ライフスタイル向上のすすめ
ライフスタイル向上に役立つ情報を発信します。 今の生活を少しでも良くしたいと思う方、必見・・・かな?
http://ansinshop.blog.fc2.com/

 




今日の気になる情報をお届けします。


ブッダ
「法滅尽経の予言」/世界の大予言





「世も末」とは、今の世の中のこと……

『法滅尽経』はその名称から明白なように、ブッダ(釈迦)
の残した経典である。

もともと経はブッダの言葉を教義として後世に伝えたものだ。

そして、『法滅尽経』はブッダが入滅の直前、その後に
何が起こるかを語った言葉である。

ブッダが死ぬと世界は「正法(しょうほう)」という時期に入る。

釈迦の入滅後500年から1000年間は仏法が
正しく行われている時期である。

正法が終わり、さらに500年から1000年の間は仏法と
修行者は存在するが、悟りを開くものは存在しない。

この期間が「像法(ぞうぼう)」である。

そして最後に訪れるのが「末法(まっぽう)」の世。

日本では、1052年をもって末法に入ったとされる。

「私の死後、重罪を犯す者が多くなり、魔道が盛んになる。
 魔僧は生き物を殺して美食を追求する。慈悲心など持ち合わせず
 仏弟子同士が憎み合う」

いわゆる「末法」を表す状態である。

慣用句で「世も末」というが、ブッダの言葉では

前記のように表現されたのだ。


男子は短命、女子は長寿に!!


末法の世を、ブッダはこう表現する。

「作物という作物は実をつけなくなり、疫病が流行し、死んでいく者も
 多くなって人々は苦しむ。税金は重くなり、道理に合わない税のかけ方をする。
 悪人が海の砂の数より多くなり、善人はひとりかふたりになる。
 世界が最後になる寸前には、日月が短く、人の寿命も段々と
 短くなって40歳で白髪になる。
 男子は淫乱にして、精も尽き若死にするようになり、長生きしても
 60歳ぐらいであろう。
 女子の寿命は90歳、あるいは100歳となる。
 洪水がにわかに起こり、富める者も卑しい者も水中に漂い魚の餌食となる。
 菩薩や聖者たちは、魔僧たちに追い立てられ、福徳の地へ行く。
 菩薩や聖者たちは、しっかりと教えを守り、戒めを守りそれを楽しみとする。
 その人たちは寿命が延び、諸天が守って下さる。(中略)その後
 数千万年たってから、弥勒菩薩が下ってきて仏となる筈である」


不作と疫病、重税。

まさにここ数年の世相そのままである。

女性の長寿命まで正確に予言しているのが何より恐ろしい。

この後、男子の寿命が短くなり、洪水なども
発生するとブッダは説く。

救われるのは菩薩や聖者のみで、一般人が救われるのは弥勒菩薩が
降臨する数千万年先だという。

なお、弥勒の降臨時期については諸説あるが、それが世の破滅の
後であることに違いはない。

つまり、大多数の人々は苦しみの末世を生きなくてはならないと
ブッダは予言しているのだ。


【関連情報】

ブッダのことば―スッタニパータ
ブッダも笑う仏教のはなし
仏教、本当の教え - インド、中国、日本の理解と誤解
お釈迦様の脳科学 釈迦の教えを先端脳科学者はどう解くか?


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、ムーPLUSに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。


筋トレ
性別や年齢に関わらず、筋肉量の維持は大きな課題





やせて「しぼんだ印象」になってしまったら…

体重を落としてダイエットに成功したはずなのに
なんだかゲッソリしてしまった経験はありませんか?

健康のためにやせようと努力したのに
「なんとなくしぼんでやつれた印象になってしまった」
という方は決して少なくありません。

間違ったダイエット法で体重を減らすと、バイタリティまで減って
しまったような印象になることも……。

理想の体型は人それぞれですが、スーツをカッコよく着こなしたり
海やプールといったシーンで周りの人を「おっ!」と思わせるには
適度な筋肉量は保っておきたいもの。

今回は、メリハリある体を保つためにやるべきこと&やってはいけないことを
レクチャーしていきましょう。


食事制限がキケンな4つの理由


「やせれば魅力的になれる」と信じて、現在、食事制限を
している方は要注意です。

理由は以下の4つ。

(1)筋肉量が減る
(2)基礎代謝が下がる
(3)活力がなくなる
(4)ガマンの先には必ず反動がある


雑誌の『Newsweek 日本語版2015.6.9』で、「ダイエット失敗の心理学」
という特集が組まれましたが、大幅な減量に成功して、その体重を
維持できている人はわずか3%という衝撃的な統計が紹介されています。

