ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
心身ともに生活向上をはかりたいと思う方に最新情報をお届けします!

浜崎あゆみに東方神起、倖田來未にAAAに後藤真希、X JAPANのサプライズも飛び出した<a-nation for Life>東京公演
拡大写真
浜崎あゆみに東方神起、倖田來未にAAAに後藤真希、X JAPANのサプライズも飛び出した<a-nation for Life>東京公演
全5都市5会場、7公演で28.9万人を動員する、エイベックス夏のライヴサーキット<a-nation 10th Anniversary for Life Charge & Go! ウイダーinゼリー>東京公演が、8月27日と28日の両日、東京・味の素スタジアムで開催される。10周年を迎えた2011年、5万2000人が詰めかけた東京公演の一日目は、数多くのサプライズで彩られたものとなった。

◆<a-nation 10th Anniversary for Life Charge & Go!>東京公演画像@2011.08.27

号砲とともにスタートした<a-nation 10th Anniversary for Life Charge & Go! ウイダーinゼリー>東京公演。トップバッターは、千紗がウイダーinゼリーをギュッと飲み干し、GIRL NEXT DOORから。「Infinity」でアゲまくると、浜崎あゆみのタオルを肩にかけたファンも、東方神起のうちわを持ったファンも、もちろんガルネクファンも総立ちで歓声を送る。ステージにはガルネコも登場し、みんなで“ガル扇”を振り回しながら最新曲「ダダパラ!!」で、さらにもうひとアゲして、GIRL NEXT DOORは、トップバッターとしての役目を終えた。早くも<a-nation>、お祭りムードだ。

流れてくる「What is LOVE」のイントロ。そして千紗の呼び込みで、キラキラタンクトップ&パンツスタイルの後藤真希がステージに飛び出してくる。黒髪のストレートにイメージチェンジし、引き締まったボディーにはバタフライのヘソピアスを輝かせながら後藤は、6人のダンサーとともにステージをスタートさせる。それはただただ情熱的に、過去4回出演してきた後藤真希の<a-nation>史上最も激しく、そしてセクシーなパフォーマンスだ。

後藤真希は、「今年いっぱいで、来年の1月から長いお休みをいただくことになりまして。今日で、<a-nation>、後藤真希としてはラストになります。今まで長い間支えて下さったファンの皆さん、<a-nation>で出会った皆さん、どうもありがとうございました。」と、挨拶。日本の音楽シーンにおいて、ひとつの時代の象徴的存在だった彼女の<a-nation>最後の言葉に、ファンの垣根を越え、会場全体から温かい拍手が贈られる。それは、特にここ数年、激動の人生だった彼女に対する“おつかれさま”と、そんな言葉が聞こえてきそうな、優しい拍手だった。一方、後藤真希ファンにとっては、彼女が挨拶の中で「長いお休み」という言葉を使ったことは救いだったことだろう。

そして「SCANDALOUS」を髪を振り乱し、最後まで全力でパフォーマンスした後藤は、「どうもありがとう。後藤真希でした。バイバイ!」と両手を振って、笑顔でステージの奥へと消えた。オーディエンスに少しの切なさを残しながら。

ブルーテディにエスコートされて、ウエディングドレスで鈴木亜美が姿を見せる。いきなり懐かしいナンバー「love the island」を歌唱した鈴木亜美は、「Delightful」でミニのワンピースに早着替えし、「BE TOGETHER」で、ステージをところ狭しと走りまわる。会場はクラブのような盛り上がりを見せた。

巨大スクリーンに映しだされた「U(城田優)」に、驚きの声が上がる会場。Uこと城田優は、新曲2曲(「Love&Peace」「刹那~ a sandglass of fate~」)を披露する。どちらも城田優自らが作詞作曲の作品で、特に「Love&Peace」は、東日本大震災の被災者に向けたメッセージソング。被災地でパブリックビューイングが行なわれているこの公演に、まさにぴったりの楽曲だ。

デビュー4年目にして<a-nation>初出演となるのがAcid Black Cherry。会場を引き裂くようなハードなロックサウンドに、ガールズたちからは黄色い声が。ABCの1曲目は、昨今「セクシーな楽曲TOP10」の1位として話題になっている「Black Cherry」。まだ昼の15時前でありながら、yasuは妖艶に歌いはじめると、空気は一気に深夜帯。4万人フリーライヴを成功させた勢いのままに行なう味の素スタジアムでのライヴは、初見のオーディエンスを釘付けにさせる(ちなみに余談だが、親子連れの姿も見られた会場であったが、当然ながら「Black Cherry」は“ライヴバージョン”の歌詞である)。

