FC2ブログ

 

ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 




今日の気になる情報をお届けします。


軍人精神
若者たちに「軍人精神」





アバウトな日本人がガラッと変わった

その後、80年代、90年代になっても「時差通勤」は
ちょこちょこと唱えられてきたが、うまくいったためしがない。

例えば、1991年には、総務庁(当時)が「時差通勤通学推進計画」
という5カ年計画をぶちまけて

『ラッシュ時の最混雑率を「週刊誌を読むことができる」
 二〇〇%に引き下げることを目標』

(日本経済新聞 1991年3月26日)

としたが、今の状況を見ても分かるように
「夢物語」で終わっている。

このように日本人が70年かけてやろうやろうと思ってもなかなか実現
できなかったのが「時差通勤」なのだ。

いくらクールビズを成功に導いた小池さんであっても、そう簡単に
この「壁」を打ち破ることができるのか、というのが正直な感想なのだ。

もちろん、かつてに比べたら「時差通勤」も
少しずつ社会に普及している。

そのような意味では、「時差ビズ」がまったく意味がないなどという
つもりは毛頭ないが、「働き方改革」を呼びかけるやり方では
これまでとほぼ同じである。

ゆえに、これまでとそれほど変わらない結果になる
可能性が高いと申し上げているのだ。

そのような話を聞くと、不思議に思うのはなぜここまで日本社会に
「時差通勤」というものが定着をしないかという問題ではないだろうか。

よく指摘されるのは、日本は都市部に機能が集中していることに加えて
「横並び」の意識が特に強いことから、同僚や取引先のことを考えて
有給休暇を消化できないように結局、「定時出勤」をしてしまうというものだ。

要するに、「マジメ」だというのだ。

そうそう、なんせ日本人は世界一勤勉だからな、という
愛国心溢れる方たちから賛同する声が聞こえてきそうだが
個人的にはそれはちょっと違うのではないかと思っている。

近代史の専門家など一部の方たちがよく指摘しているのでご存じの方も
多いかもしれないが、明治までの日本人は勤勉とはかけ離れていた。

もちろん、マジメな日本人もたくさんいたが、当時、日本にやってきた
外国人たちが、酒飲みでだらしない怠け者の日本人の姿をたくさん記録している。

そういうアバウトな国民がガラッと変わったのが、明治以降の
「富国強兵」という国策である。

西洋列強に追いつくには、愚痴をこぼさずシャキシャキ働く
従順な国民が必要だった。

そこで、「勤勉」こそが美しく、日本人のあるべき姿であるという
国民教育が施されたのである。

とはいえ、もともとはアバウトな国民だったので、明治・大正になっても
わりといい加減な人も多かった。

とにかく雨が降ろうと槍が降ろうと、会社に行きますみたいな
感じではなく、わりとよく約束も破った。


若者たちに「軍人精神」が叩き込まれていく

「いい加減なことを言うな、この反日ライターめ!」と怒りに震える方も
多いかもしれないが、戦前、日本民族がよその民族に対していかに優れている
のかということを熱心に研究し、後に「田中ビネ-知能検査」を発案し
心理学者として初めて紫綬褒章を受賞された田中寛一博士は1942年に出した
『日本民族の力』という本のなかでこのように述べている。

『最後に、日本人のやや劣っている点は、約束は守り、義務を果たす
 ことに忠実ではないことでもあります。この性質においては
 多くの他の民族よりも優れていますが、ただ支那人に比べると
 やや劣っている品等されているのであります』

(日本民族の力 P101)

日本人は大昔から勤勉だったと信じて疑わない人には申し訳ないが
この時代ではまだ、「お前、明日はちゃんと来いよ」と上司から
念を押されても遅刻をしたり、バックれてしまったりという
日本人がまだたくさんいたのだ。

ただ、こういう気質がガラリと変わっていく。

1938年に労働組合が国の指導下に置かれるなど労使一体で
「戦時体制」に統合されたことで、軍需工場で勤める労働者の
若者たちに「軍人精神」が叩き込まれていくのだ。

例えば、『読売新聞』は産業報国連盟と共催で、産業青年隊幹部を
2日にわたって軍に体験入営させるというイベントを開催。

クールビズよろしくこのような国民啓発運動を展開している。

「軍人精神を職場に活かせ」
(読売新聞 1943年8月7日)

この労働者のマネジメントに、日本軍式の組織運営術を導入するという
「働き方改革」は効果てきめんだった。

生産性がぐーんと上がって、これまでは泣き言を言って急に姿をくらますような
若者が激減して、「出勤率も向上」(同紙)したという。

そのあたりの体験談は、今も自動車用照明で名をはせている
小糸製作所で勤務していた当時27歳の若者がこんな風に言っている。

『ここ一ヶ月でも私達の出勤率が向上し遅刻の常習者も改まった
 軍隊のあの緊張を一泊二日でも見た者にとって、賃金本位に
 自分の利益を計算して勤めることは、日本人の本心としてはできない』

(同紙)

彼のような若者がちょうど「管理職」になった20年後
日本のサラリーマンは鉄道ストさなかでも定時にしっかりと
会社に到着するなどの「勤勉さ」を発揮するようになる。

次回に続きます。


【関連情報】

通勤電車のはなし - 東京・大阪、快適通勤のために
プロジェクトX 挑戦者たち 通勤ラッシュを退治せよ ~世界初・自動改札機誕生~
日本を愛する企業戦士たちへ
天職への階段: 団塊世代の生き様


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、ITmediaに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






関連記事
スポンサーサイト



 
 

Comment


非公開コメント

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!







[ジャンルランキング]
ニュース
283位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
15位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (635)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (839)
食品・飲料 (132)
プレスリリース (45)
情報端末 (14)
ゲーム (82)
健康 (1259)
IT (53)
経済 (122)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (304)
その他 (28)
海外情報 (1260)
アニメ (443)
セクシーネタ (2222)
グルメ (46)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (24)
ペット (35)
コスプレ (6)
いきもの (19)
テクノロジー (121)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (122)
ガンダム (11)
ニュース (250)
人間心理 (51)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (41)
漫画 (12)
生活 (55)
育児 (24)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (12)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (11)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (224)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (38)
キャラクター (28)
ホビー (136)
歴史 (14)
宇宙 (18)
就職 (2)
ミステリー (58)
雑学 (20)









この人とブロともになる







 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2021 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.