FC2ブログ

 

ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 




今日の気になる情報をお届けします。

プレミアムフライデー2
イベントで財布のヒモはゆるむのか





ここでプレミアムフライデーがなぜ生まれたかを
振り返っておこう。

議論が起きたきっかけは、消費増税8%によって落ち込み
その後も低迷する個人消費を喚起する対策と言われているが
私見ではリーマンショックまで遡る。

消費が伸びない不況下で気を吐いたのは
働く女性とシニア層だった。

女性は正社員であれば自分磨きにお金をかけ、パートであれば
ダブルインカムで余裕があり、リーマンショック後も
そこまで消費は減らなかった。

またシニア層は年金という固定の所得があり、今その消費は
日本の個人消費の5割近くを占めるという説もある。

この2つの層の結合点は、「イベント」である。

女性はバレンタインにはマイチョコ、お中元にはマイギフトなど
自分に対するご褒美が文化になった。

またシニア層は、イベントになると孫へのプレゼント、お小遣いなどで
財布のヒモがゆるむ。

普段は節約しながらも、クリスマス、バレンタインデーなどの
イベントだけは消費が喚起されたのだ。

近年の大きな成功事例としては、ハロウィンがあげられるだろう。

若者のお祭りとしても定着し、シニア層を交えた3世帯消費を
促進できたことが、成功の要因とも言われる。

リーマンショック後に経済効果が倍増したハロウィンは
今やイベント消費の究極の成功モデルと評価されている。

こうしたイベント需要への期待から
プレミアムフライデーの議論は起きた。

しかし現状に目をやれば、イベント消費疲れが起きている。

昨年11月、アメリカのクリスマス商戦の最初の黒字デーである
ブラックフライデーをまねて、日本版ブラックフライデーが
一部の大手小売店などで始まった。

安さ爆発で経済効果はあったと言われている。

しかし昨年の名目賃金の伸び率は0.5%。

月に40万円稼いでも増えるのは2000円だ。

結局、将来不安などから節約志向に大きな変化は起きず
イベント消費は一部の大企業の需要先食いイベントになってきている。

そして本来、プレミアムフライデーは消費喚起が目的で議論が
始まったはずだが、政府の意向を忖度したのか

「イベントの日には早く帰って、ワークライフバランスの促進
 労働生産性向上を」

と、働き方改革までもセット化された。消費喚起と労働改革の
一石二鳥が狙われるようになったのである。

だが働き方改革を強化し、残業を減らすと賃金が減り、個人消費が
減るという矛盾も懸念されている。

そもそも、なぜ毎月末の金曜日という摩訶不思議な
日付の設定になったのだろうか。

ひとつは、バブル時代に流行した「花の金曜日」こと「花金」
最新のブラックフライデーしかり、金曜日は個人消費が一番動く。

そして、仕事は週末・月末ほど忙しいため、仕事量を減らそうという
働き方改革の趣旨にも沿う。

さらにプレミアムフライデー推進協議会には多くのサービス業界が
参加しており、月末の売り上げを期待して、金曜日が
選定されたのだろう。

だが普通に考えれば、月末金曜日は、中小企業は資金繰りや
支払いに経営者が奔走。

営業マンはノルマの追い込みで、誰もが忙しい。

つまり、イベント疲れ、目的の一元化、実情を無視した
月末金曜日という設定。

これらの要因がプレミアムフライデー失敗を招いたと考えられる。


月末の金曜日より月初の月曜日


さんざん文句を述べてきた。

そこで、改めて論点を整理して、プレミアムフライデーの
修正案を考えてみたい。

まず大前提として、個人消費喚起策と働き方改革は分けて
考える必要がある。

働き方改革を行う比率を最大化するなら、退社を早めるのは
企業の忖度ではなく、法整備で対応すべきではないか。

たとえば、労働時間の規制緩和。

時間ではなく、成果で報酬が決まる労働制度が強化されていけば
自分の意思で早く仕事を切り上げることも可能になる。

もちろん、逆の長時間労働を招く危険性もあるので
慎重な議論は必要だ。

働き方改革を実現するため残業規制を強化する場合には
企業の負担が大きくなるので減税などで対処していくべきだ。


【関連情報】

労働時間革命 残業削減で業績向上! その仕組みが分かる
なぜ、残業はなくならないのか
部下に残業をさせない課長が密かにやっていること
さすが!と思わせる出来る人の話し方


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、PRESIDENT Onlineに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






関連記事
スポンサーサイト



 
 

Comment


非公開コメント

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!







[ジャンルランキング]
ニュース
283位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
15位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (635)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (839)
食品・飲料 (132)
プレスリリース (45)
情報端末 (14)
ゲーム (82)
健康 (1259)
IT (53)
経済 (122)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (304)
その他 (28)
海外情報 (1260)
アニメ (443)
セクシーネタ (2222)
グルメ (46)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (24)
ペット (35)
コスプレ (6)
いきもの (19)
テクノロジー (121)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (122)
ガンダム (11)
ニュース (250)
人間心理 (51)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (41)
漫画 (12)
生活 (55)
育児 (24)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (12)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (11)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (224)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (38)
キャラクター (28)
ホビー (136)
歴史 (14)
宇宙 (18)
就職 (2)
ミステリー (58)
雑学 (20)









この人とブロともになる







 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2021 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.