FC2ブログ

 

ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 



今日の気になる情報をお届けします。


北朝鮮2
(続) CNN記者が取材報告




北朝鮮で最も豊かな街の外側で人々がどのように暮らしているのか
取材班が自分たちの目で見ることは普通、許されない。

そうした場所での厳しい日々の暮らしについては、国連や救助活動家
脱北者らが指摘している。

取材班も訪問するたびに、アクセスできるよう要請を出している。

以前の訪問と同様、取材班は政府が手配した
「遊覧旅行」にも連れていかれる。

そこには北朝鮮が世界に見せたいと考えるものがあり
北朝鮮の社会主義制度の優位性と彼らが信じているものを
証明しようとしている。

取材班がそうした場所に行きたいと要請することはない。

とはいえ、北朝鮮訪問時にはそうした場所も
取材することが期待されている。

取材班はたいてい、こうした経験を北朝鮮をめぐる
より大きな物語のなかに織り込もうとしている。

こうした輝かしい新プロジェクトがそこでの生活の完全な現実を
代表しているわけではないという文脈で常にとらえるようにしている。

取材班は平壌の新しい孤児のための中学校を訪問した。

子どもたちの多くは炭鉱や工場や国営企業で
働いていた両親を失っていた。

約70人の生徒が、取材班の前で音楽の
パフォーマンスを披露した。

その最中、私は彼らが全員、親を亡くしていると知って
悲しみに襲われた。

シャイで静かな子もいたが、満面の笑みを浮かべ
学校を訪れた奇妙な外国人に心から興味を持っている
ように見える子もいた。

生徒たちは英語を学習するよう求められ、いくつかの単語を
口にする勇敢な子どももいた。

生徒たちの生活水準が多くの北朝鮮の人々よりも
はるかに良いことは明らかだった。

報道によれば、最高指導者の金正恩(キムジョンウン)
朝鮮労働党委員長自身が学校を設計し視察した。

学校には水泳用のプールやコンピューターラボのほか
電気や熱を絶えず供給できるよう発電機も備わっていた。

金委員長は500人以上の子どもたちに食料や生活必需品を
十分供給するよう学校に指示を出したという。

彼らはみな、金委員長を父親のように感じているという。

子どもたちは政府の忠実な公僕となるよう育てられる。

運転やコンピューター科学、料理といった
職業能力を身に着ける。

これらが一生の仕事となるかもしれない。

私は常に、北朝鮮政府が取材班を招待するのは我々を
プロパガンダの目的に利用するためだということを念頭に置いている。

取材班が見せられるのは、えりすぐりのものだけだ。

北朝鮮は私の17年におよぶキャリアのなかでも
最も挑戦的な題材だ。

北朝鮮にはシンプルなものや簡単なもの
率直なものは何もない。

見たもの、経験したものを常に疑う必要がある。

平壌に到着したのは、北朝鮮が中距離弾道ミサイル「北極星2」の
発射実験を行った2日後だった。

羊角島国際ホテルにチェックインすると、国営テレビが
ミサイル発射の様子を報じていた。

このホテルは、観光客や訪問者が平壌市内に迷い込まないよう
小島の真ん中に建てられている。

金委員長は過去3年に何度もミサイル発射を行っているが
今回の発射実験は、米国でトランプ政権が誕生してから
初となるものだったこともあり、国際社会で大きく報じられた。

数時間以内に、北朝鮮以外の国々は
ミサイル発射を知った。

しかし、北朝鮮の人々は翌日、国営メディアが公式発表するまで
そのことを知らなかった。

市民が見聞きするものはすべて、2400万人の市民
(少なくとも、テレビを見たりラジオを聴いたりできる電力がある人々)
に放送される前に、入念に検査され承認を受ける。

普通の人々はインターネットは使えない。

国際電話もかけられない。

国営メディアが彼らにとって、外の世界とつながった唯一の
(そして非常に小さな)窓だ。

若いときから北朝鮮の人々は、彼らの生活は米国による
侵略の絶え間ない脅威にさらされており、そのため政府が
少ないリソースを核とミサイルの開発に振り分けることは
理に適っていると言われている。

何十年にもわたり、この単純で効果的なプロパガンダのメッセージは
金一族の3代にわたる統治が軍事化と市民に対する強力な支配を
行うことを正当化する手助けをしてきた。

金一族は、おそらく地球上のどの政権よりも上手に指示を守らせ
コントロールする方法を完成させた。

残りの世界を締め出すことでそれを行っている。

北朝鮮は徐々に開かれつつあるが、しかしそれはあくまで
彼らなりのやり方でしかない。


北朝鮮での取材について

・政府当局者が常に取材班に同行した

・当局者はお目付役と呼ばれることを好まず、たいていは
 ツアーのガイドのように行動した
 しかしながら、彼らは、取材班が北朝鮮国内にいる間
 取材班が何を取材しどのように行動するかについて絶対の責任を負っていた

・当局者が取材の動画や原稿を事前に見ることはなかった
 しかし、彼らは撮影中、常に取材班に同行した
 彼らは、取材班が訪れた場所の撮影許可を保証するために
 さまざまな措置を取らなければならないこともしばしばあった

・取材班は平壌で最も人出の多い地区の一部でかなりの時間を費やした
 こうした場所は以前は常に撮影が許されない場所だった
 取材班はインタビューするため街中で無作為に取材相手を選ぶことができた



【関連情報】

独裁国家・北朝鮮の実像 核・ミサイル・金正恩体制
北の喜怒哀楽 45年間を北朝鮮で暮らして
マンガ 金正恩入門-北朝鮮 若き独裁者の素顔
金正日秘録 なぜ正恩体制は崩壊しないのか


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、CNN.co.jpに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






関連記事
スポンサーサイト



 
 

Comment


非公開コメント

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!







[ジャンルランキング]
ニュース
256位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
13位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (635)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (839)
食品・飲料 (132)
プレスリリース (45)
情報端末 (14)
ゲーム (82)
健康 (1259)
IT (53)
経済 (122)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (304)
その他 (28)
海外情報 (1260)
アニメ (443)
セクシーネタ (2222)
グルメ (46)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (24)
ペット (35)
コスプレ (6)
いきもの (19)
テクノロジー (121)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (122)
ガンダム (11)
ニュース (250)
人間心理 (51)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (41)
漫画 (12)
生活 (55)
育児 (24)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (12)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (11)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (224)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (38)
キャラクター (28)
ホビー (136)
歴史 (14)
宇宙 (18)
就職 (2)
ミステリー (58)
雑学 (20)









この人とブロともになる







 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2021 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.