FC2ブログ

 

ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 




今日の気になる情報をお届けします。


「残業」2
上司の求める仕事の質を見極める






Diagnosis:4


優先順位がつけられない

重要な仕事や頭を使う仕事は、1日のうちのなるべく
早い時間に持ってきます。

早いうちに始めることで「難しい仕事は後回しにしたい」という
逃げの心理を断ち切ります。

どんな作業でも進めば進むほどモチベーションが上がり
積極的になるというのは人間にも動物にも共通した
行動的特性の1つです。

重い仕事を先に終わらせてしまえば、1日の後半は
いいモチベーションのまま、比較的簡単な仕事を
こなしていくことができるでしょう。

「メール応対で午前が終わる」という人がいますが
非常に効率が悪いので重要なメール以外は午後に回しましょう。

パソコンを使う仕事は、自分が感じている以上に時間が早く
経過するので気を付けてください。

パソコン操作はあちこちに短い待ち時間が潜んでいるため
時間制限を設けたほうがよいです。

集中しているときに邪魔が入ると、もとの集中状態に
戻すのに時間がかかります。

作業効率を高めたいときは、邪魔なものを遮断した
環境をつくりましょう。

「LANケーブルを抜く」
「電話をオフにしておく」


というのは非常に効果的です。

オフィスがフリーアドレスであれば、人に話しかけられないような
場所に移動するのがよいでしょう。


Diagnosis:5


迷っているうちに時間が過ぎてしまう


仕事のムダな時間を減らすためには「決断を迷わない」こと。

仕事で迷いが生じるのは、お客さんからはこう言われているけど
うちの会社としてはそうしたくない、上司はいいと言うけれど
自分にはそれがいいと思えないなど、利害関係や意見の相違などが
複数あるからです。

その場合はいくら悩んでもよい解決策など浮かびません。

迷った場合の判断軸を自分の中に持つ必要があります。

私の場合は、「何がクライアントにとって最もいいことか」を
判断の軸に置いています。

それを最優先事項として考えれば、自分がとるべき
行動はすぐ決定できます。

ジョンソン&ジョンソンという外資系の製薬会社では
会社の絶対的なクレド(企業理念)として優先順位を定めています。

第一は患者や医師などの顧客で、第二は従業員
第三が地域社会で、最後が株主。

この順番を変えてはいけない、と創業者が
言っているんですね。

重要とは思えないことで何時間も悩む人もいますが、自分の中に
絶対的な軸があれば、判断を下すに必要な時間は大幅に減らせるはずです。

自分で自分をマネジメントする。

そういった意識で仕事をすることが、残業を減らし
よりよいキャリアを築く第一歩です。


Diagnosis:6



くる仕事を何でも受けてしまう

キャリアは、受けた仕事で決まります。

そして、世の中には「スジのいい仕事」と「スジの悪い仕事」
の2種類がある。

ここで私が言う「スジのいい仕事」の条件は、その仕事が
自分を成長させてくれるものであり、かつ評価に
つながるかどうか、です。

ぶっちゃけて言えば、その仕事の発注主が今後その組織や業界で
出世し、権力を握らない限りあなたの評価にはつながらないのです。

今の自分の上司が社内や業界で影響力を持たない人で
かつその指示内容も自分を成長させてくれるものではない
「スジの悪い仕事」であれば、断るべきでしょう。

断るというのは難しく、勇気の要ることです。

しかし、リソースを分散投入しても全部合格点以下しかとれず
結果的にあらゆる仕事で怒られてしまうのでは、残念ですよね。

それができないのであれば、時間と労力をできるだけ
かけずに済ませるべき、というのが私の意見です。

逆に、「スジのいい仕事」であるならば、ほかの仕事をすべて断って
ときには残業してもいいのではないでしょうか。

そこで結果を残すことが、次の「スジのいい仕事」を
呼び込むことにつながります。

キャリアとは、そうして自分でつくり上げていくものです。


Diagnosis:7


ダメ上司のしわ寄せ

日本企業ではまだまだ「遅くまで残業している」ことを
評価する管理職が多いことも事実です。

実際、労働時間と人事考課の相関関係を見ると、労働時間の
長い人のほうが、評価が高く、出世しているという統計もある。

私もかつて、「クライアントには早朝か深夜にメールを送れ」
と言われたことがあります。

社内だけでなく、社外に対しても、長時間残業していることは
“一生懸命仕事している”というアピールになるのです。

20代のころはしたくもない残業をしていました。

当時の上司の指示があいまいで、何を、いつまで、どの程度
やらなくてはいけないのか、求められている業務の到達点や
全体像が不明確なことも少なくありませんでした。

それでも、とにかく一生懸命にやろうとするわけですが
実際は簡単な調査で済むものや、もともと必要な仕事なのか
どうかも怪しいこともありました。

そうしたダメ上司によるムダな残業を防ぐためには、期日と
クオリティについての目標イメージをしっかり握ることが必要です。

これは上司がやらなければいけない仕事ですが
やってくれない上司もいますよね。

その場合は、下から突き上げるのが部下の責任というものです。

世の中には理不尽な上司もたくさんいます。

たとえば「ゲーム市場の現状や課題について調べといて」
というようなことを言っておきながら、いざ調べて報告すると
「こんなに詳しくなくてもよかったのに」と言う。

心が折れてしまいますよね。

ですので、「この局面で求められるクオリティは何点なのか」を
見極めて、出力を調整することが大切です。

常に全力投球していては、評価されないムダな仕事が発生しますし
ここぞというときに力を発揮することもできなくなってしまいますよ。


千葉大学文学部教授 一川 誠氏


大阪市立大学文学研究科後期博士課程修了。
専門は実験心理学。
人間が体験する時間や空間の特性、知覚、認知、感性の研究に従事。
著書に『「時間の使い方」を科学する』など多数。


企業コンサルタント 山口 周氏

コーン・フェリー・ヘイグループ シニア・クライアント・パートナー。
電通、ボストン・コンサルティング・グループ、A.T.カーニー等を経て現職。
著書に『外資系コンサルの知的生産術』など多数。


【関連情報】

「残業しないチーム」と「残業だらけチーム」の習慣
残業ゼロがすべてを解決する――ダラダラ社員がキビキビ動く9のコツ
部下に残業をさせない課長が密かにやっていること
会社では教えてもらえない 残業ゼロの人の段取りのキホン


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、PRESIDENT Onlineに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






関連記事
スポンサーサイト



 
 

Comment


非公開コメント

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!







[ジャンルランキング]
ニュース
252位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
15位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (635)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (839)
食品・飲料 (132)
プレスリリース (45)
情報端末 (14)
ゲーム (82)
健康 (1259)
IT (53)
経済 (122)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (304)
その他 (28)
海外情報 (1260)
アニメ (443)
セクシーネタ (2222)
グルメ (46)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (24)
ペット (35)
コスプレ (6)
いきもの (19)
テクノロジー (121)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (122)
ガンダム (11)
ニュース (250)
人間心理 (51)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (41)
漫画 (12)
生活 (55)
育児 (24)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (12)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (11)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (224)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (38)
キャラクター (28)
ホビー (136)
歴史 (14)
宇宙 (18)
就職 (2)
ミステリー (58)
雑学 (20)









この人とブロともになる







 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2021 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.