ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 



今日の気になる情報をお届けします。


給与3
「しわ寄せ」に喘ぐミドル男性の悲哀





これでようやく正社員も含めて賃金が上昇に転じる素地が
整ったかと言えば、現実はそう単純ではない。

確かに、有効求人倍率が調査の対象としている「現在職探しをしている」
学生や失業者の待遇は、過去よりも改善しているであろうことは
疑いの余地は少ない。

また、非正規から正規雇用へ職制が変更された労働者の多くが
処遇の改善を受けているとみられる。

しかし労働者の給与改善は、企業側からみれば
収益圧迫要因でもある。

このコスト増加を相殺するために企業が何を考えるか。

それは残念ながら、従来以上の「昇給速度の鈍化」と
「働き方改革の美名を借りて行われる残業代削減」だ。

この目論見が実現すれば、新規に正規社員となる層
(新卒や非正規雇用からの正規化層)における所得の上昇と
セットで、既存の正規社員の給与総額の抑制が当面続く
可能性も高いということになる。

そしてこのような企業行動は、何ら目新しいものではない。

例えば、日本の労働者の年収カーブを生まれ年別に
確認したものであるが、「初任給が引き上げられる」一方で
「40代~50代の給与は押し下げられる」ことに伴う
年収カーブのフラット化傾向が続いていることが確認できる。

とりわけ2000年代後半から顕著な動きとなっているが
40代労働者のうち「部長」「課長」の割合の低下が続いている。

50代労働者でも同様の傾向が確認できる。

すなわち、企業は40代・50代雇用者の昇進を遅らせる
昇進できる人数を減らす、といった取り組みを
行っている可能性がある。

なお、40代には団塊ジュニア世代が、50代には
バブル入社世代が含まれるため、人件費全体に占める割合も大きい。

企業は、ボリュームゾーンを形成する雇用者の昇進を遅らせることで
人件費の削減を図っていると言えそうだ。

そして同様の現象が今後も発生する蓋然性は
無視できないだろう。


「男はつらいよ」では何も解決しない

だからと言って「企業=悪」「40代~50代社員=被害者」という
単純な構図で企業を糾弾することが正しいとは限らない。

賃金は労働者の限界的な生産性で規定されるという恒等式が
標準的な経済学の基本命題である。

つまり、企業の売上や収益に貢献した度合いで
賃金は決定されるということだ。

(もちろんブラック企業のような「市場の失敗」が発生する
 ケースではこの限りではないが)

「終身雇用」や「年功序列・年功賃金」を盾にしてスキルを
磨いてこなかったツケが回ってきているのだとすれば
それは自業自得でしかない。

「男はつらいよ」「昔は良かった」と嘆くのは簡単だが
今までが甘すぎただけだと言われればそれまでだ。

自助努力でスキルを磨いて収益貢献するしか解決法はない。

他方で、日本固有の要因として
「労働市場の流動性が低い(転職市場が小さい)」が故に
収益貢献度に見合わない不条理な賃金抑制を強いられても
労働者は会社に従わざるを得ないという側面も無視できない。

結局のところ、持続的に賃金が上昇し続けるために必要なことは

「自助努力による生産性向上が賃金上昇という形で実を結ぶ
 (=同一労働同一賃金)」


環境を整備することだ。

そのためには生産性が低いにもかかわらず、高い賃金を
受け取ってきた労働者には退出してもらう必要があり
この意味で解雇規制の緩和は急務であろう。

同時に、高い生産性を持つ労働者が正当な賃金を受け取れるよう
企業の労務管理への監視を徹底するとともに
転職市場の流動性を高める、あるいは副業を推奨する
といった政労使の包括的な取り組みが求められる。


小林俊介(こばやし・しゅんすけ)


大和総研 エコノミスト。
2007年東京大学経済学部卒業、大和総研入社。
11年より海外大学院派遣留学。
米コロンビア大学・英ロンドンスクールオブエコノミクスより修士号取得。
日本経済・世界経済担当。
各誌のエコノミストランキングにて17年第4位。


【関連情報】

給与明細は謎だらけ~サラリーマンのための所得税入門~
同一労働同一賃金の衝撃 「働き方改革」のカギを握る新ルール
大不平等――エレファントカーブが予測する未来
全国民が豊かになる 最強の地方創生


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、PRESIDENT Onlineに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






関連記事
スポンサーサイト
 
 

Comment


非公開コメント

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!







[ジャンルランキング]
ニュース
276位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
20位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (635)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (839)
食品・飲料 (132)
プレスリリース (45)
情報端末 (14)
ゲーム (82)
健康 (1259)
IT (53)
経済 (122)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (304)
その他 (28)
海外情報 (1260)
アニメ (443)
セクシーネタ (2222)
グルメ (46)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (24)
ペット (35)
コスプレ (6)
いきもの (19)
テクノロジー (121)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (122)
ガンダム (11)
ニュース (250)
人間心理 (51)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (41)
漫画 (12)
生活 (55)
育児 (24)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (12)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (11)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (224)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (38)
キャラクター (28)
ホビー (136)
歴史 (14)
宇宙 (18)
就職 (2)
ミステリー (58)
雑学 (20)









この人とブロともになる







 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2018 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。