で、直径2フィートの円盤形の物体を
直径20フィートの円形コース上沿いに飛行させる実験に成功した。

このときの印加電圧(電気回路や装置に外部からかけられた電圧)は
5万ボルトで50ワットの電力を送り込むというものであった。

この実験では毎秒17フィート(時速約20キロメートル)
という最高速度を達成した。

前出のバーリッツらによると、ブラウンはこれらの成果を
統一場理論に結びつけて説明しようと試みたようであるが
結局その原理については解明できずに終わっている。

次回に続きます。


【関連情報】

知られざるステルスの技術 現代の航空戦で勝敗の鍵を握る不可視化テクノロジーの秘密
繰り返される宇宙―ループ量子重力理論が明かす新しい宇宙像
12歳の少年が書いた 量子力学の教科書
共形場理論を基礎にもつ量子重力理論と宇宙論


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、ムーPLUSに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 
スポンサーサイト



今日の気になる情報をお届けします。


出口なお
出口なお(1837~1918)






神憑りで金神の言葉を書き記す


出口なお(直)は、不思議な神憑かり現象を起こしたことから
新興宗教「大本」の開祖となった人物で、生涯に多くの予言と
メッセージを残している。

なおは、「艮(うしとら)の金神(こんじん)」と呼ばれる
いわゆる祟り神による神憑かり現象を起こし、その金神の言葉を
自動筆記で大量に残しており、これが大本の教義の根本となる。

なおは大工の桐村五郎三郎の子として、幕末の天保7年
(1837)に生まれている。

天保の飢饉で食べ物もあまりなかった時代であり、生まれた直後に
殺される可能性もあったが、祖母が頑強になおを保護したことで助かった。

桐村家は裕福な家で資産も少なからずあったが、五郎三郎の
放蕩により没落し、五郎三郎自身も、なおが10歳の時に
コレラで死んでいる。

その後、出口家に養女に入り、なおは出口家を相続する。

ここで財産争いに巻き込まれ、人の心の汚さを
目の当たりにしている。

安政2年(1855)、宮大工の四方豊助を婿とするが
その浪費により出口家はわずか数年で没落。

その後、長い期間生活苦を味わっている。

明治25年(1892)、なおは突如神憑かりする。

江戸から明治の激しい変転と価値観の逆転を経験し
さらには生まれた直後から幸と不幸を激しく往来した
なおの精神が、現実を越えた瞬間である。


「悪魔ばかりの世であるぞよ」


「三千世界一度に開く梅の花、艮の金神の世になりたぞよ
 梅で開いて松で治める神国の世になりたぞよ。
 この世は神が構わな行けぬ世であるぞよ。
 今は獣の世、強いもの勝ちの悪魔ばかりの世であるぞよ。
 世界は獣の世になりておるぞよ。
 悪神に化かされて尻の毛まで抜かれておりても、まだ目が覚めん
 暗がりの世になりておるぞよ。
 これでは世は立ちては行かんから、神が表に現われて、三千世界の
 立替立直しをいたすぞよ」


なおが艮の金神から預かった最初期の言葉である。

文明の時代になり、悪魔ばかりとなったので、世の中の
洗濯・立て直しをこれから行うという内容だが、これ以降
なおは独特な自動筆記で多くの言葉を残すようになる。

それは「御筆先」と呼ばれ、半紙20万枚
1万巻もの量に達したという。

明治26年(1893)、なおは、突如として

「来年春から唐と日本の戦争があるぞよ、この戦は勝ち戦(略)
 露国からはじまりて、もうひと戦あるぞよ。あとは世界のおお戦で
 これからだんだんわかりてくるぞよ」


と町を彷徨しつつ予言した。

日清戦争、日露戦争、第1次世界大戦を指し示す言葉であるが
これらの的中と、行く先々で行った心霊的病気治療で信者の
信心を得て、なおはいよいよカリスマとして大本の開祖となるのである。


【関連情報】

出口なお・王仁三郎:世界を水晶の世に致すぞよ
日本の新宗教50 完全パワーランキング
カルト宗教事件の深層: 「スピリチュアル・アビュース」の論理
大予言 「歴史の尺度」が示す未来


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、ムーPLUSに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


アイザック・ニュートン
アイザック・ニュートン(1643~1727)




予言者で聖書研究家だったニュートン

万有引力の法則を発見し、物理学や天文学、数学、哲学、神学など
あらゆる学問に精通していたアイザック・ニュートンは
実は予言者としての顔も持っていた。

もともとオカルティックな側面があったことで知られ
1699年に56歳で王立造幣局長官に就任した際には
職務を利用して錬金術の研究に取り組んでいたという。

当時の価値観では、錬金術は秘密結社の秘儀として位置づけられ
その行いは厳しく禁止されていた。

研究が露見して絞首刑になった人物も少なくなかったという。

ニュートンが命をかけてまで「秘密結社の秘儀」に
傾倒していたことがわかる。

一方、ニュートンは聖書の研究にも人生をかけていた。

聖書に刻まれたさまざまな暗号(バイブル・コード)の調査や解釈に
約半世紀という時間を費やして没頭したのである。

科学者でありながら、科学とは対極に位置するとも思われる宗教に
傾倒した点が、ニュートンという人物の最大の個性と指摘する声は多い。

事実、ニュートンが死後に残した約1500冊の蔵書のうち
もっとも有名な自然科学や数学関連が全体の約15パーセント程度に
過ぎないのに対し、聖書に関連する神学や哲学の関連文書は
約30パーセントを占めているのである。

