FC2ブログ

 

ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 




今日の気になる情報をお届けします。


ねこねこネットワーク
ねこねこネットワークとは?






あなたの身近に、何度も猫を拾う人はいませんか?


拾わない人間は全く拾わないまま人生を過ごしているのに
一度猫を拾ってしまうと、その後、何度も猫を拾わなくては
ならない状況に追い込まれる人。

いるんです、そういう人が。

私の友人Aは7匹、友人Bは総勢12匹の猫を拾って飼っています。

3匹目を拾ったくらいに、2人とも「もうこれ以上無理」と
思ったそうですが、それでも次々と捨て猫、野良猫と出会い
引き取らざるを得ない状況に陥っています。

放っておけばいい、と思われるかもしれませんが
放っておけないんです、彼女たちは。

この出来事の裏に、私はある秘密結社が絡んでいるのではないか
と密かに思っています。

ネットをやっている愛猫家の中で、密かに噂になっている
「ねこねこネットワーク」。

通称NNNをあなたは知っていますか?
(某大手無記名掲示板では「ぬこぬこネットワーク」)

猫好きの人間の元に主に野良猫を派遣し、飼い猫として
幸せに暮らせるように暗躍している謎の組織だと言われています。

一度この組織に優良物件(飼い主候補)としてマークされた人間は
最高のタイミングで猫が派遣されて来て、そのまま飼い主となる
ケースが多いと言います。

その猫が死んだ場合や、多頭飼いを考え始めた矢先には
また絶妙のタイミングで、偶然を装った猫が派遣されて来るのです。

「ただのネタでしょ?」
「都市伝説でしょ?」


と思ったそこのあなた。

果たしてそうなのでしょうか?

私はねこねこネットワークが存在していた方がしっくり来るような
猫と飼い主の出会いをいくつも知っています。

そのいくつかをご紹介しましょう。


エピソード1:友人・知人編

先程とは別の私の友人は、今までに何匹かの子猫を拾っては
離乳まで世話をし、里親を見つけて譲り渡すということをして来ました。

先日もこんなことがあったそうです。

ホームセンターでの買い物を終え、車に乗り込もうとしたところ
「みゃーみゃー」と声がし、辺りを見渡すと、なんと自動販売機の
商品が出て来るところに子猫が押し込まれているのを見つけたそうです。

慌てて取り出し、そのまま動物病院へ。

彼女は犬を飼っていますが、家に連れて帰り、それはもう手厚く
世話をしていました。

暫くして離乳をしたタイミングで里親を探したら
運良く名乗り出てくれた方がいて、なんとか引き渡すことが出来
ホッとしたのも束の間、その帰りにまた別の子猫を拾う
という神業をやってのけました。

これはもうねこねこネットワークが彼女の行動を見ていた
と思っても不思議ではありません。


エピソード2:芥川賞作家編

芥川賞作家の町田康さんは、行き場のなくなった犬や、捨て猫や
保護猫をびっくりするくらい引き取ってお世話しています。

犬は現在4匹?猫は多いときには10匹いたこともあったと思います。

犬猫は勿論、保護活動を夢見る愛犬家、愛猫家にとっては
まさに「神」のようなお方。

東京を拠点に暮らしていた町田さんですが、猫が増え過ぎたことを
理由に引っ越しをされることを決意しました。

そして下見にいった家で、また2匹の子猫を拾う
という神業を披露されました。

このエピソードを町田さんの著書 『猫のあしあと』 『猫とあほんだら』
『猫にかまけて』 『猫のよびごえ』で読んだ時に

「ねこねこネットワークって本当にあるんだな」

と私は心から思いました。


エピソード3:高野山真言宗僧侶の場合

犬猫の保護活動もされ、心理カウンセラーなどとしても
幅広く活躍されている塩田妙玄さんは一日の殆どを犬猫の
保護活動に費やされています。

「ねこねこネットワーク」に目をつけられているのは、この妙玄さん
ではなく、彼女が手伝っている保護施設の代表のアイさんです。

妙玄さんは保護活動を通して関わった犬や猫のエピソードを
エッセイやらコミックエッセイとして発表されています。

その中の1冊、『ペットがあなたを選んだ理由』の中で、妙玄さんは
「ねこねこネットワーク」について言及されています。

「猫には猫のネットワークというものがある」

と。

そして、このようなエピソードも紹介されていました。

誰がみても先が長くはない猫が、アイさんを待ち伏せるように
目の前に現れたり、仕事で海外出張に行ってもこの手の猫に遭遇したり
仕事先では獣医探しに翻弄されている、と。

そして、妙玄さんはこうも言っています。

「ああ、なんて恐ろしい。こうして、アイさんの保護施設の子は
 なかなか減らない」

と。

この本を読んだとき、やっぱりねこねこネットワークは
絵空事ではないと私は改めて感じたのです。

次回に続きます。


【関連情報】

NNNからの使者 猫だけが知っている
ネコネコ動画II~世界のおもしろニャンコ大集合~
ねこねこ日本史でよくわかる 日本の歴史 風雲編
ねこねこ日本史 2018年 カレンダー 壁掛け


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、ねこちゃんホンポに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






関連記事
スポンサーサイト



 
 

Comment


非公開コメント

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!







[ジャンルランキング]
ニュース
283位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
15位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (635)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (839)
食品・飲料 (132)
プレスリリース (45)
情報端末 (14)
ゲーム (82)
健康 (1259)
IT (53)
経済 (122)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (304)
その他 (28)
海外情報 (1260)
アニメ (443)
セクシーネタ (2222)
グルメ (46)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (24)
ペット (35)
コスプレ (6)
いきもの (19)
テクノロジー (121)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (122)
ガンダム (11)
ニュース (250)
人間心理 (51)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (41)
漫画 (12)
生活 (55)
育児 (24)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (12)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (11)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (224)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (38)
キャラクター (28)
ホビー (136)
歴史 (14)
宇宙 (18)
就職 (2)
ミステリー (58)
雑学 (20)









この人とブロともになる







 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2021 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.