「どう考えてもこのフェスに似つかわしくない感じありますが。太陽に似合わない感じでしょう?」と、いつも通りの面白トークを展開しながら「少女の祈りIII」「罪と罰~神様のアリバイ~」など4曲で確実に会場を魅了したAcid Black Cherry。その証拠に、一部のオーディエンスからは、Acid Black Cherryに向けてヘドバンも飛び出していた。

次に登場したのはDream、Happiness、FLOWERからなるE-Girls。鮮やかなピンクの衣装に身を包んだEXILE譲りのこのエンターテインメント集団は、そのDNAを1曲目のダンスパフォーマンスから見せつける。さらに、「Wish」「Still」など3グループのオリジナル楽曲を披露したのち、TBS系『EXILE魂』で披露したピンクレディーのカヴァー「渚のシンドバッド」をステージ一列となってパフォーマンスした。

ラスト近くの最も盛り上がるタイミングに披露する「ハリケーン・リリ、ボストン・マリ」を、今回、冒頭に持ってくるなど、全編にわたって飛ばしていたのがAAA。「<a-nation>、もっと楽しみたいですか? では、AAAについてきてくれますか?」と、日高光啓が会場を煽る中、カウボーイ&カウガール姿の7人の登場に、会場はタオルを振り回して応える。5万人がタオルを回すという光景は圧巻だ。煌びやかにセクシーな衣装を身にまとった宇野ちゃんも笑顔で飛び跳ねながら、カメラに向かってウィンクを連発。身体全体で夏のお祭りを楽しんでいるようだった。一方、昨今、その可愛さにさらに磨きがかかった千晃も、パッと目をひく赤いヴェルヴェット地の露出度高めな衣装で可憐にステージを舞う。

天気をも味方につけたAAAは、MCで「10秒チャージは與さんならできる。」と、西島隆弘が與真司郎にウイダーinゼリー10秒チャージチャレンジをムチャぶり。引くに引けなくなった真司郎は、手に持ったウイダーinゼリーを見事に9秒で飲み干す。メンバーは口々に、「ナイスチャージ!」と、さっきムチャぶりしたのを忘れたかのようにステージ上で真司郎を祝福し、引き続き「Chage&Go!」「負けない心」などで会場を盛り上げた。

ユニバーサルミュージックからレーベルを越えてステージに立ったのが、今年で7回目の出演となるmihimaru GT。hirokoは頭に大きなリボン、さらにスカートにはmihimaruGTのライヴグッズとしておなじみのアフロをデザイン。みっくんことmiyakeのギターサウンドからのhirokoの高速ラップといえばの「マスターピース」。さらに鉄板ソング「気分上々↑↑」、新曲「エボ★レボリューション」でオーディエンスのテンションを“上々↑↑”にする。

注目のK-POPガールズユニット・AFTERSCHOOLは、マーチングドラムを携えて「Let's Do It!」からスタート。自慢のマーチングドラムパフォーマンスを5万人に見せつける。「こんにちはAFTERSCHOOLです。私は踊るのが好きで“ダンスマシーン”と呼ばれています。Shall We Dance? 今日は<a-nation>に参加できて嬉しいです。今日は一緒に、うったり、うったり……歌って踊って、楽しみましょう!」と、リーダーのカヒから順にメンバーが初々しく挨拶。AFTERSCHOOLは、ミニスカートからガーターベルトを覗かせて日本デビュー曲「Bang!」などでステージに華を添えた。

重厚なベースのフレーズが鳴り響いて、フライングVを抱えて大渡亮からステージへとやってきたDo As Infinity。吹いてくる風に伴都美子の長い髪も柔らかくたなびく。Do Asは、ドラマ『チーム・バチスタ3アリアドネの弾丸』の主題歌「アリアドネの糸」や、ライヴの定番ソング「本日ハ晴天ナリ」などを披露。まさにライヴバンド面目躍如といったパワフルなステージを展開する。

新人バンドにして、アニメ『ワンピース』の主題歌で大ヒットしたThe ROOTLESSは、その「One day」と、8月24日にリリースしたばかりの、専門学校HALのTVCMソング「変わりたいと、強く望め。それ以上は、いらない。」の2曲をパフォーマンス。

