FC2ブログ

 

ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 




今日の気になる情報をお届けします。


お箸が刺さっていた
不思議なこともあるようで・・・





背中にナイフが刺ささったまま熟睡した男性
うなじを包丁で刺されたまま帰宅した女性など
「痛みはどこ行った」と、にわかには信じ難い話題が
届けられることがあるが、中国では、箸が目の脇に
刺さったまま一週間気づかずに生活していた女性がいるという。

箸は奥深く侵入しており、外からはまったく見えなかったことが
発見を遅らせたようだ。

中国メディア・湖北経視によると、湖北省武漢市の林さん
(女性)は先日、目が赤く腫れ、膿も出てくるように
なったことから医者で診察を受けることにした。

すると、本人も想像していなかった事実が明らかになる。

CT検査で、目の奥に細長い棒状の異物が見つかり

「早く摘出しないと感染して失明する恐れがある」

と医師から告げられたのだ。

林さんはすぐに手術を受けることになり、異物も
無事摘出されたが、手術を担当した医師はびっくり。

と言うのも、異物は折れた箸の一部で
5.5cmもの長さがあったからだ。

医師は

「一体なぜ箸がこんなところに刺さっているのか」


と林さんに問いただしたが、どうやら本人も
はっきりとは覚えていない様子。

ただ、一週間ほど前、歩きながら食事をしていた最中に
転倒したらしく、そのときに痛みを感じた出来事を告白したという。

話を聞いた医師は

「恐らく転倒時に箸が眼球の上部から侵入した」

と説明するとともに、眼窩の後ろには比較的大きな空間があり
そこに“異物”が侵入したとし

「少々気持ち悪い程度で済んでいたのではないか」

と“奇跡の原因”を分析している。


【関連情報】

神経とシナプスの科学 現代脳研究の源流
体の中の異物「毒」の科学 ふつうの食べものに含まれる危ない物質
無痛治療! 誰でもできる筋肉内鎮静法
運動・からだ図解 脳・神経のしくみ


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、ナリナリドットコムに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






関連記事
スポンサーサイト



 
 

Comment


非公開コメント

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!







[ジャンルランキング]
ニュース
241位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
15位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (635)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (839)
食品・飲料 (132)
プレスリリース (45)
情報端末 (14)
ゲーム (82)
健康 (1259)
IT (53)
経済 (122)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (304)
その他 (28)
海外情報 (1260)
アニメ (443)
セクシーネタ (2222)
グルメ (46)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (24)
ペット (35)
コスプレ (6)
いきもの (19)
テクノロジー (121)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (122)
ガンダム (11)
ニュース (250)
人間心理 (51)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (41)
漫画 (12)
生活 (55)
育児 (24)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (12)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (11)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (224)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (38)
キャラクター (28)
ホビー (136)
歴史 (14)
宇宙 (18)
就職 (2)
ミステリー (58)
雑学 (20)









この人とブロともになる







 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2021 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.