ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 




今日の気になる情報をお届けします。


小惑星衝突
ゴールデンウィークは今年が最後?




この時期にお伝えするのは非常に心苦しい限りだが
GWはどうやら今年で最後になりそうだ。

今のうちに存分に楽しんでおいた方がいいだろう。


■来年のゴールデンウィークはやって来ない

日本政府が祝日を改正したわけでも、GWの名称が
変更されるわけでもない。

今年6月と10月に2つの小惑星が地球に衝突し
人類が滅亡するというのだ。

来年のGWどころか、今年のクリスマスさえ迎えられない可能性まである。

英タブロイド紙「Express」が伝えている。

驚愕の小惑星衝突情報をリークしたのは、YouTubeチャンネル
「End of The World Apocalypes News & Updates」。

4月22日に投稿された動画によると、現地時間6月23日午前2時
プエルトリコ沿岸に巨大小惑星「3BC2017」が落下するというのだ。

同チャンネルはこの情報をNASAの公式ウェブサイト上で
確認したとのことだが、地球との衝突軌道にあることは
公表していないという。

「これはデマでも冗談でもない。もうすぐ6月に起ころうとしている
 リアルな出来事だ」

(「End of The World Apocalypes News & Updates」)

この小惑星が地球に直撃した場合、数千万人が死亡、深刻な食糧不足と
医薬品不足に15カ月間も悩まされることになるという。

さらには、隕石衝突の衝撃で地球の自転が3日間も停止し
M12規模のメガ地震、風速53kmの突風、巨大津波が世界各地で
発生するとのことだ。

一説によると、M12クラスの地震が発生した場合、地球が真っ二つに
割れる可能性まであるという。(東日本大震災M9、チリ地震M9.5)

助かるためにはもはや「神頼み」しかない状況だという。


■研究者「隕石衝突“ある”」


とはいえ、懐疑論者からは

「フェイク」
「宗教団体が信者獲得を目的としたPR」


との声もあがっている。

事実関係を確認したところ、確かに「3BC2017」という名の小惑星は
NASA公式ウェブサイトのどこを探しても見つけることができなかった。

また通常、小惑星の名称は「2015 BN509」のように
西暦・アルファベット・数字の順で名付けられるため
「3BC2017」という小惑星は存在しない可能性が極めて高い。

とはいえ、NASAが情報を隠している可能性もあり、存在しないことを
確実に証明する術もないが……。

しかし、今年10月に地球に衝突するといわれている
「2012 TC4」は別である。

「PHYS.org」(2015年4月13日付)の記事によると、これは名称も
正式なもので、NASAにもしっかりと登録されている。

すでに2012年に地球近傍を通過しているが、今年10月12日に
再び地球に最接近するという。

研究者らによると、「2012 TC4」の軌道計算は困難を極めるため
地球に直撃する可能性も“ある”とのことだ。

これまでトカナで何度もお伝えしてきたが、地球近傍天体の存在は
人類にとって大きな脅威である。

現在NASAが、地球に衝突する可能性がある小惑星のリストを
作成しているが、小惑星のうち実に80%の現在地と
軌道を確定できずにいるという。

今回の「2012 TC4」は事前に発見されているだけマシなものの
軌道の算出には長期間の観測が不可欠であり、たとえ算出できた
としても100%確実とは言えない。

直径数十メートルほどの隕石とはいえ、稼働中の原発などに
直撃した場合、その被害は想像を絶するものとなるだろう。

さらには、的中率100%の「ホピ族の予言」や「ダニエル書の予言」では
2017年に人類が滅亡すると予言されている。

今回の小惑星衝突が人類滅亡の引き金となるかはまだ分からないが
その危険があることだけは忘れないでおきたい。


【関連情報】

デュアルインパクト 絶滅境界線トリロジー
巨大隕石から地球を守れ
スリランカの赤い雨 生命は宇宙から飛来するか
NHK-DVD 小惑星探査機“はやぶさ”の軌跡


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、TOCANAに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 
スポンサーサイト



今日の気になる情報をお届けします。

鮮明なUFO
アポロ15号が撮影した写真





人間を月へ送り込んだアポロ計画。

この有人探査計画の際に何度かUFOが目撃されていた!?
とする疑惑がある。

事実、宇宙飛行士が奇妙なものを見たと証言したり、地上と交わされた
奇妙な交信内容が残っている。

音声しかない通信内容や宇宙飛行士の証言だけであれば何かを
見間違えたと言えるかもしれない。

だが、中には正体不明のものが写ってしまった
写真も残されているのだ。

それがこちらの写真。

ご覧のように、アポロ15号のミッションで月面に降り立った
宇宙飛行士の後方には、大きく白く輝く2つのUFOが存在している。

UFOは後方に尾を引いており、高速で移動する
一瞬を捉えたようにも見える。

このUFOは毎日地球のどこかで見られる多くのUFOに似ている。

宇宙飛行士らは、自分たちが目撃したUFOは月探査用のロケットを
歓迎したり、監視しているように見えたと証言している。

確かにこのUFOも宇宙飛行士らの様子を監視しているかのようだ。

一方でこの写真についてはレンズフレアの
可能性を挙げる人も存在している。

果たして、この写真に写ってしまったものは何だったのだろうか。


【関連情報】

「アポロ計画の真相と月面エイリアン」飛鳥昭雄のエクストリームサイエンス
月をマーケティングする アポロ計画と史上最大の広報作戦
人類 再び月へ 進む月面基地計画
眠れないほど面白いUFO 9割方、これは本当だ!


