FC2ブログ

 

ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 




今日の気になる情報をお届けします。


シェアサイクル2
名古屋での実証実験






▽3県のコインパーキングで事業展開するレンタサイクル

スペース24は、全国にコインパーキングを展開する事業者だ。

同社は「PECO」という会員サービスの一環として
レンタサイクル「PECOりん」をサービス展開している。

レンタサイクルの利用方法や拠点一覧、料金については同社広報ブログの
こちらの記事(http://kouhou24.blog.fc2.com/blog-entry-256.html)
をご覧いただきたい。

特筆すべきは、貸出手続きから決済までをスマホで処理することで
無人サービスを実現していることだ。

貸出拠点は、静岡県内に3カ所(JR東海道本線の東静岡・愛野・高塚各駅前)
と、愛知県内に7カ所(名鉄犬山線の岩倉~江南~扶桑の各駅前を中心とした
6カ所に加えて、名古屋駅から徒歩圏内に1カ所)、そして広島県の
JR宮島口駅前の1カ所からなり、自転車台数はおおむね5台程度
(4~9台)となっている。

「14年頃に『駐車場のデッドスペースの有効活用』という観点から
 社内発案があり、情報収集と実態調査を経て事業化しました。
 車1台分くらいのスペースがあればよく、初期投資費用も
 数十万円で済むため、社内ベンチャーとして挑戦しやすい事情がありました」

(スペース24経営戦略本部戦略開発課の本田世界氏)

そのレンタサイクルの利用実態だが、コインパーキングに車をとめて
自転車に乗り換える人は思ったほど多くはなく、近所の人や観光客が
徒歩で利用する例が目立つという。

特に名古屋駅近くと、広島県の宮島口駅前の拠点はもともと観光客が
多い土地柄であり、駅前ロータリーに面しているわけでもないのに
わざわざ選んで来てくれるそうだ。

「SNSで情報発信しているのですが、検索で
 見つけてくださる方が多いようです」

(本田氏)

というから、レンタサイクル需要と供給の不一致が
背景にあることもうかがえる。

ちなみに愛知県の名鉄犬山線沿線には複数の拠点が近隣に固まって
所在するが、これはスペース24単独の民間事業であるため
「拠点A→拠点B」の片道利用には対応していない。

やはり回収と再配置の人手とコストが壁になっているようで
ただでさえ自転車のコンディション維持のために毎月1回業者に
メンテナンスを依頼する費用がかかるところに、毎日の人員投入が
必要になる再配置までをする余裕はないということだ。

しかしこれが1社による民間事業ではなく、東京での実証実験のように
自治体が主導するものだったらどうだろう?

スペース24のような複数企業の拠点を広域ネットワーク化して
利便性を高めることも可能なのではなかろうか?


▽名古屋市で行われていたコミュニティサイクルの社会実験

じつはスペース24の本社とレンタサイクル拠点のある愛知県名古屋市では
2006~10年にかけて「名チャリ」という社会実験が実施されていた。

同市では年間約8万台(07年度)の放置自転車を撤去し
そのうち約3万台を廃棄していたが、そうした放置自転車の一部を
コミュニティサイクルとして再利用することから始まった社会実験だ。

09年には名古屋駅から繁華街の栄地区までの東西2kmほどの
範囲内に30カ所の拠点を設け、自転車300台
(新品200台/リサイクル100台)を用意した。

全国最大規模の社会実験となったその年には登録者約3万人
総利用数約9万9000回、1台/日あたり平均5.5回という
成果を挙げたが、翌10年にはサービスを有料化したことで
登録者は2000名弱に急減、利用回数も前年の三分の一程度に減少した。

ただし1名あたりの利用回数は3.2回/人から13.8回/人と
大幅に増加しており、リピーターが定着する兆しも見られた。

この社会実験は10年をもって終了し、現在では同実験に参画した
株式会社蔦井が事業主体となり、栄ミナミ地区に範囲を絞っての
「でらチャリ」というシェアサイクルが展開されている。

これが以前の「名チャリ」のような広範囲に拠点を設け
スペース24のような民間事業者が独自に展開する
レンタサイクル事業も取り込んでさらに規模を拡大すれば
名古屋都心部の移動手段として有望な存在たりうるようにも思える。

ただし、そうなると自転車での移動が便利になりすぎて
民業圧迫の側面が出てくることもまた確かだ。

先にも述べたように、シェアサイクルにはバスやタクシーの
ライバルたりうる潜在力がある。

シェアサイクルが爆発的に普及してバスやタクシー会社の倒産が
相次ぐようでは、都市政策としては本末転倒、落第の
そしりを免れないだろう。

シェアエコノミーの双璧である米ウーバーや民泊仲介最大手の
米エアビーアンドビーの場合と同じく、誠実に法令を順守してきた
既存事業者との住み分けにも目をくばることが欠かせないのだ。

そうした課題があることは確かだが、バスやタクシーの隙間を埋める
移動手段のニーズが高いこともまた確かだ。

眼前のハードルを一つ一つクリアして、シェアサイクルが
この国に根付いていくことに期待したい。


【関連情報】

街乗り&通勤自転車バイブル
サイクルリーシ(自転車に取り付けて犬と走る器具)
汗とおる君 デイパックに取り付けて背中の蒸れを防ぐ
DVD付き 痩せる、くびれる、ヒップがあがる!ママチャリダイエット


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、サンケイビズに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






関連記事
スポンサーサイト



 
 

Comment


非公開コメント

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!







[ジャンルランキング]
ニュース
215位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
12位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (635)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (839)
食品・飲料 (132)
プレスリリース (45)
情報端末 (14)
ゲーム (82)
健康 (1259)
IT (53)
経済 (122)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (304)
その他 (28)
海外情報 (1260)
アニメ (443)
セクシーネタ (2222)
グルメ (46)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (24)
ペット (35)
コスプレ (6)
いきもの (19)
テクノロジー (121)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (122)
ガンダム (11)
ニュース (250)
人間心理 (51)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (41)
漫画 (12)
生活 (55)
育児 (24)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (12)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (11)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (224)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (38)
キャラクター (28)
ホビー (136)
歴史 (14)
宇宙 (18)
就職 (2)
ミステリー (58)
雑学 (20)









この人とブロともになる







 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2021 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.