FC2ブログ

 

ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 


今日の気になる情報をお届けします。


アマゾン
プライムなど今後値上げの可能性も





「当日配送」はヤマト運輸頼みだったのか

今年4月、ヤマト運輸がアマゾンジャパンを含む当日配送サービスから
徐々に撤退すると報道された。

これを受けて、アマゾンジャパンはデリバリープロバイダ
(提携する地域限定の配送会社)への当日配送サービスの
委託量を増加したところ、配送遅延が発生。

その問題がツイッターなどで拡散した。

このため

「当日配送が滞りなくできていたのは、結局ヤマトが
 すごかったのではないか」


など、アマゾンの物流能力を疑う声が高まった。

だが私は、アマゾンが何より優れているのが、物流を最適化・合理化
するための“ロジスティクス”の部分だと考えている。

混乱は体制変更に伴う一時的なもので、すでに落ち着いている。

アマゾンは実際、ロジスティクスを軽視するどころか
最先端の取り組みを続けている。

2015年には航空機20機のリース契約をし、今年1月
ケンタッキー州にあるシンシナティ・ノーザンケンタッキー空港に
国際航空貨物ハブをつくることを発表。

私は6月に見てきたが、空港敷地内に
施設を建築する様子だった。

自ら航空物流に手を出し始めているのだ。

また今年6月には米国の高級スーパーマーケット・チェーン
「ホールフーズ」を買収。

ホールフーズの流通網を利用することで、食料品配達サービス
「アマゾン・フレッシュ」のロジスティクスをより強化した。


自社による流通網を本気で目指す企業

アマゾンは最終的に自社で完結する流通網を本気で目指している。

米国ではドローンで家庭に配送するための実験を続けており
日本でも注文から1時間以内に自社の車両で配送する
「アマゾン・プライム・ナウ」のサービスを
2015年11月から始めた。

将来的に深夜や早朝にも商品を受け取れるようになれば
配達時間を制限しようとしている宅配会社よりも
重宝されるかもしれない。

さらにアマゾンは物流を強化するだけでなく、扱う商品を増やし
さまざまな画期的なサービスを開始し続けている。

日本では年内にも、オフィスや工場などで使用する消耗品や商材などを
販売する法人向け通販サイト「アマゾン・ビジネス」を開設する見込みで
ユーザーのアカウント登録の受け付けを始めた。

今後、日本国内でもアマゾンが成長し続け、より存在感を
増すことはほぼ確実だろう。

アマゾンを脅威に感じる企業は多いが、同時に消費者も
アマゾンプライムサービスの便利さと安さに
こんな不安を持つかもしれない。

生活の中でアマゾンが占める比重が高まり続けて
いつか手のひらを返されないだろうか、はたしてメリット
だけを享受できるのだろうかと。


超顧客中心主義をどこまで貫けるか?

その疑問を考える前に注目したいのが、アマゾンという企業の
最大の強みであるロジスティクスである。

ある企業が突然、多種多様な商品を通販するための最先端の設備を
備えた物流センターを建てたとしても、それを機能させることはできない。

なぜかというと、本やペットボトル飲料、陶器の皿など
さまざまな注文があった場合に、それをどのようにすれば
倉庫から効率よくピッキングできるか、割れないように梱包できるか
適切なサイズの段ボールに詰められるか、といったことには
きめ細かなノウハウが必要だからだ。

そうしたノウハウを得るのは扱う商品の点数が増えるほど難しく
それを蓄積させるには長い年月がかかる。

アマゾンはノウハウの蓄積に20年もの長い歳月をかけており
他の追随を許さない。

物流の高度化で顧客の満足を獲得するアマゾンは、近年驚異的な
ペースで売り上げを伸ばした。

グローバルの連結売上高は16年に前期比20.7%増の
1359億ドルに達し、日本でも同年に1兆円を突破。

その一方でグローバルの営業利益率はこの数年
0~3%程度でほぼ横ばいだ。

この理由は、売り上げ増加によって新たに得た利益を物流センターの
投資などに回し、利便性の高い配送サービスを実現したり
商品価格を下げたりするなどして顧客に還元しているからである。

アマゾンはこのように、投資によってサービスの効率や利便性を高め
優れたサービスと低価格により売り上げを伸ばし、それによって
得た利益をまた投資する、というサイクルを続けてきた。

あまり知られていないが、アマゾンが創業当時から掲げる
2つの企業理念は

「地球上で最も豊富な品揃え」
「地球上で最もお客様を大切にする企業であること」


なのである。

そのような徹底した“顧客中心主義”を貫く企業が、絶対的な
一強になった場合、サービスレベルを保つことはできるのか。

これに関しては、下がる可能性がある
といわざるをえない。

アマゾンの商品や配送の料金、サービスの内容は、他社との
比較や競争によって決まっている。

たとえばそれまでアマゾンがつけなかったポイントを日本で
採用するようになったのは、ネット通販で評価の高い
ヨドバシカメラの影響が大きいと私は推測している。

次回に続きます。


【関連情報】

物流大激突 アマゾンに挑む宅配ネット通販
宅配がなくなる日 同時性解消の社会論
成長企業の法則――世界トップ100社に見る21世紀型経営のセオリー
成長思考 心の壁を打ち破る7つのアクション


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、PRESIDENT Onlineに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






関連記事
スポンサーサイト



 
 

Comment


非公開コメント

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!







[ジャンルランキング]
ニュース
252位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
15位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (635)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (839)
食品・飲料 (132)
プレスリリース (45)
情報端末 (14)
ゲーム (82)
健康 (1259)
IT (53)
経済 (122)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (304)
その他 (28)
海外情報 (1260)
アニメ (443)
セクシーネタ (2222)
グルメ (46)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (24)
ペット (35)
コスプレ (6)
いきもの (19)
テクノロジー (121)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (122)
ガンダム (11)
ニュース (250)
人間心理 (51)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (41)
漫画 (12)
生活 (55)
育児 (24)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (12)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (11)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (224)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (38)
キャラクター (28)
ホビー (136)
歴史 (14)
宇宙 (18)
就職 (2)
ミステリー (58)
雑学 (20)









この人とブロともになる







 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2021 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.