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、リアルライブに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


河童
投稿者:あんず さん/UFO・未確認生物の目撃や遭遇




カッパのような宇宙人か!?


仕事に向かう途中の土手で、未確認生物みたいなものが
写真に写りこみました。

最初、奥の茶色い物がカピバラに見えて、可愛いと思い
携帯のカメラを向けて撮影しようとしていたら
手前に変な物が見えて、慌てて撮影しました。

宇宙人に見えるし、カッパ=異星人説は本当なんじゃないかとか
いろいろ考えましたがわかりません。

あれはいったい、何だったのかなぁ。

カピバラがいても驚きですが、本命は手前!

水鳥でもなかったとして、なんなんでしょう?

【関連情報】

未確認生物UMAと巨大生物
でんせつの いきものを さがせ! ネッシー・ツチノコ・カッパはどこだ?
これが地球「超」シークレットゾーンにうごめく未確認生物たちの生態だ
未確認動物UMAを科学する モンスターはなぜ目撃され続けるのか


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、ムーPLUSに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


霊能者
現在進行形のオカルト政治






降霊術に操られた韓国大統領


2016年、パク・クネ(朴槿恵)大統領をめぐり
大きなスキャンダルが韓国で巻き起こった。

今もなお続く事件の発端をごく簡単にいえば

「大統領府の内部資料を友人であるチェ・スンシル(崔順実)に
 渡していたことから、文書管理に関する法律に違反した可能性が高い」

ということだった。

今回の事件が発覚したとき、パク・クネ大統領は彼女との関係を

「チェ・スンシル氏は、かつて私が困難なときに
 助けてくれた人です」


と説明した。

ふたりが出会うきっかけは、1974年8月15日。

パク・クネ大統領の父親であるパク・チョンヒ(朴正煕)大統領の
暗殺未遂事件が起こり、母親のユク・ヨンス(陸英修)が
暗殺されたことにある。

この痛ましい事件の後、チェ・テミン(崔太敏)なる人物が
パク父娘の前に現れ、一通の手紙を渡した。

それによると母親であるユク・ヨンスの霊がチェ・テミンの前に現れ

「うちの娘はいずれ国の母になる。娘に力を
 貸してやってほしい」


と懇願したというのである。

パク・クネはこの「母親の言葉」に気絶するほどの
衝撃を受けたという。

それだけではない。

自分の夢に出てきた母親からも

「チェ・テミンさんはお前を助けてくれるから……」


といわれたというのだ。

かくしてパク・クネは、チェ・テミンを
完全に信用するようになった。

チェ・テミンは、新興宗教の創始者であり
シャーマンでもあった。

もうおわかりだろうが、今回の事件で登場したチェ・スンシルは
チェ・テミンの娘である。

チェ・テミンの死後、パク・クネとチェ・スンシルの関係は
より親密になっていく。

パク・クネは2004年には国会議員に当選するが
このときの秘書室長もチェ・スンシルの夫である
チョン・ユネ(鄭允会)だった。

政界に打って出たときの演説も、2012年に大統領選挙で
勝利したときの振る舞いも、彼女はチェ・スンシルの
アドバイスを全面的に受けていたといわれている。


占い師に導かれた明治時代

この事件をもって、韓国の政治家が前近代的だとか
政治意識が低いという指摘は、完全な誤りだ。

そもそも政治と呪術は、昔から切っても切れない深い関係である。

政治を日本では、政といった。

「まつりごと」である。

古代は祭政一致が原則で、政治を握った武家の側には
つねに呪術を操る者がいた。

こうしたスタイルは、明治以降になってもあまり変わっていない。

明治維新によって日本は「文明開化」を迎えたが
政の本質は変わりようがないからだ。

その代表が、明治政府の立役者である伊藤博文だ。

日本国の初代総理大臣として知られる伊藤には
高島嘉右衛門という呪術的ブレーンがいた。

「高島暦」という易をご存じだろう。

その創始者である。

たとえば日清戦争開戦は、高島の勧めによって
伊藤が決断したといわれている。

また、日露戦争直前には、政治家たちが高島のもとを訪れ
勝敗の鍵となる連合艦隊の司令長官をだれにすべきか
相談している。

そして最終的には高島の易で、人事が決められたのだ。

ちなみにこのとき、高島が推したのが東郷平八郎だった。

彼が日本海海戦でロシア艦隊を撃破したことは
説明の必要もないだろう。

ちなみに高島は、伊藤博文の暗殺も
「予言」したといわれている。

伊藤が満州のハルピンを訪れる直前、伊藤に
「急病になるように」進言したというのだ。

国のためならこの身を捧げてもいいといって旅だった
伊藤に高島は、「艮」や「山」といった文字が入った
名前の人物は、決して近づけないようにと助言した。

伊藤はこの旅で、暗殺される。

犯人は安重根。

まさしく「艮」を名前に持つ人物の凶行だった。

現代社会になっても、政治家と呪術師の関係はきわめて密接だ。

昭和30~40年代にかけては、藤田小女姫という霊感占い師が
総理大臣の岸信介、福田赳夫、パナソニックの創業者である
松下幸之助らを顧客として、財をなしたといわれている。


