FC2ブログ

 

ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 




今日の気になる情報をお届けします。


シミ、シワ、目の下のくまの対策
目ヂカラは綺麗な瞳から!





日中の日差しは、美肌の天敵ですよね。

でも、実は見落としがちなのが目。

紫外線による目の影響やこの季節のアイケア事情は
女性なら誰しも知っておきたいところ。

そこで今回は、美容にも詳しい現役眼科医として人気の
村上沙穂先生にお聞きしました。


●この時期、目の病気にならないために対策したいこととは


まず、紫外線を浴びることで目はどのような
影響を受けるのでしょうか?


村上沙穂先生(以下、村上先生)

長期間浴び続けることで、瞼裂斑(白目の一部が黄色く変色し盛り上がる)
白内障(主に加齢が原因で水晶体が白く濁る)、翼状片
(結膜=白目の細胞が異常増殖し、角膜=黒目に侵入する)などに
影響があると言われています。

短期間でも紫外線を一気に浴びると、電気性眼炎(いわゆる「雪目」)
になりやすくなります。

晴れた日の海やプールでは、太陽からの直接的な紫外線に加えて
照り返しも強く、目の表面の細胞がダメージを受けて充血したり
強い痛みを生じたりします。


それらの病気を防ぐための予防策はあるのでしょうか?

村上先生

紫外線カットのサングラスやコンタクトレンズ、耳まで覆う
ツバの広い帽子、日傘などが有効です。

ただ、紫外線はしみやシワの原因となりますが、全く浴びないことが
健康に良いという訳でもありません。

人は紫外線を浴びることで体内でビタミンDを合成しています。

過剰な紫外線対策はビタミンDが不足する
可能性もあるのです。

国立環境研究所によれば、夏場の晴天時、1日に必要なビタミンDを
体内で作るために必要な日光浴の時間は、顔と手の甲で4~5分。

また、最新の研究では日光浴は近視を抑制する可能性もあると
言われています。

適度な紫外線対策が全身の健康には良いと考えられます。


その他に、暑かったり汗をかきやすかったりすることで
気を付けるべきアイケアはありますか?


村上先生

眼瞼炎やアトピー性皮膚炎など、まぶたの炎症が
強く出ることがあります。

やさしく洗ってなるべく清潔な環境を整えましょう。

また、冷暖房環境で過ごす時間が長いとドライアイ症状が
出やすくなります。

その都度目薬をさす、目の周りを温める、加湿器を使う
ゴーグル型のメガネで目の周りを保湿環境にする等が大切です。

また、まつ毛より内側のアイメイクや喫煙もドライアイを
悪化させるので注意して下さい。

そしてコンタクトレンズの管理には気をつけましょう。

レンズを付けたり外したりするときの手洗いが不十分だと
感染性の結膜炎やものもらいの原因にもなりえます。

そのほか、つけ置き洗いだけではなく、こすり洗いやすすぎも
しっかり行う・人差し指か中指でレンズを動かすように両面を
20回程度軽くこする・保存ケースは1ヶ月を目安に交換する
といった対策が必要です。


●どうしたら白目、黒目をキレイに保てる?


白目や黒目を美しくするために必要なことを教えてください。

村上先生

白目の表面は結膜、黒目の表面は角膜です。

それぞれを健康に保つことが、目力アップの秘訣ですよ。

まず白目のトラブルで最も多いのが結膜充血です。

単なる結膜充血は、睡眠不足や加齢、ドライアイが
原因であることがほとんど。

充血以外に症状がなければ、しっかり睡眠や休養を取ること
目薬で目に潤いを与えることが大切です。

一方、痛みや目やに・まぶしさ・視力低下・頭痛などを伴う充血は
流行性角結膜炎や緑内障・ぶどう膜炎等の目の病気のことがあります。

早めにお近くの眼科を受診しましょう。

また、白目が黄色い「黄疸」は肝臓や膵臓、胆嚢系の
疾患の可能性があります。

いずれも異常を感じたら早めに内科で相談しましょう。


一方で黒目はどうでしょうか。

村上先生

角膜の平均直径は約11~12mmで、肉眼的な個人差はごく僅か。

黒目をキレイに見せるためには、大きさではなく質
つまり目の潤いが重要です。

ドライアイが続くと目の潤いが減少し、表面に傷がつきやすく
なったり充血したり、異物感や眼精疲労を生じることも。

ドライアイは、水分、油分、ムチン(糖蛋白)で
構成される涙と関係しています。

涙の水分減少の予防には、目薬(場合によっては防腐剤のないもの)で
補うことが重要です。

また油分減少の予防には、「マイボーム腺」というまつげの
根元~まぶたの内部にある脂腺がカギ。

化粧品や加齢、炎症などによってマイボーム腺の機能低下や
脂腺が詰まると、涙中の油分が減って涙が蒸発しやすくなります。

また、アイライナーやアイシャドウをやりすぎるとマイボーム腺の
出口をふさぐことがあります。

次回に続きます。


【関連情報】

学んで実践! 太陽紫外線と上手につきあう方法
皮膚の加齢変化とその対策: シワ、シミ、薄毛、乾燥肌などの悩みに答えて
UVカットしながらエイジングケア【ケレキュアネUVパウダー】

あなたの目の健康をサポート!『ブルーベリー&ルテイン』



最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、シティリビングWebに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






関連記事
スポンサーサイト



 
 

Comment


非公開コメント

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!







[ジャンルランキング]
ニュース
205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
12位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (635)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (839)
食品・飲料 (132)
プレスリリース (45)
情報端末 (14)
ゲーム (82)
健康 (1259)
IT (53)
経済 (122)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (304)
その他 (28)
海外情報 (1260)
アニメ (443)
セクシーネタ (2222)
グルメ (46)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (24)
ペット (35)
コスプレ (6)
いきもの (19)
テクノロジー (121)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (122)
ガンダム (11)
ニュース (250)
人間心理 (51)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (41)
漫画 (12)
生活 (55)
育児 (24)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (12)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (11)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (224)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (38)
キャラクター (28)
ホビー (136)
歴史 (14)
宇宙 (18)
就職 (2)
ミステリー (58)
雑学 (20)









この人とブロともになる







 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2021 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.