ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 



今日の気になる情報をお届けします。


若者の思考レベル2
ゆとり世代





先行世代のやり方は「暗記」してしまえ


2つ例を挙げる。

私は大学でゼミナールを開講している。

あるとき高熱が出て、保健センターから、インフルエンザの
恐れがあるので授業を休止しろと言われた。

偶然通りかかったゼミ生にインフルエンザで
休講すると伝えて帰宅した。

当然メーリングリストでほかのゼミ生に伝えてくれると思ったら
ゼミ生らから僕を長時間待っていると連絡がきた。

後日、尋ねたら、その彼は

「伝えろと言われなかったので…」

と返答した。

ある夏、講義のために教室に入った。

冷房装置の故障で酷く暑かったので、100人を超える学生らに
「窓を開けろ!」と叫んだ。

授業後、最前列の学生らに「なぜ開けなかったの?」と尋ねたら

「誰も開けようとしないのに自分がやるのはどうかと……」


と返された。

「暑いから開けようよ」と周囲に呼びかけて
開ければいいだけなのに、意味不明。

KYかも、周囲から浮くかも、と不安がるあまり
自分にも周囲にも不利益が生じても、まともに行動できないのだ。

この種の逸話には事欠かない。

私は30年近く、講義の試験を「自分で問題を作って自分で答える」
という形式で一貫してきた。

答案は原稿用紙4枚分。

その答案のレベルが年を追うごとに下がってきた。

80年代に「詰め込み教育」が批判され、90年代以降は
「自分で考える力」の養成が目指された。

だが皮肉にも以前のほうが「自分で考える力」があった。


学問の基本は武道や演奏と同じ

なぜか。

かつての教育は暗記全盛だった。

追いつき追い越せの後発近代化国だったからだ。

帝国大学出身の父も論語やルター訳聖書を諳んじていた。

私もそうした教育を受けた。

麻布中学に入るや

「数学は暗記物、お前らが考えるなんて10年早い」


と教員に怒鳴られた。

暗記で引き出しを増やさなければ思考しても意味がないという
考え方を叩き込まれた。

学問の基本は武道や演奏と同じだ。

基本動作を反復訓練して「自動機械」のように
動けるようにする。

そこに意識を使わなくなる分、意識に
新しい役割が与えられる。

「自動機械」化した自分から幽体離脱し
自分に寄り添って観察する。

これを「意識の抽象度の上昇」という。

昨今の若者は「何の意味があるのか」と合理性を問い
合理性がないことをしない。

確かに企業内には不合理にみえることが多数ある。

だが企業人の初心者が逐一合理性の有無を問うても無駄。

合理性を問う前に、先行世代のマナーやルールを
自動機械のように振る舞えるくらい身につけたほうがいい。

思考する価値のある問題に注力するのはそれからだ。

自分はできもしないのにマナーやルールの合理性を問う者は
思考レベルが低い。

抽象度を上げた意識から見れば

「合理的なものが非合理で、非合理なものが合理的だ」


という逆説はザラだ。

若者が合理性を問うてきたら、そうした世の摂理を
開陳すればいい。

先行世代自身も自分を見直す機会になる。

合理性は高い抽象度で判断するべきものだ。



社会学者 宮台真司さんに学ぶ「30代の心がけ」3カ条


1.「仲間はずれ」を恐れてはいけない

主体的な行動をとって、「他人の目線」から自由になれ。


2.他者に対して想像力を働かせろ

「指示待ち人間」を脱して、みずから問題提起をしろ。


3.必要なことはまるごと「暗記」しろ

暗記しておくことで、はじめて思考する余裕ができる。


【関連情報】

人材育成担当者も必見『今さら聞けない 若手社員のための計画立案力の鍛え方』
あの会社に問題社員がいない理由 ~採用難時代を生き抜く中小企業の知恵~
人材育成ハンドブック――いま知っておくべき100のテーマ
組織のなかで人を育てる -- 企業内人材育成とキャリア形成の方法


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、PRESIDENT Onlineに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






関連記事
スポンサーサイト
 
 

Comment

 

面白かったです!!

とても頷ける点が多く、共感しました。

年を追うごとに、子供の学力…というか

自律能力が落ちていくのを目の当たりにすることが多く

これって何なんだろう…

と思っていたことが、氷解しました。

教育界の最新トレンドは「アクティブラーニング」

まだ年端もいかない、頭の中空っぽの子供達に

「自分で考えて学んでごらん。」

って言うんだそうです。

ばっかじゃないの??

と、私は心の中で思っているんですけど。

勉強になりました!!

名前: | 2017.11.05(日) 09:43 | URL | [Edit]


非公開コメント

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!







[ジャンルランキング]
ニュース
276位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
20位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (635)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (839)
食品・飲料 (132)
プレスリリース (45)
情報端末 (14)
ゲーム (82)
健康 (1259)
IT (53)
経済 (122)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (304)
その他 (28)
海外情報 (1260)
アニメ (443)
セクシーネタ (2222)
グルメ (46)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (24)
ペット (35)
コスプレ (6)
いきもの (19)
テクノロジー (121)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (122)
ガンダム (11)
ニュース (250)
人間心理 (51)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (41)
漫画 (12)
生活 (55)
育児 (24)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (12)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (11)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (224)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (38)
キャラクター (28)
ホビー (136)
歴史 (14)
宇宙 (18)
就職 (2)
ミステリー (58)
雑学 (20)









この人とブロともになる







 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2018 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。