FC2ブログ

 

ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 



今日の気になる情報をお届けします。


女性部下
管理職の本音は「女性部下はやりづらい」






男女とも約9割は

「女性の職場進出に抵抗感がない」

と考えています。

ところが女性の課長相当職以上の比率は1割強です。

なぜ女性管理職が増えないのか。

その背景には、男性管理職に

「女性より男性のほうが仕事を振りやすい」

という考え方があるようです。

しかし女性部下への苦手意識をなくさなければ
自分のクビをしめるだけです。

障壁を取り払うには、どうすればいいのでしょうか--。


女性の管理職比率が著しく低いのは誰のせいか?

厚生労働省の「2015年度雇用均等基本調査」によれば
2015年度に育児休業を取得した女性の割合は81.5%に上り
平成8(1996)年度の49.1%と比べると、育児休業を
取得する女性が増えていることが明らかになっています。

一方、2015度の女性の課長相当職以上の比率は11.9%
係長相当職以上の比率は12.8%にとどまり、女性の管理職比率は
まだ著しく低いのが現状です。

職場環境として、仕事と子育ての両立はしやすくなっているものの
管理職まで登用される女性は少ないことが問題として挙げられます。

ただ、現場からは、管理職候補となる能力と意欲の両方を
兼ね備えた女性が少ないという声がよく聞かれます。

男性の課長相当職以上の比率が約9割であることを踏まえれば
男性管理職による女性部下の育成が課題のひとつであるともいえます。

本稿では、男性管理職による女性部下の育成を進めるために
必要な3つの論点を取り上げます。


男性管理職はいかに女性部下を育成すればいいのか?


【女性部下の育成に必要なこと1:会社方針の策定や意識啓発】

独立行政法人労働政策研究・研修機構の「第7回勤労生活に関する調査」
(2016年9月)によれば、職場における女性の活躍に関する意識として
「女性の職場進出がもっと進むこと」については、「抵抗感がない」と
回答した割合は、男性(87.2%)、女性(85.7%)と約9割に上ります。

さらに、「女性の管理職がもっと増えること」についても見てみると
「抵抗感がない」と回答した割合は、男性(86.5%)
女性(88.3%)で、ほとんど変化はありません。

男女ともに、女性が職場で活躍し管理職になることについては
非常に理解が浸透している状況がうかがえます。


「女性管理職を増やす」ことへの男性管理職の本音は


しかし、筆者の経験に基づけば、男性管理職から
次のような声がしばしば届きます。


「女性の活躍推進に関する会社としての方針や姿勢がわからない」
「女性の活躍推進に関する会社の方針はあるようだが、内容はよくわからない」


個人では女性の活躍推進が重要であると認識していても
特に会社の管理職という立場として実際に行動を起こす際には
会社が目指している方向性がわからなければどのように
動いてよいかわからない。

そんな本音が隠れているのではないでしょうか。

経済産業省・東京証券取引所の「2016年度なでしこ銘柄」
レポートによれば、調査対象企業のうち、女性など多様な
人材活躍推進に向けた方針を策定している企業は、全業種の
約半数にとどまっています。


女性の人材育成の方針がある会社は約半数

男性管理職に女性部下の育成を進めてもらうためには
まず、会社側が方針を明確に策定し、その内容を普及啓発
させるための取り組みを進めることが必要です。

勤め先が従業員数300人を超える企業であれば、女性活躍推進法に
基づき行動計画を作ることが求められています。

企業によっては、厚生労働省の女性の活躍推進企業データベース
http://positive-ryouritsu.mhlw.go.jp/positivedb/)で
開示をしているところもありますので、まずは、そのような
サイトで調べてみることも一案です。

加えて、男性管理職側も、会社から方針の説明がないから何もしない
ということではなく、主体的に会社の方針の内容を知る努力が
必要かもしれません。


なぜ女性部下に「困難な仕事」を与えないのか?


【女性部下の育成に必要なこと2:男女別で仕事の難易度を区別しない】


公益財団法人21世紀職業財団の
「若手女性社員の育成とマネジメントに関する調査研究」
(2015年)のなかで、困難な仕事の部下への与え方に
ついての調査結果はこうです。

回答したのはいずれも男性管理職です。

●男性部下に、より困難な仕事を与えている
(「どちらかといえば男性部下により困難な仕事を与えている」いう回答も含む)
 と回答した人:31.4%

●女性部下に、より困難な仕事を与えている

(「どちらかといえば女性部下により困難な仕事を与えている」という回答も含む)
 と回答した人:19.6%


「管理職から期待されている」と感じる女性は少数派

さらに、同調査では「管理職から期待をされていると思いますか」と
若手社員(男女)に尋ねた結果を比較しています。

「そう(期待されていると)思う」と回答した人は、

若手女性社員:17.6%
若手男性社員:28.0%


管理職から期待されていると感じている若手女性社員が
少ない現状が指摘できます。

もし、実際に男性部下に比べて女性部下には難易度の高い仕事が
与えられる機会が少ないのであれば、それは女性部下が成長の機会を
逸失している可能性があります。

仕事を与えられる女性部下の側もモチベーションが低下
してしまうことが懸念されます。

筆者が過去に実施をした男性管理職研修のなかでも
新しいプロジェクトが発生したときに、リーダーと
サブリーダーのアサイン状況の性別を尋ねると
多くの男性管理職がリーダーは男性、サブリーダーは女性
と回答し、その逆はほとんどありませんでした。

前述したように、「女性の管理職がもっと増えること」に
ほとんどの男性社員が「抵抗感がない」と回答しています。

そうであれば、女性部下に現時点でリーダー的役割までを任せる
ことが困難であっても、男性管理職は難易度の高い仕事であっても
それを女性部下に割り振るような工夫や努力はもっとあっても
いいように思われます。

ただし、現状、なかなかそうはできない
「環境」があるようです。

次回に続きます。


【関連情報】

ハラスメント時代の管理職におくる 職場の新常識
仕事にも人生にも自信がもてる! 女性管理職の教科書
リーダーになる人に知っておいてほしいこと
「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、PRESIDENT Onlineに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






関連記事
スポンサーサイト



 
 

Comment


非公開コメント

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!







[ジャンルランキング]
ニュース
284位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
18位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (635)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (839)
食品・飲料 (132)
プレスリリース (45)
情報端末 (14)
ゲーム (82)
健康 (1259)
IT (53)
経済 (122)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (304)
その他 (28)
海外情報 (1260)
アニメ (443)
セクシーネタ (2222)
グルメ (46)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (24)
ペット (35)
コスプレ (6)
いきもの (19)
テクノロジー (121)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (122)
ガンダム (11)
ニュース (250)
人間心理 (51)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (41)
漫画 (12)
生活 (55)
育児 (24)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (12)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (11)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (224)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (38)
キャラクター (28)
ホビー (136)
歴史 (14)
宇宙 (18)
就職 (2)
ミステリー (58)
雑学 (20)









この人とブロともになる







 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2021 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.