FC2ブログ

 

ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 




今日の気になる情報をお届けします。


日焼け2
気づきにくい日焼けから肌を守る対策





季節に限らず、日焼け止めの塗り残しや長時間の外出などによって
焼けてしまうことはあるでしょう。

そんな時には日焼けによってダメージを受けている肌をケアして
肌を良い状態にしてあげることが大切です。

日焼け後のケアはできるだけスピーディーに行う必要があります。

アフターケアをしっかりと行って
肌をよみがえらせてあげましょう。

日焼けをしてしまった場合の最初の対策は冷却です。

日焼け後の肌はやけどのような状態となっており
ほてったりヒリヒリしてしまうこともあります。

そうなった肌はシャワーや保冷剤、冷却シートなどで
冷やすことが必要です。

また、紫外線によって水分も失われているため
水分補給も行います。

いつも以上に水分を取って体の乾燥を防ぎましょう。

ただし、冷やしすぎには注意が必要となります。

また、熱や痛みのケアは24時間以内に行うことが大切です。

冷やした後は、肌表面に直接水分を補います。

化粧水と乳液を使いますが、日焼け後の肌はデリケートに
なっていて刺激に弱いため、コットンなどで優しくケアします。

スクラブなどの肌刺激の強いものも避けましょう。

消炎作用のあるアロエを薄く切って貼ったり、アロエ配合の
化粧水を使うのも効果的です。

日焼けをした時には、メラニンの分泌を抑える対策も
行っておきましょう。

メラニンを抑える栄養素としてはビタミンCとEが効果的です。

ビタミンC豊富なかんきつ類や緑黄色野菜とビタミンE豊富な大豆や
ごま、ナッツなどを積極的に補給します。

日焼けして少しお疲れ気味のくすんだ肌には、ビタミンC入りの
化粧水と美白クリームでケアをしておきましょう。

ビタミンCの持っている抗酸化作用によって炎症や肌の酸化を予防して
メラニンの生成を抑えます。

スキンケアを行う際は、肌をこすらずに押さえるように
塗布するのがポイントです。

擦ってしまうと美容成分が良い効果を与えるよりも
摩擦の刺激を受けてしまいます。

肌への摩擦もメラニンを生成させやすくする原因となるため
成分を入れ込みたくても優しく馴染ませることを意識しましょう。

こうした美白効果の高い化粧水などは、日焼け直後のケアではなく
夏の終わりなどのくすみ対策として使用します。

日焼け直後には美白効果やピーリング類は使わない方が
良いとされているため、タイミングに注意が必要です。

メラニンの生成を促進してしまうのは、肌への直接的な
刺激だけではありません。

ストレスを感じることでもメラニンは活性化してしまうため
リラックスを心がけることも大切です。


目から入る紫外線と日焼け対策

紫外線による日焼けは、肌に直接日が当たることだけで
起こるのではなく意外なところからも発生します。

目は肌とは違って、日焼け止めを塗ることも出来ませんが
実は目から入った紫外線で肌が日焼けしてしまうこともあるようです。

目の角膜に紫外線が入ると、角膜が炎症を起こし、脳では
紫外線ダメージから守るためにメラニン色素を作る指令が出されます。

そのため、肌に日焼け止めを塗っていても、目を無防備にしておくと
体内でメラニン色素が増えて、肌が黒くなりやすくなります。

日焼けを防ぐためには肌の日焼け対策だけでは足りません。

また、目も紫外線を浴びることで日焼けしてしまい
日焼けすることでダメージを負ってしまうこともあります。

目が日焼けをすると、充血や異物感、乾燥を感じ、涙が
止まらなくなったり、まぶたが開けられなくなったりします。

この症状は、長時間紫外線にさらされた時に起こりやすく
数時間~数日続くこともあります。

さらに紫外線は目の病気を引き起こすリスクにもなりかねません。

角膜炎は、角膜に紫外線ダメージを受けると
起こる炎症です。

結膜が異常増殖して黒目の部分を覆う病気、翼状片という
病気もあります。

また、長期間水晶体に蓄積されることで、老化して白内障を
引き起こすリスクも出てきます。

こうした病気のリスクは昨日今日の問題だけでなく
目に紫外線ダメージが蓄積された結果、数年後に
発症する可能性も否めません。

肌を焼かないためにも、目の健康のためにも、日ごろから出来る
目の日焼け対策は重要です。

目の日焼け対策としては、サングラスをかけることがあります。

紫外線ブロック、UVカットの加工のあるものを選んで
外出の際はいつも使用すると良いでしょう。

ファッション感覚でも使うことが出来るので、自分の好みの
デザインを選んで活用したいものです。

色の濃いサングラスは紫外線をよりカットしやすいように
感じられますが、色と機能は関係ありません。

紫外線を防ぐ効果がなく濃い色のサングラスをかけると
光が遮られることで目の瞳孔が開き、より多くの紫外線を
取り込むリスクとなります。

そのため、サングラスを購入、使用する際には、紫外線を
ブロックする機能のあるものの中から選ぶことが大切です。

また、瞳孔を広げないようにするためには薄い色の
サングラスを選んだ方が良いようです。

目を日焼けから守る対策には日傘や帽子なども効果的です。

サングラスと合わせて使うことで
相乗効果が期待できます。


【関連情報】

UVカットしながらエイジングケア【ケレキュアネUVパウダー】

10万円のクリームより効く「何もつけない」美肌ケア
保湿とUVケアだけが美肌を作る
「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、美beauteに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






関連記事
スポンサーサイト



 
 

Comment


非公開コメント

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!







[ジャンルランキング]
ニュース
235位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
12位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (635)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (839)
食品・飲料 (132)
プレスリリース (45)
情報端末 (14)
ゲーム (82)
健康 (1259)
IT (53)
経済 (122)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (304)
その他 (28)
海外情報 (1260)
アニメ (443)
セクシーネタ (2222)
グルメ (46)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (24)
ペット (35)
コスプレ (6)
いきもの (19)
テクノロジー (121)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (122)
ガンダム (11)
ニュース (250)
人間心理 (51)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (41)
漫画 (12)
生活 (55)
育児 (24)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (12)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (11)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (224)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (38)
キャラクター (28)
ホビー (136)
歴史 (14)
宇宙 (18)
就職 (2)
ミステリー (58)
雑学 (20)









この人とブロともになる







 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2021 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.