FC2ブログ

 

ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 




今日の気になる情報をお届けします。


インカに「文字」
手紙に使われたという「キープ」の謎に迫る




ペルー、アンデス山脈の人里離れた村で、色とりどりのひもに
結び目を付けた装置が発見された。

インカ帝国で数を記録するために使われたとされる装置だが
この村のものからは、ほかの用途にも使われていたことが
示唆されるという。

「キープ」と呼ばれるこの装置は、結び目の組み合わせによって
数を表す仕組みで、トウモロコシや豆類といった食料の貯蔵量を
記録するために使用されていた。

さらに、一帯を植民地として支配していたスペインの文献によれば
歴史や伝記の記録、手紙にも使われていたと書かれているが
これまで数以外の情報が解読された例はなかった。

しかし、今回新たに発見された2つのキープは、より複雑な構造をもち
多くの情報が記録されていたことを証明できる可能性があるという。

この研究をまとめた論文は、4月19日付けの人類学の専門誌
「Current Anthropology」誌に発表された。

「色とりどりのひもが複雑に組み合わせられていました」

と説明するのは、英国スコットランド、セント・アンドルーズ大学の
人類学教授であり、ナショナル ジオグラフィックの探検家でもある
サビーン・ハイランド氏だ。

「14の色によって、95通りの組み合わせが可能です。95というのは
 表記できる音節記号の範囲内に収まっています」


音節あるいは単語によって、色と結び目の組み合わせが
決まっていたのではないかと、ハイランド氏は分析している。


何世紀も前から伝わる秘密の記録

ハイランド氏はアンデス山脈のサン・フアン・デ・コラタ村を訪れた。

スペインの植民地時代から、何世代にもわたって大切に保管してきた
2つのキープを調べてほしいと、村の長老たちに依頼されたためだ。

ハイランド氏がその際に受けた説明では
「村の首長たちがまとめた戦争の記録」とのことだった。

2つのキープは木箱に収められ、最近まで、その存在は
村の外には隠されていた。

同じ箱には、17~18世紀に書かれた数十通の手紙も入っていた。

そのほとんどは、村のリーダーたちとスペインの植民地政府との間で
交わされた、土地の権利に関する正式な書簡だ。

ハイランド氏によれば、スペインの年代記には、キープが
手紙として届けられていたと書かれている。

スペインと戦うインカ帝国が、秘密を守るためにキープで手紙を
書いたことを示唆する証拠もあるという。

「コラタ村のキープは、作者の子孫によって手紙であることが
 証明された初めてのキープである」


と論文には書かれている。

ハイランド氏によれば、そのキープは数を記録した普通のキープより
大きく複雑だという。

素材も通常は綿が主流だが、新たに発見されたものはビクーニャや
アルパカ、グアナコ、リャマ、シカ、ビスカッチャといった
アンデス山脈の動物たちの毛や繊維で作られている。

動物の繊維は綿より染めやすく、色持ちも良いため、結び目と色で
情報を記録、伝達するキープの素材として、より適している。

また、ハイランド氏はコラタ村の人々から、色や繊維の種類
さらにはひもを編む方向など、複数の要素によって情報を記録
しているという説明を実際に受けた。

そのため、キープを解読するには、見るだけでなく触れる必要がある。

ハイランド氏が引用したあるスペインの年代記には、動物の繊維で
できたキープは

「色鮮やかで、ヨーロッパの書物と同じように歴史的な物語を
 記録することができる」


とある。


キープの模様をコンピューターで解読

コラタ村のキープは18世紀半ばのものと推測される。

最初にスペインの入植者たちがやって来た1532年から
200年以上も後のものだ。

そこで1つの疑問が生じる。

スペイン人の到来によってアルファベットを知ったことで
キープの構造がより複雑になったのだろうか?

それとも、物語を伝えるキープは以前から存在し、コラタ村のキープと
同じようなものだったのだろうか?

米ハーバード大学の人類学者ゲイリー・アートン氏は

「歴史的にとても興味深い発見ですが、年代を
 特定することが非常に重要です」


と述べる。

「今回の発見をそのまま過去に当てはめることができるかどうかは
 やはり大きな謎です」


アートン氏とペルーの考古学者アレハンドロ・チュー氏は数年前
キープの工房あるいはインカ帝国の記録保管庫だったと思われる場所で
キープの山を発見している。

将来的には、キープの模様をコンピューターで解読できるように
なるかもしれないと、アートン氏は話す。

アートン氏をはじめとするハーバード大学のチームは
「キープ・データベース(Khipu Database)」を構築し
500を超えるキープの画像や説明、比較を記録している。

最盛期のインカ帝国では、何千、何十万ものキープが
作られていた可能性がある。

しかし、自然劣化やヨーロッパからの入植によって大部分が
失われたのではないかと考古学者たちは考えている。

現時点で存在が確認されているキープは1000にも満たない。

ハイランド氏は7月にペルーを訪れ、研究を再開する予定だ。

2016年夏、現地調査の最終日、氏は1人の
年老いた女性と出会った。

女性は子供のころキープを使ったことがあると話した。

しかし、質問をする前に、女性は家畜の世話をするため
立ち去ってしまった。

自分の目標は歴史の謎を解くことだけではない。

「ネイティブアメリカンたちの知性の証し
 である驚くべき偉業」


を明らかにしたい、とハイランド氏は語った。


【関連情報】

インカ帝国探検記 - ある文化の滅亡の歴史
NHKスペシャル 失われた文明 インカ・マヤ DVD BOX
大航海時代の日本人奴隷
中世兵士の服装―中世ヨーロッパを完全再現!


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、ナショナルジオグラフィックに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






関連記事
スポンサーサイト



 
 

Comment


非公開コメント

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!







[ジャンルランキング]
ニュース
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
10位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (635)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (839)
食品・飲料 (132)
プレスリリース (45)
情報端末 (14)
ゲーム (82)
健康 (1259)
IT (53)
経済 (122)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (304)
その他 (28)
海外情報 (1260)
アニメ (443)
セクシーネタ (2222)
グルメ (46)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (24)
ペット (35)
コスプレ (6)
いきもの (19)
テクノロジー (121)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (122)
ガンダム (11)
ニュース (250)
人間心理 (51)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (41)
漫画 (12)
生活 (55)
育児 (24)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (12)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (11)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (224)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (38)
キャラクター (28)
ホビー (136)
歴史 (14)
宇宙 (18)
就職 (2)
ミステリー (58)
雑学 (20)









この人とブロともになる







 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2021 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.