FC2ブログ

 

ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 




今日の気になる情報をお届けします。


地球製UFO
地球製UFOが開発されている!?





フィラデルフィア実験

「フィラデルフィア・エクスペリメント」

私がこの本に出会ったのは、ハワイの海軍基地の
図書室のことであった。

たまたま書棚で見つけた本の内容は、1943年10月28日に
アメリカ海軍の艦船「エルドリッジ号」で行われた
強力電磁場による透明化実験で起きた異常な事件を
レポートしたものであったが、その中に電界と重力場の関係に
関する「ビーフェルド・ブラウン効果」に関する説明が
述べられていたのである。

ウィリアム・ムーア、チャールズ・バーリッツ著
「フィアデルフィア・イクスペリメント」。

この本を読んで、エルドリッジ号のいわゆる「フィラデルフィア実験」
とは別に、ビーフェルド・ブラウン効果の内容に非常に興味を
そそられたことを記憶している。

“20世紀を代表する物理学者”といわれるアルベルト・アインシュタインが
電磁場と重力場の方程式の統一を「統一場理論」として
研究していたことは以前から知っていたが、ただ非常に難解な
理論分野であるのでそのままになっていた。

ところが、私同様、この本の同じ部分に、非常に興味を抱いた
日本人がほかにも存在した。

私の知人のM氏である。

M氏は工学博士で、某国立研究所の研究官であった。

M氏の専門分野は重力の研究とは無関係であるが、その昔
友人から贈ってもらったアインシュタイン選集を読み
「相対性理論」に興味を抱くようになったそうである。

この選集の中には、1925年と1927年に科学雑誌に掲載された
アインシュタインの統一場理論の論文も含まれていた。

アメリカの言語学者で超常現象研究家でもあるチャールズ・バーリッツ
らの著書によると、これらは不完全であるとして撤回されたそうだが
この本の中にある

「ラッセル卿はアインシュタインの統一場理論を完全なものと考えたが
 “人類はまだ準備ができておらず、第3次大戦後までは無理だろう”
 と感じた」


という記述は、M氏から見れば不正確なものであったようだ。

すなわち、アインシュタインは論文の中で

「線形領域では電磁場と重力場が独立に振る舞う」


ということを示しただけで、両者の具体的な関係式を示した
わけではなかったのである。

天才物理学者アインシュタインによっても、統一場理論は
未解決の状態だったのだ。


ビーフェルド・ブラウン効果

私とM氏を惹きつけた「ビーフェルド・ブラウン効果」
(以下「B-B効果」と呼ぶ)とは、コンデンサーの誘電体に
電圧を加えると、マイナスの極側からプラスの極側に
力が発生するというものである。

この現象の発見者はトーマス・タウンゼント・ブラウンという
オハイオ州出身のアメリカ人だ。

ブラウンはハイスクール時代に、X線用のクーリッジ管に
スイッチを入れるたびに、管に何らかの力が作用することに気がついた。

カルフォルニア工科大学(カルテック)進学した後もこの問題を
追及したが、ブラウンの発見した“電気重力現象”に興味を持つ
教授には出会えなかった。

次にデニソン大学に移った彼は、物理学部の研究生として
ポール・アルフレッド・ビーフェルド教授のもとで勉学を続けた。

カルテックとは違い、ビーフェルド教授はブラウンの
発見に興味を示した。

彼らは充電したコンデンサーで実験を重ね、B-B効果と仮称される
物理法則にまで発展させた。

そして、その結果を「私は重力をどのようにコントロールしたか」
というタイトルで専門雑誌に発表。

これにより、高電圧の電界が重力場に影響し、推進力を生みだす
ことが確認されたのである。

その後、ブラウンは数々の実験によってその効果を実証し
1953年には実験室内の台上で、直径2フィートの円盤形の物体を
直径20フィートの円形コース上沿いに飛行させる実験に成功した。

このときの印加電圧(電気回路や装置に外部からかけられた電圧)は
5万ボルトで50ワットの電力を送り込むというものであった。

この実験では毎秒17フィート(時速約20キロメートル)
という最高速度を達成した。

前出のバーリッツらによると、ブラウンはこれらの成果を
統一場理論に結びつけて説明しようと試みたようであるが
結局その原理については解明できずに終わっている。

次回に続きます。


【関連情報】

知られざるステルスの技術 現代の航空戦で勝敗の鍵を握る不可視化テクノロジーの秘密
繰り返される宇宙―ループ量子重力理論が明かす新しい宇宙像
12歳の少年が書いた 量子力学の教科書
共形場理論を基礎にもつ量子重力理論と宇宙論


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、ムーPLUSに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






関連記事
スポンサーサイト



 
 

Comment


非公開コメント

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!







[ジャンルランキング]
ニュース
256位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
13位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (635)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (839)
食品・飲料 (132)
プレスリリース (45)
情報端末 (14)
ゲーム (82)
健康 (1259)
IT (53)
経済 (122)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (304)
その他 (28)
海外情報 (1260)
アニメ (443)
セクシーネタ (2222)
グルメ (46)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (24)
ペット (35)
コスプレ (6)
いきもの (19)
テクノロジー (121)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (122)
ガンダム (11)
ニュース (250)
人間心理 (51)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (41)
漫画 (12)
生活 (55)
育児 (24)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (12)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (11)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (224)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (38)
キャラクター (28)
ホビー (136)
歴史 (14)
宇宙 (18)
就職 (2)
ミステリー (58)
雑学 (20)









この人とブロともになる







 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2021 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.