FC2ブログ

 

ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 




今日の気になる情報をお届けします。


アイザック・ニュートン
アイザック・ニュートン(1643~1727)




予言者で聖書研究家だったニュートン

万有引力の法則を発見し、物理学や天文学、数学、哲学、神学など
あらゆる学問に精通していたアイザック・ニュートンは
実は予言者としての顔も持っていた。

もともとオカルティックな側面があったことで知られ
1699年に56歳で王立造幣局長官に就任した際には
職務を利用して錬金術の研究に取り組んでいたという。

当時の価値観では、錬金術は秘密結社の秘儀として位置づけられ
その行いは厳しく禁止されていた。

研究が露見して絞首刑になった人物も少なくなかったという。

ニュートンが命をかけてまで「秘密結社の秘儀」に
傾倒していたことがわかる。

一方、ニュートンは聖書の研究にも人生をかけていた。

聖書に刻まれたさまざまな暗号(バイブル・コード)の調査や解釈に
約半世紀という時間を費やして没頭したのである。

科学者でありながら、科学とは対極に位置するとも思われる宗教に
傾倒した点が、ニュートンという人物の最大の個性と指摘する声は多い。

事実、ニュートンが死後に残した約1500冊の蔵書のうち
もっとも有名な自然科学や数学関連が全体の約15パーセント程度に
過ぎないのに対し、聖書に関連する神学や哲学の関連文書は
約30パーセントを占めているのである。

ニュートンは「神とキリストに関する12の信条」と題する文書の中で
キリストを「神」ではなく、あくまで神の仲介をして予言をする
「人間」であると記している。

当然、この解釈は「神とキリストと聖霊は三位一体である」とする
キリスト教の根本教義に反するもので、露見すれば異端思想として
処刑される可能性があった。

そのため、ニュートンが記した膨大な聖書研究は長い間
表に出ることがなく、「機密文書」としてポーツマス伯爵という
人物の邸宅に保管されることになるのである。

それが発見されたのは2世紀以上後のことだった。

1936年にサザビーズの競売に出されたことで存在が
世に知られることになったニュートンの機密文書は
ユダヤ系経済学者であるジョン・ケインズ博士が落札。

文書を精読したケインズ博士は生前、ニュートンについて興味深い
次のような言葉を残している。

「ニュートンは、後世の人々が考えたような『最初の近代科学者』
 ではなく、『最後のシュメール人、バビロニア人』であり『最後の魔術師』
 であった。なぜなら、彼が全宇宙を『秘儀』もしくは『秘密』と
 捉えていたからである。ニュートンは、宇宙を全能の神によって
 課せられた暗号と解釈していた」


と。



人類は2060年に滅亡する!?


ニュートンの機密文書

ニュートンの機密文書を落札したユダヤ系経済学者ケインズ博士は
過去と未来の出来事は神により予定されており、それらを知ることが
できるのは

「並外れた直観力と内省的な想像力を持つ『宇宙の秘義』
 を理解できる人のみ」


と考えていた。

そして、その人こそがニュートンであると、機密文書を読んだ
博士は知ったのである。

こうした中、機密文書の内容の一部がついに一般にも
公開されることになる。

2007年6月のことだった。

そこには、ニュートンが聖書から導き出した事実
すなわち「2060年に世界が終末を迎える」と読み取れる
恐るべき予言が記されていたのである。




ニュートンの予言書
ニュートンの予言書。「2060年」の文字が見える。




ニュートンは聖書のなかでも予言書として扱われ、終末予言について
何度も触れている旧約聖書の「ダニエル書」と、新約聖書の
「ヨハネ黙示録」の両書に登場するいくつもの記述や数字を解読し
独自の複雑な計算方法で「2060年」という時期を導き出したといわれる。

ニュートンは機密文書で次のように述べ、聖書に記された
天変地異は「終末予言」であり、「戦争の暗示である」と明言している。

「(ダニエル書に書かれた王国の興亡は)世界の終末に
 向かう暦そのものである」


「(聖書に記された)ラッパの音は戦争への警告である。
 ……最初のラッパで血が雹ひょうと混ざり合い、海は死者の血
 のようになり、すべてのものが死に絶える。……
 これらすべては戦争を表している」


「(第4のラッパは)いくつかの王と王国の暗示であり、ひいては
 戦争をはじめるということである」


一方、ニュートンは次のようにも記している。

「邪悪な国家が滅亡し、すべての苦難から解放される。
……世界が新たな価値観に置き換えられ、神聖なる霊感に
 目覚め平和な世界に移行する」

これらを忠実に読み取れば「2060年に滅びる」ではなく
「2060年に終末を迎える」とも解釈できるのである。

つまりいったん「終末期」ともいうべき混乱期を迎え、その後に
平和な時代が到来すると指摘する研究家は少なくない。

いずれにせよ、その時代を迎えるには、ニュートンが「血の海」と
表現した壮絶な時代を人類は体験しなければならない。

2060年に起こる出来事は、人類が新たな価値観で
平和に移行するための試練とも受け取れるのである。


【関連情報】

人生の終い方 自分と大切な人のためにできること
世の終わりが来る: オカルトではない本当の聖書終末論
世界のエグゼクティブを変えた超一流の食事術
日本は聖書の国だった! 失われた十部族 エフライム族は日本人である!!


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、ムーPLUSに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






関連記事
スポンサーサイト



 
 

Comment


非公開コメント

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!







[ジャンルランキング]
ニュース
205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
12位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (635)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (839)
食品・飲料 (132)
プレスリリース (45)
情報端末 (14)
ゲーム (82)
健康 (1259)
IT (53)
経済 (122)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (304)
その他 (28)
海外情報 (1260)
アニメ (443)
セクシーネタ (2222)
グルメ (46)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (24)
ペット (35)
コスプレ (6)
いきもの (19)
テクノロジー (121)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (122)
ガンダム (11)
ニュース (250)
人間心理 (51)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (41)
漫画 (12)
生活 (55)
育児 (24)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (12)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (11)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (224)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (38)
キャラクター (28)
ホビー (136)
歴史 (14)
宇宙 (18)
就職 (2)
ミステリー (58)
雑学 (20)









この人とブロともになる







 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2021 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.