そして「BE MY BABY」の攻撃的なイントロとともに、火薬を使った特効がステージで破裂すれば、“倖田組”のテンションも急上昇したことだろう。花道の先端から、胸元が谷間までガッツリ開いた蛍光イエローのトライバル柄のビスチェに、クラッシュデニムに網タイツという刺激的な衣装で倖田來未が飛び出してくる。夏の太陽が抜群に似合うこの歌姫は、ペットボトルの水を自らの身体に注いで、「め組のひと」などセクシーかつパワフルなステージを展開しつづける。

「みんな夏の思い出作れましたか? “for Life”ということで、みなさんの笑顔が見れるのがすごく嬉しく思います。」

自身のツアー初日から歌い続けているチャリティーソング「you are not alone」を挟んで、「キューティーハニー」など、再びアッパーな楽曲を次々に放つ。倖田來未は、胸を自ら寄せてあげたり爪を噛んでみたりと、会場をひたすらセクシーに挑発。新曲「Poppin' love cocktail feat.TEEDA」では、BACK-ONからTEEDAとKENJI03も登場して、これ以上ないほどに会場をアゲてみせた。

18時前にTRFがコールされると、きっと何度かこのイベントに足を運んだことのあるオーディエンスは驚いたはずだ。例年、TRFはトリを務める浜崎あゆみの前に出演していたはず。そう、ここからが、10周年を迎えた<a-nation>の壮大なサプライズの始まりだった。

<a-nation>におけるTRFとは、いわば夏の風物詩のひとつ。彼らの大ヒットチューン「BOY MEETS GIRL」「EZ DO DANCE」では、オーディエンスだけでなく、ついにスタッフまでも我慢できずにお祭り状態へと突入する。<a-nation>でのTRFを観たいがために会場に足を運んでいる人、お目当てのアーティストはほかにいるものの、TRFのステージも実は楽しみだというリピーターもきっといるはず。10年連続出場を続けるTRFの前に、<a-nation>は、5万人が一体となった。

次のアーティストへのステージ転換で、花道の先端に用意されたのは、クリスタルのピアノ。見慣れない光景に、何が起こるのか不思議がるオーディエンス。一方、アリーナの一角、関係者の立ち見エリアには続々とスタッフが集まってくる。この後、ステージが紅に染まることになるなど、一般客の誰が予想したであろうか。誰が味の素スタジアムでX JUMPすることを想像できたであろうか。そして、そのシークレットゲストの登場は、10年の<a-nation>の歴史の中でも、最も驚きを持って迎えられた出来事のひとつではないだろうか。

会場にまず映し出されたのは、全米やベルリンでの海外ライヴの模様。唖然とする会場をよそに、やがて、スクリーンに浮かぶ「AND NOW」の文字。気づけば花道にセットされたピアノの前には、YOSHIKIが。そして、奏でる旋律にエスコートされてToshIが寄り添う。「Forever Love」。冒頭に大歓声が上がったものの、その後は、驚きのあまり言葉を失ってしまったスタジアム。そんな空間に優しく響きわたるToshIの歌声は、遠い東北の深く傷ついた被災地にも響く、X JAPANから亡くなった方への鎮魂歌。そして今もなお戦い続け、傷を負い続けている人への癒しの歌声のようでもあった。

YOSHIKIはジャケットを脱ぎ捨てて、ドラムセットの前に。そして「Rusty Nail」。驚嘆と混乱、興奮、そして歓喜。ただひとつの事実は、目の前に、<a-nation>のステージに、X JAPANがいるということだけ。強烈な求心力を得たステージは、5万人の視線を掴んで離さない。

「会いたかったぜ、a-nation!!! 今日はお前たちの、大和魂見せてくれ!」

ToshIの短いMCの後、SUGIZOのヴァイオリンの調べで赤く燃えはじめるステージ。真紅のジャケットを羽織ってYOSHIKIが再び、中央に置かれたピアノに腰を据える。そして、ふたりによる流麗な「紅」の調べが生み出す壮大でたおやかなひと時。しかし、それすらもYOSHIKIは自らの雷鳴の如き激しいドラムで引き裂いていく。シークレットゲストということは、普通のアーティストだとアウェーな状態。にも関わらず、気づけば「紅」の大合唱が会場に巻き起こっていたのだ。