特定の物ばかり食べる、炭水化物や脂質を極端に制限するといった方法は
決しておすすめできません。

たとえ減量に成功したとしても、その時の体型を維持できる
可能性は限りなく低くなります。


食事制限「魔のスパイラル」

食事制限のデメリットをご紹介しましたが、筋肉が減ることで
基礎代謝も活力も減り、逆に太りやすくなるという一連の連鎖は
体重計の数字からは決して見えてきません。

筋肉は、食事で摂取した糖質を貯蔵する大切な部位であり
代謝調整においても非常に重要な役割を果たしています。

筋肉量の減少は、男性、女性に限らず、便利な現代に住む私たちが
直面している深刻な問題なのです。


「脂肪を減らす」ではなく「筋肉を増やす」にシフト

もし、「やせたい」「お腹の肉を減らしたい」と考えているのであれば
「脂肪を減らす」というマイナスの発想ではなく、「筋肉を増やす」
というプラスの発想を大切にしてください。

マイナスの発想に陥ると

「食事を減らす」
「ビールを減らす」
「コーヒーの砂糖を減らす」


と日常生活の楽しみを削ることに意識が集中し
かえってストレスになるからです。

逆に「筋肉を増やす」というシンプルさは、ストレスも
最小限で済みます。

これまでの生活リズムは変えなくても、筋肉を増やすトレーニングを
習慣づけることで、基礎代謝が上がり、やせやすい体にシフトしていきます。


「しぼんだ体」ではなく「細マッチョ」を目指してみる

ここまで読んで、「よし、筋肉を増やすためにジムに通おう!」と
考えた方は、ちょっと待ってください。

シェイプアップが目的であるならば、週に1回ジムに通うより
週3回自宅でコンスタントに筋トレをする方が高い効果を
得られるからです。

より着実に筋肉を増やすためには

「筋トレで筋肉を刺激」→「筋肉を休ませる」→「筋肉が回復し、より強くなる」

というサイクルを継続すること。

できれば1日おきの筋トレがベターです。

例えばティッシュペーパーは1枚ではペラペラです。

しかしこれが、2枚、3枚と増え、100枚重なったら
かなりの厚みになりますよね?

筋肉も同じです。

続けることで少しずつ筋肉量が増え、3ヶ月たった頃には
体に嬉しい変化が表れているはずです。

高いお金もかからず、ジムを往復する時間もいらない。

必要なのは、負荷となる自分の体重だけ。

とてもシンプルだと思いませんか?

以上、メリハリのある体を手に入れるコツ
についてお届けしました。

理想の体型を手に入れるために一番大切なのは
長く続けられるスタイルを確立すること。

筋トレは、簡単で特別な器具もいらないため、気負いなくできる
トレーニングの1つです。

仕事やプライベートで会った人達にハツラツとした印象を与えるために
自宅でのすき間時間をぜひ筋トレにあててみて下さい。


【関連情報】

糖質オフ ダイエットで、リバウンドする理由とは?
人生の99.9%の問題は、筋トレで解決できる!
波動ダイエットの秘密 基礎代謝のアップでみるみる痩せる!
日常生活の中に運動を取り入れる「数値改善」ウォーキング


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、All Aboutに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 