【関連情報】

なぜ私は韓国に勝てたか 朴槿惠政権との500日戦争
すぐわかる日本の呪術の歴史―呪術が日本の政治・社会を動かしていた
安重根は韓国の英雄か、それとも悪魔か
民主化の韓国政治―朴正煕と野党政治家たち1961~1979


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、ムーPLUSに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。




火星の大地にまた「巨大ネズミ」
地球のネズミより悪そうなネズミ





荒涼とした砂漠のイメージがある火星であるが
近年、NASA火星探査機「キュリオシティ」の活躍により
多様な生物が住み着いている可能性が浮上している。

これまで「カニ」、「逃げ惑うゴキブリ」、「体育座りするおじさん」
など様々な火星生物をトカナでご紹介してきたが、今回はなんと
「ネズミ型動物」が写り込んでいたことが判明したというのだ!

「ジェット推進研究所(NASA Propulsion Laboratory)」
ウェブサイトの情報によると、この画像は2013年1月15日
「キュリオシティ」搭載のマストカムで撮影された
紛れもないNASA公式画像である。

発見者はトカナでお馴染みの世界的UFO研究家
スコット・ウェアリング氏ご本人。

無数の火星画像に接してきた氏だからこそ
できた大発見といえるだろう。

なにはともあれ、まずは問題の画像をご覧頂こう。

このずんぐりとしたフォルム、北米の草原地帯に生息する
「プレーリードッグ」にそっくりではないか!

プレーリードッグは警戒心と縄張り意識が強く、時には二本足で
立ち上がり周囲を見渡すことがあるが、この火星版プレーリードッグも
見慣れない「キュリオシティ」の侵入に慌てて飛び出してきたのだろう。

しかし、壁にできたシミや、ヒザにできたシワなどが
顔や見知ったモノに見てしまう「パレイドリア」の
可能性も捨てきれない。

事実ネットユーザーからは、非難も寄せられているようだ。

ここは百戦錬磨のウェアリング氏に
判断を仰ぐしかないだろう。

氏のコメントを引用しよう。

「ウッドチャック(マーモットとも呼ばれる)を火星で見つけました。
 4本の足でしっかりと立ち、画像の右方向を見つめています。
 目、鼻、体毛、足など、全てがウッドチャックの特徴に合致しています。
 それに、地球のウッドチャックと同じように、体の色が景色に
 溶け込んでいますね。今日でも火星には多くの小型動物が生息し
 繁栄している証拠です。もう一度繰り返しますが、この動物は生きています」


哺乳綱ネズミ目(齧歯目)リス科マーモット属に分類される
マーモットの1種「ウッドチャック」は、日本人にはあまり聞きなれない
動物であるが、その姿は、同じく哺乳綱ネズミ目(齧歯目)リス科に
分類されるプレーリードッグとほぼ変わらない。

さて、「ネズミ型の動物」ということで結論は出たが
ウェアリング氏のコメントに対してもまだ反感を覚える
懐疑派もいるかもしれない。

しかし、火星でプレーリードッグが撮影されたのは
今回が初めてではない。

2016年3月にも「岩陰から様子をうかがうプレーリードッグ」
が撮影されている。

さらに、2015年には「大型ネズミ」までもハッキリと写真に
おさめられているのだ。

これでも

「火星にネズミはおろか、生命が存在するはずがない」


とおっしゃるならば、それはそれで結構だ。

2020年にはNASAが超最新鋭生命探査車を火星に送る。

その時、あなたの常識が覆るような発表を前に
腰を抜かしていればいいだろう。


【関連情報】

ありえない生きもの―生命の概念をくつがえす生物は存在するか?
ここが一番面白い! 生命と宇宙の話
MARS 火星―未知なる地表 惑星探査機MROが明かす、生命の起源
人類を火星に!火星探査の時代―NASAの最重要ミッション


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、TOCANAに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!








[ジャンルランキング]
ニュース
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
2位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (583)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (836)
食品・飲料 (131)
プレスリリース (44)
情報端末 (14)
ゲーム (81)
健康 (1163)
IT (53)
経済 (119)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (281)
その他 (28)
海外情報 (1086)
アニメ (440)
セクシーネタ (2029)
グルメ (43)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (23)
ペット (22)
コスプレ (6)
いきもの (18)
テクノロジー (115)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (87)
ガンダム (11)
ニュース (200)
人間心理 (44)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (39)
漫画 (12)
生活 (50)
育児 (20)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (8)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (9)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (187)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (36)
キャラクター (28)
ホビー (118)
歴史 (10)
宇宙 (17)
就職 (2)
ミステリー (35)
雑学 (16)









この人とブロともになる








 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.