「暑い…。そうですね、今回……びっくりした? こういう場に出させてもらって、感謝してます。」。YOSHIKIは自らの口で、被災地支援を実施する<a-nation for Life>の想いに賛同し、ステージに立つことを決めた、と語りはじめる。「超アウェーなシチュエーションだから、どうなるのかなって思っていましたが、みんなが暖かく迎えてくれたので、思いっきりできそうな気がします。」と、はにかみが溢れる。続けて、「僕らはX JAPANっていうバンドです。」と、会場の笑いを誘ったのち、YOSHIKIは、静かに、しかし、ひとつひとつの言葉の意味や重さを確かめるような口調で、被災地に向けて、X JAPANとしての決意を述べはじめた。

「Xには、もともと、“無限の可能性”という意味がありますが、今日から、Xという文字に、新しい意味を加えようと思っています。『何があっても絶対負けない。どんなことがあっても、前を向いて、復興に向けて歩いて行く。』 俺たちの辞書に、今日、この意味を付け足そうと思います。被災地のみなさんは、僕たちがわからないくらい大変な思いをしていると思いますけど、ここにいるみんな、オーディエンス、アーティストと一緒に応援していくんで……気合い入れていくぞ!!!! We are(X)!!! We are (X)!!!」

スタッフに要求した水を頭から被ったYOSHIKI。水浸しのドラムセットの奥で、霧のような水しぶきを上げながら魂を叩きつける。「Forever Love」が鎮魂歌であったならば、「Born To Be Free」は、過酷な状態で戦っている被災地の人々を、そして日本中を鼓舞せんとするX JAPANの熱いパワー。無限の可能性に、復興への力強さと決意を内包した音の塊は、この日のX JAPANを目撃したすべての人の胸に刻み込まるとともに、想いをひとつにし、感情を激しく揺さぶり続けた。

オーディエンスにさらなる気合いを要求してのラストソング。はじまりの合図は、YOSHIKIが頭の上でクロスさせた両手のスティックだ。スモークが高く吹き上がる中、ステージ上のライティングまでも「X」となった味の素スタジアムで、「一緒にがんばろうぜ!」とYOSHIKIが叫べば、「東北まで届けるぞ!」とToshIもまた絶叫。5万人全員が“We are X !!!”となり、被災地への熱いエールを叫び続けた。

サプライズは続く。真っ暗となった会場で、スクリーンに映しだされたのは、浜崎あゆみのAマーク。<a-nation>のトリは浜崎あゆみが飾るものだと思って疑わなかったファンたちが、慌てて会場へとなだれ込んでくる。そう、2011年8月27日の<a-nation>東京公演は、浜崎あゆみがラストではないのだ。

きらびやかな衣装で登場した浜崎あゆみは、「ANother song feat. URATA NAOYA」や、オリジナルではJYJジュンスの双子の兄・JUNOをフィーチャーした「Why... feat. JUNO」といった新曲をURATA NAOYA(AAA・浦田直也)とともに披露。エイベックスを代表する歌姫は、シャワーのような歓声と、オーディエンスの期待を一身に浴びる。

そしてアリーナでは、外部へつながる通路が封鎖される。柵を用意するスタッフの動きから次の展開がわかったファンもいることだろう。<a-nation>名物のayu神輿が、例年よりちょっと早く、ayu一座を乗せてアリーナを走る時間だ。浴衣に着替えた浜崎あゆみは、スワロフスキーでアレンジされたマイクを手に「Greatful Days」「BLUE BIRD」など、夏を感じさせる楽曲でスタジアムをゆっくり周回し、すべてのオーディエンスを楽しまる。なお、今回のayu神輿は、電飾が一切使われていないエコ仕様。さらに、a-nation10周年を迎えるにあたって、a-nationの事務局がアーティスト側と交渉し、東京公演のみで実現できたスペシャルなものだった。

「Sunrise ~LOVE is ALL~」で、再びURATA NAOYAとともにパフォーマンスすると、今度は、浜崎あゆみの持ち歌ではない「WOW WAR TONIGHT」を披露(ちなみにAAAは同曲をカヴァーしている)。そのままラストの「July 1st」へと続いた。

「この瞬間をみんなと分かち合えたことをうれしく思います。東北地方の皆さんに、<a-nation'11>のステージから、avexアーティスト一同、たくさんの愛と夢と希望を送らせて頂きました! ありがとうございました!!」

