FC2ブログ

 

ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 




今日の気になる情報をお届けします。


大気汚染
大規模な工業都市・唐山市





1976年、北京から160キロほど東に位置する河北省唐山市は
地震によって壊滅的な打撃を受け、市の人口の4分の1にあたる
24万人の死者を出した。

その後、町は再建され、現代中国を形づくるパワーの源となってきた。

現在の唐山は、重工業と石炭使用が非常に盛んな町だ。

ここではセメントや化学薬品の他、世界の鉄鋼の
5%以上が生産されている。

1976年の地震で瓦礫と化した町には、工場労働者のための高層団地群が
いくつも建てられ、立ち並ぶ巨大な煙突はもくもくと煙を吐き出し続けている。

分厚い灰色のスモッグが、それらすべてを覆うように垂れ込める。

中国では毎年、推定110万人が大気汚染によって亡くなっている。

唐山は国内で6番目に大気汚染が深刻な町であり、上位5位までの町も
すべて河北省にある。

一帯の工場や発電所から排出される石炭の煙は北京の方角へ流れていき
悪名高い大気汚染の一因となっている。

3年前、年に1度の全国人民代表大会において、李克強首相は
大気汚染との闘いを宣言した。

2017年3月の全人代でも、李首相は「青い空を取り戻す」
との誓いを新たにした。

李首相が主な戦略として掲げるのは、鉄鋼の生産量および
石炭火力発電所の削減だ。

石炭に代わる燃料を確保するために、中国は風力・太陽光発電に
世界最大規模の投資を行っている。

もしこの作戦が成功すれば、唐山のみならず、世界中の人々が
その恩恵を受けることになるだろう。

中国は世界最大の温室効果ガス排出国だからだ。

しかし唐山の市民にとって、大気汚染との
闘いには犠牲が伴う。

製鉄所の門前にある小さなコンビニエンスストアの店内で
作業員のワン・ジン・ボー氏がプラスチックの椅子に腰かけていた。

店を切り盛りするのは彼の妻だ。

ワン氏は工場で溶鋼を精製する仕事をしているが、これは危険な作業で
工場内の温度は50℃を超えることもある。

それでも賃金はよく、きちんとボーナスも出る。

ここ数年間、唐山では工場の閉鎖や移転が相次いでいる。

生産規模の縮小や高価な空気洗浄設備の設置が義務付けられるなか
ワン氏は同僚たちが解雇されるのを目の当たりにしてきた。

それでもワン氏は、自分が働く工場は生産量の削減を
乗り切れると考えている。

工場で生産される鋼鉄は今後

「量が増えるというよりも、強さを増していくでしょう」

と自信ありげに彼は言う。


改革の時


中国は今、過去数十年間の急激な工業化によって損なわれた環境と
健康を回復しようという大規模な取り組みを行っている。

大気汚染との闘いはその一環だ。

経済成長は、何百万人もの国民を貧困から救い、唐山を震災後の
廃墟から立ち直らせた。

しかしその一方で、多くの人々が水質汚染、食料汚染、大気汚染に
苦しめられることになった。

政府に対して大気汚染に関するアドバイスを行っている中国清潔空気連盟の
事務局長トニー・シェ氏によると、中国当局は現在、大気の質の改善に
「極めて真剣に」取り組んでいる。

政府による取り組みは多岐にわたる。

中国の各都市は、市民に自宅での石炭ストーブやかまどの使用を
やめるよう指導している。

役所の指示により、車に使われるガソリンやディーゼル油の
質の向上も進められている。

2020年に発効される車の排出基準は、欧米のそれと
同等のものとなるだろう。

しかし、取り組みの焦点となっているのは重工業だ。

今年3月、政府は103カ所の石炭火力発電所の閉鎖および
計画中止を発表した。

鉄鋼の生産能力も、さらに5000万トン分削減するという。

政府を動かす力となったのは、大気汚染に
対する国民の怒りだ。

最初の削減策の効果が現れはじめた2014年と2015年には
北京周辺の微粒子汚染のレベルは25%低下した。

しかし2016年末から2017年初頭にかけて、数値は
再び急上昇に転じた。

これについては、グリーンピースが以下のように分析している。

生産能力の削減を行ったにも関わらず、2016年の鉄鋼の生産量は
増加しており、その原因は中央政府が需要を刺激し、地方の役人が
地元の工場を保護したことであった。

環境汚染に対する国民の抗議の声は、中央政府が大なたを振るう上で
都合の良い口実となっている。

そもそも鉄鋼やセメント、ガラス、発電といった部門における
過剰な生産能力は、経済を揺るがしかねない時限爆弾だ。

政府もいずれこれに対処しなければならないことはよくわかっている。

しかし重工業は雇用を提供し、有力な国有企業に独占
されていることから、「手をつけるのが非常に難しい部門」だと
ロンドンを拠点に環境問題を扱うウェブサイト
『チャイナダイアログ(Chinadialogue)』の北京編集主幹
マ・ティアンジー氏は言う。

「大気の質に関して、都市部の中産階級から抗議の声が上がることで
 政府はかねてより実施の機会を狙っていた困難な改革を推し進めるための
 正当な理由を得ることができたのです」



次回に続きます。


【関連情報】

霞む北京: アンケートが語る知られざる健康被害
未来世紀ジパング 近くて遠い国、中国・韓国の真の顔
これから来る中国の長期停滞 バブルがもたらした環境破壊と腐敗
中国経済を読み解く: 誤解しないための8つの章


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、ナショナルジオグラフィックに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






関連記事
スポンサーサイト



 
 

Comment


非公開コメント

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!







[ジャンルランキング]
ニュース
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
10位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (635)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (839)
食品・飲料 (132)
プレスリリース (45)
情報端末 (14)
ゲーム (82)
健康 (1259)
IT (53)
経済 (122)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (304)
その他 (28)
海外情報 (1260)
アニメ (443)
セクシーネタ (2222)
グルメ (46)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (24)
ペット (35)
コスプレ (6)
いきもの (19)
テクノロジー (121)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (122)
ガンダム (11)
ニュース (250)
人間心理 (51)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (41)
漫画 (12)
生活 (55)
育児 (24)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (12)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (11)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (224)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (38)
キャラクター (28)
ホビー (136)
歴史 (14)
宇宙 (18)
就職 (2)
ミステリー (58)
雑学 (20)









この人とブロともになる







 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2021 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.