今日の気になる情報をお届けします。

プレミアムフライデー2
イベントで財布のヒモはゆるむのか





ここでプレミアムフライデーがなぜ生まれたかを
振り返っておこう。

議論が起きたきっかけは、消費増税8%によって落ち込み
その後も低迷する個人消費を喚起する対策と言われているが
私見ではリーマンショックまで遡る。

消費が伸びない不況下で気を吐いたのは
働く女性とシニア層だった。

女性は正社員であれば自分磨きにお金をかけ、パートであれば
ダブルインカムで余裕があり、リーマンショック後も
そこまで消費は減らなかった。

またシニア層は年金という固定の所得があり、今その消費は
日本の個人消費の5割近くを占めるという説もある。

この2つの層の結合点は、「イベント」である。

女性はバレンタインにはマイチョコ、お中元にはマイギフトなど
自分に対するご褒美が文化になった。

またシニア層は、イベントになると孫へのプレゼント、お小遣いなどで
財布のヒモがゆるむ。

普段は節約しながらも、クリスマス、バレンタインデーなどの
イベントだけは消費が喚起されたのだ。

近年の大きな成功事例としては、ハロウィンがあげられるだろう。

若者のお祭りとしても定着し、シニア層を交えた3世帯消費を
促進できたことが、成功の要因とも言われる。

リーマンショック後に経済効果が倍増したハロウィンは
今やイベント消費の究極の成功モデルと評価されている。

こうしたイベント需要への期待から
プレミアムフライデーの議論は起きた。

しかし現状に目をやれば、イベント消費疲れが起きている。

昨年11月、アメリカのクリスマス商戦の最初の黒字デーである
ブラックフライデーをまねて、日本版ブラックフライデーが
一部の大手小売店などで始まった。

安さ爆発で経済効果はあったと言われている。

しかし昨年の名目賃金の伸び率は0.5%。

月に40万円稼いでも増えるのは2000円だ。

結局、将来不安などから節約志向に大きな変化は起きず
イベント消費は一部の大企業の需要先食いイベントになってきている。

そして本来、プレミアムフライデーは消費喚起が目的で議論が
始まったはずだが、政府の意向を忖度したのか

「イベントの日には早く帰って、ワークライフバランスの促進
 労働生産性向上を」

と、働き方改革までもセット化された。消費喚起と労働改革の
一石二鳥が狙われるようになったのである。

だが働き方改革を強化し、残業を減らすと賃金が減り、個人消費が
減るという矛盾も懸念されている。

そもそも、なぜ毎月末の金曜日という摩訶不思議な
日付の設定になったのだろうか。

ひとつは、バブル時代に流行した「花の金曜日」こと「花金」
最新のブラックフライデーしかり、金曜日は個人消費が一番動く。

そして、仕事は週末・月末ほど忙しいため、仕事量を減らそうという
働き方改革の趣旨にも沿う。

さらにプレミアムフライデー推進協議会には多くのサービス業界が
参加しており、月末の売り上げを期待して、金曜日が
選定されたのだろう。

だが普通に考えれば、月末金曜日は、中小企業は資金繰りや
支払いに経営者が奔走。

営業マンはノルマの追い込みで、誰もが忙しい。

つまり、イベント疲れ、目的の一元化、実情を無視した
月末金曜日という設定。

これらの要因がプレミアムフライデー失敗を招いたと考えられる。


月末の金曜日より月初の月曜日


さんざん文句を述べてきた。

そこで、改めて論点を整理して、プレミアムフライデーの
修正案を考えてみたい。

まず大前提として、個人消費喚起策と働き方改革は分けて
考える必要がある。

働き方改革を行う比率を最大化するなら、退社を早めるのは
企業の忖度ではなく、法整備で対応すべきではないか。

たとえば、労働時間の規制緩和。

時間ではなく、成果で報酬が決まる労働制度が強化されていけば
自分の意思で早く仕事を切り上げることも可能になる。

もちろん、逆の長時間労働を招く危険性もあるので
慎重な議論は必要だ。

働き方改革を実現するため残業規制を強化する場合には
企業の負担が大きくなるので減税などで対処していくべきだ。


【関連情報】

労働時間革命 残業削減で業績向上! その仕組みが分かる
なぜ、残業はなくならないのか
部下に残業をさせない課長が密かにやっていること
さすが!と思わせる出来る人の話し方


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、PRESIDENT Onlineに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 




今日の気になる情報をお届けします。


吉高寧々
初DVD「初めての…」の発売イベントを行った吉高寧々





注目の新人グラビアアイドル、吉高寧々(よしたか・ねね、21)が
東京・秋葉原のソフマップアミューズメント館で初DVD
「初めての…」(エアーコントロール)の発売イベントを行った。

イベントには1メートル55、B84(Cカップ)W56H85の
スレンダーボディーを白の水着に包み登場。

チャームポイントは、おなかのほくろ。

清楚な顔だちながらエロスを漂わせる雰囲気で
新人ながら話題となっている。

DVDは1月に東京都内で撮影、特に設定はなくイメージ作品と
なっており

「タイトル通り、カメラの前で何かをするのが初めてだったので
 表情とかも緊張している感じがあって、そのあたりを見てもらいたいです。
 自分の初めての作品なのですごい大切な作品になりました」


とアピールした。

眼帯ビキニなどセクシーな水着にも挑戦。

「お気に入りは、ヨガをしているシーン。体が固いので大変だったけど
 楽しかったです。あとお風呂で小さい水着を着たんですけど
 こんな小さい水着を着たのは初めてだったので、すごい恥ずかしかった」


