FC2ブログ

 

ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 




今日の気になる情報をお届けします。


iPhone
2007年1月9日、iPhoneを披露するスティーブ・ジョブズCEO





世界以上に日本で受け入れられた理由

米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」
が9日、発表から10年を迎えた。

2007年1月に発表され、同年6月29日に米国で発売された
iPhoneは、全面ディスプレーを採用し、滑らかで心地良い
操作感などが高く評価された。

いまでは当たり前となったタップ、フリック、ピンチイン/アウト
といった操作も、その名称をアップルがあらためて提唱するなど
それまでグローバルで普及していたテンキー採用の携帯電話とは
一線を画した。


◆日本でのシェア隆盛

日本では08年、ソフトバンクが「iPhone3G」を発売。

そして現在のように誰もが使う環境につながっていったのは
ソフトバンクが09年2月に仕掛けた実質0円での
販売キャンペーンが大きいとされる。

また08年後半には、iPhoneが絵文字をサポートしたが
これもソフトバンクの働きかけによるものとされる。

最新の「iPhone7」「iPhone7Plus(プラス)」では
ついにSuicaやiDといった、非接触通信「FeliCa」を
使ったサービスにまで対応。

海外と比べて日本ではiPhoneのシェアが相当高いと
評されるほど、日本における“iPhone”は隆盛を
極めている状況だ。

ソフトバンクに続き、日本ではKDDI(au)、NTTドコモでも
iPhoneが発売された。

過去の記事を振り返ると、07年6月の株主総会で
NTTドコモの幹部はiPhoneの発売に意欲を見せる
発言をしていたが、発売に至ったのは13年9月の
「iPhone5s」「iPhone5c」。

約6年もの間、両社の間でどういった交渉が繰り広げられたのか
公式な形では明らかにされていないが、過去、特許や販売数に
関する課題があったと伝える報道もあった。

ちなみに今ではもうすっかり忘れ去られてしまったが
iPhoneが登場する07年から遡ること2年、05年9月には
アップルとモトローラが“iTunesケータイ”として
「ROKR(ロッカー)」という携帯電話を投入していた。

通信方式がGSMのみで日本では利用できなかった機種だが
当時、海外では鳴かず飛ばずと伝えられた。

3.5インチというディスプレーサイズで登場したiPhoneは
その後、徐々に大型化。

全体のシルエットも定期的にアップデートされ
現在では4インチの「iPhoneSE」
4.7インチのiPhone7、そして5.5インチの
iPhone7プラスがラインアップされている。

ディスプレーだけではなくカメラの進化も目覚ましく
iPhone7プラスのデュアルカメラでは
新たな撮影体験をもたらした。

スマートフォンでは、ファーウェイなどがいち早くデュアルカメラを
搭載していたが、その体験をさらに広げた格好で、17年の
トレンドの一つになると期待されている。


◆規制で価格上昇懸念

順風満帆に見えるiPhoneだが、日本での販売に関しては
総務省が示すガイドラインの影響が今後どれほどあるかが注目される。

そのガイドラインは端末割引に関する規制であり、単なる業界動向
ではなく、iPhoneを含む、スマートフォンの価格が
上昇する懸念がある。

この規制は17年6月以降に発売される機種が対象で
例年通りのタイミングであれば次期iPhoneへの影響は
避けられないだろう。

過去、日本では“iPhone”の新機種が発売されるたび
通話定額、大容量プランといった新たな料金体系が発表され
さらには実質0円を広く普及させたキャンペーン、はたまた旧機種の
下取りといった取り組みも導入されてきた。

iPhoneは、ハードウエア、ソフトウエアのみならず
アプリやWebサービスなどコンテンツ面にも大きな変革をもたらし
毎月支払う料金にも多大なる影響を与えた。

ライバルとなるAndroid(アンドロイド)が機能面で
iPhoneをリードすることも数多くあるが
まだまだ“iPhone”の存在は大きい。

アップルのシニアバイスプレジデントであるフィリップ・シラー氏は
iPhone登場10周年に合わせて発表した文書で
iPhoneがもたらした数々の変革を紹介しつつ

「これはまだ始まりにすぎないと信じている」

と今後も革新をもたらし続ける姿勢を示している。


【関連情報】

未来を味方にする技術 ~これからのビジネスを創るITの基礎の基礎
世界の技術を支配する ベル研究所の興亡
日経テクノロジー展望2017 世界を変える100の技術
情報覇権と帝国日本II: 通信技術の拡大と宣伝戦


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、インプレスウオッチに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






関連記事
スポンサーサイト



 
 

Comment


非公開コメント

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!







[ジャンルランキング]
ニュース
256位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
13位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (635)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (839)
食品・飲料 (132)
プレスリリース (45)
情報端末 (14)
ゲーム (82)
健康 (1259)
IT (53)
経済 (122)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (304)
その他 (28)
海外情報 (1260)
アニメ (443)
セクシーネタ (2222)
グルメ (46)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (24)
ペット (35)
コスプレ (6)
いきもの (19)
テクノロジー (121)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (122)
ガンダム (11)
ニュース (250)
人間心理 (51)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (41)
漫画 (12)
生活 (55)
育児 (24)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (12)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (11)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (224)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (38)
キャラクター (28)
ホビー (136)
歴史 (14)
宇宙 (18)
就職 (2)
ミステリー (58)
雑学 (20)









この人とブロともになる







 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2021 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.