2011年の<a-nation>東京公演の浜崎あゆみは、これまでとは異なり、日頃から“弟”と可愛がっているURATA NAOYAとともに夏の終わりを彩った。トリではなく、しかも披露した曲の多くをコラボレートしてのステージに、一部のayuファンの中には戸惑いを覚えたかもしれない。しかしこれこそが、決して守りに入るのではなく、変化を恐れず、未知なるもの、可能性に挑み続け、結果、多くのファンに夢と感動を与え続けてきたアーティスト・浜崎あゆみの生き様。そして、そんな浜崎あゆみが<a-nation>のステージで体現してみせたメッセージは、東北の地にも勇気となって確実に届いたことだろう。

電飾が消えて真っ赤なサイリウムの光が揺れる味の素スタジアム。東京公演一日目のラストに登場したのは東方神起だった。「東京のみなさん、おまたせしました。東方神起がこの<a-nation>に戻ってきました。やっぱり東京はすごいですね。」と、ユンホが語れば、チャンミンは、「素晴らしいアーティストの方々と参加できて嬉しいんですけど、何より、今、僕の目の前のみなさんと一緒の時間をすごせて嬉しいです。」と、笑顔を見せる。

<a-nation>東京公演の感触を確かめるようにステージを大きく動いて、新曲「Superstar」を汗を滴らせながらパフォーマンスするふたり。そんな熱唱に、オーディエンスも声援で応える。そして「時ヲ止メテ」「Stand by U」のバラードを歌い上げると、再び「Summer Dream」「Somebody To Love」の懐かしいナンバーをカメラに笑顔を見せたり、回していたタオルを客席に投げ込んだりといったファンサービスを行ないつつ続けて披露。新しい時間を刻みはじめた東方神起の姿は、とても輝いていた。

「みなさん、ホントありがとうございました。楽しかったです。東方神起でした! これからも、もっともっと頑張ります!」

全アーティストのステージが終了すると、<a-nation>のステージに帰ってきた東方神起を祝福し、また、被災地への応援を意味するような大きな花火が上がる。2011年8月27日の東京公演一日目は、エンターテインメントの持つ可能性や夢、希望、そして大きな愛とともに幕をおろした。

なお、<a-nation 10th Anniversary for Life Charge & Go! ウイダーinゼリー>は、宮城県石巻市など3県6カ所で無料パブリックビューイングを実施したり、チケット1枚につき200円の寄付、チャリティーグッズの販売、参加アーティストのステージ衣装のチャリティーオークションといった様々な形で被災地支援を行なっている。また、この日サプライズゲストとして登場したX JAPANの出演料も全額、被災地支援のために義援金として被災地へと贈られる。

さらに、ステージ演出に使われる電力は、すべて電源車によって供給された。

text by ytsuji a.k.a.編集部(つ)


【関連記事】
<a-nation 10th Anniversary for Life Charge & Go! ウイダーinゼリー>公式サイト
<a-nation for Life>いよいよ東京公演、被災地パブリックビューイングも
倖田來未のチロルチョコ全50種ほか、<a-nation for Life>×セブン&アイ コラボグッズ
小室哲哉や後藤真希も出演、ニコファーレの<a-nation プレミアイベント >
AAA、東方神起、Do As、ガルネクアイテムも、2011年<a-nation>グッズがmu-moに登場


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!

浜崎あゆみ、ヒルトン姉妹、ブリトニーもお気に入り♪ボンダッチのバッグ【5,250円以上送料無料】即納可!Von Dutch (ボンダッチ) ボストンバッグ ブラック|浜崎あゆみ、ヒルトン姉妹、ブリトニー


この記事の著作権は、yahoo!JAPANに帰属するからパクリはダメですよ~! 
関連記事
スポンサーサイト
 
 

Comment


非公開コメント

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!







[ジャンルランキング]
ニュース
421位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
25位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (635)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (839)
食品・飲料 (132)
プレスリリース (45)
情報端末 (14)
ゲーム (82)
健康 (1259)
IT (53)
経済 (122)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (304)
その他 (28)
海外情報 (1260)
アニメ (443)
セクシーネタ (2222)
グルメ (46)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (24)
ペット (35)
コスプレ (6)
いきもの (19)
テクノロジー (121)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (122)
ガンダム (11)
ニュース (250)
人間心理 (51)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (41)
漫画 (12)
生活 (55)
育児 (24)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (12)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (11)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (224)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (38)
キャラクター (28)
ホビー (136)
歴史 (14)
宇宙 (18)
就職 (2)
ミステリー (58)
雑学 (20)









この人とブロともになる







 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2018 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。