とハニカンだ。

「今はまだ始めたばかりなので、大きな目標はまだないんですけど
 いただいたお仕事をひとつひとつを楽しみながらやっていきたい」


と今後の目標を語った。


<プロフィール>

吉高寧々(よしたかねね)
生年月日:1995年12月1日
出身地:兵庫県神戸市
サイズ:身長 155cm
スリーサイズ:B84 W56 H85
趣味:読書 カフェ巡り
特技:料理


【関連情報】

吉高寧々 スレンダーボディのニューフェイスがグラビアデビュー!
人気グラビアアイドルの作品が、DMMに大集結!
グラビアや着エロで活躍中!人気アイドルの動画が見放題!
魅惑のおしりを手に入れる!「美尻ジェル」(医薬部外品)


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 


「初めての…」
           「初めての…」


この記事の著作権は、ZAKZAKに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 







「見放題chライト」
月額500円で、ドラマ・映画・バラエティー動画が見放題「見放題chライト」



 



今日の気になる情報をお届けします。


「サタデーナイトフィーバー」なカエル
完全に一致?「サタデーナイトフィーバー」なカエル





人間は「資本主義」「社会主義」といった
概念の社会で生活しております。

一方自然界はそのような仕組みはなく、しいて言えば「弱肉強食」
と言ったサバイバルでシンプルな社会です。

そんな社会において、生きること以外に必要がないものは
最低限取り入れないというスタイルでしょうけど
こちらのカエルはかっこよさを求めているのかもしれません。


何だこのカエルは


こちらは、インドネシアのタンゲラン出身のアマチュア野生生物写真家
アディティア・パーマナによるものです。

アディティアさんは、この瞬間を捉えるために1時間も
居座ったそうですが、それで撮影された写真があまりにも
サタデーナイトフィーバーだったので驚いたということです。

本当に確かにジョン・トラボルタのような
ポーズを取っておりますね。

おそらくカエルにとってはなんら意味のない一瞬だったに
違いありませんが、人間にとってはこれが明らかに「ポーズ」
にしか思えないわけです。

ということでもしかしたら、人間に興味を持ってもらい
どうか俺を見逃してくださいアピールの一つだったのかもしれませんね。

ポケモンのケロマツにも似ておりますね。

ちなみにカメラはニコンD300だそうです。


【掲載元】

http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/flamboyant-frog-knows-how-snapped-10461984


【関連情報】

カエルの知られざる生態: 変態・行動・脱皮のしくみ
サタデー・ナイト・フィーバー スペシャル・コレクターズ・エディション
変なポーズのカエルの置物 おもしろ かわいい (ピンクAタイプ)
人と動物の組み合わせで考えるクリーチャーの描き方


最後まで、お読みいただきありがとうございました。次回もよろしくね!





↑ ポチっと押してネ! 




この記事の著作権は、秒刊SUNDAYに帰属します!

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 






 

こーたちん

Author:こーたちん
ネットの中から、ライフスタイル向上に
役立つ最新情報をお届けします。

あらゆるジャンルの情報をピックアップ
してますので、ご覧くださいませ!








[ジャンルランキング]
ニュース
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
IT・インターネット
2位
アクセスランキングを見る>>

ダイエット (583)
未分類 (49)
パチモン (1)
食の安全 (22)
映画 (64)
スポーツ (29)
芸能 (836)
食品・飲料 (131)
プレスリリース (44)
情報端末 (14)
ゲーム (81)
健康 (1163)
IT (53)
経済 (119)
コスメ (16)
便利グッズ (20)
地域情報 (281)
その他 (28)
海外情報 (1086)
アニメ (440)
セクシーネタ (2029)
グルメ (43)
節電 (2)
プロレス (9)
テレビ (23)
ペット (22)
コスプレ (6)
いきもの (18)
テクノロジー (115)
競馬 (2)
コミック (21)
お笑い (14)
F1 (14)
おもちゃ (5)
美容 (87)
ガンダム (11)
ニュース (200)
人間心理 (44)
ネットアイドル (2)
音楽 (2)
ギャンブル (7)
政治 (39)
漫画 (12)
生活 (50)
育児 (20)
便利ネタ (3)
特撮ヒーロー (8)
雑誌 (3)
文化 (22)
インターネット (8)
クルマ (9)
環境 (12)
外交 (26)
ビジネス (187)
ディズニー (3)
災害 (2)
イベント (36)
キャラクター (28)
ホビー (118)
歴史 (10)
宇宙 (17)
就職 (2)
ミステリー (35)
雑学 (16)









この人とブロともになる








 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 ライフスタイル向上のすすめ, all rights reserved.