FC2ブログ

 

ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 




今日の気になる情報をお届けします。


ペットとのキス
イヌの唾液で殺菌?





不思議なことだが、歴史を振り返ると、イヌの唾液は害よりも
むしろ良い効能があるという伝承がいくつもみられる。

例えば古代ギリシャの治癒の神アスクレピオスの神殿では
イヌがけが人の傷をなめたという。

また、長く語られているが裏付けはない話として、カエサルの軍が
傷をなめさせるためのイヌを連れていたという話もある。

仮にそういうことが行われていたとしても
賢い方法だったとは言えない。

イヌやネコの口内にはいくつかの抗菌性化合物があり
人の口内も同様だ。

だがペットの舌が、殺菌剤を魔法のように
出してくれるわけではない。

「ある部位を殺菌するのに、これらの化合物に
 頼るべきではありません」

とデューハースト氏は話す。

こうした物質があっても、口の中ではたくさんの
細菌が増殖しているのだ。

唾液の抗菌効果を示した論文もあると指摘するのは
獣医のキャスリン・プリム氏。

氏はイヌ、ネコについて頻繁に執筆し、ペットについての
ラジオ番組ももっている。

プリム氏によると、1990年のある研究では、母イヌが自分自身や
子イヌをなめるとき、唾液に若干の抗菌効果があると判明した。

また、医学雑誌「ランセット」に掲載された1997年の研究では
唾液に含まれる亜硝酸塩が、皮膚上で抗菌作用のある酸化窒素に
変換されることが示された。

ただし、どちらの研究も同じ種同士でなめた場合の効果であって
別の種からなめられる例は調べていない。

一方、2016年にある兵士が傷をイヌになめさせたところ
彼はその後6週間昏睡状態に陥った。

細菌に体の組織を食べられたためだ。


ネコはどうして自分の体をなめまわすのか

では、ペットの口が細菌でいっぱいだとすれば、自分の体を
なめることで果たしてきれいになれるのだろうか。

イエネコが毛づくろいに長い時間をかけるのは、捕食者としての
本能を保っているからだ。

野ネコは、ざらざらした舌を使って

「毛に付いた血などをきれいにしている」

とプリム氏は話す。

「仕留めた獲物のにおいで追跡されることを嫌うのです」

一方、イヌはそうした心配はしていない。

「イヌを洗ってやらなければ、単に汚くなるだけです」

とプリム氏。

「イヌはネコと違い、忍者のようにこっそり狩りをしたりしないので
 生存という点で体のにおいはそれほど問題ではありません」


毛づくろいをすると、ネコは自分の体を
細菌で覆うことにもなる。

といっても、ネコはこうした微生物と一緒に進化しており
免疫系もこれらの細菌に慣れているので、ネコにとっては問題ない。

飼い主にとって朗報なのは、ネコの口内の細菌の多くは
毛についたまま永遠に生き続けたりしないということだ。

ただし、細菌はすぐに死ぬわけではない。

ある研究では、ネコの毛1グラムに100万近い
生きた細菌がいることがわかった。

この研究チームは、あらかじめ滅菌した人の手でネコを2分間なでると
どれだけの細菌がネコから人に移るかという実験も行っている。

結果は、飼い主たちを安心させるはずだ。

なでる間に人に移動した細菌は150ほどにとどまった。

私たちが清潔を心がけている限り、この程度は問題にはならない。

「皆さんにはいつも、標準的な衛生管理を勧めています」

とプリム氏は言う。

「動物に手をなめられた後は
 手洗いをした方がいいのです」


「飼い主が注意すべきは、細菌が皮膚の中に入り込む
 可能性があるかどうかです」

とプリム氏は指摘した。

人の体内に入れば、細菌が増えやすい湿った環境があるため
感染症につながりうる。

イヌに関しては、顔中をなめられてよだれだらけにされても
免疫機構が強く、顔や口の中に傷がなければ、普通は害はない。

もし傷があれば、細菌が血流に入ってしまう。

「今週は別々のイヌ2匹に口の中をなめられました」

とプリム氏。

しかし、乳幼児や高齢者は、健康な成人に比べて免疫力が
弱い場合があるため注意が必要だ。

ある例では両親が生後7週の赤ちゃんを病院に連れてきた。

赤ちゃんは発熱し、頭蓋骨の泉門が膨らんでいた。

診察の結果、赤ちゃんはパスツレラ・ムルトシダによる
髄膜炎にかかっていたことが判明。

これも、ネコやイヌの口の中によくいる病原体だ。

2歳の兄が飼いイヌによく手をなめさせており、その指を
生まれて間もない弟に吸わせていたのだ。

結論としては、ペットを愛する皆さんは手洗いをお忘れなく。

そして、イヌやネコにぬれた舌で顔にたっぷりキスさせる前には
慎重になった方がいいかもしれない。



ぶるにゃん


【関連情報】

エリザベスと奇跡の犬ライリー サイトメガロウイルスによる母子感染症について知って欲しいこと
気になるあの病気から自分を守る! 感染症キャラクター図鑑
もやしもんと感染症屋の気になる菌辞典
怖くて眠れなくなる感染症


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、ナショナルジオグラフィックに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






関連記事
スポンサーサイト



 
 

Comment


非公開コメント

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!







[ジャンルランキング]
ニュース
283位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
15位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (635)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (839)
食品・飲料 (132)
プレスリリース (45)
情報端末 (14)
ゲーム (82)
健康 (1259)
IT (53)
経済 (122)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (304)
その他 (28)
海外情報 (1260)
アニメ (443)
セクシーネタ (2222)
グルメ (46)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (24)
ペット (35)
コスプレ (6)
いきもの (19)
テクノロジー (121)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (122)
ガンダム (11)
ニュース (250)
人間心理 (51)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (41)
漫画 (12)
生活 (55)
育児 (24)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (12)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (11)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (224)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (38)
キャラクター (28)
ホビー (136)
歴史 (14)
宇宙 (18)
就職 (2)
ミステリー (58)
雑学 (20)









この人とブロともになる







 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2021 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.