ニュートンは「神とキリストに関する12の信条」と題する文書の中で
キリストを「神」ではなく、あくまで神の仲介をして予言をする
「人間」であると記している。

当然、この解釈は「神とキリストと聖霊は三位一体である」とする
キリスト教の根本教義に反するもので、露見すれば異端思想として
処刑される可能性があった。

そのため、ニュートンが記した膨大な聖書研究は長い間
表に出ることがなく、「機密文書」としてポーツマス伯爵という
人物の邸宅に保管されることになるのである。

それが発見されたのは2世紀以上後のことだった。

1936年にサザビーズの競売に出されたことで存在が
世に知られることになったニュートンの機密文書は
ユダヤ系経済学者であるジョン・ケインズ博士が落札。

文書を精読したケインズ博士は生前、ニュートンについて興味深い
次のような言葉を残している。

「ニュートンは、後世の人々が考えたような『最初の近代科学者』
 ではなく、『最後のシュメール人、バビロニア人』であり『最後の魔術師』
 であった。なぜなら、彼が全宇宙を『秘儀』もしくは『秘密』と
 捉えていたからである。ニュートンは、宇宙を全能の神によって
 課せられた暗号と解釈していた」


と。



人類は2060年に滅亡する!?


ニュートンの機密文書

ニュートンの機密文書を落札したユダヤ系経済学者ケインズ博士は
過去と未来の出来事は神により予定されており、それらを知ることが
できるのは

「並外れた直観力と内省的な想像力を持つ『宇宙の秘義』
 を理解できる人のみ」


と考えていた。

そして、その人こそがニュートンであると、機密文書を読んだ
博士は知ったのである。

こうした中、機密文書の内容の一部がついに一般にも
公開されることになる。

2007年6月のことだった。

そこには、ニュートンが聖書から導き出した事実
すなわち「2060年に世界が終末を迎える」と読み取れる
恐るべき予言が記されていたのである。




ニュートンの予言書
ニュートンの予言書。「2060年」の文字が見える。




ニュートンは聖書のなかでも予言書として扱われ、終末予言について
何度も触れている旧約聖書の「ダニエル書」と、新約聖書の
「ヨハネ黙示録」の両書に登場するいくつもの記述や数字を解読し
独自の複雑な計算方法で「2060年」という時期を導き出したといわれる。

ニュートンは機密文書で次のように述べ、聖書に記された
天変地異は「終末予言」であり、「戦争の暗示である」と明言している。

「(ダニエル書に書かれた王国の興亡は)世界の終末に
 向かう暦そのものである」


「(聖書に記された)ラッパの音は戦争への警告である。
 ……最初のラッパで血が雹ひょうと混ざり合い、海は死者の血
 のようになり、すべてのものが死に絶える。……
 これらすべては戦争を表している」


「(第4のラッパは)いくつかの王と王国の暗示であり、ひいては
 戦争をはじめるということである」


一方、ニュートンは次のようにも記している。

「邪悪な国家が滅亡し、すべての苦難から解放される。
……世界が新たな価値観に置き換えられ、神聖なる霊感に
 目覚め平和な世界に移行する」

これらを忠実に読み取れば「2060年に滅びる」ではなく
「2060年に終末を迎える」とも解釈できるのである。

つまりいったん「終末期」ともいうべき混乱期を迎え、その後に
平和な時代が到来すると指摘する研究家は少なくない。

いずれにせよ、その時代を迎えるには、ニュートンが「血の海」と
表現した壮絶な時代を人類は体験しなければならない。

2060年に起こる出来事は、人類が新たな価値観で
平和に移行するための試練とも受け取れるのである。


【関連情報】

人生の終い方 自分と大切な人のためにできること
世の終わりが来る: オカルトではない本当の聖書終末論
世界のエグゼクティブを変えた超一流の食事術
日本は聖書の国だった! 失われた十部族 エフライム族は日本人である!!


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、ムーPLUSに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


死後の世界
一体どうなっているのか?




皆さんは死後の世界について考えたことはありますか?

私たちは現在地球上に生命を持った人間として、生活を
しているわけですが、産まれるがあれば悲しくも
亡くなってしまうこともあり、死後の世界については
誰もが関心のあるところだと思います。

では臨死体験した人が言う死後の世界とは
一体どのようなものなのでしょうか?

誰でも1度は『自分が死んだらどうなるのだろう』と
死後の世界について想像を膨らませたことが
あるのではないでしょうか?

そんな私も6歳くらいの時に、そんなことを思い浮かべては
よく泣いたものです、、、

それはさておき、今回はそんな死後の世界について
臨死体験によりその世界を一足先に垣間見た人たちの話です。

一体死後の世界とはどのようなものに
なっていたのでしょうか?

