FC2ブログ

 

ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 




今日の気になる情報をお届けします。


朴正煕
「漢江の奇跡」と呼ばれる経済成長を韓国にもたらした朴正煕





サムスン、ヒュンダイ、ロッテ…

韓国のGDP(国内総生産)の4分の3を占め
そこに就職できなければ人生の「負け組」が確定する
とも言われる韓国の「10大財閥」。

これらの財閥を育てたのは、日韓基本条約締結後に日本が行った
経済支援とベトナム戦争特需、そして日本の陸軍士官学校を
優秀な成績で卒業し、日本支配下の満州国軍士官だった経歴をもつ
朴正煕大統領(当時)の「ジャパン・コネクション」だった。

韓国がいまのようになった歴史とは--。


「10大財閥」でなければ負け組確定?

韓国の受験競争が熾烈なことはよく知られています。

受験で失敗し、自殺する若者もいます。

一流大学に入学し、「10大財閥」と呼ばれる一流企業に就職し
いわゆる「勝ち組」に入ることが目標とされます。

「勝ち組」に入れるかどうかで、年収などに大きな開きが生じ
人生の明暗が決定付けられます。

「10大財閥」とは日本でもよく知られている「三星(サムスン)」
「現代(ヒュンダイ)」、「ロッテ」などの企業です。

「10大財閥」でなければならず
それ以外の企業はダメなのです。

なぜならば、韓国では「10大財閥」の売り上げがGDPの
4分の3を占め、事実上、韓国経済を取り仕切っているからです。

「10大財閥」以外の会社で、たとえ懸命に働いたとしても
報われることがほとんどない社会構造になってしまっています。

市場を寡占する「10大財閥」は独占資本と言えます。

韓国では、1960年代後半以降、国家主導で大規模な工業設備投資が
行われ、各産業分野に「10大財閥」のような独占的な巨大企業が生まれ
国家経済を牽引していきました。

ドイツ、ヴァイマール期に活躍した経済学者で財務大臣も務めた
ルドルフ・ヒルファーディングという人がいます。

ヒルファーディングは著書『金融資本論』で、独占資本の発生と形態が
国家権力との強い結び付きを持つことを明らかにしながら
独占資本の横行により、資本主義が本来持つ開かれた自由競争が疎外され
社会全体が閉塞していくと批判しています。

独占資本の横行は格差拡大などの社会の病弊の
大きな原因となります。


財閥はどのように形成されたのか

朝鮮戦争で壊滅的打撃をうけた韓国は1960年代後半以降
急速な復興を遂げ、大きく経済成長します。

この復興と成長は「漢江(ハンガン)の奇跡」と呼ばれます。

朴正煕は1963年、大統領に就任し
軍事政権を率います。

朴は経済建て直しを優先課題としますが、政策を推進するための
財政的な余裕がありませんでした。

そこで、朴は日本の援助を当てにし
日本に接近しはじめます。

朴正煕は日本名を高木正雄といいます。

日本の陸軍士官学校を留学生首席で卒業し、当時日本の支配下にあった
満州国軍に所属していました。

朴政権には、日本の陸軍士官学校出身者や日本留学経験者が多く
朴正煕が側近と密談をする時は、日本語を使っていたそうです。
(女性に聞かせられない下ネタ話も日本語でした)

朴ら首脳部は親日派で、日本に接近することに抵抗はなかったのですが
韓国の国民感情がそれを許しませんでした。

朴政権の日本への接近は日本統治時代の屈辱を忘れ
わずかな支援金と引き換えに国を売る行為であると批判されたのです。

朴正煕は反対派を弾圧し、1965年
日韓基本条約を調印します。

これにより、韓国政府は日本から総額8億ドル
(無償3億ドル、政府借款2億ドル、民間借款3億ドル)
の支援を受けます。

この額は当時の韓国の国家予算の2倍以上の額でした。

この巨額の支援金を使い、政府が産業育成を主導し
「漢江の奇跡」を達成します

また、朴は1964年、アメリカの要請で、ベトナム戦争へ
韓国軍を派兵しました。

ベトナム戦争の戦時特需が韓国経済に
さらなる追い風を吹かせます。

こうした状況の中で、「現代(ヒュンダイ)」のような
財閥が台頭するのです。

政府と財閥との癒着構造の中で、財閥は横断的なカルテルを結成し
中小企業、単純企業を不利な状況に追い込み、それらを吸収していきます。

政府は財閥に有利な税制・補助金制度を拡充し
その権益を認めました。

次回に続きます。


【関連情報】

私を通りすぎたスパイたち
未来世紀ジパング 近くて遠い国、中国・韓国の真の顔
韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧
韓国破産 こうして反日国は、政治も経済も壊滅する


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、PRESIDENT Onlineに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






関連記事
スポンサーサイト



 
 

Comment


非公開コメント

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!







[ジャンルランキング]
ニュース
284位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
18位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (635)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (839)
食品・飲料 (132)
プレスリリース (45)
情報端末 (14)
ゲーム (82)
健康 (1259)
IT (53)
経済 (122)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (304)
その他 (28)
海外情報 (1260)
アニメ (443)
セクシーネタ (2222)
グルメ (46)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (24)
ペット (35)
コスプレ (6)
いきもの (19)
テクノロジー (121)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (122)
ガンダム (11)
ニュース (250)
人間心理 (51)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (41)
漫画 (12)
生活 (55)
育児 (24)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (12)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (11)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (224)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (38)
キャラクター (28)
ホビー (136)
歴史 (14)
宇宙 (18)
就職 (2)
ミステリー (58)
雑学 (20)









この人とブロともになる







 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2021 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.