FC2ブログ

 

ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 




今日の気になる情報をお届けします。


韓国航空会社で相次ぐトラブル
左翼エンジンから出火するトラブルがあった大韓航空機





新規就航・増便も“安全確認”は二の次?


「本当に大丈夫なのか」と心配してしまった。

韓国の航空会社のことだ。

6月に入って、福岡空港に着陸前の大韓航空機の操縦室内から
煙が出たり、アシアナ機が韓国国内線で部品が取れたままの状態で
飛んだりと、大惨事になりかねないトラブルが続いた。

米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備に対する
中国の報復で訪韓中国人客が激減する中、韓国エアラインの
日本人客取り込みに向けた新規就航や増便が相次ぐ。

その一方で、安全面への懸念がぬぐいきれない。

韓国機は2月にも一日に3件ものトラブルを起こしている。

日本人を呼び込むのは、“安全確認”
したあとにしてもらいたい。


「操縦室内に煙」「部品取れたまま運航」…

6月に入って以降、韓国の旅客機のトラブルが続いている。

9日午前10時20分ごろ、釜山発福岡行きの大韓航空783便
ボーイング737(乗客乗員162人)から「操縦室内に煙が出ている」
との連絡が、福岡空港の管制官にあった。

国土交通省福岡空港事務所によると、間もなく同空港に着陸し
火災は発生せず、けが人もなかった。

同機は福岡空港から北約13キロの上空で煙が発生。

数分後に着陸し駐機場まで自走した。

空港事務所は点検のため滑走路を約8分間閉鎖。

少なくとも出発と到着の計19便に最大で
39分の遅れが出た。

大韓航空によると、事前の点検で異常はなかったという。

一方、12日の韓国紙、中央日報(日本語電子版)は同じく韓国紙の
朝鮮日報を引用し、10日午後に済州から麗水に向かっていた
アシアナ航空8198便エアバス320(乗客乗員159人)から
エンジン騒音を低減する装置を覆う部品が取れて落下したと報じた。

部品が取れた状態で運航していたということになる。

報道によれば済州空港サイドは同日午後3時20分ごろ
空港誘導路(駐機場から滑走路で向かう道)に部品が
落ちているところを確認し、アシアナ航空を含めた全社に
確認するよう伝えた。

だが、アシアナ機は麗水に到着した後も部品が取れていた事実を
確認しておらず、同日午後3時50分には再び乗客を乗せて
済州に戻っていたという。 

そうした事実自体も深刻だが、アシアナ側の当事者意識の希薄さは
さらに深刻なのではないか。

同社は朝鮮日報に対し

「該当の部品は落ちても警告などが入るような部品ではなく
 小さな部品だったため目で確認しにくいところがあった」


と説明。

まるで他人事のような回答にあきれてしまう。


日本路線拡大のためには何でもあり?

一方で、米軍によるTHAADの韓国配備に対する中国の報復で
訪韓中国人客が激減する中、韓国エアラインの日本人客取り込みに
向けた新規就航や増便が相次いでいる。

聯合ニュース(日本語電子版)によると、韓国格安航空会社(LCC)の
エアプサンが6月8日、大邱-東京(成田)線を新規就航した。

同路線は午前8時40分に大邱を出発し、午前10時40分に
成田に到着するスケジュールで毎日1往復運航する。

搭乗客には機内食が無料提供され、受託手荷物は
20キロまで無料という。

さらにエアプサンは大邱-札幌線を週3往復から週5往復に
大邱-大阪線を毎日1往復から2往復に増便。

新規就航と増便で、エアプサンの大邱発日本行きの航空便は
週17往復から33往復に増えることになる。

同じくLCCのティーウェイ航空は、済州-大阪線を6月30日から
毎日、釜山-大阪線を7月1日から週4往運航する。

このうち済州-大阪線は、THAAD配備に対する報復措置として
中国が自国の旅行会社に韓国旅行商品の取り扱いを中止するよう
指示したことから、中国の航空会社が返納した済州空港の発着枠を
利用するという。

一方、ソウル市と韓国LCCのエアソウルは4月、観光客誘致に向け
業務協約を結んでいる。

聯合ニュースによると、同社が就航している長崎や高松
鳥取・米子、富山、山口・宇部など日本の中小都市を対象に
共同でマーケティングを展開し、ソウルに観光客を呼び込むのが目的だという。

こうした動きには、韓国国土交通部が韓中路線の利用客が
激減していることを受け、日本や東南アジアを中心に路線を
多角化する戦略を立てていることも背景にある。


日本人にとっての2つのイメージ

日本人にとって、韓国のエアラインは身近な存在である。

特に多くの韓国機が乗り入れている仁川国際空港は乗り継ぎなどで
国際的評価も高く、仁川経由で欧米などに向かう日本人も多い。

アジアの“ハブ空港”として機能しているのである。

その一方で、韓国のエアラインは日本国内で多くのトラブルを
起こしているというイメージもある。

6月9日に福岡空港に着陸前の大韓航空機の操縦室内から
煙が出たことは記憶に新しい。

それだけではない。

昨年5月には、東京・羽田空港を離陸しようとした大韓航空機から出火し
乗客乗員319人全員が緊急脱出する事故が起きた。

また、一昨年4月にはアシアナ機が広島空港で
着陸失敗事故を起こしている。

近年、日本の国内外を問わず、事故や不祥事が相次いでおり
韓国の航空会社は「安全第一」にはほど遠い。

THAAD禍の被害者を装い、日本人を呼び込むために新規就航や
増便を目論むのはいいが、“安全確認”したあとにしてもらいたい。


【関連情報】

赤い韓国 危機を招く半島の真実
韓国新大統領 文在寅とは何者か
地政学で読み解く 没落の国・中国と韓国 繁栄の国・日本
韓国人が書いた 韓国で行われている「反日教育」の実態


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、サンケイビズに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






関連記事
スポンサーサイト



 
 

Comment


非公開コメント

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!







[ジャンルランキング]
ニュース
256位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
13位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (635)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (839)
食品・飲料 (132)
プレスリリース (45)
情報端末 (14)
ゲーム (82)
健康 (1259)
IT (53)
経済 (122)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (304)
その他 (28)
海外情報 (1260)
アニメ (443)
セクシーネタ (2222)
グルメ (46)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (24)
ペット (35)
コスプレ (6)
いきもの (19)
テクノロジー (121)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (122)
ガンダム (11)
ニュース (250)
人間心理 (51)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (41)
漫画 (12)
生活 (55)
育児 (24)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (12)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (11)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (224)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (38)
キャラクター (28)
ホビー (136)
歴史 (14)
宇宙 (18)
就職 (2)
ミステリー (58)
雑学 (20)









この人とブロともになる







 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2021 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.