体験した人の中でも特に気になるものを
ご紹介したいと思います!

ある人は臨死体験をした際に『幸せな人と幸せな人でいっぱいの美しい場所』
を目の当たりにして、もう死を恐れていないと言ったそうです。

しかしある人は地獄に行って、『巨大な火の蟻が溶岩の上を歩いている』
と言ったように悪魔のようなものを見たのだとか、、、

またある人は、『大きな門が存在しており、まだあなたは来るべきでない』
と返された人や、自分の人生が目の前で展開されたと言う
いわゆる走馬灯のような体験をした方も。

以上からわかるように、死後の世界は
人によって様々なようですね。

他にも死んだはずの友人に追い返されたパターンや
人が1列に並んで自分を待っていたパターンなども
人の数だけ種類はあるようです。

しかしながら、どれも興味深い内容ですが、私の場合は
できるなら可愛い天使、または悪魔でも小悪魔程度で
お願いしたいところです、、、

ちなみに皆さんは死後の世界はどんな所だと思いますか?


【掲載元】

http://www.dailymail.co.uk/femail/article-4768394/What-REALLY-happens-die.html


【関連情報】

アフターライフ―亡き兄が伝えた死後世界の実在、そこで起こること
聞いてビックリ「あの世」の仕組み
5度の臨死体験でわかったあの世の秘密
死んだ後には続きがあるのか 臨死体験と意識の科学の最前線


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、秒刊SUNDAYに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


ノストラダムス
予言を書き記すノストラダムス





なぜ、難解な四行詩で書かれたのか?

「若き獅子が老いた獅子を打ち倒すだろう
 戦場での一騎打ちで
 金の籠の中で目は刺し貫かれる
 ふたつの傷はひとつになり、やがて残酷な死が訪れるだろう」

(『百詩篇』1巻35番)

ノストラダムスがこの詩を発表した4年後、アンリ2世は
エキシビションで行われた騎馬試合に参加した際、ひとりの若い
騎兵に誤って目を刺し貫かれ、非業の死を遂げる。

詩の中にある「金の籠」は、アンリ2世がかぶっていた鉄兜を
意味すると理解された。

人々は畏怖の念を持って、国王の死とノストラダムスの
予言を結びつけたのである。

ノストラダムスの予言は、国家や地域など、民衆の
共通の未来について述べられていた点に特徴があった。

個々の未来については、自宅でのカウンセリングや
書簡で応じていたという。

また、四行詩という手段で表現している性格上、読む人により
詩の解釈が分かれることも多かった。

難解ともとれる抽象的な文章で予言した理由については

「宇宙の真理という究極の概念を、あまりに
 安易に世俗化してはならない」


という彼なりの信念があったからだともいわれている。

『百詩篇』の中でもっとも有名な以下の詩についても
実にさまざまな解釈がなされている。

「1999年7の月
 空から恐怖の大王が降ってくる
 アンゴルモワの大王を甦らせるため
 その前後はマルスが支配する」


(『百詩篇』10巻72番)

この詩は長らく終末予言のひとつと理解され、20世紀後半には
多くのメディアを賑わせてきたが、実は詩の中に「人類滅亡」の
記述はいっさいない。

また、『百詩篇』の中には西暦3797年の事象を
予言したと思われる詩も残されていることから
この10巻72番の詩が終末予言であるかについては今も議論がある。

一説には2001年9月の「アメリカ同時多発テロ事件」の暗示
ともいわれており、「大王」はオサマ・ビンラディンを
「マルス」は軍神を指すとの指摘もある。

ただし、ふたつの間には26か月の〝時差〟があり、この点についても
世界中の歴史家がさまざまな角度から研究を進めている。

また、西洋古典学の権威だった故ピエール・ブランダムールのように

「1999年8月11日の皆既日食を正確に予言したもの」

との分析もある。

パズルのように複雑で難解な四行詩で綴られ
「曖昧さの最高芸術」ともいわれるノストラダムスの
予言には、今も多くの謎と可能性が残されているのである。


【関連情報】

ノストラダムス 予言集
進・電気じかけの予言者たち
[伊勢神宮 式年遷宮]「ノストラダムス 大復活」飛鳥昭雄のエクストリームサイエンス(47)
古代イスラエルの預言者たち (Century Books―人と思想)


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、ムーPLUSに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!







[ジャンルランキング]
ニュース
71位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
4位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (617)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (838)
食品・飲料 (132)
プレスリリース (44)
情報端末 (14)
ゲーム (81)
健康 (1219)
IT (53)
経済 (122)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (297)
その他 (28)
海外情報 (1187)
アニメ (442)
セクシーネタ (2148)
グルメ (45)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (24)
ペット (31)
コスプレ (6)
いきもの (18)
テクノロジー (119)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (111)
ガンダム (11)
ニュース (226)
人間心理 (48)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (41)
漫画 (12)
生活 (51)
育児 (21)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (12)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (11)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (209)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (38)
キャラクター (28)
ホビー (130)
歴史 (14)
宇宙 (18)
就職 (2)
ミステリー (50)
雑学 (19)









この人とブロともになる







 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.