FC2ブログ

 

ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 




今日の気になる情報をお届けします。


「蚊」
「人類 vs 蚊」




どんな動物よりも多く、人間を殺している。

人間の死因としては、戦争よりも多い。

これは、「蚊」がもたらす脅威の話。

日本では梅雨から夏にかけて一気にあの不快な音を
耳にする機会が増える。

ただの炎症による「かゆみ」だけで済むならまだしも
そう簡単な話ではなさそうだ。

ここでは、ディスカバリーチャンネルとアニマルプラネットで
特集される番組「人類 vs 蚊」より、その因縁の戦いについて
見ていきたいと思う。


戦いは300年前から本格化

その歴史は、300年ほど前に遡る。

デング熱、黄熱、マラリアといった感染症は、約300年前から
アフリカ大陸をはじめ、アメリカ大陸へと拡散。

さらに、ジカ熱、ウエストナイル熱、チクングニア熱の3種も
猛威を振るい始め、この16年ほどでさらに広がりを見せている。

では、なぜそれまでアフリカ大陸や東南アジアといった
熱帯のエリアで蔓延した病気が、北アメリカや
ヨーロッパにまで広がったのか?

理由は大きく2つ。

「温暖化」と「グローバル化」だ。

つまり、地球全体の気温が上がっている影響で、今まで熱帯域にしか
生息していなかった蚊が、平均気温の上がった北の地域でも
生息できるようになったこと。

グローバル化の影響は、厳密には2つの理由に分けられる。

1つは、飛行機の発達で人々の移動がより速く
広域に及ぶようになったこと。

「エアポート・マラリア」という言葉があるほど、世界中の空港で
感染への注意喚起がされていることはご存知の方も多いだろう。

もう1つが輸入品の流通だ。

たとえば世界中に輸出されるタイヤは
蚊の孵化にうってつけの場。

蚊は水により孵るので、雨などに濡れたところに溢れ出す
といったサイクルが広がっている。

2000年以降、短期間でジカ熱などの患者が爆発的に増え
また北アメリカやヨーロッパでも患者が出てきてしまったのには
こういった背景があるという。


「ジカ熱」と戦う人々

なかでも「ジカ熱」は、大きな社会問題にまで発展している。

妊婦の場合は、母体のみならず、その子どもにまで
影響を及ぼすことがある。

一番問題視されているのが「小頭症」という発達障害にかかる
リスクが高まることだ。

さらに厄介なことに、ジカ熱は主な症状が出ないため
妊娠して数ヶ月経過したあとの超音波診断にならないと
子どもの感染が確認できないのだ。


波紋を呼ぶ遺伝子組み替えの「蚊」

では人類は、このまま蚊に対して白旗を掲げる
ことになるのだろうか?

当然そうではない。

世界中の科学者や昆虫学者、薬学者や製薬会社、自治体などが
立ち上がり、感染病を食い止める方法を研究し、何より
子どもたちが犠牲にならないように、日々戦っている。

とはいえ、蚊は根絶したほうがいいとも言い切れない。

食物連鎖の破壊に繋がるのではないか、という
議論にも広がる問題だからだ。

従来の駆除剤などをヘリコプターから撒く対処法は、人間に対して
健康上と精神衛生上の負担をかけてきた。

また、このような駆除剤を撒くことで生態系にも危険を及ぼす。

少しでもこのような生態系や人間の暮らしに負担がかからないようにと
新たな提案として、生物工学を専門とする企業「OXITEC」は
遺伝子組み換えをしたオスの蚊を放出するという研究も進めている。

どういうことかというと、人間の血を吸うのはメスの蚊のみと
言われているので、遺伝子組み替えされたオスと交配させること
によって幼虫を産ませないようにし、蚊の数を減少させるといった対策だ。


ビル・ゲイツ 「マラリアは根絶できる」

ビル・ゲイツも、マラリアなどの撲滅を推進するひとりだ。

毎年約100万人がマラリアにより亡くなっていて、つねに2億人が苦しみ
そのほとんどが5歳未満の子どもという現実がある。

彼は、2009年の「TED」でも多くの人に訴えかけた。

科学者だけで解決できる問題ではなく、様々なバックグラウンドを
持った人がこの問題と向き合っていくことが大切だ、と。

たとえば、メディアがもっとマラリアの現実を伝え、社会学者は
蚊帳の普及率向上の方法を研究し、数学者は薬や道具による
解決策をシミュレートし、製薬会社の専門家も開発に携わり
裕福な国々からは援助を強化する。

このように、誰もがこの問題に対して
意識を持つことができるのだ。

ゲイツは「マラリアは根絶できる」と、信じて疑わない姿勢を貫く。

ひとりが感染したら、世界中の人たちも感染してしまうーー。

そんなパンデミックが、ものすごく身近な将来の脅威として
描かれているドキュメンタリー。

2017年7月6日(木)の21:00〜22:30、ディスカバリーチャンネルと
アニマルプラネットにて同時放送予定だ。


【関連情報】

招かれない虫たちの話: 虫がもたらす健康被害と害虫管理
人類五〇万年の闘い マラリア全史
インドの最強蚊よけクリーム!デング熱、チクングニア熱、マラリア等からブロック!
アル・ゴア 未来を語る 世界を動かす6つの要因


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、TABI LABOに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






関連記事
スポンサーサイト



 
 

Comment


非公開コメント

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!







[ジャンルランキング]
ニュース
205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
12位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (635)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (839)
食品・飲料 (132)
プレスリリース (45)
情報端末 (14)
ゲーム (82)
健康 (1259)
IT (53)
経済 (122)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (304)
その他 (28)
海外情報 (1260)
アニメ (443)
セクシーネタ (2222)
グルメ (46)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (24)
ペット (35)
コスプレ (6)
いきもの (19)
テクノロジー (121)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (122)
ガンダム (11)
ニュース (250)
人間心理 (51)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (41)
漫画 (12)
生活 (55)
育児 (24)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (12)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (11)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (224)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (38)
キャラクター (28)
ホビー (136)
歴史 (14)
宇宙 (18)
就職 (2)
ミステリー (58)
雑学 (20)









この人とブロともになる







 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2021 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.